阿久比 おもてなし。 知多郡阿久比町の宅配弁当・弁当配達

虫供養行事

阿久比 おもてなし

愛知県南西部、知多郡にある町。 1953年(昭和28)町制施行。 名古屋鉄道河和 こうわ 線、知多半島道路が通じ、名古屋、半田 はんだ 、東海3市のベッドタウン。 中央部は阿久比川低地で米作地、両側の丘陵地は住宅団地とミカン、キクなどの園芸農業地帯。 乳牛の飼育も盛ん。 工業は紡織が中心であるが、自動車関連企業や先端技術工業の進出もみられる。 史跡、社寺には、平安時代の菅原英比麿 すがわらのえびまろ (道真 みちざね の孫)や、戦国時代の於大の方 おだいのかた (徳川家康の母)、坂部城主久松 ひさまつ 氏らにゆかりのものが多い。 地名は阿古屋 あこや 、足咋 あくい 、英比 あくい 、阿久比と変遷している。 面積23. 80平方キロメートル、人口2万7747(2015)。

次の

阿久比 おもてなし

阿久比 おもてなし

愛知道路コンセッション(愛知県半田市)は、同社が運営する知多半島道路の阿久比(あぐい)パーキングエリア(PA)と大府PAをリニューアル。 7月18日にオープンした。 ドライバーの休憩のためだけでなく、地域ブランドの発信、着地型観光のきっかけの場となるPAを目指す。 オープン前日の報道関係者向け内覧会で撮影した写真を中心に、両PAのフォトリポートをお届けする。 新しくなった両PAでまず目を引くのが、木材を多用した開放的な外観だ。 デザインを監修したのは世界的建築家、隈研吾氏。 コンセプトは「おおらかな木のひさし」だ。 日本をイメージさせる素材=木を使うことで、セントレア空港(中部国際空港)からのインバウンド旅客も意識している。 こう語る隈氏は、今回の両PAのデザインコンセプトについて次のように説明する。 「知多半島は海と山が近く、サーっと風が通っていくような透明感がある。 そのイメージを表現した。 日本の古い建物には深いひさしがあるが、そのままだと暗いイメージもある。 知多半島らしく明るくしようということで、ひさしを折り上げて<お迎えする感じ>を出した」 建物内部にも木をふんだんに使い「日本のお寺をモチーフにしながらも、現代風に明るく風が通る、透明感の高い空間」(隈氏)をつくり上げた。 オープニングセレモニーであいさつする大和リースの森田俊作社長(左)、前田建設工業の前田操治社長(中央)、愛知県の大村秀章知事(右) 有名シェフやパティシエが地元食材を使ったメニューを開発 大きく変わったのは外観だけではない。 飲食店舗は、パティシエの辻口博啓氏、イタリアンの奥田政行氏、日本料理の笠原将弘氏が監修。 この3人の有名シェフ、パティシエが、地元・知多半島の食材を使ったメニューを開発した。 さらに、3氏と地元企業がコラボレーションしたみやげ物も開発し、PAの売店「アクアイグニス」で販売する。 辻口氏は、「知多半島には、味噌や醤油などの発酵の文化が残っている。 PAは日本の伝統的な発酵文化を楽しめるに場所したい。 知多ならではの文化を3人でもっともっと掘り起こして、1年間を通じて魅力あるPAをつくり上げていきたい。 通り道に休憩で立ち寄るのではなく、ここに来ることが目的となるようなPAになれば」と意気込みを語った。 [画像のクリックで拡大表示] 隈研吾氏は、「日本全国にあるサービスエリア(SA)やPAは、均質性が高く、どこへ行っても同じような印象を受け、魅力に乏しい」と指摘する。 一方で、SAやPAという空間の新たな可能性を示唆する。 今回の愛知道路コンセッションによるPAリニューアル・プロジェクトは、運営権者である民間企業が、どのようにPAを変え、新たに事業価値を高めていくのかという点からも注目を集めている。 同社では、知多半島道路のパーキングエリアを「」というブランド名で統一。 そのうえで阿久比PAは「大地の種」、大府PAは「華の種」と名付けた。 そして、「ドライバーの休憩のための場所」という従来のPAのイメージを一新し、施設全体で地域ブランドの配信、着地型観光のきっかけの場となるPAを目指す。

次の

焼肉茶屋 みさわ(常滑・知多半島/焼肉)

阿久比 おもてなし

愛知道路コンセッション(愛知県半田市)は、同社が運営する知多半島道路の阿久比(あぐい)パーキングエリア(PA)と大府PAをリニューアル。 7月18日にオープンした。 ドライバーの休憩のためだけでなく、地域ブランドの発信、着地型観光のきっかけの場となるPAを目指す。 オープン前日の報道関係者向け内覧会で撮影した写真を中心に、両PAのフォトリポートをお届けする。 新しくなった両PAでまず目を引くのが、木材を多用した開放的な外観だ。 デザインを監修したのは世界的建築家、隈研吾氏。 コンセプトは「おおらかな木のひさし」だ。 日本をイメージさせる素材=木を使うことで、セントレア空港(中部国際空港)からのインバウンド旅客も意識している。 こう語る隈氏は、今回の両PAのデザインコンセプトについて次のように説明する。 「知多半島は海と山が近く、サーっと風が通っていくような透明感がある。 そのイメージを表現した。 日本の古い建物には深いひさしがあるが、そのままだと暗いイメージもある。 知多半島らしく明るくしようということで、ひさしを折り上げて<お迎えする感じ>を出した」 建物内部にも木をふんだんに使い「日本のお寺をモチーフにしながらも、現代風に明るく風が通る、透明感の高い空間」(隈氏)をつくり上げた。 オープニングセレモニーであいさつする大和リースの森田俊作社長(左)、前田建設工業の前田操治社長(中央)、愛知県の大村秀章知事(右) 有名シェフやパティシエが地元食材を使ったメニューを開発 大きく変わったのは外観だけではない。 飲食店舗は、パティシエの辻口博啓氏、イタリアンの奥田政行氏、日本料理の笠原将弘氏が監修。 この3人の有名シェフ、パティシエが、地元・知多半島の食材を使ったメニューを開発した。 さらに、3氏と地元企業がコラボレーションしたみやげ物も開発し、PAの売店「アクアイグニス」で販売する。 辻口氏は、「知多半島には、味噌や醤油などの発酵の文化が残っている。 PAは日本の伝統的な発酵文化を楽しめるに場所したい。 知多ならではの文化を3人でもっともっと掘り起こして、1年間を通じて魅力あるPAをつくり上げていきたい。 通り道に休憩で立ち寄るのではなく、ここに来ることが目的となるようなPAになれば」と意気込みを語った。 [画像のクリックで拡大表示] 隈研吾氏は、「日本全国にあるサービスエリア(SA)やPAは、均質性が高く、どこへ行っても同じような印象を受け、魅力に乏しい」と指摘する。 一方で、SAやPAという空間の新たな可能性を示唆する。 今回の愛知道路コンセッションによるPAリニューアル・プロジェクトは、運営権者である民間企業が、どのようにPAを変え、新たに事業価値を高めていくのかという点からも注目を集めている。 同社では、知多半島道路のパーキングエリアを「」というブランド名で統一。 そのうえで阿久比PAは「大地の種」、大府PAは「華の種」と名付けた。 そして、「ドライバーの休憩のための場所」という従来のPAのイメージを一新し、施設全体で地域ブランドの配信、着地型観光のきっかけの場となるPAを目指す。

次の