長澤 まさみ マザー。 長澤まさみ主演映画「MOTHER マザー」をYOU、米倉涼子らが称賛!『苦くも素晴らしい作品でした』 (1/2)

長澤まさみ映画最新は『MOTHERマザー』は実話?

長澤 まさみ マザー

ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』。 長澤まさみの息子役に大抜擢!17歳の少年役が明らかに!初オーディション&スクリーンデビューの超新星・奥平大兼(おくだいらだいけん)。 主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。 また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じている。 製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』 19 、『宮本から君へ』(19)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。 河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した。 物語では母親と息子の関係を、息子の幼少期から青年期を通して描かれている。 今回、長澤まさみ演じる母親・秋子の歪んだ愛情しか知らずに育った17歳の少年・周平を演じたのは、本作が初オーディション初スクリーンデビューとなる新人・奥平大兼(おくだいらだいけん)。 撮影前には、既成の価値観では測れない母親との関係に翻弄される息子という役柄を演じることに不安を覚えるも、「長澤さんが「大丈夫」と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました」と、初めての現場を振り返った。 <本予告>映像は、センセーショナルな導入にはじまる。 長澤が演じる母・秋子の「あれはあたしが産んだ子なの。 あたしの分身。 舐めるようにしてずっと育ててきたの」という印象的なセリフから母と息子の歪んだ愛情が伝わり、「学校、行きたいんだけど」と母親と、外側の世界の間で揺れる周平の葛藤も描かれている。 今回、同じく第二弾キャストとして発表となった夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花ら豪華キャストも映し出され、ラストには「この真相をうけとめられるか? 」と観客へ訴えかける内容になっている。

次の

長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報

長澤 まさみ マザー

ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』。 長澤まさみの息子役に大抜擢!17歳の少年役が明らかに!初オーディション&スクリーンデビューの超新星・奥平大兼(おくだいらだいけん)。 主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。 また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じている。 製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』 19 、『宮本から君へ』(19)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。 河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した。 物語では母親と息子の関係を、息子の幼少期から青年期を通して描かれている。 今回、長澤まさみ演じる母親・秋子の歪んだ愛情しか知らずに育った17歳の少年・周平を演じたのは、本作が初オーディション初スクリーンデビューとなる新人・奥平大兼(おくだいらだいけん)。 撮影前には、既成の価値観では測れない母親との関係に翻弄される息子という役柄を演じることに不安を覚えるも、「長澤さんが「大丈夫」と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました」と、初めての現場を振り返った。 <本予告>映像は、センセーショナルな導入にはじまる。 長澤が演じる母・秋子の「あれはあたしが産んだ子なの。 あたしの分身。 舐めるようにしてずっと育ててきたの」という印象的なセリフから母と息子の歪んだ愛情が伝わり、「学校、行きたいんだけど」と母親と、外側の世界の間で揺れる周平の葛藤も描かれている。 今回、同じく第二弾キャストとして発表となった夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花ら豪華キャストも映し出され、ラストには「この真相をうけとめられるか? 」と観客へ訴えかける内容になっている。

次の

長澤まさみ主演の映画「MOTHER(マザー)」あらすじネタバレとキャスト|ゆるぴっく

長澤 まさみ マザー

4月27日のTwitterに長澤まさみさん主演の映画の紹介が流れました。 あー、この事件覚えてる。 ほんと、何とも言えない悲惨な事件で、母親に怒りしか湧かなかった。 本来なら、守られるはずの子供が不憫で可哀そうで仕方がなかったです。 助けてあげれる人は誰も居なかったんだろうか。 映画になったんですねー。 元になった事件をご紹介します。 長澤まさみ新作映画「マザー」の概要は? 事件は2014年3月、埼玉県川口市で起きました。 「川口高齢夫婦殺害事件」と言われています。 悲惨な事件の概要はこうです。 少年Aと母親であるBが殺されたご夫婦のキャッシュカードを使ってお金を下ろすところが、防犯カメラに写っていた。 下した金額は聞いて驚くなかれ。 いちまんと数千円。 たったの一万で、おじいちゃんとおばあちゃんを殺害する孫。 この金額と引き換えに殺害までしなくては、いけなかったんだろうか。 そしてこのキャッシュカードは母親が少年Aが祖父母を殺害したことを知り、その足でアパートへキャッシュカードを盗みに行かせてるんですよ。 このとき、いっしょに現金8万円も盗ませています。 この母親は、亡くなったご夫婦の次女です。 実の娘なんですよ。 なんと鬼畜な。 お金の借り先は自身の両親です。 息子は冗談にとれなかったのか、ホントに恐ろしい。 真に受けて、お金を借りれないとわかると殺害してしまう短絡さ。 でも、母親は殺害したとわかったあと、キャッシュカードを盗ませにいかせるくらいなのだから、殺したことは驚くことではなかったのか。 後からの供述によると、はじめは「殺せ」という指示に従うつもりはなかったが、借金を拒絶されたことで 母親や妹のためにと犯行を行ったとのこと。 いやはや、やるせない気持ちになり、なんで?と悲しくなります。 以下、少年の成育歴をEnpediaからの要約になります。 映画では阿部サダヲさんが演じます。 引っ越しをして2,3か月は小学校に通うが、再び5年生から通わなくなる。 お金が無い時は、公園にテントを張って野宿をする。 (ラブホテルに子供を宿泊させる親がいるとは。 悲惨な事件の全貌でした。 この事件を元に、本が出版されています 【本のあらすじ】 2014年、埼玉県川口市で当時17歳の少年が祖父母を殺害し金品を奪った凄惨な事件。 少年はなぜ犯行に及んだのか? 誰にも止めることはできなかったのか? 少年犯罪の本質に深く切り込んだ渾身のノンフィクション。 2020年夏公開予定の映画『MOTHER』 主演:長澤まさみ 原案。 まとめ 悲惨な事件、子供を誰か大人が助けてあげてほしかった。 長澤まさみさん、言葉にできないほどのひどい「MOTHER」をどうやって演じたんだろう。

次の