献杯 あいさつ。 通夜・葬儀・献杯挨拶例文集

四十九日の挨拶の例文を紹介|献杯/法要の喪主や挨拶の返事

献杯 あいさつ

献杯とは?意味や目的は? 献杯の意味とは相手に敬意を捧げて杯を交わす事 献杯の本来の意味とは、相手に敬意を表し盃を捧げるという点にあります。 その意味の通り古来の日本において、献杯は葬式や精進落とし、法事だけでなくお祭りなど、神様に敬意を表して献杯をしていました。 それが今日では、献杯というと葬式や精進落としで行うものになったのです。 ただ、本来の意味である相手に敬意を表して交わす盃というのは今も同じです。 献杯をお葬式や精進落としや法事で行うことによって、亡くなった故人を弔い、それと同時に亡くなった故人に対して敬意を表しているのです。 そのためお葬式では献杯が必要不可欠です。 実際にお葬式や精進落としや法事で献杯をする場面になった際、最低限のマナーは知っておかねばなりません。 また、献杯の挨拶を急遽お願いされる事も想定できるわけです。 ですから、今回は献杯について完璧にマスターするようにしましょう! 献杯は法事や葬式の精進落としで行われる そもそも、献杯というのはお葬式や法事のどの場面で行われるものなのでしょうか?一般的に、献杯は法事や葬式の会食の場で行われます。 献杯にはお酒を使いますから、会食の際に執り行うのがナチュラルな感じがしますよね。 葬儀の最中であったり、お坊さんがお経を読み上げている最中に献杯するのは、どう考えても不自然な行為でしょう。 お葬式が終了すると、そのまま精進落としに突入していきます。 献杯は、参列者全員が精進落としの席に着席してスタートとなります。 また精進落としとは、法事や葬儀の後に執り行われる食事会のようなものなのですが、この精進落としは献杯が終わってからでないと始まることができません。 つまり、献杯が終わるまで食事や飲み物に手をつけてはならないのです。 これは常識的なマナーですから覚えておきましょう。 献杯を行う際に挨拶をすることがある 献杯はただ乾杯をするだけのものではありません。 誰かの挨拶が必ず入るのです。 それは葬儀でも法事でも同じです。 故人が亡くなってすぐの葬儀でも、故人の死からある程度の日数や年月が経った法事でも、精進落としで献杯をする場合は誰かが挨拶をします。 この挨拶をする人ですが、厳密な決まりはありません。 喪主が挨拶の言葉を行う場合もありますし、故人の親戚が行う場合もあります。 また、故人と親しかった友人や会社の人が挨拶の言葉を務める場合もあるのです。 ですから、誰が挨拶の言葉をしてもおかしくない状況になるのです。 今回は葬式や法事の際に行われる献杯の挨拶スピーチについてご紹介しておりますが、人の死に関連する作法と言うのは他の物事よりも過敏にならなければなりません。 献杯の挨拶以上に遭遇することの多い黙祷について、以下の記事で詳しくまとめてありますから是非参考にしてみてくださいね。 この挨拶ですが、喪主が行う場合もあれば、親戚や故人の友人が行う場合もあります。 さらに、この献杯の挨拶は予め依頼されている場合もあれば当日突然依頼されることもあります。 当日突然、献杯の挨拶を依頼されても困らないように献杯の挨拶の例文をご紹介します。 まず、故人が亡くなってから日数が経っていない葬儀での献杯の挨拶の例文を見ていきましょう。 葬儀での献杯の挨拶は故人を偲ぶ気持ちと冥福を祈る気持ちを全面的に出しましょう。 ・皆様本日はお忙しい中、故人のためにお集まり頂き本当にありがとうございます。 私、故人の妹でございます。 葬儀も無事終了致しまして、姉も安堵していることかと思います。 本日は生前の姉の思い出を皆様と語らいながら和やかに冥福を祈ろうと思っております。 それではご唱和お願い申し上げます。 法事の例文で重要となるのは、故人の死から日数や年月が経っているという点です。 先程ご紹介した葬儀での献杯の挨拶は、故人が亡くなってから日数が経っていないため故人に対しての偲ぶ気持ちと冥福を祈る気持ちが重要でした。 ただ、今回ご紹介する法事の献杯の挨拶では法事や法要を無事に終えることができた安心感や、安堵の気持ちを素直に申し上げで問題ありません。 また、葬儀の時以上に和やかな会になる可能性が高いですから、あまり堅苦しい挨拶でなくても大丈夫です。 ・皆様本日はお忙しい中お集まり頂きまして、誠にありがとうございます。 主人も天国で喜んでいるかと思います。 おかげ様で無事に一周忌を終えることができました。 これも日頃から皆様が支えてくださるおかげです。 本日は主人の懐かしい話でもしながら故人を偲びたいと思います。 それでは、献杯。 しかし献杯の挨拶は友人が行う場合もあります。 続いては友人が献杯の挨拶を行う場合の例文を見ていきましょう。 故人とは学生時代からの友人であります。 この度は突然のことで、まだ私も気持ちの整理ができておりません。 いつも笑顔で友達想いの素敵な人でした。 どうか安らかに眠って欲しいです。 それでは故人の冥福を祈りまして献杯。 故人がこの世を去ってからもう一年になるかと思うと、時間の経過は早いなと思わざるを得ません。 