ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ。 ウイイレ2019 おすすめ監督

【オススメ監督(ウイイレアプリ2019)】シメオネ好きは今のうちにデシャンをとれ!

ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ

ウイイレアプリ 監督を選ぶ2つのコツ!おすすめの監督の基準! 監督とは? 監督とは、実際のサッカーと同じくチームの基盤となる存在です。 それぞれの監督によって、フォーメーションや戦術などに違いがあり、監督のマネジメント能力によって、選手を組める最大コストが変化します。 チーム編成で最も重要なポイントは「監督」といっても過言ではありません。 監督の使い方 マネジメント能力に注目 監督を使う上で最重要で注目すべきポイントは、監督の「マネジメント能力」です。 監督にはマネジメント能力、つまりチームコストの最大数を表しています。 このマネジメント数値を上回るチームコストになってしまうと、「チームスピリット」「選手同士の連携」が激減してしまい、選手が本来の力を発揮することが出来ません。 しかし、プレイを進めていくと当然強い選手も揃ってくるので、チームコストがどんどんと上がってきてしまい、いずれ監督のマネジメント数値を上回ってしまいます。 そうなれば、チームコストを上回るマネジメント数値を持つ、別の新たな監督を入手する必要があります。 契約更新が必要 監督には試合できる回数が決められており、同じ監督を使い続けるためには契約を更新しなければいけません。 契約更新するには、「イベント」「シーズンマッチ」「シーズンマッチ(SIM)」の3項目で指定された勝ち点数を達成する必要があります。 また、万が一条件を達成できなかった場合は、GPかコインで契約更新が可能です。 監督が永久に使えなくなる。 ということはないのでご安心を。 一覧表示された監督をタップすると、「基本情報」「フーメーション」「戦術」の詳細を確認することができます。 契約前に詳細はしっかりと確認しておきましょう。 また、GPかコインのどちらかで契約することが可能なので、好きな契約方法を選び、契約完了です。 基本的には、マネジメント能力値の高い監督が高額に設定されています。 監督を選ぶコツ フォーメーションを確認 まずは、自身の編成したい選手で組められるフォーメーションを確認しておきましょう。 監督毎にフォーメーションが決められているので、適当に監督を選ぶと選手の適正ポジションとフーメーションが上手く噛み合わない場合があります。 例えば3トップの場合、両サイドはWGまたはSTと決められていますが、このWGかSTの適正を持っていない選手を編成すると、適正ポジションではないと判定され、選手の力がガクッと下がってしまいます。 なので、まずは自身の編成したい選手の適正ポジションをしっかりと把握した上で監督を選びましょう。 監督毎でプレイスタイルが変わる 次に、監督の戦術もしっかりと確認しましょう。 戦術には、「攻撃タイプ」「ビルドアップ」「攻撃エリア」「ポジションニング」「守備タイプ」「追い込みエリア」「プレッシング」の7項目があります。 例えば、下記画像のヒューイマイヤーズコフ監督の戦術で考えると、 「ショートパスを主体とし、サイドを使ったカウンターで攻める」といった戦術になります。 ここで注意すべき点が、選手が戦術に対応した動きになってしまうことです。 「攻撃エリアがサイド」 になっているので、基本的には中央よりもサイドを使う。 「攻撃タイプがカウンター」 なので、ダラダラと攻めない。 「ビルドアップがショートパス」 なので、ロングボールよりもショートパスに適した動きになる。 といった感じです。 やはり、「ポゼッションを意識しつつパスワークで相手を崩したい」「守ってからのスピード感のあるカウンターで一気に決めたい」など ユーザーにとって好みのプレイスタイルは様々です。 もちろん、「この監督はポゼッションサッカーだからカウンターは一切行えない」といったことはなく、あくまでこのプレイスタイルに適している。 といった感じです。 なので、自身のプレイスタイルに合った戦術を選ぶ事をおすすめします。 時には、今とは別の戦術で攻めたいなと思うこともあると思うので、そこは臨機応変に監督を変えて試合していき、監督のプレイスタイルに合わせてプレイしつつ、自身が一番プレイしやすい戦術を見つけていきましょう。 おすすめの監督 ユーザーによって自身の得意なプレイスタイルが違うこともあり、これがおすすめの監督だ!と断定することができません。 ポゼッション戦術が得意なユーザーに、カウンター戦術主体の監督をおすすめできませんので。 さらに細かいところまでいくと、ショートパスかロングパス、攻撃エリアはどこが良いなど、さらに好みも別れてしまいますし。 初期であまりウイイレに慣れていない、自分の得意な戦術がわからない、という方は、一番最安の監督を契約していき、色んなプレイスタイルを経験して、得意な戦術に見合う監督の選定をしていくことをおすすめします。 唯一断定できるのは、マネジメント能力が高い監督と契約することは誰にでも通ずるおすすめポイントです。 マネジメント能力が高ければ高いほど、いろんな選手を組み込むことができますので、メリットでしかありません。 まとめると、 おすすめの監督は「自身の戦術に見合ったマネジメント能力が高い監督」と言えるでしょう。 まとめ 以上、ウイイレアプリの監督についてでした。 ウイイレは、やはり選手が優先で目立つからガチャ優先、となりがちですが、監督も選手と同じくらい非常に重要な存在です。 良い選手が揃っていても、自身のプレイスタイルに適した監督を起用していなければ、もちろん試合運びも上手くはいきません。 なぜこんなにも負けるのか、と悩んでしまった時は、一度別の新たな監督を試してみて下さい。 見違えるように勝てることがあります。 色んな監督と契約し、自身のプレイスタイルを見つけることも、ウイイレで上手くなれための重要なポイントです。

