おじぎ イラスト。 お詫び おじぎのイラスト素材 [64108879]

社会人の基本・おじぎは、3種類をTPOに合わせて実行すべし

おじぎ イラスト

今さら聞けないっ! TPOに合わせた基本のおじぎ 日本古来からの「おじぎ」という動作。 普段はあまり意識せずにしているかもしれませんが、おじぎにはTPOに合わせた3種類があり、状況で選んで実行します。 ただ、おじぎは鏡を使っても自分では見られないもの。 同期同士でチェックし合ったり、動画を撮ってもらってもいいでしょう。 <これまでの記事> 1. 視線は1. 5cmほど先に落とす。 すれ違うときや部屋の出入り時に使う。 歩きながらでもOK。 イラスト/白井匠 【敬礼(30度)】 いったん足を止め、腰を曲げて頭を下げ、自分の足先から50~60cmのところに視線を落とす。 お客様を出迎えるときなどに。 イラスト/白井匠 【最敬礼(45度)】 もっとも丁寧なおじぎ。 腰を折って深く頭を下げ、視線は自分の足元。 頭を上げるときはゆっくりと。 お礼や謝罪の際に。 いったんすっと背筋を伸ばして、腰から折ることを意識。 どんなときでも基本は言葉と動作を分けます。 変に視線を逸らすと不審に思われる。 おじぎの場合、頭を下げるときは早く、上げるときはゆっくり。 c Shutterstock. com 首だけ曲げたり、目を合わせたまま頭を下げたり、何度もペコペコするのはNGなおじぎ。 無意識にやりがちなNGおじぎにならないように、意識して練習をしてみてくださいね。