大事な酒飲み友達が亡くなってしまったので、私自身も酒を飲む回数が以前より減ってしまいました。 本日は故人の冥福を祈りながら彼の好きだったお酒を飲めればと思います。 それでは献杯。 仕方や手順の順序や流れ、作法を知っていないと恥ずかしい思いをする羽目になってしまいますから、正しい作法や献杯の挨拶の仕方をマスターしておくようにしましょう。 献杯の仕方や挨拶までの流れで重要なステップ1つ目は故人にお酒を捧げるという作法です。 精進落としの会場には個人の位牌や遺骨や写真が置いてありますからそこにまずはお酒を捧げます。 故人が未成年であってもお酒を注ぐ場合が多いです。 日本では御神酒は神様に捧げるものだからです。 法事や法要の少し和やかな席では、故人に捧げるお酒を故人が好きだった銘柄にしたり、お酒が飲めない故人にはソフトドリンクを捧げたりと柔軟に対応するパターンもあるようです。 故人にお酒を捧げたら、出席者全員の盃にお酒を注いでいきます。 全員の盃にお酒が行き渡ったら献杯を始めます。 喪主が挨拶を行う場合が多いですが、遺族代表として他の親族が行う場合もありますし、故人の友人が献杯の挨拶を行うパターンもありますから、一概に喪主が行うとは限らないです。 また、献杯の挨拶は予め行う代表者を決めておく場合が多いですが、当日精進落としの直前に誰かを指名して突然行うというパターンもあります。 ですから精進落としに参加する人は献杯の挨拶の仕方が完璧にできるようにしておく必要があるのですが、予め挨拶をお願いしたい場合は連絡しておいた方が親切です。 故人に捧げるお酒の準備と、出席者全員のお酒の準備が終了し、献杯の挨拶を代表の人が終えたら、故人に対して敬意を持って献杯しましょう。 献杯の仕方として故人の遺骨や位牌の方向を向いて行うようにしましょう。 また、献杯の挨拶を行う人が挨拶の最後に「それではご唱和下さい」という場合がありますから、そうしたら「献杯」と言いましょう。 ただこの唱和ですが、飲み会の「乾杯!」のように大きく元気な声で言ってはなりません。 厳粛に静かに「献杯」と声をあげるようにします。 間違えて大きな声を出してしまったら恥ずかしいです。 今回ご紹介している献杯の挨拶のスピーチでは乾杯のように大きく声をあげてはいけません。 ただ以下の記事では飲み会の乾杯の挨拶を例文とスピーチも交えながらまとめてありますから是非参考にしてみてくださいね。 献杯の挨拶をする人のマナー・作法とは?振る舞いの注意点は? 献杯のスピーチは言葉に注意する 葬儀や法事、法要の際に行われる精進落としでは献杯と呼ばれる一連の儀式のようなものが行われます。 これは強制ではないので行わない家庭もありますから必ずあるとは限りません。 ただ、もしも献杯の場面に遭遇した場合、最低限のマナーやルールは守らなければなりませんよね。 献杯を行う際、代表者が挨拶を行います。 喪主や親族の代表が行う場合が多いのですが、友人代表が挨拶を務めることもあります。 つまり誰しも献杯の挨拶をする可能性があるということです。 まず、献杯の挨拶のスピーチは言葉に注意する必要があります。 献杯の挨拶スピーチは亡くなった故人を偲び、その冥福を祈るために行われます。 ですから故人との生前の思い出をつらつらと語るよりも、まず葬儀や法事がつつがなく執り行われたことに対する感謝や労いの言葉を言うことが重要です。 また失礼な言葉は絶対に言ってはなりませんから注意するようにしましょう。 献杯の挨拶は手短に 献杯は普通の日常生活で起こる出来事ではありませんよね。 そのため、ルールやマナーを知っておかなければなりません。 もしもあなたが献杯の挨拶スピーチを頼まれた場合、そのスピーチはなるべく短く、簡潔にまとめる必要があります。 長ったらしい献杯の挨拶スピーチはしてはならないのです。 なぜ献杯の挨拶スピーチは手短にまとめなければならないかと申し上げますと、献杯の挨拶スピーチが終わるまで、出席者は食事はおろか飲み物にも手をつけてはならないとされているからです。 これは精進落としでの最低限のマナーになりますから必ず覚えておくようにしましょう。 いつまでも長ったらしくスピーチをしたら、聞いている人は飽き飽きしてしまいます。 だいたい、献杯の挨拶は1〜2分程度に抑えた方がよいでしょう。 スピーチは簡潔にして、聞いている人がわかりやすいスピーチを心掛けましょう。 また、心配であれば完成した後にさまざまな年齢の人々に意見を聞いて参考にすると良いです。 乾杯と同じ作法はNG 献杯をする際、普通の乾杯と同じ作法をしてはなりません。 乾杯の場合は顔よりもグラスを高く上げ、近くに居る人同士でグラスを重ね合わせますが、献杯ではNGです。 胸元からあご下くらいまで掲げて近くの人同士でグラスを重ね合わせてはなりません。 献杯のマナーを理解しよう いかがでしたか?献杯はあまり行う事のない作法ですが、一生に一度は遭遇する機会でもあります。 マナーを理解するとともに、献杯の挨拶スピーチを行う事になっても良い様言葉や例文を覚えておくようにしましょう。

