鬼滅の刃善逸かいがく。 【鬼滅の刃】「我妻善逸」の強さ・魅力まとめ|兄弟子との過去について

『鬼滅の刃』単行本17巻あらすじネタバレ!善逸vs獪岳 (かいがく)、義勇・炭治郎vsアカザ 壮絶な戦闘の行方は

鬼滅の刃善逸かいがく

鬼滅の刃の我妻善逸の兄弟子:獪岳(かいがく)について 名前は獪岳。 善逸の兄弟子です。 獪岳は善逸と同じ師匠と修行をし、「」を学んでいました。 雷の呼吸は壱(いち)ノ型から陸(ろく)ノ型まであります。 でずが、善逸が使えるのは雷の呼吸・壱ノ型だけ、そして獪岳は壱ノ型以外しか使えません。 我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)は不満を持っていた 修行に勤しむ努力家だった獪岳は、出来が悪いのにも関わらず、師匠に同じように扱われている善逸のことが嫌いでした。 そして善逸に対し、「先生の時間の無駄」だといって雷の呼吸の習得を諦めさせようとします。 なぜ師匠は出来が悪い善逸を可愛がるのか。 そんな想いを胸に秘め、とにかく獪岳は善逸と師匠との関係が面白くなかったのでしょう。 実際には師匠は善逸を贔屓はしておらず、自分にはできない壱ノ型を使える善逸に対する妬みから獪岳が思い込んだのだと思います。 獪岳の思いに反し、善逸は努力家である獪岳を尊敬していました。 獪岳だけが善逸と師匠のことで悩み苦しみ、自分を必要以上に追い込んでいきます。 もしも、獪岳・善逸・師匠で心の底から本音をぶつけて話し合っていれば、3人の未来は変わっていたかもしれません。 善逸と鬼になった獪岳(かいがく)が再会をするも引けない戦いへ 一方的な感情を抱いていた獪岳と善逸。 2人は再会をしますが、それはかつてのような兄弟子・弟弟子との関係では言い表せないものでした。 それは兄弟子・ 獪岳が倒すべき敵である鬼になっていたのです。 それも鬼舞辻無惨の直属の配下である 十二鬼月の1人、上弦の陸となっていました。 >> 善逸の兄弟子である獪岳はどうして鬼へと変わり果てたのか ここでとても気になるのは、 獪岳は鬼へと変わってしまったのかということです。 今までも、常に強さを求め努力していた獪岳は、 生きてさえいればいつかは勝てると考えていました。 ですが獪岳はある日、鬼と遭遇して死にそうになり、その鬼に命乞いをする形で自身が鬼になり、なんとか生き続けようとしたのです。 強さを求め続けたことによりしてしまったこの選択。 しかし、鬼にならなければ獪岳は死んでいました。 獪岳はこの時すでに鬼殺隊の隊員でしたが、まだ悔いのない生き方ができていなかったために、死ぬことができなかったのでしょう。 獪岳が鬼になってしまったことで、鬼殺隊の裏切り者となり、師匠は弟子の罪を償うため切腹し、その人生を終えました。 善逸と獪岳(かいがく)の戦いの結末 2人が師匠のもとで修行を積み重ねていた当時から、何かと善逸を妬み、さまざまな文句を言っていた獪岳。 お互い雷の呼吸を使いながら一歩も譲れない戦いが始まります。 善逸にとって、自分を見込んで色々教えてくれた師匠を失う原因となった相手。 尊敬していた兄弟子ではありますが、師匠のためにも、獪岳を倒す以外に方法はありません。 善逸との戦いの際、獪岳は長く生きている鬼の中で特に日が浅く、まだ血鬼術を使いこなせていませんでした。 実際獪岳の血鬼術完成しちゃったら本当あかんよな — さすに SSRAPSHOT そんなまだ鬼として未熟である 獪岳を善逸は自身が編み出した「雷の呼吸 漆(しち)ノ型・火雷神」によって倒すのです。 この漆ノ型を見て、死ぬ間際でも師匠が贔屓して教えたのだと勘違いする獪岳。 最後の最後までこのような思い込みをしており、どこでこうなってしまったのか、別の未来はなかったのかと考えるととても悲しいです。 この弟子同士のの戦いは、思いの強さで勝った善逸が勝利を収めたのでした。

次の

【鬼滅の刃】かいがく(獪岳)が鬼になった理由がクズと話題!?