次の

お辞儀は3つの角度を意識しよう!誠意が伝わる社会人の作法

おじぎ イラスト

意外と多い!?印象を悪くするお辞儀 お辞儀はコミュニケーションの入り口と言われるほど重要なものですが、お辞儀をする際、背筋はしっかりと伸びていますか? 姿勢がしっかりしていない状態でのお辞儀は、本来伝えるべき気持ちが伝わらず、反対に失礼な印象を相手に与えてしまいます。 悪い印象を受ける姿勢やお辞儀の仕方には以下のようなものがあります。 猫背 背中が曲がったままでのお辞儀では、頭が下に向きすぎてしまいます。 また背中が曲がっていることで、お辞儀としてはかっこう悪く見えることがあります。 首だけでお辞儀 若い方に多い間違ったお辞儀の仕方です。 お辞儀は本来、腰から曲げて行うもので、首のみを曲げる方法はありません。 また首だけでお辞儀している場合、目を外さない方もいますが、それもマナー違反ですので注意しましょう。 何度もお辞儀する 何度もお辞儀をすることはあまり良いこととされていません。 お辞儀を何度もすると、焦っている印象を与えてしまうことがあります。 またされている側に、なぜか悪いことをしていると思われてしまうかもしれなので、何度もお辞儀をすることはやめましょう。 3種類のお辞儀の違いを理解しよう お辞儀には状況や相手によって使い分ける3つの種類があります。 会釈 出社や退社時、通路などで人とすれ違うときなどに使うお辞儀の種類です。 目線は相手の胸元から腰くらいまで下げるイメージで行うとよいでしょう。 また相手を認識しているという意思表示のために使うときもあります。 敬礼 お客様や目上の方に対して使うお辞儀の種類です。 目線は足下の2メートル先くらいに落とすイメージで行うとよいでしょう。 ビジネス上ではよく使われているお辞儀で、会釈よりもゆっくりとした動作で行うと相手にいい印象を与えることができます。 最敬礼 重役や感謝、謝罪などを行うときに使うお辞儀の種類です。 目線は足下の1メートル先くらいに落とすイメージで行うとよいでしょう。 あまり使うことのないお辞儀ですが、もしものために正しくできるように練習しておきましょう。 お辞儀をするときの手の位置は? お辞儀をする際の手の位置は、男女によって違いがあります。 男性 男性はお辞儀をする際、手を体の横に自然に合わせて行うと綺麗に見えます。 女性 女性はお辞儀をする際、おへその下あたりに手を軽く重ねて行うと綺麗に見えます。 気持ちの良いお辞儀をするポイント 相手が気持ち良いと思えるお辞儀をするには4つのポイントがあります。 以下のポイントをしっかりと抑えて、綺麗なお辞儀を心がけましょう。 相手より先に頭をあげない お辞儀をしている相手より後に頭を上げることで、相手にいい印象を与えることができます。 また相手より後に頭を下げることで、しっかりとしたお辞儀をしていれば、必然的に相手より後に頭を上げることになるので、相手より後に頭を下げることをお勧めします。 他の動作と一緒に行わない(挨拶や握手) 相手とのコミュニケーションにはお辞儀の他に、挨拶や握手などがありますが、お辞儀を他の行動と一緒にしてしまうと失礼に当たります。 挨拶とお辞儀をする必要がある場合には、先に挨拶をした後にお辞儀をしましょう。 挨拶をしているときは相手の目をしっかりと見て、お辞儀をする少し前に視線を外して行うとより良い印象を与えることができます。 握手とお辞儀をする際は、握手中にお辞儀をすることは卑屈な印象を持たれるとされているため、先にお辞儀を済ませてから握手を行うとよいでしょう。 握手をするときは、しっかりと相手の目を見て、握る手の強さは緩すぎず、強すぎない力の加減で行うといい印象を与えることができます。 スピード お辞儀をするスピードは、心の中で1、2、3と数えながら頭を下げます。 頭を下げきったら、一呼吸おいて4、5、6と数えながら頭を上げます。 頭を下げるときは少し早くするイメージで行い、上げるときはゆっくりと行うと丁寧かつ優雅に見えます。 笑顔 笑顔はお辞儀をするときにも重要な要素です。 お辞儀前のアイコンタクトとともに笑顔があると、それだけで相手の印象は良いものになります。 またお辞儀後もアイコンタクトと笑顔を忘れないように気をつけましょう。 お辞儀後の笑顔があることで、相手にこちらの誠意が伝わります。 まとめ いかがでしたか? 毎日お辞儀を無意識に行っていた方でも、間違ったお辞儀をしていた方がいたかもしれません。 日頃行うお辞儀も少し意識して行ってみることで、相手に与える印象がもっと良くなることでしょう。 今1度ビジネスマナーの基本であるお辞儀を見直してみてはいかがですか?.

次の

お詫び おじぎのイラスト素材 [64108879]

おじぎ イラスト

今さら聞けないっ! TPOに合わせた基本のおじぎ 日本古来からの「おじぎ」という動作。 普段はあまり意識せずにしているかもしれませんが、おじぎにはTPOに合わせた3種類があり、状況で選んで実行します。 ただ、おじぎは鏡を使っても自分では見られないもの。 同期同士でチェックし合ったり、動画を撮ってもらってもいいでしょう。 <これまでの記事> 1. 視線は1. 5cmほど先に落とす。 すれ違うときや部屋の出入り時に使う。 歩きながらでもOK。 イラスト/白井匠 【敬礼(30度)】 いったん足を止め、腰を曲げて頭を下げ、自分の足先から50~60cmのところに視線を落とす。 お客様を出迎えるときなどに。 イラスト/白井匠 【最敬礼(45度)】 もっとも丁寧なおじぎ。 腰を折って深く頭を下げ、視線は自分の足元。 頭を上げるときはゆっくりと。 お礼や謝罪の際に。 いったんすっと背筋を伸ばして、腰から折ることを意識。 どんなときでも基本は言葉と動作を分けます。 変に視線を逸らすと不審に思われる。 おじぎの場合、頭を下げるときは早く、上げるときはゆっくり。 c Shutterstock. com 首だけ曲げたり、目を合わせたまま頭を下げたり、何度もペコペコするのはNGなおじぎ。 無意識にやりがちなNGおじぎにならないように、意識して練習をしてみてくださいね。

次の