稲葉 貞通 が 関ヶ原 の 戦い 後に 封じ られ た の は 豊後 国 臼杵 で ある か か。 稲葉重通

稲葉貞通とは

稲葉 貞通 が 関ヶ原 の 戦い 後に 封じ られ た の は 豊後 国 臼杵 で ある か か

慶長五年(1600年)9月2日、関ヶ原の戦いの混乱に乗じて 遠藤慶隆に攻め込まれた郡上八幡城が降伏を申し出 ました。 ・・・・・・・・ 天下を取った 豊臣秀吉亡き後に生じた 豊臣家内での家臣の分裂が大きくなる中、上洛命令に応じない 会津 (福島県)の 上杉景勝 (うえすぎかげかつ)の行動を 「謀反」とした豊臣五大老筆頭の 徳川家康が、諸将を引き連れて 会津征伐に向かった留守を見計らって、 石田三成 (いしだみつなり)が挙兵した事にはじまる、ご存じ、 関ヶ原の戦い・・・ 三成の伏見城攻撃を知った家康が、有名な 「小山評定 (おやまひょうじょう) 」で Uターンを決意し、その 先発隊が、東海道を一路西へ向かう中、 美濃 (岐阜県)では、その混乱に乗じて・・・ そう、つい半月ほど前、豊臣政権によって 苗木城 (なえきじょう=岐阜県中津川市)を奪われていた 遠山友政 (ともまさ)が、この 関ヶ原の混乱で城を奪回する苗木城争奪戦のお話をさせていただきましたが、今回の 郡上八幡城 (ぐじょうはちまんじょう=岐阜県郡上市)も、 ほぼ、同じ構図です。 ただしコチラは、秀吉VS 神戸信孝 (かんべのぶたか・織田信孝=信長の三男)+ 柴田勝家 (しばたかついえ)の 賤ヶ岳 (しずがたけ) の戦いの時には、 途中で降伏して何とか助かったものの、その後の 織田信雄 (のぶお・のぶかつ=信長の次男)+家康との 小牧長久手の戦いの時に信雄についたと疑われた 遠藤慶隆 (えんどうよしたか)が、 秀吉に本領を奪われて美濃小原7500石に減知され、その郡上八幡が 稲葉貞通 (いなばさだみち)に与えられていたため、 この関ヶ原において東軍についた慶隆が、西軍に属している貞通が城を留守にしている間に、城を奪回しようと図ったワケですが・・・ そう、この時の郡上八幡城は、城主の貞通が、家康の先発隊が 織田秀信 (ひでのぶ・信長の孫=三法師)の 岐阜城を攻めていた関係から、西軍武将の一人として、 犬山城 (愛知県犬山市)に、その身を置いていたので、留守を守るのは息子の 通孝 (みちたか) 以下、わずかな城兵のみだったのです。 「このチャンスを見逃すまい」と動く慶隆は、早速、家康先発隊の 軍監 (ぐんかん=軍の目付)である 井伊直政 (おおなおまさ)に許可を得て、娘婿である 金森可重 (かなもりよりしげ)とともに戦闘の準備に入ります。 ところがドッコイ、かの 岐阜城の落城をキッカケに、貞通が突然、東軍へと寝返る事態に・・・ 当然ですが、東軍となった者の城を、東軍の武将が攻めるわけにはいかないわけで、徳川からは、 戦闘中止の命令が出たわけですが、それを知ってか知らずか・・・まぁ、やっぱり、 慶隆個人としては、以前は自分の物だった城を、この機会に奪い返したくて、仕方無いわけで・・・ で、結局慶隆は、この9月1日、 金森勢とともに郡上八幡城を攻め立てたのです。 上記のごとく、はなから多勢に無勢なので、郡上八幡城はたちまち窮地に陥る・・・しかも、父がすでに東軍の人となっている事は、息子の通孝も知っているわけですから、翌・ 慶長五年(1600年) 9月2日、 「俺んとこ、東軍なんやけど…」と言いつつ 降伏を申し出た 事で、とりあえずは停戦となります。 濃州郡上図(名古屋市蓬左文庫蔵):郡上八幡城の縄張と周辺を描いた古図 徳川からのその後の指示を待つべく、慶隆は城外の愛宕山に敷いた本陣で一夜を過ごすのですが・・・ それを 「ふ~~ん」と見過ごすわけにいかないのが、城を落された貞通。 「あのアホンダラ!!」 とばかりに、 慌てて郡上八幡に戻って来ますが、上記のごとく、すでに城は落城状態・・・ かくして翌・9月3日早朝、今度は 貞通が慶隆がいた、その本陣を急襲するのです。 その朝は非常に霧が濃く、そのうえ、戦いは終わったと安心しきっていた 遠藤勢は、アッと言う間に総崩れとなり、慶隆はもはや逃げるしか無く、可重の軍と合流した後、翌・4日には、 一応の和議が結ばれ、遠藤&金森勢は郡上八幡から撤退となります。 ただし、一説には、この時の慶隆には油断などなく、戦いはかなりの激戦となって、その後も小競り合いが続いたという説もあります。 とにもかくにも、 この両者の事は、そのまま、本チャンでの関ヶ原に結果に影響されるのは致し方ない事で・・・ で、結局、本番の関ヶ原で東軍が勝利した事で、 慶隆は、もともと持っていた郡上八幡の本領を回復・・・ 一方の貞通は、 豊後 (ぶんご=大分県) 臼杵 (うすき)に 転封となりますが、郡上八幡が4万石だったのに対して臼杵は5万石・・・1万石の加増が、ギリギリのところで東軍に寝返った見返りといった感じなのかしらん?. 申し訳ありませんが、投降されましたコメント&トラックバックは、すぐには公開されません。 一旦、保留し、管理人が確認した後に公開します。 また、次のようなコメントやトラックバックは、公開しない、あるいは排除させていただく場合もありますので、ご了承下さい。 1、このブログの記事内容と 関係ないの内容のトラック バックやコメント。 2、リンクのみで、管理人様 ご本人の記事が見受けら れないサイトからのトラック バック。 3、特定のサイトやショップ等 への誘導・宣伝のみのコメ ント。 4、外国語のコメント(私は日 本語しかわかしません) 5、トラックバックを受け付け ていないサイトからのトラッ クバック。 6、「書き捨てまたは小さな 親切(誤変換や誤字脱字・ 数字の間違いなどの指摘) 以外での「捨てハン」= 「通りすがり」や「名無し」」 などの捨てる用のハンドル ネームや同一人物が投降 毎に別のハンドルネーム を名乗るなどの投稿は排 除させていただく場合が あります。 7、その他、見た人を不愉快 にさせる内容の物。 8、また、同一ブログの同一 記事を複数の記事にトラッ クバックされた場合は、 最初にいただいた物を優 先させていただきますので 一番関連があると思われ る記事にお願いします。 このブログを楽しく運営するためのルールですので、どうかご理解下さいませ。

