アラセナ-a軟膏 陰部。 アラセナA軟膏 市販 通販 口唇・性器ヘルペスの塗り薬

医療用医薬品 : アラセナ

アラセナ-a軟膏 陰部

口唇ヘルペス(通称:熱のはな)は、再発する可能性が高い病気です。 再発を繰り返せば、だんだんと 口唇ヘルペスが出てきそうな感覚が分かるようになります。 口唇ヘルペスが出てきそうな感覚を感じたならば、ヘルペスの塗り薬の早期使用が「ピリピリ感」「水ぶくれ」を和らげます。 抗ヘルペスウイルス薬の塗り薬を1本常備しておくことをおすすめします。 口唇ヘルペスの塗り薬として知られる アラセナA軟膏(ビダラビン)と ゾビラックス軟膏(アシクロビル)の違い• テラコートリル、テラマイシン、フシジンレオなどの抗生物質を口唇ヘルペスに使う理由 この2点をメインに解説します。 再発する口唇ヘルペス の治療には、抗ヘルペスウイルス薬(塗り薬・飲み薬)を使用します。 場合によっては、 抗生物質の塗り薬を使うときもあります。 ヘルペス塗り薬 アラセナA軟膏・クリーム ゾビラックス軟膏・クリーム• ヘルペス飲み薬 ゾビラックス錠、バルトレックス錠 ファムビル錠• 抗生物質塗り薬 テラマイシン、テラコートリル フシジンレオ はヘルペスウイルスの増殖を抑えるだけで、 すべてのヘルペスを死滅できません。 口唇ヘルペスが治った後も、一部のヘルペスは知覚神経の奥の方に残ります。 ( 潜伏感染と言います) ストレスや疲れなどで体力や免疫力が低下したときに、潜伏していたヘルペスが 再活動を起こし、口唇ヘルペスを 再発させます。 毎月のように再発するのならば、ヘルペス塗り薬の常備をおすすめします。 口唇ヘルペス塗り薬は 市販もあります。 口唇ヘルペス塗り薬の塗り方 繰り返しますが、口唇ヘルペスの治療は ヘルペス塗り薬と ヘルペス飲み薬が主に使われます。。 塗り薬にせよ、飲み薬にせよ、いずれも口唇ヘルペスだと感じたら すぐに使い始めることが重要です。 そうすれば、口唇ヘルペスの水ぶくれが広がるのを抑えたり、ピリピリ感を抑えられるからです。 ヘルペス塗り薬は、 1日4回を目安に唇の水ぶくれのところや赤いところへ塗ります。 よくなってくれば回数を少しずつ減らしても問題ありません。 いつまで口唇ヘルペスの塗り薬を使うかが悩ましいところですが、口唇ヘルペスの水ぶくれが かさぶたになるまで塗り続ければ十分です。 アラセナA軟膏(ビダラビン) アラセナAの種類 アラセナ軟膏は、 ビダラビンを主成分とする ヘルペス塗り薬です。 アラセナAには、白色ワセリンを基剤とする 軟膏と、乳化剤を使用した クリームの2種類があります。 (以下、アラセナの 軟膏とクリームを区別しないときは、 アラセナ軟膏(ビダラビン)と記載) アラセナA軟膏とクリームの使い分け アラセナA軟膏とアラセナAクリームの効果は同等です。 白色ワセリン基剤で作られたアラセナA軟膏は刺激性が低く、ほとんどの皮膚の状態に使えます。 しかし、べたつきとテカリがあるため、顔や唇の周りに塗ることが好まれない場合もあります。 一方、乳化剤を使ったアラセナAクリームは、べたつき感が少なく、テカリもほとんどないため、唇の周りにも使用しやすいです。 ただし、水ぶくれがひどい時は刺激感の副作用が起こりやすいです。 アラセナ軟膏(ビダラビン)の効果 アラセナA軟膏(ビダラビン)は、口唇ヘルペスだけではなく、にも効果があります。 (効果:塗り薬 < 飲み薬) なぜなら、帯状疱疹の後遺症である 帯状疱疹後神経痛は、生涯痛みを残すことがある厄介な病気だからです。 ゾビラックス軟膏(アシクロビル) アラセナAは軟膏とクリームの2種類ですが、ゾビラックスは多くの種類があります。 ゾビラックスの種類 ゾビラックスはアシクロビルを主成分とするヘルペス薬で、アラセナAより多くの剤形があり、飲み薬や点滴まであります。 軟膏(5g)• クリーム(2g)• 眼軟膏(5g)• 顆粒剤• 点滴 アラセナA軟膏とゾビラックス軟膏は、口唇ヘルペスへの効果の差はありません。 (以下、ゾビラックスの 軟膏とクリームを区別しないときは、 ゾビラックス軟膏(アシクロビル)と記載) ゾビラックス軟膏、クリーム、眼軟膏の使い分け ゾビラックス軟膏とゾビラックスクリームの使い分けと塗り方は、アラセナAと同様です。 (先述参照「口唇ヘルペス塗り薬の塗り方」) ゾビラックス 眼軟膏は、目のヘルペスに 1日5回塗って使用します。 ゾビラックス軟膏は軟膏と名前が付いていますが、クリームのような白い基剤(マクロゴール)を使った 水溶性軟膏で、アラセナA軟膏と比べると目立ちにくいです。 アラセナA軟膏(ビダラビン)とゾビラックス軟膏(アシクロビル)のジェネリック アラセナA軟膏(ビダラビン)とゾビラックス軟膏(アシクロビル)には、 ジェネリックがあります。 ヘルペス薬は 薬価(薬の値段)が高いのがネックです。 薬価が高い薬こそジェネリックを利用すべきで、の節約効果も高いです。 ただし、軟膏(クリーム)のジェネリックは、主成分は同一ですが、基剤が違うため塗り心地が若干違います。 6 ビダラビン軟膏(ジェネリック) 116. 6 ゾビラックス軟膏 305. 7 アシクロビル軟膏(ジェネリック) 128. 2 テラコートリル、テラマイシンはヘルペスに効果がある? 抗生物質はウイルスには効果がありません。 細菌のみに効果があります。 しかし、 健康保険請求上の理由でテラコートリル、テラマイシン、フシジンレオなどの抗生物質の塗り薬が、口唇ヘルペスに使用されるときがあります。 口唇ヘルペスに、ヘルペスの 飲み薬ゾビラックス、、を使った場合です。 ヘルペスの飲み薬ゾビラックス、バルトレックス、ファムビルは口唇ヘルペスの治療に十分な効果を発揮するため、 アラセナA軟膏、ゾビラックス軟膏を併用する理由がなく、健康保険の査定で 返戻(健康保険に請求後、審査で落ちて医療機関に請求が差し戻されること)を受けます。 また、口唇ヘルペスの水ぶくれやその周辺に細菌が感染して「」になる場合もあり、そのときにも使用します。 テラコートリル、テラマイシンは市販されています。 抗生物質の塗り薬の塗り方は簡単で、1日2. 3回口唇ヘルペスの出ているところと、その周辺にを塗ります。 まとめ• 口唇ヘルペスは治療薬の開始が早ければ、症状が軽くすむ• ヘルペス薬はヘルペスウイルスの増殖を抑えるだけで、すべてのヘルペスを死滅できない• そのため、疲れやストレスなどで体力が低下した時に、潜伏していたヘルペスが再活動を起こし、口唇ヘルペスを再発させる• ヘルペス塗り薬の塗り方は、1日4回を目安に水ぶくれがかさぶたになるまで塗り続ける• アラセナA軟膏(ビダラビン)、ゾビラックス軟膏(アシクロビル)の口唇ヘルペスへの効果は同等• 軟膏はほとんどの皮膚症状に使えるが、口の周りに塗ると光って目立つことがある• 加筆して記事を分割しました。

