ポケモン ギガドレイン。 ドレインパンチ (どれいんぱんち)とは【ピクシブ百科事典】

ギガドレイン

ポケモン ギガドレイン

殴った相手の体力を吸収すると言う、ポケモンの技の中でもトップクラスに理屈のわからない技。 しかもタイプは吸収がお家芸のではなく かくとう技。 しかも 物理攻撃。 もはや意味不明である。 「拳から相手の体力を吸収する」というが、は本来「排水」である。 まさか拳から相手の体液を吸い取っているとでもいうのか。 謎は深まるばかりである。 当然パンチ技なので特性「」で威力が上がり、吸収技なのでアイテム「」で吸収量が増える。 かくとうタイプでは唯一の体力回復技であり、有効活用できる場面は多い。 しかし、初登場の第4世代では威力60 当時の「」と同じ という持ち以外喜ばない威力の上 PPが5という持久戦に使うにはあまりにも弾数が足りないと言う問題があった。 そもそも覚えるポケモンに 肝心のかくとうタイプが少ない上、そのかくとうタイプが耐久不安な奴だらけという天邪鬼っぷりで殆ど使われなかった。 第5世代では「ギガドレイン」と同じく威力が75にアップし、PPも10に増えて格段と使い勝手がよくなり十分主力技候補にできる技となった。 この頃になると、耐久も高いやなどが習得できるようになり、更にと組んで耐久・火力を同時に強化する通称「ビルドレイン戦法」が確立されるようになった。 技マシンは第4世代限りだったが、第5世代以降は先の「ギガドレイン」共々教え技になっている。 第8世代では技マシン経由で覚えられるようになり、などに覚えられるようになった。 関連タグ 他のドレイン技 くさ: でんき: むし: ひこう: エスパー: フェアリー: 他パンチ技 かくとう 他パンチ技 非かくとう 関連記事 親記事.

次の

メガドレイン

ポケモン ギガドレイン

メガドレインは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• ・:てきに あたえた ダメージの はんぶん たいりょくを かいふくする• :ようぶんを すいとって こうげきする。 あいてに あたえた ダメージの はんぶん HPが かいふくする。 :ようぶんを すいとり こうげきする。 あたえた ダメージの はんぶんの HPを かいふくできる。 ・・:ようぶんを すいとり こうげきする。 あいてに あたえた ダメージの はんぶんの HPを かいふくできる。 第五世代・第六世代・第七世代 漢字 :養分を 吸い取り 攻撃する。 相手に 与えた ダメージの 半分の HPを 回復できる。 コンテストわざ• :じぶんの まえに アピールした ポケモンを かなり おどろかす• :じぶんの まえに アピールした ポケモンを おどろかす• こんなときに使おう との中間の性能。 ストーリーにおいてもギガドレインのつなぎとしての性格が強い。 但しではギガドレインがなかった上に吸収技では最も威力が高かったので耐久型への採用もあった。 初代やピカブイではギガドレインがないため、このわざに頼ることになる。 なおピカブイでは威力75とギガドレインと同性能となっている。 ポケモンカードゲームにおけるメガドレイン 「 相手にダメージを与えたら、与えたダメージの半分(切り上げ)のダメージカウンターを、 自分からとりのぞく。 」という効果のワザとして登場する。 以降は、「相手のバトルポケモンに与えたダメージぶん、このポケモンのHPを回復する」という効果の攻撃ワザとなっている。 HP回復量が相手に与えたダメージの量に関係なく決まっているポケモンもいる。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるメガドレイン PP17。 現在のところデータ上存在するのみで、使用できるポケモンはいない。 アニメにおけるメガドレイン ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 野生• ではとのジムバトルを終えたがショータのキモリのについて言及したが、キモリはゲームでははっぱカッターを覚えないため、海外版ではメガドレインに差し替えられた。 回復量を算出する際、小数点はまでは切捨て、以降は四捨五入。 を持たせたポケモンが使う場合は回復量が通常の1. 3倍になる。 のポケモンを攻撃した場合は、回復効果がダメージに変わる。 状態のポケモンは、• まで使用はできるが、HPを回復する部分の効果が無くなる。 以降では選択することもできない。 攻撃する前にかいふくふうじ状態にされた場合は失敗する。 まで状態のポケモンには無効だった。 では威力75、PP10に変更された。 これは他作品でのと同じ性能である。 には、のわざとして登場する。

次の

ギガドレイン

ポケモン ギガドレイン

メガドレインは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• ・:てきに あたえた ダメージの はんぶん たいりょくを かいふくする• :ようぶんを すいとって こうげきする。 あいてに あたえた ダメージの はんぶん HPが かいふくする。 :ようぶんを すいとり こうげきする。 あたえた ダメージの はんぶんの HPを かいふくできる。 ・・:ようぶんを すいとり こうげきする。 あいてに あたえた ダメージの はんぶんの HPを かいふくできる。 第五世代・第六世代・第七世代 漢字 :養分を 吸い取り 攻撃する。 相手に 与えた ダメージの 半分の HPを 回復できる。 コンテストわざ• :じぶんの まえに アピールした ポケモンを かなり おどろかす• :じぶんの まえに アピールした ポケモンを おどろかす• こんなときに使おう との中間の性能。 ストーリーにおいてもギガドレインのつなぎとしての性格が強い。 但しではギガドレインがなかった上に吸収技では最も威力が高かったので耐久型への採用もあった。 初代やピカブイではギガドレインがないため、このわざに頼ることになる。 なおピカブイでは威力75とギガドレインと同性能となっている。 ポケモンカードゲームにおけるメガドレイン 「 相手にダメージを与えたら、与えたダメージの半分(切り上げ)のダメージカウンターを、 自分からとりのぞく。 」という効果のワザとして登場する。 以降は、「相手のバトルポケモンに与えたダメージぶん、このポケモンのHPを回復する」という効果の攻撃ワザとなっている。 HP回復量が相手に与えたダメージの量に関係なく決まっているポケモンもいる。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるメガドレイン PP17。 現在のところデータ上存在するのみで、使用できるポケモンはいない。 アニメにおけるメガドレイン ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 野生• ではとのジムバトルを終えたがショータのキモリのについて言及したが、キモリはゲームでははっぱカッターを覚えないため、海外版ではメガドレインに差し替えられた。 回復量を算出する際、小数点はまでは切捨て、以降は四捨五入。 を持たせたポケモンが使う場合は回復量が通常の1. 3倍になる。 のポケモンを攻撃した場合は、回復効果がダメージに変わる。 状態のポケモンは、• まで使用はできるが、HPを回復する部分の効果が無くなる。 以降では選択することもできない。 攻撃する前にかいふくふうじ状態にされた場合は失敗する。 まで状態のポケモンには無効だった。 では威力75、PP10に変更された。 これは他作品でのと同じ性能である。 には、のわざとして登場する。

次の