お互い 頑張り ま しょう。 【至急】※男子は、見ないでね!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

【至急】※男子は、見ないでね!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

お互い 頑張り ま しょう

先日,運動場で体育の学習の様子を見ていてふと見上げてみると…,何やらあやしいものが…。 というのは冗談で,体育館工事,順調に進んでいるようで,屋根の部分の工事が行われていました。 その工事を進めるためのクレーンです。 大がかりな工事ではあるのですが,工事業者の方々,本当に子どもたちのことをよく考えてくださっていてありがたいんです。 例えば,「音の出る工事,できるだけ子どもたちの邪魔にならないようにしたいので,時間割教えてくれません?」と申し出てくれます。 学校としては本当にうれしいことです。 もちろんすべての作業がそのように…とうまくいくわけではありませんが,その「心遣い」はやっぱりうれしいものです。 そして何よりやはりプロ!先日話を伺うと,順調に工事は進んでいるとのこと。 電気関係や機械関係の工事の方々も,細かなところまで丁寧に仕事してくださいます。 きっと体育館完成後の子どもたちの笑顔,思い浮かべてくれてるんだろうなって勝手に思っています。 そんな「プロの意識」をもった仕事姿を目の当たりにして,改めて子どもたちが登校してきてからの私たち教職員の在り方もしっかりしなきゃいかんと思う次第です。 そう!私たちは教育のプロ!であるはず!しっかりと,丁寧に子どもたちに関わっていきたいな。 そして何より子どもたちにそっと寄り添うことができるようになっていきたいな,そう思っています。 クレーンが上へ上へと伸びていくのを見ていると,なんだか「子どもたちを伸ばしていくのは,これを見ている君だーー!」と言われているような気がしました。 気持ち引き締めてがんばろっと!.

次の

過去を…

お互い 頑張り ま しょう

「一緒に頑張りましょう」 do our best を付ける事で、私たちの出来る事を精一杯やろうという意味になり、最後のtogetherを付けることで、一緒に頑張ろうというニュアンスを強調することができます。 また、 例)Good luck to all of us. Good luckで「成功を祈ります、幸運を、頑張って」という意味になりますが、to all of us. を付ける事で応用ができます。 toには、「~に向かう」という意味があるので、to all of us「私たち全員に向けて」という意味が重なり、 例)Good luck to all of us. 「私たちすべてに成功を」=「頑張ろう」という意味になります。 その他にも、お互いに頑張ろうという意味ではありませんが、よくネイティブが自然な英会話として 例)wish me luck! 「私がうまく行く事を願ってて!」 という表現も励ましの言葉の一つとしてよく使われます。 Why did you go to Otsuka yesterday? I thought you didn't have any classes, right? B: Well, one of our English teachers got a flu yesterday, and I will probably teach English instead of him next week, too. A: And you also have to prepare for the lesson, right? B: Yeah, but anyway, wish me luck! A:やあトキ先生、なぜ昨日大塚に行ったのですか?授業は休みだったと思ったけど? B:実は、一人の先生がインフルエンザになってしまって、来週も代わりに英会話を教えないと行けないんだよ。 A:そしたら、レッスンの準備もしなきゃいけないんだよね? B:そうなんだよ、まあ、それはともかく、レッスンが上手く行くように祈っててよ! などとカジュアルに使える表現でもあるので、よかったら合わせて使ってみてくださいね^^ ご参考になれば幸いです。

次の

【至急】※男子は、見ないでね!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

お互い 頑張り ま しょう

「一緒に頑張りましょう」 do our best を付ける事で、私たちの出来る事を精一杯やろうという意味になり、最後のtogetherを付けることで、一緒に頑張ろうというニュアンスを強調することができます。 また、 例)Good luck to all of us. Good luckで「成功を祈ります、幸運を、頑張って」という意味になりますが、to all of us. を付ける事で応用ができます。 toには、「~に向かう」という意味があるので、to all of us「私たち全員に向けて」という意味が重なり、 例)Good luck to all of us. 「私たちすべてに成功を」=「頑張ろう」という意味になります。 その他にも、お互いに頑張ろうという意味ではありませんが、よくネイティブが自然な英会話として 例)wish me luck! 「私がうまく行く事を願ってて!」 という表現も励ましの言葉の一つとしてよく使われます。 Why did you go to Otsuka yesterday? I thought you didn't have any classes, right? B: Well, one of our English teachers got a flu yesterday, and I will probably teach English instead of him next week, too. A: And you also have to prepare for the lesson, right? B: Yeah, but anyway, wish me luck! A:やあトキ先生、なぜ昨日大塚に行ったのですか?授業は休みだったと思ったけど? B:実は、一人の先生がインフルエンザになってしまって、来週も代わりに英会話を教えないと行けないんだよ。 A:そしたら、レッスンの準備もしなきゃいけないんだよね? B:そうなんだよ、まあ、それはともかく、レッスンが上手く行くように祈っててよ! などとカジュアルに使える表現でもあるので、よかったら合わせて使ってみてくださいね^^ ご参考になれば幸いです。

次の