文豪 と アルケミスト 審判 ノ 歯車。 「文豪とアルケミスト~審判ノ歯車」アニメ第4話・5話感想

cclab.collaborativeconsumption.com: 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~: 諏訪部順一, 中村悠一, 柿原徹也, 立花慎之介, 小野坂昌也, 渡部穏寛: generic

文豪 と アルケミスト 審判 ノ 歯車

侵蝕者の標的となってしまった本には、その本を書いた作家の魂が囚われてしまうのだ--。 太宰治は、走っていた。 自分の身代わりとして、磔となっている親友との約束を果たすために。 しかし、友の元に戻れば自分が王に殺される……。 太宰の心は揺れるが、走り続けて王宮へ戻るようにとけしかけてくる不思議な男が現れる。 幾多の困難を乗り越え、太宰は日没前に友が待つ王宮へとたどり着く。 だが、王に促され親友の顔を改めて確認すると、それはかつて自分を裏切った人物だった……。 坂口は太刀を振りかぶり、太宰をも斬ろうとするが、既のところで芥川が助けに入る。 その後しばらく、山賊と化した坂口とその女房の様子を偵察していた芥川と太宰。 物語を正しく完遂させて侵蝕者を消滅するために、ふたりは物語を強制的に動かすことを決意し、ある行動に出るのだった。 そのころ図書館では、再び潜書しようとしていた織田が「坂口があの本の囚われているのは、たぶん自分と太宰のせいや」と、中原中也に語る。 アルケミストによって文豪たちが異能の力を持って蘇り、 本の世界を守るのがお話の目的。 一話か、前後編2話で一人の文豪と代表作をテーマに浸食者との 戦いが丁寧に描かれます。 かの有名な文豪をあつかった「〇〇ストレイドッグス」よりは、 まだ文豪への敬意が感じられる作品なのと、 文豪が登場するのに納得がいく作品。 ただ服の趣味が芥川以外... ひどい、 特に主人公の一人となる太宰は、お前ネクタイのをなんで 首に巻いてるの、お酒飲んでるの?酔ってるの? で、羽織ってるマントみたいなの何? 死神みたいな大鎌で戦うのどうして? 迷い込む文豪の作品の世界観に太宰の服がいつもあってないのが 残念。 そして、第4話、現代風の世界で高校生二人の友情(BL? が描かれますが、バスで気になった男子高生が読んでる本が 「斜陽」、これを見た主人公の男の子は「ナナメヨウ」って 読みます。 高校生で「斜陽 シャヨウ 」が読めないとかありえないでしょw しかも、「斜陽」が読めないのに、図書館で借りて読めるって 小学生レベルの漢字が読めないのに無理でしょw って突っ込みを入れそうになった。 まあ、無難にまとまっている作品と思います。 自分たちの書いた物語が改変されて消されるのを守る だけど、書いた物語には悲劇や事件があって、その悲劇を 描いたことを文豪辞退が後悔してて苦戦したりと見どころも あります。 ソシャゲ原作とのことで、ゲームはやったことないですが、 暇つぶしにはちょうどいいです。

次の

cclab.collaborativeconsumption.com: 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~: 諏訪部順一, 中村悠一, 柿原徹也, 立花慎之介, 小野坂昌也, 渡部穏寛: generic

文豪 と アルケミスト 審判 ノ 歯車

侵蝕者の標的となってしまった本には、その本を書いた作家の魂が囚われてしまうのだ--。 太宰治は、走っていた。 自分の身代わりとして、磔となっている親友との約束を果たすために。 しかし、友の元に戻れば自分が王に殺される……。 太宰の心は揺れるが、走り続けて王宮へ戻るようにとけしかけてくる不思議な男が現れる。 幾多の困難を乗り越え、太宰は日没前に友が待つ王宮へとたどり着く。 だが、王に促され親友の顔を改めて確認すると、それはかつて自分を裏切った人物だった……。 坂口は太刀を振りかぶり、太宰をも斬ろうとするが、既のところで芥川が助けに入る。 その後しばらく、山賊と化した坂口とその女房の様子を偵察していた芥川と太宰。 物語を正しく完遂させて侵蝕者を消滅するために、ふたりは物語を強制的に動かすことを決意し、ある行動に出るのだった。 そのころ図書館では、再び潜書しようとしていた織田が「坂口があの本の囚われているのは、たぶん自分と太宰のせいや」と、中原中也に語る。 アルケミストによって文豪たちが異能の力を持って蘇り、 本の世界を守るのがお話の目的。 一話か、前後編2話で一人の文豪と代表作をテーマに浸食者との 戦いが丁寧に描かれます。 かの有名な文豪をあつかった「〇〇ストレイドッグス」よりは、 まだ文豪への敬意が感じられる作品なのと、 文豪が登場するのに納得がいく作品。 ただ服の趣味が芥川以外... ひどい、 特に主人公の一人となる太宰は、お前ネクタイのをなんで 首に巻いてるの、お酒飲んでるの?酔ってるの? で、羽織ってるマントみたいなの何? 死神みたいな大鎌で戦うのどうして? 迷い込む文豪の作品の世界観に太宰の服がいつもあってないのが 残念。 そして、第4話、現代風の世界で高校生二人の友情(BL? が描かれますが、バスで気になった男子高生が読んでる本が 「斜陽」、これを見た主人公の男の子は「ナナメヨウ」って 読みます。 高校生で「斜陽 シャヨウ 」が読めないとかありえないでしょw しかも、「斜陽」が読めないのに、図書館で借りて読めるって 小学生レベルの漢字が読めないのに無理でしょw って突っ込みを入れそうになった。 まあ、無難にまとまっている作品と思います。 自分たちの書いた物語が改変されて消されるのを守る だけど、書いた物語には悲劇や事件があって、その悲劇を 描いたことを文豪辞退が後悔してて苦戦したりと見どころも あります。 ソシャゲ原作とのことで、ゲームはやったことないですが、 暇つぶしにはちょうどいいです。

次の

文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜 : 作品情報

文豪 と アルケミスト 審判 ノ 歯車

あらすじ 文豪により綴られてきた数多の本。 独創的な世界観や感情揺さぶる物語が記されたそれは文学として人々の心を彩り、世界を豊かにしてきた。 しかし、そんな本を黒く染める異形のモノ達が現れる。 文豪は侵蝕された本に潜り、侵蝕者を討ち果たすことで本を救う。 全てはこの世界の文学を守るため。 これは、魂を込めて作品を創ってきた者達が綴る、新たなる文豪譚—— キャスト• 芥川龍之介:• 太宰治:• 中原中也:• 島崎藤村:• 織田作之助:• 徳田秋声:• 坂口安吾:• 萩原朔太郎:• 室生犀星:• 志賀直哉:• 武者小路実篤:• 菊池寛:• 久米正雄:• ネコ:.

次の