次の

【ウイイレアプリ2020】最初に選べる監督のおすすめ|ゲームエイト

ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ

ウイイレ2020および次回作のウイイレ2021のマイクラブやマスターリーグで勝つために使えるおすすめのフォーメーションを5つピックアップして紹介。 現実のサッカーとウイイレとしてのサッカー、両方の側面からご説明したいと思いますので、よろしくお願いします。 対人戦やSIMの対戦でぜひとも参考としていただけたら嬉しいです! 使える!おすすめフォーメーション5選|ウイニングイレブン2020-2021マイクラブSIM攻略情報【PS4】• 中盤にバランス良く5人のミッドフィルダーを配置。 さらにディフェンダーも4枚配置することで、時折、サイドバックをオーバーラップさせて、中盤の数を増やして厚くすることができます。 このように、中盤に枚数が増えるので、 後方からのビルドアップとボールポゼッション(ボール支配率:ボールを保持する割合)を上げやすいフォーメーションです。 中盤や最終ラインに数が多い反面、1トップのフォワードへの負担は大きいのが難点です。 そのため、1トップに添える選手はポストプレーができる強靭なフィジカル、裏を抜けるスピード、そしてストライカーとして必要な決定力という形に 万能的な能力が必要です。 ウイイレでの4-2-3-1 ここからは、ウイイレのSIMモードでの話をしたいと思います。 このフォーメーションをウイイレでうまく使うことは難しいです。 その理由はOMFの配置が難しいからです。 理由は OMFとCFの位置を縦の関係にすると攻撃が鈍化することが多くなってしまうためです。 実際のサッカーと違い、ウイイレでは試合時間がとても短いので、ボールを回しすぎるよりもシュートにどのように持っていくかが大事なのですが、攻撃が鈍化することで攻撃チャンスが少なくなってしまいます。 最後に、マイクラブでこのフォーメーションで始める場合は、FWにまずは体格の良さを優先してまずは背が大きい(できたら190cm級)の選手を選ぶのが良いでしょう。 最近は、川崎フロンターレがこのフォーメーションを使用してうまく機能し FCバルセロナといえば、ティキ・タカという味方同士の距離感を短くし、ショートパスをつないでボールポゼッションを高くする戦術で有名。 その理由は、フォワードに三枚のフォワードを並べてワイドに配置していること、そして中盤が三枚のみで数が少ないため、普通のチームならばDFからFWへ大きく蹴りだしたり、ウイングと裏を駆け上がるサイドバックの2人でサイドを突破し、クロスを上げて、センターフォワードがズドン!と決める戦術を取ることが多いからです。 ウイイレの4-3-3 ウイイレでの4-3-3も基本的には同じで、カウンターが基本戦術になります。 もし、バルセロナみたいにパス回しをしたい場合は、グアルディオラ時代のフォーメーションみたいに、CFをSTとし、両WGよりも低い位置に下げ、中盤3人とSTでダイヤモンドの形を結成することでボール支配率を高めることに努めると有効です。 そうすることで、常に二方向へのパスコースを確保し、選手同士が三角形の形を多く作ることができます。 ただ、最初にご説明した通り、基本的にはこの4-3-3ではカウンター戦術をメインにして、三枚のMFは技巧派よりも守備的な選手を配置したほうが良いと思います。 派生として、以下のような中盤を正三角形の形にし、トップ下を置いた4-2-1-3というフォーメーションもあります。 