草刈 機 エンジン が かからない。 レトロ刈払機(草刈機)がエンジンかからない時のキャブレターメンテナンス方法【里山のシイナのDIY】

草刈機のエンジンがかからない時の対処方法

草刈 機 エンジン が かからない

草刈り機のエンジンが始動しない3要素 草刈り機のエンジンが作動しない場合、まず3つの原因について確認していきましょう。 オイル関連の原因と対処法 最もよく見られる原因は、やはり燃料やオイルによるものです。 まずはオイルの状態を再確認するとともに、適切な対処法で解決を試みましょう。 古くなった燃料、エンジンオイル 古いガソリンやエンジンオイルは成分が変質し、腐食性のある酸化物になります。 これが残留することでエンジン内部のキャブレターなどが酸化し、空気がうまく入らなくなってしまいます。 症状が進むと粘性が強まり酸化物が固まるので、こうなるとエンジンを分解する以外の方法がありません。 対処法はやはり新しいものに交換することです。 この時、タンク内部に古いオイルが少し残っているので何度かスタートスイッチを入れて正常になるまで様子を見ます。 オイルの混合忘れ 2サイクル式駆動の場合は混合燃料を必ず使います。 そこに誤って混合前のガソリンを入れると潤滑できなくなり、重症化するとエンジンの焼き付きを起こします。 一度焼き付いたエンジンはもう元に戻りません。 エンジンオイルが切れた 4サイクル式の場合はガソリンとオイルは別々に注入します。 エンジンオイルがなくなった状態で使い続けるとオーバーヒートの原因となり非常に危険です。 エンジンの駆動形式によって、オイルの注入方法が異なります。 スポンサードリンク オイルトラブルの場合は、必要に応じてピストンなど内部部品を交換したりオーバーホールをします。 燃料やエンジンオイルは小まめにメンテナンスすることが重要、古いものはできるだけ使用を避けるようにしましょう。 エアフィルターのつまり 草刈り機を使っているとき、エンジン内部では燃料を燃やすために空気を取り込んでいます。 このとき、大気中の埃や不純物を取り除くために吸入口にエアフィルターが取り付けられています。 このフィルターが詰まってしまうとうまく空気を取り込めないため、エンジンがかかりにくくなります。 トラブル解決にはエアフィルターの洗浄ですが、応急処置としては付着した埃をエアダスターなどで取り除いてしのげます。 スパークプラグの汚れ スパークプラグが汚れている場合、火花をうまく起こすことができなくなります。 一度不純物を取ってきれいにしてみましょう。 それでも改善しないときはプラグの交換が必要です。 上記以外でも解決しない場合は オイルも交換したばかり、エアフィルターの目詰まりも特になし、スパークプラグも綺麗にも関わらず作動しない場合は、他の原因が考えられます。 機材そのものが古くて寿命が近づいている、または不良品、欠陥商品などの時もあります。 取扱説明書を見て、エンジンがかからない場合のチェック項目を一つずつ試し、それでも解決しない場合は機材の買い替えまたは交換も検討しましょう。 誤った状態のまま使い続けると電気系統などに支障をきたすこともあるため、非常に危険です。 草刈り機のエンジンがかからないと作業が進まずストレスにもなります。 考えられる原因について調べ、それに合った対処法で解決していきましょう。 Advertisement• ホームセンターや通販で取り扱われている固まる土は、雑草に悩む家庭にとって強い味方となります。 これまでの砂利を敷いたり、草よけシートを張り巡らせる方法で[…]• 草刈機はいくつか種類があり、エンジンタイプでも2サイクルと4サイクルと2種類あります。 燃料はガソリンだけのものもありますが、基本的にはガソリンとオイル[…]• 夏になると雑草があちこちに生えるため、効率的な草刈りを行うために草刈り機を使用する機会が増えるものです。 映えるため、草刈り機は金属製の[…]• 夏は、雑草がよく生長します。 庭の雑草対策として、まず、まめに雑草を抜くことがあげられます。 雑草とうまく付き合い、草とり作業を楽しみながらすることがいい[…]• 庭の空間に砂利を敷いておくと、自然な形で土砂が堆積したり、種が飛んできて次第に雑草が生えやすい状態に変わっていきます。 礫層の厚さが十分にあれば良いので[…]• 庭の手入れなどをしているとよく見つかる、三つ葉の植物があります。 その形状から「あ、クローバーだ。 庭があるのは嬉しいですが、放っておくとどんどん雑草が増えていってしまい困っているという人も多いと思います。 そんな人にオススメの雑草対策として活用できる[…]• 夏に悩ませられるものの中に、暑さと並んで抜いても抜いても生えてくる雑草がありませんか。 私の家はスペースの関係で雑草はそれ程生えてきませんが、比較的広い[…].

次の

草刈機のエンジンがかからない!考えられる原因3選!