次の

献杯の挨拶例文|法事や精進落としのスピーチの仕方・言葉と作法とは?

献杯 あいさつ

若い世代だと、「献杯」という言葉も初めて見聞きするかもしれません。 献杯とは、葬儀や法要の場で使う言葉です。 会食をする際に、杯を上げる行為ですが、乾杯ではないところに注意して下さい。 献杯は故人へ敬意を表すという意味があります。 葬儀や法要の場では、代表者が献杯の挨拶をし、献杯の音頭を取ってから、出席者も杯を掲げて故人へ敬意を示します。 献杯の挨拶は法事での会食を開始する合図でもあり、ある程度決まった文例がありますので、文例を覚えておくと便利です。 献杯の挨拶を行う人の決まりはない 葬儀や法事で行う献杯ですが、献杯の挨拶は誰が行う事が多いのでしょうか。 喪主がするのではないかな?と思う人もいるかもしれません。 献杯の挨拶をする人は特に決まっておらず、喪主が行う場合もあれば、故人の親戚や、故人の友人が行う事もあります。 また誰がする時も文例自体はそれほど変わりません。 その場でその場で献杯をする人が変わりますので、あなたにも献杯の挨拶の依頼が来る可能性がありますので、文例を知っておくと便利です。 献杯の挨拶を家族がする際にはシンプルに 献杯の挨拶を家族が頼まれた時ですが、会食の前の挨拶ですので、長々と話さないようにする事が大切です。 そのため文例も短いものが殆どです。 挨拶は手短に切り上げますが、故人を忍び、敬う場という事を考慮の上、挨拶の中で故人を振り返ります。 またお悔やみの言葉も献杯の挨拶の中に交えるようにします。 献杯の挨拶は1~2分程度でおさまるように話すのが一般的で、文例を見てもそのくらいで話し終えるようになっています。 家族からの献杯の挨拶の文例 それでは献杯の挨拶として、具体的にどのように挨拶をするのか、文例を出して確認してみましょう。 家族が献杯の挨拶をする場合の文例です。 「本日はお忙しい中、故人のためにお集まりいただき、ありがとうございます。 故人の兄の~と申します。 法事を無事に終え、弟も安心している事でしょう。 本日は皆さまと語らいながら、弟の冥福を祈りたい所存です。 それでは、献杯」 以上になります。 献杯の挨拶を友人がする場合はエピソードを織り交ぜよう 友人が献杯の挨拶を頼まれる事も珍しくはありません。 友人として献杯の挨拶を頼まれた時の文例は、家族の時とはまた少し雰囲気が変わります。 友人として故人を振り返る思い出話が少し入ると、家族としては嬉しい事でしょう。 ただし長くならないように注意が必要ですので、手短に語ります。 それでは、友人代表が献杯の挨拶をする時の文例です。 友人からの献杯の挨拶をする時の文例 友人として献杯の挨拶をすると、思い出も多く、挨拶が長くなりがちです。 文例を元に簡単な原稿を作っておいても良いかもしれません。 「献杯の挨拶をさせていただく、故人の高校時代の友人の~と申します。 あまりに急な事で、今でもまだ信じられない気持ちです。 故人とは高校時代に~という出来事があり、大変支えになってもらいました。 こうしている今も故人の笑顔が浮かびます。 同じ笑顔で、きっと私達を見守っていてくれる事でしょう。 それでは故人の冥福を祈りながら、献杯をさせていただきます。 献杯」 以上になります。 故人を敬うための献杯の挨拶は行う人によって長さが異なるので文例を踏まえて取り組もう 献杯の挨拶は手短に済ませる事が基本です。 そのため献杯の挨拶の文例を見ても、多くが非常に短い文章でまとめられています。 基本的には文例に沿いながら、しかし故人について語りたい事があれば、長くならないように挨拶の中で触れても良いでしょう。 献杯は故人への敬意を示すものである、という事が念頭にあれば必ずしも文例通りである必要はありません。

