楽天 モバイル 無料 サポート プログラム。 楽天モバイルの「無料サポータープログラム」、5月31日まで延期

【楽天モバイル】無料サポータープログラム参加中の人がMNPでRakuten UN

楽天 モバイル 無料 サポート プログラム

5000人を募集予定 今回の無料サポータープログラムでは、参加者を最大で5000人まで募集する予定となっています。 申し込みは10月1日から開始され、申し込みが多数の場合は抽選で選ばれると発表されています。 楽天モバイルによると、プログラムの対象者は今後数万人まで増やす予定でいるということです。 申し込みの条件 無料サポータープログラムに参加する条件は、• 東京23区、名古屋市、大阪市、神戸市にお住まいの方• 満18歳以上の方• 新規お申し込み、またはMNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)にて乗り換えいただける方 となっています。 (楽天モバイル特別サイトより) 回線のモニターということで、10月より回線が提供される都市部エリアのユーザーが対象となっています。 また、新規もしくはMNPのユーザーのみが対象となっており、すでに楽天モバイルと契約している場合は新規を除き、今回のモニタープログラムに申し込むことはできません。 申し込み期間 無料サポータープログラムへの申し込み期間は 2019年10月1日(火)0:00~2019年10月7日(月)9:59 となっています。 この期間中であれば条件を満たす場合誰でも申し込むことができます。 (先着順ではありません) 提供されるサービス• 国内・国際通話無制限• 国内・海外データ通信無制限(100GB+データチャージ) 無料サポートプログラム参加者は以上、二つのサービスを受けることができます。 モニターとはいえ大盤振る舞いですね。 モニター内容• 品質テスト、アンケート(複数回)にご協力いただくこと• 楽天回線 対応製品をご利用いただくこと となっています。 無料サポータープログラムはモニターであるため、楽天モバイルの回線を使用した上で品質テストやアンケートに応じる必要があります。 アンケートは、申し込んだSIMカードと端末が発送された時期からプログラム終了の2020年3月31日までの期間に複数回行われる予定です。 楽天回線 対応製品とありますが、この対象となるのは9月に発表された新型ラインナップの製品と、以下の製品です。 AQUOS zero SH-M10• AQUOS R2 compact SH-M09• AQUOS sense plus SH-M07• AQUOS R compact SH-M06• AQUOS sense lite SH-M05• Reno 10x Zoom• AX7• R17 Pro• Find X• HUAWEI P30 lite• HUAWEI nova lite 3• Aterm MR05LN RW) これらの製品では、新たな楽天回線を使うためにソフトウェアアップデートが必要となっているので注意が必要です。 詳しい情報はホームページからチェックが可能です。 参加方法 申し込みから利用開始までのスケジュール 無料サポータープログラムへ参加したい場合、 2019年10月1日(火)0:00~2019年10月7日(月)9:59 の期間中に申し込みができるようになっています。 申し込みは 「楽天モバイル」ウェブサイト内「無料サポータープログラム」申し込みページから可能になります。 現在は申し込みページがない状態のため、正式発表まで待つ必要があります。 このプログラムの受付はウェブからのみですが、今後はリアル店舗でも申し込みができるように変えていく予定だということです。 無料サポータープログラムの詳しい情報は今後楽天モバイルから発表される予定となっています。 続報をお待ちください。