4-3-3に比べるとボランチが2枚なので、少し守備の負担が大きくなります。 ただ、OMFを含めて前4枚、後ろ6枚ではっきりと攻守に分かれることができるので、どのような選手を配置するのか決めやすいフォーメーションです。 マイクラブで利用できる監督も多いので、ぜひ1つ所持しておくことをおすすめします。 アンカーの位置に司令塔のピルロが深くからチャンスメイクをして、サイドCMFに運動量が豊富なガットゥーゾとセードルフを配置して、ピルロをサポートするというフォーメーションでした。 その前のトップ下にはカカやルイ・コスタが君臨していましたね。 基本的にはディフェンス4枚、ボランチ3枚の7人で強固な守備陣営を形成するので、イタリア式のとても守備的なフォーメーションといえるでしょう。 ポゼッションサッカーというよりも大きくボールを蹴りだして、前の三人で試合を決めてもらう攻撃方法を取るのが良いと思います。 なので、ビルドアップのタイプを「ショートパス」ではなく「ロングパス」の監督の方が活躍してくれる可能性が高いです。 なので、ピルロがいたアンカーには基本的にディフェンス力の高い選手を配置するのがよくて、時には2枚のセンターバックの間に入り、スリーバックを形成できるプレースタイル「アンカー」を所持している選手が良いでしょう。 そして、チャンスメイクをするプレースタイル「プレーメーカー」を持っているような選手はサイドのCMFに配置するとよいと思います。 または、OMFをCMFに変更してプレーメーカーを配置するのも手ですね。 フォワードからディフェンダーまでを狭く配置することで、仲間の間の距離を小さくして、もしボールを奪われてもすぐに取り返せるようなフォーメーションが一般的です。 最近だと、ドルトムントやアトレティコマドリードがこのフォーメーションで結果を残しています。 理由は 超カウンターフォーメーションが作れるからです! コンセプトアレンジにゲーゲンプレスなどをつけて、ガンガン前線からプレッシャーをかけてカウンターをしかけましょう。 おそらく、 SIMモードや監督モードで一番安定して勝ちやすいフォーメーションではないかと思います。 かつては、トルシエジャパンが3バックを採用し、ワールドカップで初のベスト16に進みました。 サイドハーフは、4バックのサイドハーフに比べると一列下がった位置に配置し、ウイングバックのように守備にも積極的に参加する必要があるでしょう。 ウイイレの3-5-2 かつては、最初の時に使いやすいフォーメーションだったのですが、最近のウイイレではあまり使えない感じですね。。。 理由は、3バックのサイド裏がどうしても抜かれてしまうからです。 これはここ二作くらいの話ですが、斜めの動きが強化されたのでそのせいかなと考えています。 なので、3バックを使う場合は、先ほどサッカーの方ではウイングバックのように低めに配置せずに高い位置に配置し、なるべくカウンターをするための準備をする必要があります。 そうすることで、守備は補完できていませんが、その代わりに攻撃に枚数をかけて、打ち勝つことを目指しましょう! 最後に 今回は、ウイイレ2020でのおすすめフォーメーションを5つご紹介しました! サッカーでのフォーメーションの形、ウイイレでのフォーメーションの形、それぞれに意味があるのですが、最終的には両方ともサッカーです。 まずは頭の中で自分が再現したい戦術を思い描き、ぜひウイニングイレブンの中で再現できるようにがんばりましょう! また、次回もよろしくお願いいたします。 chrono0520.

