お 力添え。 「お力添え」の意味と使い方!「ご尽力」との違いは?【例文で解説】

「お力添えさせていただく」は正しい表現なのでしょうか?

お 力添え

「お力添え」という言葉は、さまざまなシーンで使える言葉で、「助けること」を意味する敬語表現です。 「お力添え」という言葉は、主に上司や社外の目上の方などに協力をお願いする場合や援助してもらった場合のお礼などに使用する機会の多い言葉です。 この「お力添え」という言葉は、覚えておくと何かと便利な言葉ですが、使う場面によって使い方はいろいろですので、ここではシーン別の「お力添え」の例文をご紹介します。 お力添えを使った例文;感謝 目上の人から何かを助けていただいたことに対して感謝の気持ちを相手に伝える場合に「お力添え」という言葉を使います。 例えば、以下のようになります。 (例文)「日頃より、多大なるお力添えをいただき、心より感謝いたします。 」 お力添えを使った例文;お礼 目上の人に助けていただいた場合のお礼を述べる場合にも「お力添え」という言葉を使うことがあります。 例えば以下のようになります。 」 3.「お力添えをいただきまして誠にありがとうございました。 」 お力添えを使った例文;挨拶 「お力添え」は挨拶文でも使うことのできる言葉です。 例えば、以下のように使います。 」 2.「皆様のお力添えにより、苦境を乗り越えることができました。 ありがとうございました。 」 お力添えを使った例文;依頼 「お力添え」は、目上の方に何かをお願いする場合にも使える表現です。 例えば、以下のようになります。 (例文) 1.「皆様のお力添えをいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。 」 2.「みなさまのお力添えをいただきながら、なお一層の努力をしてまいります。 」 お力添えを使った例文;協力 目上の人に協力を仰ぐ場合にも「お力添え」という表現を使うことができます。 例えば以下のようになります。 (例文) 1.「今後ともより一層のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。 」 2.「何卒お力添えいただきますよう重ねてお願い申し上げます。 」 お力添えを使った例文;ビジネス ビジネスメールにおいて「お力添え」というフレーズはお願いやお礼、お詫びなどに使えるため大変役立ちます。 文末の締めくくりとしても使える言葉ですので、ぜひ覚えましょう。 (例文) 1.「お力添えいただきたく存じます。 」 2.「お力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。 」 3.「お力添えいただき、まことにありがとうございます。 」 4.「お力添えいただき厚く御礼申し上げます。 」 5.「お力添えいただいたにもかかわらず、このような結果となってしまい、まことに申し訳ございません。 」 お力添えを使った書き方や注意点 「お力添え」という言葉は、目上の人に何かを依頼したりお礼や感謝を述べる場合に使えるということがわかりましたが、では、実際にどんなときに使う言葉なのでしょうか。 ここでは、「お力添え」を使った書き方、注意点をみていきます。 お力添えを使った書き方や注意点;年賀状 年賀状において「お力添え」というフレーズを使うことがあります。 ビジネス上の年賀状などでは、特によく使われます。 (例文) 1.「本年もお力添えのほどよろしくお願い申し上げます」 2.「本年も昨年同様にお力添えのほど何卒よろしくお願いいたします」 年賀状の場合は、句読点を入れないようにしなければなりません。 文字配列が気になる方はスペースなどで調整するようにしましょう。 お力添えを使った書き方や注意点;メール メールで「お力添え」という言葉を使うのは、自分より目上の人に対してです。 もし、目下の者へ使う場合は、「お」をとって「力添え」のみで良いです。 