次の

【無料サポータープログラム】今時点で楽天から連絡が来てない人にも朗報【Rakuten Mini購入は可能?】

楽天 モバイル 無料 サポート プログラム

当ブログでは小さいスマホの雄として Rakuten Miniを取り上げてきました。 現状、 3インチ/4インチ台のスマホの中では 一番最新で スペック的にも一番使えるスマホであることは疑いがないと思っています。 しかし今時点最速で手に入れるには 楽天モバイルの 無料サポータープログラムに当選しないといけません。 詳細は前回の記事で説明しています。 運良く 1月23日の同プログラム2次募集に申込みができたので、なんとなく 無条件に当選するものと思っていましたが 現状 楽天モバイルから 無料サポータープログラムの 当選メールが来ていない状態です(悲) 申込受付メールでは 1月28日以降にメールが送られてくる旨説明がされていました。 ちなみにネット上で状況を調べてみると、 メールが到着し MNOとしての 楽天モバイルと契約ができた旨の情報が飛び交っていますね。 そして「 RakutenMiniを手に入れた」という声も着々とあがってきています。 いやあうらやましいですね。 1月28日にメールが来なかったのでそのときは「 ああ落選したのかな」と 50%ぐらい思っていましたが、まあ明日にはメールは来るだろうとなんとなく希望的観測をしていました。 そして 1月29日、まず午前中でメールは来なかったです。。 「 落ちたかな・・・」と思い始めました。 それぐらいの時間に楽天モバイルのツイッターアカウントで以下のような返信が相次いでいました。 楽天モバイルです。 無料サポータープログラム2次募集のご案内メールにつきましては、お手数ではございますが迷惑メールフォルダに届いていないかご確認いただけますでしょうか。 もしもご不明点等ございましたらコミュニケーションセンターへご連絡ください。 結果、届いていなかったです(涙) でも、この確認をさせるということは もう対象者にメールを送りきったのかなと思い確認のため 楽天モバイルのチャット問合せ窓口で質問をしてみました。 返答がこちらです。 誤字もありますが「 無料サポーター2次募集で応募が完了できたのであれば当選確定」と読み取れます。 そしてついでに以下も確認しておきました。 ツイートで「 Rakutenminiが 売り切れてる」というのを見かけたので。 返答はこちら。 店舗では在庫が無くなっているようですね。 問合せしておけば何とかなるのでしょうか。 そんなにすぐ用意できるんですかね。 Rakutenminiゲットしましたよ。 2時募集の時に午前中のうちにエントリーして、28日の午後にメールも届きました。 店舗予約は満席でしたので、予約無しで店に行きました。 3時間待ちと言われましたが、2時間でお呼びがかかりました。 入店時に案内されるまえにメールか電話で呼び出ししてくれます。 端末の在庫は問題なかったようですが、保護カバーは私が希望した時に、最後の1つでした。 その場でカバーが欲しい人は最後の方だと手に入れられない可能性がありますね。 開通処理は19時位に開始して手続きは20分程度。 端末はサクサク動いて問題有りません。 モバイルSuicaもバッチリでした。 無事にゲットできますよに!!.

次の

【楽天モバイル】無料サポータープログラムに当選!2020年3月まで「通話・データ通信」が無制限に!

楽天 モバイル 無料 サポート プログラム

10月から提供している楽天モバイル「無料サポータープログラム」 無料サポータープログラムは、ネットワークの安定稼働を図るという名目で、5000人にユーザーを絞って提供。 5000人を上回る応募があったため、抽選で5000人に絞る形となった。 しかし1人5回線まで申し込めるとなると、最大で2万5000回線を運用できることになるわけで、5000人ではなく2万5000人にすべきでは? という話になる。 楽天モバイル広報に確認したところ、5回線まで申し込めたことは事実で、原因は「申し込みページの仕様上、5回線まで申し込み可能となっていたため」だという。 10月19日に仕様を改修し、現在は1人1回線までしか申し込めない。 楽天モバイルの公式アカウントも19日に、Twitterで複数回線申し込みの件について同様のコメントをしている。 つまり、本来は1人1回線までの申し込みとしていたが、運用上のミスで、1人5回線まで「申し込めてしまった」というわけだ。 実際、無料サポータープログラムの申し込み条件には、「お申し込みは、おひとり様1回線までとなります」と明記されている。 既に複数回線申し込んでいるユーザーについて、現時点で契約を解消するといったことは予定しておらず、継続して利用できるという。 関連記事• 楽天モバイルが10月1日から7日まで募集する「無料サポータープログラム」。 その参加者に「楽天スーパーポイント」を最大で1万6000ポイントプレゼントすることが明らかとなった。 簡単なエリアマップも公開されている。 10月1日からMNO(携帯キャリア)としてサービスを開始する楽天モバイル。 同社は9月6日に発表会を開催し、ついに全容が明らかになる……と思いきや、発表された主な内容は「プレサービス」と「端末」のみだった。 発表会で明かされた内容をもとに、同社MNOサービスの現況を整理する。 楽天モバイルがMNOサービスの概要を発表。 まず「無料サポータープログラム」からスタートする。 楽天モバイルの基地局開設に遅れが生じ、総務省が計画の修正を求めていたことが判明した。 先日、親会社である楽天の決算説明会で公表された「スモールローンチ」との関係を聞いた。 楽天モバイルが、MVNOサービスの料金プラン「スーパーホーダイ」を2019年10月1日に改定。 これまで設けていた「最低利用期間」と「契約解除料」を撤廃する。 MNOサービスを始める10月1日以降も新規契約は継続して受け付ける。 関連リンク•

次の