イージス ア ショア と は。 イージス・アショア、地元の合意ナシで1399億円「前払い」の異様(半田 滋)

イージス・アショア配備、防衛戦略の議論が起きない不思議:朝日新聞GLOBE+

イージス ア ショア と は

海自イージス艦「まや」進水 7月30日午後、横浜の造船所で、海上自衛隊で、7隻目のイージス艦の進水・命名式が行われ、登壇した小野寺五典防衛大臣によって、「まや」と名付けられた。 これは、神戸にある山の名前であり、旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」の名を意識したものであるようだ。 「まや」に搭載される最新の弾道ミサイル防衛と巡航ミサイル防衛 今日の進水式では、まだ、機関の搭載も不十分で、洋上を自走できず、前甲板には本来あるべき砲塔もレーダーもデータリンク用のアンテナも装着されていない。 だが、2020年に就役する際には、従来の海上自衛隊イージス艦とは一線を画すものになる。 イージス艦に搭載されるイージス・システムは、まず、基本システムである「イージス・ベースライン」がある。 これは、スマホのアンドロイドやiOSにたとえられるだろう。 その上に、スマホのアプリのように、弾道ミサイル防衛能力「イージスBMD」などが載る。 「まや」の基本システムは、「イージス・ベースライン9・C2」の日本版、「J7」になる予定であり、これによって、弾道ミサイル防衛能力も「イージスBMD5・1」という現在、開発の詰めに入っている最新版が載る予定だ。 このイージスBMD5・1では、日米共同開発の迎撃ミサイルSM-3ブロックllAが使えることになる。 このミサイルは、弾道ミサイルから防御できる範囲が一挙に広がるほか、ムスダン弾道ミサイルのように、日本攻撃に万が一使用される場合、ロフテッド軌道といって、従来の迎撃ミサイルSM-3ブロック1Aや同1Bでは、届かない高さの到達する弾道ミサイルも迎撃できる可能性が高まる。 また、イージスBMD5・1では、「エンゲージ・オン・リモート」という能力も付加される見通しだ。 これは、日米のイージス艦が日本海と太平洋側に展開していて、日本海側のイージス艦が弾道ミサイルを迎撃するSM-3ミサイルを撃ち尽くした。 太平洋側のイージス艦には、SM-3ミサイルが残っているが、日本列島の尾根があるので、太平洋側イージス艦のSPY-1レーダーが敵弾道ミサイルを捕捉するのが遅れ、SM-3迎撃ミサイル発射のチャンスを逸することになりかねない。 そんな場合に、日本海側のイージス艦が太平洋側のイージス艦にSM-3迎撃ミサイルの発射を指示し、管制すれば、迎撃のチャンスが生まれる。 これが、「エンゲージ・オン・リモート」だ。 ほかにも、弾道ミサイル連射に対応する能力も向上することになりそうだ。 地上攻撃巡航ミサイルの脅威 中国H-6K爆撃機 主翼にJL-20巡航ミサイル訓練弾? また、「まや」は、海上自衛隊で初の巡航ミサイル対処能力を持つイージス艦となる予定だ。 巡航ミサイルは、一般に、弾道ミサイルより速度は遅いが、低く、コースを変えながら飛んでくる。 従って、地上や海上のレーダーでは、捕捉しにくく、迎撃が難しい。 巡航ミサイルには、艦船を狙う対艦巡航ミサイルと地上攻撃用の対地巡航ミサイルがある。 対艦巡航ミサイルは、日本周辺で弾道ミサイル警戒を行う日米のイージス艦にとっても脅威であるし、地上攻撃用巡航ミサイルに関しては、例えば、昨年12月、中国のH-6K爆撃機が、左右の主翼に射程1500km級のJL-20地上攻撃用巡航ミサイルの訓練弾らしきものを吊下げて日本海を飛行しているのが確認されている。 JL-20が実弾であったなら、日本全土が射程内となる位置にまでH-6K爆撃機は進出したことになる。 このため、注目されるのが、米海軍が開発した、巡航ミサイル迎撃手段「NIFC-CA(二フカ)」。 これは、大型レーダーを積んで、戦闘機より長時間飛べるE-2D早期警戒機に上空から巡航ミサイルを捕捉させ、そのデータを共同交戦能力(CEC)で、イージス艦に伝え、イージス艦は自らのレーダーには、その巡航ミサイルは映っていないにも関わらず、SM-6迎撃ミサイルを発射し、E-2D早期警戒機からCEC経由で送付されるリアルタイムのデータに基づき、敵巡航ミサイルを迎撃するという仕組み。 「まや」は、海上自衛隊のイージス艦としては、初めて、CECを搭載することになっている。 これは、豪海軍のホバート級イージス艦と同じ種類であり、山口県・岩国基地の米海軍のE-2D早期警戒機と日米豪のイージス艦で、共同して、巡航ミサイル防衛が可能となるかもしれない。 つまり、「まや」は、弾道ミサイル防衛と巡航ミサイル防衛のどちらもできることになるが、これはIAMD(発展型防空およびミサイル防衛)艦と呼ばれる。 ただ、ここで、注目されるのが、航空自衛隊のE-2D早期警戒機だ。 航空自衛隊のE-2D早期警戒機にもCECが搭載されれば、巡航ミサイルを見張る「眼」の数が増えることになり、巡航ミサイル防衛の効率化に結び付くかもしれない。 LMSSRの原型LRDR試作品 米軍と似て非なる、日本のイージスアショア 一方、防衛省は、7月30日、地上配備型イージスシステム「イージス・アショア」について、レーダーを候補となっていた「SPY-6」と「LMSSR」のうち、「LMSSR」にすると正式に発表した。 米海軍のイージス・アショア(MDA) 米軍は、イージス・アショアをルーマニアとポーランドに配備しているが、これのレーダーは、既存のイージス艦と同じSPY-1D。 米軍のイージス・アショアの基本システムにあたるベースラインは、ベースライン9の中でも、もっとも、簡易とされる「ベースライン9E」。 これに、アプリのように載せているのは「イージスBMD5・0CU」だけ、という弾道ミサイル防衛専用のシステムだ。 しかし、巡航ミサイル防衛も無視できない防衛省は、当面は、弾道ミサイル防衛用として、イージス・アショアを導入することにしても、巡航ミサイル防衛を将来の拡張性として視野に入れることにしたようだ。 米海軍は、SPY-6を搭載したイージス艦用にベースライン10を開発し、今後、それに対応する新たな能力を付加するかもしれない。 今回のレーダー選定で、日本のイージス・アショアは、米軍のイージス・アショアと似て非なるものになったが、今後の米海軍のイージス・システムの発展をどのように見据えているのかも興味深い点である。

