い づい 工業。 有限会社のづい興業

【買い】理想科学工業(6413)もみ合い上放れの期待高まる、パーフェクトオーダー形成で動意づいたか◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆ 投稿日時: 2019/04/16 08:34[加藤あきら]

い づい 工業

を利用した。 の2を連結してつくった ののを異なるに保つと熱を生じてにが流れる。 与えられた2種の金属の熱電対の熱起電力は両接点の温度差と定まった関係をもつので,の接点を基準温度に保ち,他方の接点を測温体の温度にすれば,ミリボルト計で測定した熱起電力の値から温度が求められる。 電気的測定であるから精密で,遠隔操作,自動記録,自動など工業用に適する。 熱電対に用いられる金属の対は,用には白金-白金ロジウム,アルメル-クロメル,タングステン-タングステンモリブデンが,低温用には銅-,鉄-コンスタンタンが用いられる。 また感度を上げるには熱電対をに接続したが用いられる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 温度検出素子として2種の異なるの素線(たとえば純金属線と合金線)の先端を接合した熱電対 つい を用い、先端部(測温接点)と基部(基準接点)との温度差に対応して発生する熱起電力の大きさによって温度を測定する計器。 熱電対温度計ともいう。 用いる熱電対素線の種類と組合せ、また、感温部、指示部の仕様などによって多くの種類があるが、広く用いられる器種については国際的に統一された工業規格が設けられており、出力信号である起電力と温度との関係が標準化されている。 熱電温度計の指示部は電位差計(電圧計)であり、指針型(アナログ型)の計器も用いられるが、1980年代以降は電子式デジタル電圧計と演算装置を用いて即時に温度値を表示するものが多い。 [三井清人] …18世紀に入ると,G. ファーレンハイト,A. セルシウスらによって温度目盛の基準化が進められ,バイメタルを利用した温度計も考案された。 19世紀の物理学の進展は,温度の概念に熱力学的および統計力学的な基盤を与えるとともに,電磁気現象や熱放射現象を利用する温度計,すなわち熱電対を利用した熱電温度計,金属や半導体の電気抵抗が温度によって変わることを利用した抵抗温度計,物体からの放射エネルギーの量を測定する放射温度計,輝度を標準の電球と比較して温度を測る光高温計などの発明をもたらし,また,温度測定の統一的な基準となる熱力学温度の単位の構想や,気体液化による低温の利用,電流の熱作用による高温の発生などを可能にした。 これらの傾向は,産業技術の展開と表裏の関係をなし,一方で,産業用温度計の開発,汎用(はんよう)化を促し,他方で,極低温や超高温の分野における研究と利用,ひいてはこれらの極端な温度を測定する技術への多彩な挑戦を誘い出して,今日に及んでいる。

次の

熱電温度計(ねつでんおんどけい)とは

い づい 工業

工業の諸要素 [ ] 工業の分野 [ ] 重化学工業 [ ] 工業のうち、・・などの比較的重量のあるものを製造する工業(、、機械工業、など)を 重工業という。 また、重工業ととあわせて、 重化学工業という。 軽工業 [ ] 重(化学)工業に対して軽いもの、特にを製造する工業(・・など)を 軽工業という。 主に日用品を作る工業の事。 工業の立地条件 [ ] 工業の立地に関しては、例えば次のようなものが重視される。 ・など自然的条件• 、市場、、労働力• の工業立地論 工業労働者 [ ] で流す汗が染みにならないように、仕事の時の服装は青などを基調としたものが多く、これに由来してなどの現場で働く工業労働者のことを(blue-collar 青い襟)といったりもする。 なお、作業に従事する労働者については、を着用することから(white-collar 白い襟)と呼ぶ。 日本の工業地帯・工業地域 [ ] 日本の工業は「」と言われるから北九州にかけての太平洋岸の範囲で盛んである。 特に、長くは 四大工業地帯(、、、)が日本の工業の中心地であったが、北九州工業地帯の比重は小さくなった。 四大工業地帯以外では、、、、、などで工業が発達しており、何れも太平洋ベルトに位置している。 太平洋ベルト以外の地域では、全体として工業が低調である。 ではパルプ、製鉄、化学、鉄鋼などの工業が発達していたが、国際競争が激化するなかで停滞している。 では半導体などの機械工業が発達していたが、機械メーカーの多くが低賃金を求めて、などに生産拠点を移していく中、低迷が続いている。 では製糸業がまず発達し、戦時中に東京から工場が疎開したことをきっかけに、ではカメラ、オルゴール、時計など、千曲川沿いの地域では通信・電子部品、自動車部品などが発達した。 日本でもっとも工業化が遅れているのは中国地方の、(や高知県など)、、などの地域である。 関連項目 [ ]•