例えば、「力添えありがとうございました。 」などのように使います。 メールでは、お願いする場合やお礼をするときなどに「お力添え」という言葉を使うことがあります。 (例文) 1.「お力添えのほど、何卒よろしくお願いいたします。 」 2.「お力添えを賜りますようよろしくお願いいたします。 」 3.「このたびはお力添えいただきましてありがとうございました。 」 4.「大変なお力添えをいただきまして、まことにありがとうございました。 」 お力添えを使った書き方や注意点;手紙 手紙においても「お力添え」は使えます。 目上の人に対して手助けをお願いする場合や、既に手を貸していただいたことに対してのお礼などに使います。 (例文) 1.「お力添えいただきたく存じます。 」 2.「お力添えのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 3.「お力添えいただきたくお願いいたします。 」 4.「お力添えいただき厚くお礼申し上げます。 」 お力添えを使った書き方や注意点;目上・目下 前述しましたように、目下の者に対しては「お力添え」の「お」を省き、「力添え」のみにして使います。 」などのように使います。 目上の人に対しては、必ず「お」をつけて「お力添え」とするように気を付けましょう。 お力添えとご尽力の違い 「ご尽力」の意味 「ご尽力」の「尽力」とは、力を尽くすことを意味します。 何かに対してできる限りの努力をして、力を尽くすということであり、そのことに尊敬の意をこめて頭に「ご」をつけて「ご尽力」という言葉になります。 この「ご尽力」とは、目上の人が努力してくれたときのお礼の気持ちを込めて使用することが一般的です。 また「尽力」という言葉のみの場合は、自分のことを言う場合にも使用できます。 その場合は、ただの努力ではなく全身全霊の力を尽くしたという意味となります。 「尽力」は、「ご」を頭につければ、目上の人が何かしらの力を貸してくれたことへの感謝の意を表し、「尽力」のみで自分のことに使えば、これから自分が精一杯努力するという決意を表すということです。 「ご尽力」の正しい使い方と使用例 「ご尽力」のよくある使用例が以下のようになります。 ・「ご尽力賜りまして感謝申し上げます。 」 ・「本日はご尽力いただきまして、まことにありがとうございました。 」 このように、目上の人に対して助けていただいたことや力を尽くすよう努力してもらったことへの感謝の気持ちを表現する場合に「ご尽力」という言葉を使います。 また、自分に対して使う場合には前述したように「ご尽力」の頭の「ご」を取り「尽力」という言葉にして用います。 ・「社員一同、誠心誠意尽力させていただく所存です。 」 ・「微力ながらも尽力させていただきます。 」 自分が助ける立場の場合に使う「尽力」の表現には、「あまり力にはなれないですが」というクッション的表現で「微力ながら」などの言葉を併用することがあります。 そうすることで、より一層目上の人への敬意を払うことができます。 「尽力」という表現には、このような使い方があります。 「お力添え」との違い 一方、「お力添え」の意味は、前述しましたように努力の意味は含まれません。 「お力添え」という言葉のとおり、「力を添える」ということがもともとの意味で、「助ける」という意味に近く、手助けするという意味に置き換えられます。 目上の人に対しては「手助けする」という意味の言葉を「お力添え」という謙譲語にして、助力や協力を目上の人に仰ぐ場合や結果としてのお礼として使われます。 「お力添え」には、文脈としてはお礼やお願いの場合に使われるという特徴があります。 「ご尽力」はお願いの文では使われませんが、「お力添え」はお願いの文でも使用できるという点が違います。 お礼の文では、「ご尽力」と「お力添え」は置き換えることができます。 