鬼滅の刃善逸かいがく

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】獪岳は悲鳴嶼を追い詰めた張本人? 岩柱の悲鳴嶼行冥は、鬼殺隊に入る前、寺で身寄りのない子を預かり家族のように暮らしていました。 そのうちの一人が、獪岳でした。 ある日、獪岳は寺のお金を盗んでしまいます。 他の孤児達に責められ、寺を追い出された獪岳は、一人山を彷徨います。 そんな中、獪岳は運悪く鬼と遭遇してしまいました。 あろうことか獪岳は、 寺の子供達と悲鳴嶼を食わせる代わりに、自分を見逃すよう鬼に頼みます。 獪岳は、寺に置いてあった鬼避けのお香を消し、鬼を寺に誘い込みます。 子供たちは、沙代という少女を残して、全員鬼に食べられてしまいました。 悲鳴嶼は必死に、夜明けまで鬼を殴り続け、なんとか鬼を始末します。 この事件により、悲鳴嶼は自分の強さに気づき、鬼殺隊への道を歩みはじめますが、同時に、深い人間不信に陥ることになりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】獪岳の考えは最初から歪んでいた? 悲鳴嶼の回想では、獪岳は笑顔で子供達と食事をとっていました。 また、コミックス17巻の描き下ろしイラストでは、悲鳴嶼に頭を撫でられ、屈託のない笑顔を浮かべる獪岳の様子を見ることができます。 それらを見る限り、獪岳はとても仲間を鬼に食わせるような少年には見えません。 しかし、 すべてのきっかけは獪岳が寺のお金を盗んだことにあります。 幸せそうだった獪岳が、どうして盗みを働いたのでしょうか。 これは推測になりますが、 孤児であった獪岳は、「またいつか見捨てられるのでは」という不安感が強い子供だったのではと思われます。 自分は愛されていないと感じている子供は、しばしば身近な人に対して、試し行動をします。 試し行動とは、わざと相手の怒ることや、嫌がることをして、それでも自分は捨てられないか、突き放されないかを見る行為です。 「寺のお金を盗む」という試し行動をした獪岳を、周りの子供たちは責め、追い出してしまいます。 寺を飛び出した獪岳の心は「やはり自分は見捨てられた」という絶望と怒りで一杯だったことでしょう。 そしてその激情のまま、寺のお香を消し、仲間たちを死にいたらしめてしまいました。 一度悪の道に落ちてしまうと、人は簡単に立ち直ることができません。 そのために獪岳は、自分を正当化し続けながら、ズルズルと悪の道を歩んでいくことになったのはないでしょうか。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】心から兄弟子として慕っていた善逸 善逸は、獪岳が自分を嫌っていることに気づいていました。 しかし、 獪岳のことは心から尊敬していました。 そのことを象徴するエピソードがあります。 ある日、善逸は、鬼殺隊の先輩隊士が獪岳の悪口を言っている所に遭遇します。 壱ノ型が使えない獪岳を「 どうせすぐ死ぬだろ」と馬鹿にしている先輩隊士に、 善逸は殴りかかります。 事情を知らない獪岳は、騒ぎを聞き「 お前みたいなのがいるのは本当に恥だぜ」と言って責めました。 また、善逸は鬼殺隊に入隊後、獪岳に何度も手紙を書いていました。 しかし、 獪岳が返事を出すことはありませんでした。 同じ雷の呼吸の継承者同士、なんとか分かり合いたいと努力した善逸でしたが、その思いが獪岳に届くことはなかったようです。

次の

【鬼滅の刃】上弦の睦・獪岳(かいがく)が4巻に登場してた件!