次の

【ウイイレアプリ2020】監督の戦術を徹底解説!これを見て監督を選ぼう!

ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ

目次 もくじ• 今作はFP選手による個人技カウンターが強力 ウイイレは毎年、強いプレイスタイルが移り変わります。 例えば、 ・ウイイレ2017ではクロスが強め ・ウイイレ2018ではトラップスルーが強め といった感じです。 今作ウイイレ2019ではが最強。 FPガチャで当たり選手を引くことが重要という、 例年よりも運要素や課金要素強めの作風ですね。 特にFWの当たりFP選手は決定力・スピード・瞬発・ドリブル・パス系の能力が全て90超えしている選手も… これらの FP選手でカウンターをしかける戦術が結構人気があります。 フォーメーションは433か442がおすすめ 正直言うと、フォーメーションは自分のプレイスタイルによりけりといった感じです。 サイドからFPネイマールやFPムバッペ、FPメッシ、FPアザールなどごりごり行ける選手で勝負したい場合は433を。 ただマネジメント能力が低いのとCMFをOMFにできない点がぺケルマンと異なるので注意。 442について詳しく 433だと守備時は4と3で上手く守る必要があるので、ワンツーを多用されるとどうしても守備に穴が空いてしまうことも出てきます。 また、中盤3枚が真ん中よりなので、守備時にサイドのスペースを相手に使われてしまうことも結構あります。 その点442だとLMFとRMFが守備時に自陣まで戻ってくれるので、4と4の守備陣形を作成できます。 相手にスペースを与えずらく、守備時のサイドのスペースを埋められるのがメリット。 今作はサイドからFP選手でドリブル勝負をしかけてくるプレイヤーが多いので、433から442に変更したら失点が減ったなんてこともあるかと思います。 いろいろ述べてますが、ぶっちゃけプレイヤーの守備の仕方にもよるのであくまでも参考程度に頭のどこかにでも入れてもらえればうれしいです。 私自身、4231はかなり勝率が悪いです 日本代表では4231が採用されていて結構憧れる方も多いかと思いますが、ウイイレ2019では初心者にはあまりおすすめできないフォーメーションとなっています。 逆にいうと、4231で勝てる人は442や433に変えればもっと勝てるんじゃないかなーと思えるほどです。 プレッシングはアグレッシブ一択 プレッシング設定は監督により、 ・セーフティ ・アグレッシブ に分かれますが、個人的にはアグレッシブがおすすめです。 セーフティは相手がボールを持っているときに、自分の選手は無理にタックルせず抜かれないような守備をします。 セーフティだと相手はパスやドリブル、シュートがしやすくなります。 今作のセーフティは相手のFP選手を抑えるのが結構難しいため、セーフティだとピンチが多くなるイメージです。 逆に、アグレッシブは積極的に相手にタックルしてボールを奪いにいく守備をします。 フォアチェックとリトリートについて フォアチェック・リトリートの違いは【ボールを奪われた後の守備陣形】が異なります。 リトリートの場合はボールを奪われたら自陣の守備陣形を整えることを優先します。 フォアチェックはボールを奪われたらそのままボールを奪い返しにいくイメージ。 クロップとシメオネの違い ・はリトリート ・クロップはフォアチェック シメオネは442で守備陣形を固める監督です。 ボールを奪われたらまずは守備陣形をしっかり固め、カウンターをやらせないようにしようと選手が動きます。 反対に、クロップは433でボールを奪われたら近くの選手がすぐにプレスにいき、ボールをすぐに奪い返しにいく守備をする監督。 フォアチェックとアグレッシブの組み合わせは ゲーゲンプレスとも呼ばれます。 ただしスタミナの消耗が激しいため、試合終盤にスタミナ切れする選手が出てくるのがデメリット。 まとめとおすすめ監督 まとめです。 ウイイレ2019ではFP選手によるカウンターが強い ・433だとサイドからFP選手で攻撃しやすい ・442だと相手のFP選手によるサイドからの攻撃を守りやすい といった感じです。 両方試してみて、自分にあったフォーメーションで是非遊んでみて下さい。 433と442の監督を2人採用することも可能です。 その際はスカッドの登録画面で1人をアシスタントコーチ(サブ監督)に設定して下さい。

次の