「お力添え」だけが使える場合 「ご尽力」は使えないが「お力添え」は使えるという使い方があります。 それは、相手に協力を求める場合です。 「ご尽力」は努力して助けるという意味ですので、「ご尽力お願いします」とお願いすることは、相手に努力して助けることをお願いすることになり失礼にあたります。 目上の人に助けを求める場合には、「お力添え」を使うようにします。 例えば、以下のように使います。 (例文) 1.「お力添えいただきますようお願い申し上げます。 」 2.「今後ともお力添えのほど、何卒よろしくお願いいたします。 」 「お力添え」の間違った使用例 「お力添え」の意味や使い方についてみてきましたが、ここでは「お力添え」の間違った使用例についてみていきます。 1.「この度はお力添えできず申し訳ありません」 自分が助けることができず申し訳ないという意味で「お力添え」を使った例ですが、これは間違った使い方です。 正しくは、「この度はお力になれず申し訳ありません」または「この度はお役に立てずに申し訳ありません」です。 もし、自分の会社と相手の会社ということであれば「この度は、ご期待に添えず申し訳ありません」となります。 自分が助ける立場の場合は、「お力添え」は使えないということをしっかりと覚えましょう。 2.「お力添えできれば幸いです」 これも自分が助けることができればという意味で使っていますので間違った使い方です。 この場合は、「お力になれれば幸いです」または「お役に立てれば幸いです」などのような言い方が適切です。 「お力添え」の類語表現 「お力添え」という言葉はさまざまな使い方をします。 ここでは、ビジネスシーンでよく使う「お力添え」を使った表現についてみていきます。 「お力添え」の表現;「お力添えいただく」 ビジネス上「お力添え」という言葉はよく使われるということはご説明しました。 結論から言いますと、「お力添えいただく」という言い回しがシンプルで使い勝手のよい表現です。 例えば、「お力添えいただいてもよろしいでしょうか」とか「お力添えいただきたくお願いいたします」という形で使えます。 相手にとっても、この言い回しで不快ととらえることはないでしょう。 「お力添え」の表現;「お力添えを賜る」 「お力添えを賜る」という表現は、「お力添え」という既に謙譲表現をさらにへりくだっている表現になります。 この表現は、目上の人に対して、ちょっと頼みづらいことであったり、より丁寧な印象を相手に与えたい場合に行う表現です。 例えば、「大変恐縮ですが、お力添え賜ることはできますでしょうか」という表現は、とても丁寧に手助けを求めていると捉えることができます。 重要な取引先や、絶対に成功させたい相手、取締役、重役などの方に協力を要請する場合などには、このように丁寧な言い回しを使います。 「お力添え」の表現;「お力添えのほど」 「お力添え」という言葉を使った表現に「お力添えのほど」という表現があります。 この表現は一見とても丁寧な印象ですが、実はそうとは言い切れません。 例えば「お力添えのほど、よろしくお願いします。 」などのように使いますが、「~ほど」とつけた方が、ただシンプルなだけで、より丁寧ということもないです。 丁寧すぎて嫌味にとられないように いかがでしたか。 「お力添え」は、目上の人に対して感謝やお礼、お詫び、依頼など行う場合に使える言葉であることがわかりました。 また、自分の行為としては使わないということもわかっていただけたでしょう。 もし、自分が誰かに手助けしたいと言いたいときには、「ご協力いたします」と言うようにします。 「お力添え」と似た言葉に「ご尽力」という言葉もありますが、頭の「ご」を取れば「尽力」として、自分が手助けするという意味で「尽力いたします」と使うことができるという点が違うこともわかりました。 「お力添え」は、ビジネスシーンでもよく出てくる言葉で、挨拶やお礼などメールでも使用できる便利な言葉ですので、意味や使い方をしっかり覚えましょう。