次の

工業統計調査|経済産業省

い づい 工業

古代名タラス Taras ギリシア語 , Tarentum ラテン語。 イタリア南部,奥に位置する,商港都市。 タラント県の県都。 かつては半島に位置したが,15世紀にのフェルディナンド1世 ナポリ王 が地峡部を開削して水道を通したために,岩石島の旧市と,本土側の新市とに分れた。 前 700年頃にギリシア人の植民都市として建設され,指導的な位置にあった。 ローマ時代にはで栄え,ビザンチン,東ゴート,ノルマンなどの支配下におかれ,1861年のイタリア独立とともに,戦略上の重要性から軍港となった。 旧市街には,古代の城,アラゴン公の城 1480再建 ,イスラム風ゴシック様式の大聖堂 11世紀 などが残り,狭い道をはさんでが密集する。 博物館は陶器など古代ギリシア遺物の収集で知られる。 新市街は,軍港設備や兵器工場があり,南部開発の拠点として,をはじめ,化学,,食品などの工場が立地。 商港としても活気づいている。 とがされる。 人口 19万1810(2011推計)。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 イタリア南部、プーリア州にあるタラント県の県都で、港湾・工業都市。 ギリシア名タラスTaras、ラテン名Tarentum。 人口20万1349(2001国勢調査速報値)。 タラント湾の北部湾奥、マーレ・ピッコロとよばれる広いラグーン(潟湖 せきこ 、面積20平方キロメートル)の入口に位置する。 西側に小湾マーレ・グランデがあり、ラグーンとの境界をなす小さな島を中心として旧市街が形成された。 島はかつては本土と陸続きであったが、1480年に運河によって分断され、1887年に橋で結ばれた。 旧市街には大聖堂(12世紀再建)、アラゴンのフェルディナンド1世(ナポリ王)によって再建された城(1480)、サン・ドメーニコ・マッジョーレ教会(1302)などがあり、中世のおもかげが残されている。 それに対して、東側本土には碁盤目状の道路を有する新市街、北側本土には工業地区が広がる。 1861年のイタリア王国成立当時は人口2万8000の港町であったが、1883年の海軍工廠 こうしょう 建設と第一次世界大戦直前期における大造船所の設立によって、軍港・造船の町として発展した。 1960年代になると南部開発政策の一環として、産業復興公社IRI イリ 傘下の企業イタルシデルにより最新鋭の大製鉄所が建設され、それを契機にセメント、金属機械、化学などの関連諸工業も展開された。 また漁業も重要で、マーレ・ピッコロではイガイとカキの養殖が盛んに行われている。 [堺 憲一] 歴史紀元前8世紀にスパルタ人によって建設された。 タラント湾南西岸のギリシア植民市シバリスの没落(前510)後、南イタリアのギリシア植民市群マグナ・グラエキアの中心都市になり、前4世紀に全盛期を迎えた。 しかし前272年に始まるローマの支配下では、かつての重要性は大きく損なわれる。 6世紀以降はゴート人を皮切りに、支配者が相次いで交代した。 ナポレオン戦争期にはフランスの海軍基地となった。 軍港としての機能は、その後1815~60年の両シチリア王国時代には等閑視されたが、スエズ運河の開通後ふたたび脚光を浴びるようになった。 [堺 憲一] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の