次の

イージス・アショアとは (イージスアショアとは) [単語記事]

イージス ア ショア と は

出典 防衛省 防衛省は陸上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」(aegis-ashore)を導入する方針を決定した。 イージス・アショアの建造費は当初「800億円」と言われたが、最近では「 6,000億円」と報道されている。 スポンサーリンク 800億円は1基、6,000億円は2基 まず、800億円と言われたのは「イージス・アショア」1基の値段であって、最近言わてれている「6,000億円」は2基合計の値段だ。 レーダーの高度化 陸上配備型「イージスアショア」の費用800億円とは、イージス艦と同じ「SPY1」レーダー(探知半径500km)で見積もりした可能性がある。 しかし、防衛省は最新の「SSRレーダー」(ソリッド・ステート・レーダーシステム 探知半径1,000km)を採用する。 そのため、当初の予算から、調達費用が増加した。 例えば、48発なら単価37億円なので、合計1,776億円となる。 したがって、イージス・アショアを防衛するSM-6ミサイルを導入する。 SM-3ブロック1A、2Aの価格はイージス艦配備型で試算。 配備場所は「秋田」「山口」が有力 イージス・アショアの射程は2,000kmなので、1か所で全体をカバーできる。 しかし、過去、北朝鮮から発射される弾道ミサイルは、東北上空と、沖縄方面の2つのコースを通過した。 そのため、イージス・アショアはそれらの2つのコースで迎撃するよう「秋田市」(新屋演習場)と「山口県萩市」(むつみ演習場)に配備する可能性が高い。 「舞鶴」配備の可能性は少ない 首都圏、中部圏、関西圏を北朝鮮の弾頭ミサイル飽和攻撃から防衛するためには舞鶴にも配備と防衛力を高められる。 舞鶴基地にはイージス艦が配備されているが、24時間体制の警戒は負担が多いため、陸上配備型のイージス・アショアで代替し、イージス艦の負担を少なくすることも考えられる。 しかし、舞鶴周辺には米軍のXバンドレーダーが設置されており、イージスアショアを配備すると、イージスアショアのレーダーと電波の干渉が懸念されるため、配備されないと予想される。 SM-6も配備 イージスアショアはSM-3ブロック2Aミサイルを配備するが、高度70km以下は迎撃できない。 そこで70km以下の敵ミサイル、航空機に対応するためSM-6(射程360km)も追加配備する。 SM-6のシーカーはAIM-120(アムラーム)と同じものを搭載し打ちっぱなしできる。 まとめ 東北には米軍三沢基地があり、また、沖縄・グアムには米軍基地があるので、そういう面からも秋田に1基、山口に1基のイージス・アショアを配備する可能性が高い。

次の

イージス・アショア予算「800億円 ⇒ 6,000億円」になった理由

イージス ア ショア と は

防衛省幹部はこう訴える。 専守防衛の縛りがある日本の場合、懲罰的抑止は全面的に米国に委ねるしかなく、保有に向けた議論すらタブー視されているのが実情だ。 このため、政府は拒否的抑止に当たるミサイル防衛能力で北朝鮮の脅威に対抗している。 主力を担ってきたのが、海上自衛隊のイージス艦だ。 発射の兆候があれば日本海などに展開し、迎撃態勢を整える。 ただ、その負担は重い。 1隻につき常時約300人の乗組員が必要な上、時には数カ月におよぶ海上任務は過酷を極める。 整備や燃料補給で帰港する間は、防空体制に隙間が生じるという課題も指摘されている。 イージス艦の迎撃能力を陸上に配備するイージス・アショアは、こうした弱点を補うものだ。 ミサイル探知や射程に優れた最新鋭のレーダーや迎撃ミサイルを搭載することで、2基で日本全土をカバーできる。 迎撃システムの拡張が容易な点も利点だ。

次の