次の

精進落としの挨拶・献杯の文例!そのまま使える12例を立場別で紹介

献杯 あいさつ

乾杯との違い 献杯と似た言葉に乾杯があります。 乾杯は主にめでたい席で、会食や宴会などの開始を表すものです。 代表者の「乾杯!」という言葉とともに、他の参加者も「乾杯!」と唱和し、互いのグラスを打ち付けます。 お酒を飲める人はグラスの中身を飲み干し、その後に拍手が起きたりするなど、一気に賑やかになるでしょう。 それに対して献杯は相手に敬意を表するために盃を差し出すといった意味があります。 法要などの席で、故人を偲び、悼むために盃を捧げるときも献杯といいます。 乾杯と同じく杯は差し出しますが、 グラスを打ち付けて音を出すのはご法度です。 また 拍手も行いません。 なお、献杯はもともと死者に捧げる神聖な儀式で行われており、その起源は古代にまで遡るとも言われています。 献杯の方法やタイミング 献杯をするのは、葬儀や法要後の会食の場です。 参列者が全員揃って席に着いたことを確認してから、タイミングを見計らって行います。 献杯に先立ち、お位牌の前にもグラスを置きましょう。 まず喪主が参列者に対して感謝の意を伝えます。 献杯の前には、故人を偲んだ挨拶を行います。 会食では献杯が終わるまで料理に手を付けないことがマナーとなっており、 みんなを待たせている状態ですので、話はできるだけ短いほうがよいでしょう。 そして挨拶の最後に、 グラスを目の高さに持ち上げ、「献杯」と発します。 その際、顔は少し下を向くようにして、声も落ち着いた感じに抑えます。 献杯の発声者を誰にするか、明確な決まりはありません。 喪主がそのまま行うこともありますし、他の身内が行う場合もあります。 また会社の上司や親しかった友人にお願いするケースもあります。 この辺は喪主の判断次第と言えます。 献杯の挨拶の文例 献杯の挨拶は短く済ませることが望ましいので、話す要素もシンプルになります。 故人との関係を踏まえ、いくつかの文例をご紹介しましょう。 喪主が献杯も行う場合 本日は葬儀にご参列をいただきまして、誠にありがとうございました。 懐かしいみなさまに会えて、母もきっと喜んでいると思います。 この場ではどうか昔の思い出話などで故人を偲んでいただければと思います。 それでは、献杯のご唱和をお願いいたします。 「献杯」。 ありがとうございました。 故人の友人が行う場合 ご紹介をいただきました〇〇と申します。 ご遺族のご心中を思うと言葉もございませんが、故人を偲びまして、献杯をさせていただきたいと思います。 「献杯」。 ありがとうございました。 会社の上司が行う場合 ご紹介をいただきました、〇〇株式会社の〇〇でございます。 彼がいなくなってしまったこと、本当に悲しくてなりません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 それでは、これより献杯をさせていただきます。 「献杯」。 ありがとうございました。 献杯の挨拶で使ってはいけない言葉 結婚式などでの挨拶と同様、献杯でも使ってはならないとされる言葉があります。 まず、 「重ね重ね」や「ますます」など、同じ言葉が繰り返されるものは、不幸が重なってしまうとされて縁起が悪いため、避けるようにしてください。 故人への敬意を示すということから、 「死んだ」などのストレートな言葉も不適切です。 「ご逝去」「永眠する」などに言い替えてください。 他にも、葬儀や法要をどの宗教で行うかを注意しなくてはなりません。 宗教によって使う用語に違いがあるためです。 例えば 「ご冥福をお祈りし」の「冥福」は仏教用語なので、キリスト教式では使えません。 また キリスト教では、亡くなることを「天に召される」とも表現します。 言葉に不安がある場合は、喪主の方に確認するようにしてください。 まとめ 献杯に細かいルールはありませんが、故人への敬意や偲ぶ気持ちを忘れず、簡潔に挨拶することが必要です。 間違ってマナー違反の言葉などを使ってしまうと、大変失礼な行為になってしまいます。 注意点を踏まえて、気持ちが伝わる献杯をするようにしてください。 その他、葬儀に関することでお悩みや疑問がありましたら、いつでもお問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の