竹の子 茹で か た。 たけのこの保存方法|真空パックと目からウロコの竹の子保存方法その他

知って得するタケノコ情報/ゆで方・食べ方

竹の子 茹で か た

旬のたけのこを保存したい! 春を代表する食材の「たけのこ」現代ではハウス栽培などで、たいていの野菜は1年中手に入れることができます。 しかし、「たけのこ」は春だけしか手に入れることができません。 もちろんスーパーに行けば1年中水煮・缶詰が売られていますが生の「たけのこ」は春だけですね。 またスーパーなどで売られている水煮・缶詰のたけのこは中国産が多くてお安い!国産は高級なのでなかなか手が出ません。 たけのこの旬の時期だからこそ、自宅で簡単に保存できる方法をご紹介させていただきます。 旬の「たけのこ」はとってもリーズナブルです。 旬の筍を真空パックで長期保存できるなら、そんなに素晴らしいことはないですよね! 毎年このうような量を、1週間に1度ぐらい頂きます。 産地ならではの有難いことですね。 「たけのこ」の産地では、どの家庭でも溢れるばかりの「たけのこ」が冷蔵庫に入っていて有難いけれど、見るのもイヤとばかりの「たけのこ」。 反面「たけのこ」はお正月のおせちに使ったり、中華料理に使ったりと1年中使い道があります。 わが家のたけのこの保存は真空パック わが家では旬の「たけのこ」を真空パック器で保存して「おせち料理」に使っています。 上の画像は、 4月19日に真空パックしたものです。 そして12月31日にはおせち料理のお煮しめに使いました。 少しお味は落ちていましたが、国産の安心の竹の子を食べることができるのでとっても有難かったと思っています。 竹の子の茹で方と真空パック 材料 竹の子 1本 糠 適量 鷹の爪 1本 真空パック専用袋 1枚 手順 1 竹の子は皮のまま先を斜めに切り、先から縦に切れ目を入れて下ごしらえする。 2 大きな鍋に水をたっぷり入れて1・糠・鷹の爪を入れ、落とし蓋をして柔らかくなるまで茹でて、冷めるまで放置する。 3 2のたけのこの皮を剥く。 4 竹の子を縦半分に切り、キッチンペーパーでしっかりと水けを絞ってから 真空パック専用袋に入れて真空パック器にかけて出来上がり。 竹の子は水分が沢山あるため、しっかりと絞らないと真空パックするときに水分を吸い上げてしまって真空パック器の故障の原因になるのでしっかりと絞ってくださいね。 わが家の真空パック器 真空パック器はとっても高価な気がしますがわが家で使っている、家庭用真空パック器はとってもリーズナブル!わが家のCCP 【BONABONAシリーズ】の家庭用真空パック器はアマゾンで1万円以下で購入することができます。 CCP 【BONABONAシリーズ】は、扱いもとっても簡単で付属の真空パックの袋は、お好みの大きさに切ってシーリング出来、専用カッターも器械に備え付けられているので、無駄なく使うことができます。 リンク 使う時のことを考えて、上のように2個真空にしたり1個真空にしたりと、使い勝手の良いように真空しておけば用途に応じてすぐに使うことができます。 4月19日に真空パックしたたけのこは 8か月余りたったおせち料理にも使うことができました。 食べ飽きながら食べ続けたり、飽きてしまって捨ててしまうことになるほど 勿体ない事はありませんね。 真空パック器は、このような時にとっても助かる調理器具です。 真空パック器のメリット・デメリット 真空パック器を使う場合は袋に入れて真空にするのでカサが低く、冷蔵庫の場所を取らないのがメリット! でも 真空パック器はキッチンペーパーで水分をしっかりと絞らないといけないのがとっても手間がかかり、また竹の子の風味が少し落ちてしまいまうのがデメリットです。 大きい冷蔵庫で保存できるご家庭の場合は、カサは高くなりますが、手間も風味も損なわないショップジャパンの真空パック保存容器のフォーサがオススメです。 目からウロコの竹の子の3つの冷凍保存方法 目から鱗の竹の子の保存方法は、竹の子は冷凍できないと言われている代表的な野菜です。 ご紹介する目からウロコの竹の子の保存方法は、竹の子を美味しく冷凍保存する方法です。 竹の子が冷凍保存に適さないという理由は、食物繊維が多いたけのこは、冷凍するとスカスカになって美味しくないことから、礼号には向かないと言われていますが、ご紹介する方法だと、スカスカにならずに美味しく冷凍できます。 竹の子冷凍方法 煮物にして冷凍保存 お写真の赤い丸で囲った食材が竹の子の煮物です。 旬の時期に竹の子の煮物を沢山炊いて、食べられない分はジプロックに入れて冷凍保存すると、食べる時に自然解凍で美味しく食べることが出来ます。 竹の子は冷凍は向かないと言われていますが、煮物にして煮汁をしっかりとキッチンペーパーで取ってジプロックに入れて空気をしっかりと抜いて冷凍すると、冷凍に向かないと言われている竹の子でも、ちゃんと美味しく保存することが出来ます。 実際にお寺の行事の際にお弁当を出されるお寺さんに教えていただきました。 竹の子冷凍方法 だし汁に浸して冷凍保存 竹の子の冷凍保存方法2は、料理に合わせて竹の子を切り、だし汁に浸して出汁ごと冷凍する方法です。 この方法なら解凍後すぐにお料理することが出来ます。 お料理が決まっていないときなどに便利です。 竹の子冷凍保存 材料の割合 白だし 大1(15㏄) 水 75㏄ 竹の子冷凍方法 砂糖をまぶして冷凍保存 竹の子冷凍保存 材料 たけのこ 150g さとう 大1 わが家の場合は、5月半ばになると山蕗、山椒の実が出回るので、その時に合わせて佃煮を作ります。 その時用に、佃煮用のサイズに切って冷凍保存しました。 佃煮用のサイズに切った竹の子にさとう大1をまぶします。 全体にいきわたるように混ぜてからジプロックで保存します。 毎年春のお楽しみ!竹の子・山蕗・山椒の実の佃煮です。 竹の子の瓶詰の仕方 スーパーなどでよく見る、たけのこの水煮の瓶詰の方法です。 (画像はありませんが、工程だけ書かせていただきますね) 竹の子を瓶詰で保存の仕方は、保存するビンを熱湯で約10分ぐらい煮沸消毒してから一度沸騰した水と一緒に入れてフタを軽く締め、お鍋に湯を沸かしてビンを入れて約10分ほど煮立たせて、最後にギュッとフタを閉めて完成です。 竹の子の真空調理 最話題の真空調理はわが家では以前から使っている調理法です。 この時期のたけのこならではの真空調理をご紹介させていただきますね。 たけのこを佃煮くらいの大きさに切り、調味料と一緒に真空パックすると、とっても簡単にたけのこの佃煮を作ることができます。 真空調理は調味料をかなりひかえることができるので減塩を心がけている方にもとってもオススメの調理法です。