次の

アラセナA軟膏 市販 通販 口唇・性器ヘルペスの塗り薬

アラセナ-a軟膏 陰部

ページコンテンツ• ヘルペスの薬はドラッグストアでも買うことができますが、結論から先に申し上げますと買わない方が良いでしょう。 ドラッグストアや薬局で入手できるヘルペスの薬すべてが塗り薬です。 「市販されているヘルペスの塗り薬は使うべきではない」と言われています。 これって誰が言っていると思いますか? ヘルペスの市販薬にNOを突きつけているのはFDAです。 FDAと言えば、医薬品などの安全性を厳しく追及するアメリカの政府機関である食品医薬品局のことです。 FDAはこれまで数々の医薬品から発がん性や催奇形性を発見し、使用を禁じてきました。 ヘルペスの市販薬に対して注意喚起を促している理由は、「効かない上に耐性ができやすくなるから」とコメントしています。 現在FDAが承認している塗るタイプの市販薬はアブレバだけです。 どうしても塗り薬で治したい時はアブレバを使いましょう。 日本のドラッグストアでは販売されていないので、個人輸入サイトで注文して下さい。 日本ではこのニュースがあまり広まっていませんが、アブレバ以外の市販薬はFDAから承認されていません。 口唇ヘルペスの再発治療薬として有名なアラセナクリームやアラセナ軟膏、アクチビア軟膏も実はFDAには認められていません。 病院の治療でも使われる成分、アシクロビル配合のヘルペシアクリームも、実は承認を受けていない危険信号がピカピカした市販薬です。 誰でもドラッグストアで買えるわけではない ヘルペスの市販薬は、第一類医薬品の外用薬ばかりなので薬剤師さんがいなければ買えず、実際にドラッグストアで買うのは少し面倒です。 ヘルペスに限らず、花粉症の薬でも何でも第一類医薬品に分類される薬は、気軽に購入はできません。 先日テレビで見た番組では、タイは処方箋がなくても医薬品をドラッグストアで買えると紹介していました。 日本では2006年から薬事法が改正され、今のルールが決まりました。 ヘルペスの市販薬はある条件をクリアしていないと買うことができません。 それは医療機関でヘルペスだと診断された経験があること。 あくまでも再発した時のために開発された薬なので、単純ヘルペスを発症したのが初めてだと「病院に行って下さい」と言われてしまいます。 例えばヘルペスと症状が似ている口角炎と迷っている時、薬剤師さんなら見分けることができます。 けれど初めてヘルペスの症状が出たことが分かると薬を売ってもらえませんから、二度手間です。 薬が買えるドラッグストアは少ない 塗り薬を使っていた頃に近所のマップを確認しましたが、第一類医薬品を売っているドラッグストアは案外多くありませんでした。 「絶対あるはず」と確信していた大手ドラッグストアに行った時も、薬剤師さんを雇う人件費を削減のためかどうか不明ですが「第一類医薬品は扱っていません」と言われ購入できませんでした。 急いでいる時は1件1件探すのが大変です。 そういう意味でも、ヘルペスの薬をドラッグストアで買うのは微妙かなと思います。 たとえ薬剤師さんが在籍していても、買いに行った時お店にいないと買うことはできません。 薬剤師さんが昼休みで、1時間後にしか戻らないなんてパターンも珍しくありません。 土日なら丸々休みなんてパターンもよくあります。 薬剤師さんを雇うのはお金がかかります。 最近は人件費の問題から「平日の午前中だけ」など時間と曜日限定で雇っているケースも目立ちます。 欲しい時に買えるとは限らないドラッグストアの第一類医薬品は少し不便です。 ヘルペスの薬はドラッグストアだと価格が安い? ヘルペスの薬はドラッグストアだから価格が安くなるわけではありません。 薬局でもドラッグストアでも、第一類医薬品の薬はセールなどでも基本的に値段が下がりません。 診察料は必要ありません。 しかし、保険は効きません。 しかもヘルペスの塗り薬は、たった2gでも1,000円以上する薬ばかりです。 効くならともかく、水疱ができる前のごく初期に塗ってもヘルペスウイルスの増殖を抑えることしかできないのも不満です。 患部を悪化させないよう働きかけるだけで、塗って発症を予防するほどの力はありません。 病気の原因ウィルスを死滅させられる治療薬は、まだ開発されていません。 また、ドラッグストアで売っているヘルペスの市販薬は、全部口唇ヘルペス用の塗り薬です。 ヘルペスの薬を買うのが恥ずかしい ヘルペスの薬をドラッグストアに買いに行くのは結構恥ずかしいものです。 私もドラッグストアでヘルペスの薬を購入して不快な思いをしてから、ずっと通販にお世話になっていました。 確かに自宅まで発送してくれる通販は便利ですよね。 クレジットカードを使えるので決済も簡単です。 楽天で買った時はポイントがつくサービスも魅力でした。 ヘルペスは感染症です。 感染症の薬を薬剤師さんから買うのって結構嫌なものです。 個室で説明を受けるならともかく、大型店だと薬剤師さんのコーナーに人が並んでいたりします。 話を聞いている最中、順番を待てないおばちゃんが真横に立って説明が終わるのを待っていたりします。 「感染」なんて言葉に反応し、唇にできた水疱をじろじろ見られたのも嫌な思い出です。 「せめて仕切りが欲しい」と切実に思いました。 狭い町に住んでいると、知り合いがパートで働いていて情報が筒抜け、なんてこともあるでしょう。 総合的に考えるとヘルペスの薬をドラッグストアで買うメリットは見つかりませんでした。

