高校野球 入場行進。 米津玄師さん作「パプリカ」センバツ入場行進曲に Foorinメンバー「踊るような気持ちで行進して」|文化・芸能|徳島ニュース|徳島新聞

<夏の甲子園>習志野が入場行進 第101回全国高校野球選手権大会

高校野球 入場行進

18日に開幕する本県独自の公式戦「2020年栃木県高校野球交流試合」の開幕を目前に控え、改めて選手たちの思いを一つにしようと小針崇宏(こばりたかひろ)監督(37)が発案。 吹奏楽部やチアリーディング部の生徒も協力を申し出た。 吹奏楽部が「栄冠は君に輝く」を演奏する中、チアリーディング部に先導された3年生部員31人がグラウンド内を一周。 鈴木蓮(すずきれん)主将(17)が「高校野球を通して栃木、全国に夢と感動を与えたい。 自分たちの最大限のプレーを発揮し、見てくださる方々への感謝を忘れずに3年生全員でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。 中には目に涙を浮かべながら、ナインを見つめる保護者の姿もあった。 吹奏楽部の3年生西山咲(にしやまさき)部長(17)は「私たちも最後のコンクールがなくなったので、大会のある野球部を応援したかった。 今まで通り球場で演奏できない悔しさはあるが、やれて良かった」と笑顔。 野球部の小平裕一(おだいらゆういち)保護者会長(47)は「粋な計らいに感謝したい。 頑張ってきた3年生の行進する姿には感慨深いものがあった」としみじみと語った。

次の

なぜ?甲子園のプラカード先導 特定の学校が務める理由― スポニチ Sponichi Annex 野球

高校野球 入場行進

8月7日に開幕を控える第98回全国高等学校野球選手権大会。 夢の舞台「甲子園」。 その開会式で入場行進することは球児たちの憧れだ。 地方大会が行われていた7月20日に一足早く、その開会式出場の切符を勝ち取った高校生たちがいる。 選手の行進を先導する西宮市立西宮高校の女子生徒だ。 49代表に加えて、大会旗や歴代優勝校の校旗などの担当も含め、126名が合格通知を受けた。 それ以降、西宮の女子生徒から選抜されるのが習わしとなっている。 今年は福島代表・聖光学院の「10年連続出場」が話題だが、それをはるかにしのぐ、「67回連続出場」という見方だってできるはずだ。 プラカード導入のキッカケは、戦後の学制改革だ。 各地で選ばれる代表校に多数の「新制高校」が出場するようになり、まだなじみの薄い学校名を印象付けるため、とプラカードに学校名を書いて、行列の先頭に立つ案が採用された。 また、学制改革によって数多くの男女共学校が生まれた社会背景もあって、「甲子園でも何か新機軸を出したい」「女性も大会に参加してもらおう」と、女子生徒による先導が決まったという。 この「プラカード先導」を検討する会議に参加していたのが、甲子園球場からほど近い場所にある西宮高校の岸仁教諭。 「それじゃ、うちの女子生徒で」と快諾した。 西宮も戦前は女学校だったが男女共学校に変わったばかり。 「変革」を打ち出すには適任だった。 ただ、「先導したチームが勝ち上がると受験勉強に差し障りがある」と2年生が担当するようになり、現在では1年生も先導役を務めるようになっている。 プラカード・ガールになりたい! と西宮に入学する生徒も多く、毎年、倍率は2倍、ときには3倍にも及ぶという狭き門。 過去には、祖母・母・娘3代に渡ってプラカードを持った生徒もいれば、抽選の縁で担当したチームの選手と結ばれた恋もあるという。 一例が1973年に銚子商のプラカードを担当した生徒。 この年、銚子商はあの江川卓擁する作新学院を倒し、ベスト8に進出。 優勝候補を破って、勝ち上がる姿を球場で観戦し続けた結果、女子生徒の方からある選手にラブレターを送るようになり、やがて、正式に付き合うことになったという。 もし、出会いを求めている球児がいるとすれば、まずは勝つことが大事、ということかもしれない。 選考方法はオーディション。 プラカードの代わりに竹棒を持ち、歩くリズムや姿勢の審査を受ける。 初めて先導役を選んだ1949年当時の選考基準は「身長155センチ以上、身体強健、運動選手、容姿端麗」。 現在は運動選手にこだわらず、また「乙女心を傷つけてはいけない」と「容姿端麗」の条件も削除されている。 選ばれた生徒は抽選で担当校が決まり、行進の練習をして開会式に臨む。 「女性も大会に参加してもらおう」という意識がかつてあったことは記憶していてほしい。 ちなみに、春のセンバツではボーイスカウトの高校生がプラカード先導役を務める、というのはかつてあった有名な甲子園雑学だが、この制度は2007年まで。 2008年以降は各出場校の生徒が務めていることも付記しておきたい。 (『週刊野球太郎』編集部).

次の

センバツ行進曲「パプリカ」を録音

高校野球 入場行進

80年以上もの歴史がある曲なんですね! 歌詞はあるの? 行進の時は演奏のみですが、実は歌詞もあります! 百錬(ひゃくれん) 競える この壮美(そうび) 羽ばたけ 若鷹 雲裂きて 溢るる感激 迸(ほとばし)る意気 今日ぞ 晴れの日 起て男児 掲ぐるほこりに 旭日(きょくじつ)映えて 球史燦(さん)たり 大会旗 烈烈(れつれつ) 火燃ゆる この闘志 撩乱(りょうらん) 華咲け 技冴えて 溢るる感激 迸る意気 今日ぞ 晴れの日 往け男児 掲ぐるほこりに 旭日映えて 球史燦たり 大会旗 優勝 確たる この飛躍 毅(つよ)かれ 若獅子 陽を浴びて 溢るる感激 迸る意気 今日ぞ 晴れの日 捷(か)て男児 掲ぐるほこりに 旭日映えて 球史燦たり 大会旗 戦前に作られた曲だけあって、今では珍しい難しい言葉が出てきますね。 古くからの曲ですが 高校球児が意気揚々と勇ましく入場行進する姿と 現代でもリンクしている不思議な曲です! 「栄冠は君に輝く」について 甲子園を代表する曲の中に「栄冠は君に輝く」があります。 この曲は、1948年に朝日新聞社と日本高野連が 大会歌を全国から募集して、 加賀大介 かがだいすけ さんの歌詞が選ばれました。 高校球児だった加賀大介さんは、試合中のケガによって野球を断念されました。 そんな痛ましい経緯もあり、 歌詞には高校球児への熱いメッセージが力強く込められているのです。 雲はわき 光あふれて 天たかく 純白のたま きょうぞ飛ぶ 若人よ いざ まなじりは 歓呼にこたえ いさぎよし ほほえむ希望 ああ栄冠は 君に輝く 風をうち 大地をけりて 悔ゆるなき 白熱の 力ぞ技ぞ 若人よ いざ 一球に 一打にかけて 青春の 賛歌をつづれ あゝ 栄冠は 君に輝く 空をきる たまのいのちに かようもの 美しく におえる健康 若人よ いざ みどり濃き しゅろの葉かざす 感激を まぶたにえがけ あゝ 栄冠は 君に輝く 高校野球関連のテレビ番組や、地方大会での入場行進曲などで使用されています。 夏の甲子園大会では、退場の時に使われています。 また、春のセンバツや夏の甲子園では、 5回裏から6回の間のグラウンド整備でBGMとして使われていますね。 その時のBGMは、毎年、選ばれた大会イメージアーティストが歌うんです! 例えば... 夏川りみさん.

次の