次の

お力添え /文例・敬語の使い方・意味

お 力添え

2.「お力添え」の使い方 「お力添え」は主に、 相手の行いに対して感謝の気持ちを表す時によく使われます。 自分が行ったことに対して、「お力添え」というような使い方はできませんので、注意しください。 それでは、実際に「お力添え」はどのように使えばいいのか、具体的な例文を見てみましょう。 使い方1: 「お力添えをいただき、ありがとうございます。 」 「お力添えをいただき」に感謝の気持ちをつけることで、「力を貸してくれてありがとう」を丁寧な言い回しとして使うことができます。 使用例としては、相手の会社が協力を決断してくれた場合に使用する感じでしょうか。 してくれた場合のお礼の言葉として使用してみてください。 「お力になれず、申し訳ございません。 」 「お手伝いさせていただきます。 」 4. 「お力添え」と「ご尽力」は違う? 「お力添え」の同義語に 「」 と言う言葉があります。 同じ意味で使っている人も多いですが、少しが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。 4-1. 「ご尽力」は「力を尽くす・努力をする」の丁寧に言う言葉 「ご尽力」とは、 目的を達成するために、力を尽くす・努力をするといった意味をもつ 「尽力」に 「ご」をつけることで丁寧な言い回しにした単語です。 「お力添え」との最大の違いは、 努力と言う意味が含まれていることです。 「ご尽力」はどちらかと言えば 努力や苦労をねぎらうような意味で使用されます。 対して、「お力添え」には努力の意味は含まれておらず、相手に協力を求めたり、手助けをしてもらった時に使うようにしましょう。 実際に使う時が来た際に、スムーズに使えるようにしておいた方がいいですよね。 そこで、ここでは「お力添え」を使うことが予想されるシーンと、便利なフレーズを紹介して行きます。 お力添えを使用することで、より丁寧な表現の文章の手紙をすることが可能です。 「貴社のお力添えに、深く」といった使い方をするといいでしょう。 手紙を送る相手によってお力添えを使わずに、「心から感謝申し上げます」や「感謝の意を表します」などを使用するのも良いですね。 5-2.お礼や挨拶を言いに行く場合に使う 実際にお礼を言う場合にも「お力添え」を使用することができます。 ここで注意したいことは、 相手に聞き取りやすい内容でお礼を言うことです。 例えば、丁寧な言い方をすると 「貴社のお力添えに、深く感謝を申し上げます。 」と表記することができますが、これをそのまま口にするのは少々堅苦しい感じがするので 「この度はお力添えを頂き、誠にありがとうございます。 」 と言い換えて見るといいでしょう。 5-3.プレゼンテーションで使う プレゼンテーションで使うことはあまり無いかもしれませんが、使うことは可能です。 プレゼンを始める前の挨拶で、協力してくれた相手に対して使用すると良いでしょう。 お礼を言う場合やプレゼンの場合でも、 話し言葉はテンポが大切になります。 難しい表現を使用するよりも、 「お力添えありがとうございます。 」 くらいの簡素さの方がテンポのある会話やプレゼンが行えるでしょう。 まとめ 「お力添え」は、手助けを行う際に使われる言葉です。 普段何気なく使う言葉ですが、上司や顧客など、目上の人の手助けに対してしか使わないので、気をつけておきましょう。 お力添えという言葉をスムーズに使えると、「デキるビジネスマン」の印象を与えることができるので、うまく活用してみてくださいね。