次の

口唇ヘルペス塗り薬アラセナA軟膏(ビダラビン) VS ゾビラックス軟膏(アシクロビル)

アラセナ-a軟膏 陰部

性器ヘルペスが出る場所は? 症状が出やすい場所は、男性では陰茎(ペニス)、女性では陰唇や陰裂です。 しかし、性器以外に症状が出るも原因は同じです。 は以下のように全身あちこちの場所にできます。 唇()• 歯茎、口の中(ヘルペス性歯肉)• 耳、頭、そのほか顔面• おしり• 性器()• 陰部、肛門の周り• 手の指(ヘルペス性;) その意味では「ヘルペスが出る場所は全身どこでも」と言えます。 ウイルスは、性器の皮膚から侵入し、症状を起こしたあと、神経節と呼ばれる場所に潜みます。 潜伏したウイルスは、体の 免疫が弱ったりストレスを受けたときに再び勢いを取り戻します(再活性化)。 ウイルスは再活性化すると神経を伝って移動し再び性器に症状を起こします。 に続いて (ずいまくえん)が起こることがまれにあります。 では、脳を包んでいる髄膜にウイルスが感染して 炎症を起こしています。 次のような症状があります。 光をまぶしく感じる(羞明) 症状は7日間ほどで自然に治ります。 を繰り返すこともあり、「モラレ」(Mollaret)と呼ばれます。 ウイルスに対する薬で再発を減らせます。 一方、ヘルペス性歯肉やで口に水ぶくれが出ていても、 ヘルペス脳炎の心配はありません。 ヘルペス脳炎はウイルスが起こす病気ですが、ヘルペス性歯肉やに続いて起こることは多くはありません。 口に症状が出たからといってヘルペス脳炎の危険性が高まっているとは言えません。 性器に潰瘍が出現する病気は性病以外にもあります。 性器に潰瘍を作る病気として、ある医師向けの教科書には次の病気が挙げられています。 感染性で重要なもの• 感染症(): 疼痛あり(ときに疼痛なし)• :疼痛なし• 軟性下疳:疼痛あり• 感染性でまれなもの• 鼠径 肉芽腫:疼痛なし• 鼠径リンパ肉芽腫:疼痛なし• :かゆい• 性:疼痛なし• HIV感染:疼痛なし• 非感染性• アレルギー• 多形 紅斑• (Crohn病)• 薬剤性(薬による 皮疹)• 原因不明• 十分に調べても原因がわからないもの (「レジデントのための感染症診療マニュアル」第3版より) 女性の初発感染 大陰唇や小陰唇からその周囲にかけて、水ぶくれと浅い潰瘍が出現します。 水ぶくれと潰瘍は、左右両側に出ることが多いです。 また、大抵の場合、足の付根の鼠径リンパ節(そけいリンパせつ)が痛みを伴って腫れ上がります。 痛みが強くて排尿がつらくなったり、歩行すら難しくなることもあります。 ほかに次の症状が出ることがあります。 倦怠感、だるさ• 筋肉痛• 膣分泌物 2-3週間で自然に症状は消えます。 薬を使えば1週間ほど早く治ります。 ウイルスが脳に近い場所まで広がって(ずいまくえん)という重症の感染に至ることがあります。 では、ひどい頭痛や首の痛みが出現し、尿を出しづらくなったりになったりすることがあります。 