鬼滅の刃善逸かいがく

コンテンツ• 鬼滅の刃 善逸と兄弟子獪岳との出会い 育手(そだて)である 桑島 慈悟郎(くわじま じごろう)の元、で先に修行していたのが 獪岳(かいがく)でした。 つまり 善逸の兄弟子にあたります。 獪岳は、情けない彼を 非常に嫌っていました。 鍛錬(たんれん)のたびに、 泣きわめく姿が気に入りません。 元柱である桑島に、直接指導を受けられるだけで非常にありがたいのです。 そんな善逸を、分かっていないと感じていました。 さらに、 師範として敬わない言動に、腹を立てます。 また、壱ノ型しか習得できていないため、 バカにしました。 さらには桑島の教える時間が無駄になると、 追い払おうとします。 鬼滅の刃善逸の兄弟子 獪岳が鬼になったわけ 上弦(じょうげん)の壱の鬼に 歯が立たないと感じたからです。 獪岳は鬼殺隊の任務中に、上弦最強である 壱の鬼に出くわしました。 そして勝てる見込みがなかったため、 命乞いをします。 鬼の力が欲しいわけではありませんでした。 ただ一度強き者に屈しても、 生きていれば勝てるチャンスが巡ってくると考えたのです。 上弦の壱の鬼から、血を分けてもらいました。 そして体中の細胞が、泣きわめくようなおぞましい恐怖の中で 鬼となります。 結果、師範である 桑島 慈悟郎(くわじま じごろう)を 切腹へと追い込みました。 鬼滅の刃善逸の兄弟子 新たな上弦の陸の鬼として登場 獪岳は、妓夫太郎(ぎゅうたろう)・ 堕姫(だき)に代わり、新たな 上弦の陸(ろく)として善逸の前に立ちふさがります。 無惨に、最も近い 上弦の壱の鬼から血をもらっていました。 呼吸を使う者は、 常人よりもさらに多くの血を取り込む必要があります。 しかしその分鬼になれたときは、短期間でかなり強い鬼になれたのではないでしょうか。 実際に穴埋めではありますが、獪岳は上弦の陸として起用されます。 さすがに実力のない者を、上弦には無惨もしないでしょう。 鬼滅の刃善逸の兄弟子獪岳との再開 無限城内で、ふたりは再び顔を合わせます。 獪岳はいつも通りの調子で見下しました。 辛い試練を乗り越え鬼になった自分を、 未だに優れていると思っていたのです。 さらに、じいちゃんの切腹を気にも止めていません。 とまで話しました。 自分を認めるものが 善であり、正当に評価を下さない者は 悪であると語ります。 一方で善逸は、 溜まっていた怒りをぶつけます。 大好きなじいちゃんを、切腹に追い込んだ彼に言い返しました。 鬼滅の刃 善逸VS兄弟子獪岳の因縁の対決 善逸が先制攻撃を仕掛けます。 彼の速さに、獪岳は 驚きました。 それから、血鬼術(けっきじゅつ)で強化した刀を使い 雷の呼吸を放っていきます。 獪岳の、雷の呼吸 陸(ろく)ノ型、電轟雷轟(でんごうらいごう)が炸裂しました。 善逸は、それをまともに受けてしまいます。 この技は、善逸が 新たに生み出した型です。 そのためじいちゃんでさえも、習得していない技でした。 首を斬られた獪岳は、あっさり負けます。 さらに漆(しち)ノ型を、善逸にだけ教えた型だとわめき散らしました。 負け惜しみしながら、彼は消えていきます。 一方で善逸も、 力付きました。 壁を足場にし戦っていたため、そのまま落下します。 けれども、救護に駆け付けていた、 愈史郎(ゆしろう)に助けられました。 スポンサーリンク 鬼滅の刃 獪岳は許せない相手でもあり、善逸の尊敬する兄弟子でもある 憎まれ口ばかり叩いてくる獪岳を、善逸は 昔から嫌っていました。 ある日の鍛錬中にじいちゃんは、善逸に教えを説きます。 彼の努力できる姿を善逸は、 尊敬していました。 そのため、善逸やじいちゃんにとって、 大切な人物のひとりだったのです。 漆ノ型でとどめを刺す前に、心の中で謝りました。 また最後に、 一緒に戦いたかったとも語っていました。 獪岳を大切に想っている、とわかるエピソードがあります。 他の鬼殺隊の隊員が、壱ノ型を使えない 獪岳に対する陰口を聞いたときです。 彼の努力をだれよりも知っていたため、 腹を立てました。 善逸は彼らをなぐります。 階級が上の者にケンカを吹っ掛けたのを知り、獪岳は怒鳴りました。 暴力はいけないですが、善逸が抗議するほど 我慢できなかったのです。 鬼滅の刃善逸の兄弟子の獪岳について 『考察』 獪岳を嫌いながらも、尊敬していました。 好き嫌い関係なしに、物事を考えられる姿勢を素晴らしいと感じます。 「コイツは嫌いな奴だから、凄くなんてない。 」 このように普通なら、相手を認められないでしょう。 そこが彼の凄いところだと痛感しました。 獪岳の考え方は、まさにこれですね。 どこかで変われたら、鬼になんかならず、じいちゃんもまだ生きていたでしょう。 まぁ、最後まで負け惜しみを言って消えて逝くような人物を変えるのは、相当な労力が必要ですが。 このような人物を、ひとりで後継者にはしたくない気持ちも分かりました。 人としての心のあり方が、足りなかったのです。 一方で善逸は情けない一面もありますが、それが備わっていました。 ふたりで後継者となるのは、正しい選択だったと感じます。 鬼滅の刃漫画を1巻分もらう方法を紹介! 善逸VS獪岳戦を、できれば無料で読みたいですよね? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 これは、有料動画配信サービスの無料試しになります。 「はい、はい、有料サービスの無料お試しね。 」 そう思われたことでしょう。 しかし正直なところ、 使わないと損です。 なぜなら、鬼滅の刃が1巻分丸ごともらえるからです。 しかも、お金をかけずに。 仕組みとしては、もらえるポイントと交換して読む方法です。 そして、期間内に解約すればお金は一切かかりません。 実際に試してみましたが、事実でした。 さらに 解約も3分ほどで完了します。 もうこれは使わない手はないですよね? 鬼滅の刃善逸の兄弟子獪岳 『まとめ』.

次の