次の

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

お 力添え

「お力添え」という言葉は、さまざまなシーンで使える言葉で、「助けること」を意味する敬語表現です。 「お力添え」という言葉は、主に上司や社外の目上の方などに協力をお願いする場合や援助してもらった場合のお礼などに使用する機会の多い言葉です。 この「お力添え」という言葉は、覚えておくと何かと便利な言葉ですが、使う場面によって使い方はいろいろですので、ここではシーン別の「お力添え」の例文をご紹介します。 お力添えを使った例文;感謝 目上の人から何かを助けていただいたことに対して感謝の気持ちを相手に伝える場合に「お力添え」という言葉を使います。 例えば、以下のようになります。 (例文)「日頃より、多大なるお力添えをいただき、心より感謝いたします。 」 お力添えを使った例文;お礼 目上の人に助けていただいた場合のお礼を述べる場合にも「お力添え」という言葉を使うことがあります。 例えば以下のようになります。 」 3.「お力添えをいただきまして誠にありがとうございました。 」 お力添えを使った例文;挨拶 「お力添え」は挨拶文でも使うことのできる言葉です。 例えば、以下のように使います。 」 2.「皆様のお力添えにより、苦境を乗り越えることができました。 ありがとうございました。 」 お力添えを使った例文;依頼 「お力添え」は、目上の方に何かをお願いする場合にも使える表現です。 例えば、以下のようになります。 (例文) 1.「皆様のお力添えをいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。 」 2.「みなさまのお力添えをいただきながら、なお一層の努力をしてまいります。 」 お力添えを使った例文;協力 目上の人に協力を仰ぐ場合にも「お力添え」という表現を使うことができます。 例えば以下のようになります。 (例文) 1.「今後ともより一層のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。 」 2.「何卒お力添えいただきますよう重ねてお願い申し上げます。 」 お力添えを使った例文;ビジネス ビジネスメールにおいて「お力添え」というフレーズはお願いやお礼、お詫びなどに使えるため大変役立ちます。 文末の締めくくりとしても使える言葉ですので、ぜひ覚えましょう。 (例文) 1.「お力添えいただきたく存じます。 」 2.「お力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。 」 3.「お力添えいただき、まことにありがとうございます。 」 4.「お力添えいただき厚く御礼申し上げます。 」 5.「お力添えいただいたにもかかわらず、このような結果となってしまい、まことに申し訳ございません。 」 お力添えを使った書き方や注意点 「お力添え」という言葉は、目上の人に何かを依頼したりお礼や感謝を述べる場合に使えるということがわかりましたが、では、実際にどんなときに使う言葉なのでしょうか。 ここでは、「お力添え」を使った書き方、注意点をみていきます。 お力添えを使った書き方や注意点;年賀状 年賀状において「お力添え」というフレーズを使うことがあります。 ビジネス上の年賀状などでは、特によく使われます。 (例文) 1.「本年もお力添えのほどよろしくお願い申し上げます」 2.「本年も昨年同様にお力添えのほど何卒よろしくお願いいたします」 年賀状の場合は、句読点を入れないようにしなければなりません。 文字配列が気になる方はスペースなどで調整するようにしましょう。 お力添えを使った書き方や注意点;メール メールで「お力添え」という言葉を使うのは、自分より目上の人に対してです。 もし、目下の者へ使う場合は、「お」をとって「力添え」のみで良いです。 例えば、「力添えありがとうございました。 」などのように使います。 メールでは、お願いする場合やお礼をするときなどに「お力添え」という言葉を使うことがあります。 (例文) 1.「お力添えのほど、何卒よろしくお願いいたします。 」 2.「お力添えを賜りますようよろしくお願いいたします。 」 3.「このたびはお力添えいただきましてありがとうございました。 」 4.「大変なお力添えをいただきまして、まことにありがとうございました。 」 お力添えを使った書き方や注意点;手紙 手紙においても「お力添え」は使えます。 目上の人に対して手助けをお願いする場合や、既に手を貸していただいたことに対してのお礼などに使います。 (例文) 1.「お力添えいただきたく存じます。 」 2.「お力添えのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 3.「お力添えいただきたくお願いいたします。 」 4.「お力添えいただき厚くお礼申し上げます。 」 お力添えを使った書き方や注意点;目上・目下 前述しましたように、目下の者に対しては「お力添え」の「お」を省き、「力添え」のみにして使います。 」などのように使います。 目上の人に対しては、必ず「お」をつけて「お力添え」とするように気を付けましょう。 お力添えとご尽力の違い 「ご尽力」の意味 「ご尽力」の「尽力」とは、力を尽くすことを意味します。 何かに対してできる限りの努力をして、力を尽くすということであり、そのことに尊敬の意をこめて頭に「ご」をつけて「ご尽力」という言葉になります。 この「ご尽力」とは、目上の人が努力してくれたときのお礼の気持ちを込めて使用することが一般的です。 また「尽力」という言葉のみの場合は、自分のことを言う場合にも使用できます。 その場合は、ただの努力ではなく全身全霊の力を尽くしたという意味となります。 