初発感染の治療に使う薬と治療期間 の初発感染は症状が強く、症状が出ている期間も長いので、薬を飲むと早く楽になります。 薬は飲み薬です。 使い方の例を挙げます。 アシクロビル(ゾビラックス)を1回400mg(200mgを2錠あるいは400mgを1錠)ずつ1日に3回、7-10日間飲む。 アシクロビル(ゾビラックス)を1回200mg(200mgを1錠)ずつ1日に5回、7-10日間飲む。 バラシクロビル(バルトレックス)を1回1000mg(500mgを2錠)ずつ1日に2回、7-10日間飲む。 副作用により下痢、吐き気、腹痛、めまい、ふらつき、眠気、かゆみなどの症状が出ることがあるので、体調の変化には注意が必要です。 二次感染の治療が要らない場合と治療期間 の二次感染は、症状が軽く1週間以内に症状が引いて来ることが多いので、自然に治るのを待ったほうが良いことがあります。 症状が軽いときや治る傾向が見えているときは薬を使っても大きな違いが期待できません。 使う薬は初発感染のときと同じで、アシクロビル(ゾビラックス)とバラシクロビル(バルトレックス)です。 アシクロビル(ゾビラックス)を1回400mg(200mgを2錠あるいは400mgを1錠)ずつ1日に3回、5日間飲む。 アシクロビル(ゾビラックス)を1回800mg(400mgを2錠あるいは800mgを1錠)ずつ1日に2回、5日間飲む。 バラシクロビル(バルトレックス)を1回500mg(500mgを1錠)ずつ1日に2回、3日間飲む。 バラシクロビル(バルトレックス)を1回1000mg(500mgを2錠)ずつ1日に1回、5日間飲む。 が何度も再発して、痛みを伴う潰瘍や水泡が出現すると、生活がつらくなってしまい、気分も落ち込んでしまいます。 他人にうつしてしまう危険もあります。 そのため、年間に6回以上再発を繰り返す人や再発時の症状が重い人は、再発予防の治療に保険が効きます。 再発予防のためには薬を1年間以上飲み続ける方法が標準的です。 例を以下に示します。 アシクロビル(ゾビラックス)を1回400mgずつ1日に2回飲む。 バラシクロビル(バルトレックス)を1回500mgから1000mgずつ、1日に1回飲む。 薬を1年間飲んでみて、症状がどの程度減ったかを見て、いつまで飲み続けるかを考えます。 アシクロビルもバラシクロビルも、長期的に使用することで重大な副作用が発生することはほとんどありません。 妊婦がウイルスに感染して症状を起こしている場合には、出産時に赤ちゃんにウイルスがうつることが多いです。 子供にウイルスがうつることは避けなくてはいけません。 ところが、妊娠中に薬を飲むことで出産時の感染を防げるという証拠はありません。 また、妊娠中に飲んだ薬が赤ちゃんに影響を与えないかも不明です。 このため、出産時にお母さんにの症状が出ている場合は、赤ちゃんに感染するのを予防するために 帝王切開で出産することが勧められています。 薬は症状が非常に強いときにだけ使ってもよいでしょう。

次の