草刈 機 エンジン が かからない

草刈機、エンジンかかり難い。 掛かっても全く吹けない状態です。 メインノズル・ダイヤフラム・プライマリーポンプ等すべてキャブクリーナで何回も清掃し点検もました。 組み付けに間違いはありません。 しかし、再度キャブを分解の結果メインノズル手前までは燃料が届いていますが、メインノズル迄届いていない感じです(メインノズルの穴貫通は確認)。 その証拠にチョークしっまなしでないと止まってしまいます。 なおかつスロットルを開けるとエンストし高回転につながりません。 始動困難の為、燃料を直接シリンダーに入れますと一発始動し、スロー回転のみ維持しました。 なお、交換部品は、点火プラグ・ダイヤフラム・ポンプフラム・プライマリープンプ・燃料フィルター・燃料パイプです。 燃料も高級オイル50:1の新品ガソリン使用です。 この原因を教えてください。 よろしくお願いします。 補足排気系統の詰まりも有りませんでした。 実際に見てみないと何とも言えないのですが 思い当たる点を書いてみます。 まず 燃料キャップ これも意外と曲者で ガス抜き(エアー抜き)が塞がって 燃料止めてしまうというのがあります なので一旦 適度に緩めて始動。 高級オイルとありますが 失礼ながら4スト用ではないですよね 2スト用に間違いないですよね? また その機械 以前にオーバーヒートまたは焼き付き等 起こした経験ないですか? とかく長い間 保管それも燃料入れたままの場合の保管では 混合ガソリンの劣化で いろいろ悪影響でます。 ひどい場合は 劣化した混合が燃焼室内で タールのような状態になり 始動しても まず排気ガスが多く 回転も上がらす やがてかぶりを起こし エンストします。 まず エンスト起こした際の プラグの電極状態を確認してみてください ついでにですが キャブを外した際 内部を見ると ピストンが見えますから リコイル引き 動きの中で 上部の方から 黒く筋が入ったような状態になっていないか 確認もしておいたほうがいいです。 入っていると 焼き付きを起こしたようなエンジンかリング摩耗による抜けですから 内部に相当のガスも溜まり 上下運動の際に更に濃いガスとなり 始動性が悪くもなります.

次の

草刈機、エンジンかかり難い。掛かっても全く吹けない状態で...

草刈 機 エンジン が かからない

エンジンがかからない原因はおもに五つ 草刈機(刈払機)のエンジンがかからない(かかりにくい)ときの一般的な原因はおもにつぎの五つに集約されます。 この「押し」が足りないとエンジンが着火しなかったり、着火してもすぐに止まってしまいます。 透明なリターンパイプに燃料が流れるのを確認できるまで5回から10回程度繰り返し押しましょう。 押し過ぎても余分な燃料は自動的に戻されます。 このレバーの引きが弱いとエンジンはなかなかかかりません。 スターターの回転を確認しながら、最初はゆっくり、少しずつ回していき、こなれてきたら強くひきます。 じつは今回、この操作方法に新たな手法を発見しました。 詳しくは後程ご説明します。 あるいは燃料の混合オイルの濃度が高いためその燃えカスがススとなって点火プラグに付着する場合があります。 このプラグの不具合が原因となっているケースがほとんどといってもいいかもしれません。 黒いゴムのカバーを外し、付属の六角レンチでプラグを回転し、抜き取りましょう。 先端の金具の隙間を乾いた布で拭き、鉄やすりの歯または細いドライバーなどでこすります。 電気がスパークするようにするわけです。 ただし先端の金具の隙間を広げないようにくれぐれも注意してください。 プラグには寿命があります。 どうしてもエンジンがかからない場合はプラグの交換も考えてみてください。 ホームセンターで1個数百円で購入できます。 1台は混合燃料25~50対1用のTANAKA TCG 27EASP、1台は混合燃料50対1用のECHO EGT260DXです。 それぞれエンジンのかけ方が異なります。 混合燃料25~50対1用のTANAKA TCG 27EASPのエンジンのかけ方 [1] エンジンの回転数を操作するスロットルレバーがアイドリング(最低)の位置にあることを確認します。 [2] リターンパイプに燃料が流れるのを確認しながらプライミングポンプを続けて数回押します。 [3] スタートコントロールレバー(チョーク)を「始動」の位置に移します。 [4] スターターハンドルを数回力強く引きます。 ひもは最後まで引ききらないように注意してください。 最悪、スターターコイルの故障につながります。 [5] エンジンがかかったら、スロットルレバーを半開にし、一度エンジンの回転数を上げます。 混合燃料50対1用のECHO EGT260DXのエンジンのかけ方 [1] ストップスイッチを上にスライドし「始動」の位置にします。 スロットルレバーが上がったままの低速の位置にあることを確認します。 [2] チョークを「閉」の位置に上げ、プライマリポンプを繰り返し押します。 その際リターンパイプに燃料が流れているのを確認します。 [3] スタータグリップ(スターターハンドル)をエンジンの爆発音が聞こえるまで強く引きます。 [4] 爆発音がしたら チョークを「開」の位置に、再度スタータグリップを引き、エンジンを始動させます。 この2台の草刈機でエンジンの始動方法に大きく異なる点があったのをお気づきでしょうか。 それは 2台目の[4]の赤字部分です。 1台目はチョークを「始動」にしておくだけでしたが、2台目はチョークを「閉」と「開」の2回操作しなければなりません。 これをうっかり忘れ、同じ操作で始動しようとするとエンジンがかからないということになってしまうわけです。 草刈機にはそれぞれの始動方法があります。 取扱説明書をよく確認の上、正しい操作を行ってください。 スターターのひもが伸びてしまった さて、つぎにスターターのひもが伸びてしまった場合の解決方法です。 じつはスターターが重いまま、強く引いたら、つぎのようにひもが戻らなくなってしまいました。 この場合、何度か繰り返し軽く引くと徐々に戻ります。 しかしある程度戻ると、あとはどうしても戻り切らない。 こうなると、回転を与えるひもの長さが足りず、腕の力だけではスターターを回すことは不可能です。

次の