次の

竹の子の茹で方・焼き方【筍料理】

竹の子 茹で か た

上記の商品のお問い合せ・ご注文はお電話にて承りしております。 みそ 賞味期限 60日 350円(柚子みそ(120g)) 350円(田楽みそ(120g))• わかめ 賞味期限 冷蔵 60日 300円(90g(鳴門産))• 竹の子ごはんの素 賞味期限 60日 900円(竹の子150g)• 筍直かつお 賞味期限 20日 800円(160g)• 若たけ煮<春季限定品> 賞味期限 冷蔵 10日 800円(160g) 今季終了しました• 実山椒 竹の子しぐれ 賞味期限 60日 800円(160g)• 実山椒 竹の子こんぶ 賞味期限 60日 800円(160g)• 牛肉 筍しぐれ煮 賞味期限 30日 900円(150g) 今季終了しました• 豆竹煮 賞味期限 30日 500円(180g) 記載の価格はすべて 税抜き価格(本体のみの価格)で表示しております。 消費税は別途加算させていただきます。

次の

【根曲がり竹】北海道の竹の子(タケノコ)【姫竹】

竹の子 茹で か た

北海道の竹の子は簡単に採れます 今、北海道の山が職場なんで登山する事が多いのですが、 こんな笹が生えている場所の根本に、 北海道の竹の子は生えています。 ちなみに北海道で言う竹の子は、根曲がり竹(ネマガリタケ)や姫竹(ひめたけ)と呼ばれるチシマザサ(千島笹)の若竹の事だそうです。 北海道では竹の子と呼ばれてます。 ちなみに北海道にはいわゆる竹林がほぼなく、道民は竹の子(孟宗竹)はもちろん、竹も観たことがないと言う人が多いですね。 10分ほど歩きながら採ってみた分です。 私1人で食す分なので十分です。 アクもなく調理も簡単ですが、食べれる部分は少し 竹の子は茹でるのがメジャーなんですが、茹でた後に皮を剥きやすいように皮を切り込みます。 手持ちの鍋で茹でれるサイズにして、10分程茹でました。 茹で上がるとポップコーンのような香ばしい香りがします。 茹で上がり、皮を剥きます。 皮を剥く前と、剥いた後の比較ですが、ほとんど皮で食べれる部分は小さいです(笑) 今回採った分の皮を剥いたら、ものすごくボリュームダウンです。 竹の子ご飯を炊きました わざわざ紹介するほどの料理でもないのですが、 米をといで、水分をあわせて、 茹でた竹の子を適当に切って、油抜きした油揚げを入れて、 ダシの素、醤油、酒、麺つゆ などを入れて、炊飯。 なかなかエエ感じに炊けましたね。 私はいつも仕事で弁当を持参するので、弁当にしました。 寮の部屋の同僚にお裾分け、 「めちゃくちゃ美味いです!!」と絶賛してくれました。 そんな大した料理でもないんですけどね、、 北海道の竹の子はアクもないので調理も簡単に食べられますね。 味と言うより、食感や季節のモノを楽しむと言った食材ですね。 場所にもよると思いますが、5月下旬から6月いっぱいくらいに収穫できるみたいですね。 もう一回くらい採れるかな?.

次の