「尽力」は、「ご」を頭につければ、目上の人が何かしらの力を貸してくれたことへの感謝の意を表し、「尽力」のみで自分のことに使えば、これから自分が精一杯努力するという決意を表すということです。 「ご尽力」の正しい使い方と使用例 「ご尽力」のよくある使用例が以下のようになります。 ・「ご尽力賜りまして感謝申し上げます。 」 ・「本日はご尽力いただきまして、まことにありがとうございました。 」 このように、目上の人に対して助けていただいたことや力を尽くすよう努力してもらったことへの感謝の気持ちを表現する場合に「ご尽力」という言葉を使います。 また、自分に対して使う場合には前述したように「ご尽力」の頭の「ご」を取り「尽力」という言葉にして用います。 ・「社員一同、誠心誠意尽力させていただく所存です。 」 ・「微力ながらも尽力させていただきます。 」 自分が助ける立場の場合に使う「尽力」の表現には、「あまり力にはなれないですが」というクッション的表現で「微力ながら」などの言葉を併用することがあります。 そうすることで、より一層目上の人への敬意を払うことができます。 「尽力」という表現には、このような使い方があります。 「お力添え」との違い 一方、「お力添え」の意味は、前述しましたように努力の意味は含まれません。 「お力添え」という言葉のとおり、「力を添える」ということがもともとの意味で、「助ける」という意味に近く、手助けするという意味に置き換えられます。 目上の人に対しては「手助けする」という意味の言葉を「お力添え」という謙譲語にして、助力や協力を目上の人に仰ぐ場合や結果としてのお礼として使われます。 「お力添え」には、文脈としてはお礼やお願いの場合に使われるという特徴があります。 「ご尽力」はお願いの文では使われませんが、「お力添え」はお願いの文でも使用できるという点が違います。 お礼の文では、「ご尽力」と「お力添え」は置き換えることができます。 「お力添え」だけが使える場合 「ご尽力」は使えないが「お力添え」は使えるという使い方があります。 それは、相手に協力を求める場合です。 「ご尽力」は努力して助けるという意味ですので、「ご尽力お願いします」とお願いすることは、相手に努力して助けることをお願いすることになり失礼にあたります。 目上の人に助けを求める場合には、「お力添え」を使うようにします。 例えば、以下のように使います。 (例文) 1.「お力添えいただきますようお願い申し上げます。 」 2.「今後ともお力添えのほど、何卒よろしくお願いいたします。 」 「お力添え」の間違った使用例 「お力添え」の意味や使い方についてみてきましたが、ここでは「お力添え」の間違った使用例についてみていきます。 1.「この度はお力添えできず申し訳ありません」 自分が助けることができず申し訳ないという意味で「お力添え」を使った例ですが、これは間違った使い方です。 正しくは、「この度はお力になれず申し訳ありません」または「この度はお役に立てずに申し訳ありません」です。 もし、自分の会社と相手の会社ということであれば「この度は、ご期待に添えず申し訳ありません」となります。 自分が助ける立場の場合は、「お力添え」は使えないということをしっかりと覚えましょう。 2.「お力添えできれば幸いです」 これも自分が助けることができればという意味で使っていますので間違った使い方です。 この場合は、「お力になれれば幸いです」または「お役に立てれば幸いです」などのような言い方が適切です。 「お力添え」の類語表現 「お力添え」という言葉はさまざまな使い方をします。 ここでは、ビジネスシーンでよく使う「お力添え」を使った表現についてみていきます。 「お力添え」の表現;「お力添えいただく」 ビジネス上「お力添え」という言葉はよく使われるということはご説明しました。 結論から言いますと、「お力添えいただく」という言い回しがシンプルで使い勝手のよい表現です。 例えば、「お力添えいただいてもよろしいでしょうか」とか「お力添えいただきたくお願いいたします」という形で使えます。 相手にとっても、この言い回しで不快ととらえることはないでしょう。 「お力添え」の表現;「お力添えを賜る」 「お力添えを賜る」という表現は、「お力添え」という既に謙譲表現をさらにへりくだっている表現になります。 この表現は、目上の人に対して、ちょっと頼みづらいことであったり、より丁寧な印象を相手に与えたい場合に行う表現です。 例えば、「大変恐縮ですが、お力添え賜ることはできますでしょうか」という表現は、とても丁寧に手助けを求めていると捉えることができます。 重要な取引先や、絶対に成功させたい相手、取締役、重役などの方に協力を要請する場合などには、このように丁寧な言い回しを使います。 「お力添え」の表現;「お力添えのほど」 「お力添え」という言葉を使った表現に「お力添えのほど」という表現があります。 この表現は一見とても丁寧な印象ですが、実はそうとは言い切れません。 例えば「お力添えのほど、よろしくお願いします。 」などのように使いますが、「~ほど」とつけた方が、ただシンプルなだけで、より丁寧ということもないです。 丁寧すぎて嫌味にとられないように いかがでしたか。 「お力添え」は、目上の人に対して感謝やお礼、お詫び、依頼など行う場合に使える言葉であることがわかりました。 また、自分の行為としては使わないということもわかっていただけたでしょう。 もし、自分が誰かに手助けしたいと言いたいときには、「ご協力いたします」と言うようにします。 「お力添え」と似た言葉に「ご尽力」という言葉もありますが、頭の「ご」を取れば「尽力」として、自分が手助けするという意味で「尽力いたします」と使うことができるという点が違うこともわかりました。 「お力添え」は、ビジネスシーンでもよく出てくる言葉で、挨拶やお礼などメールでも使用できる便利な言葉ですので、意味や使い方をしっかり覚えましょう。

次の