次の

臼杵藩

稲葉 貞通 が 関ヶ原 の 戦い 後に 封じ られ た の は 豊後 国 臼杵 で ある か か

八幡城の戦い 〜稲葉貞通の関ヶ原〜 八幡城の戦い 〜稲葉貞通の関ヶ原〜 さて、今度は当時の郡上八幡城主・稲葉貞通の動きを追ってみます。 彼の留守中に旧領主遠藤慶隆が、金森勢とともに八幡城へ侵攻してきました。 急を聞いた彼は即座に軍を返し、八幡城救援に向かいます。 稲葉一族 稲葉一族は伊予守通富 通貞 に始まる。 彼は伊予国守護河野刑部大輔通教 通直 の六男で、故あって伊予を追われたが、美濃国守護土岐左京大夫成頼に遇された事が縁で、彼の妹を娶って稲葉姓に改姓し美濃に住み着いたと伝えられる。 「頑固一徹」で有名な西美濃三人衆の一人・稲葉一鉄良通は、この伊予守通富の長男備中守 初め右京亮 通則の六男、すなわち孫である。 この稿とは直接関係ないが、大永五 1525 年八月二日、美濃土岐氏に属していた稲葉通則父子一党は、美濃牧田の戦いにおいて近江の浅井亮政と大激戦を演じ、父子六人全てが討死という悲劇に遭っている。 このため六男の一鉄良通が家督を嗣いだのだが、わずか十一歳の時の出来事であったという。 写真はその牧田合戦の行われた場所 養老郡養老町 に建つ碑で、南宮山の南東麓、牧田川左岸の田園地帯にひっそりと建っている。 この稿の主人公で、美濃曾根城主から天正十六年に郡上八幡城主となった右京亮貞通は、この一鉄良通の二男である。 貞通は初め西軍に属し、岐阜城主織田秀信の命により石川貞清の守る犬山城救援に出陣、八幡城は末子の美濃中山城主・修理亮通孝にわずかの兵を与えて守らせていた。 これを聞きつけた元八幡城主で旧領奪回を切望していた東軍の遠藤慶隆は、千載一遇のチャンスとばかり、まず井伊直政・本多忠勝両将の許可を取り付け 後に家康の許可も得ている 、娘婿の高山城主金森可重の援助を得て八幡城攻めに踏み切ったのである。 写真は貞通の旧居城・美濃曾根城跡の華渓寺で、この裏手は として整備されている。 さて、遠藤慶隆の娘婿金森可重は法印長近の養子となっており、この時家康の会津征伐に従軍していた。 江戸で家康から慶隆の郡上八幡攻略への加勢を命じられた可重は、急ぎ飛騨高山へと戻り、途中で慶隆に使を送って侵攻経路を指示した。 すなわち可重は坂本口より、金森家臣池田図書は白川口より攻め込むので、慶隆は益田口から攻め込んで合流しようというものである。 八幡城の戦い 八月二十八日、慶隆は四百の兵を率いて佐見吉田を出陣、飛騨街道を田島へと向かった。 翌日金森勢と合流、途中口洞峠で稲葉勢の伏兵に銃撃を受けたが、進路を変えて城の南・阿久田 現郡上市八幡町安久田 へ到着した。 金森勢は可重隊が城の東・小野の滝山へ、池田隊は城の西にある五町山に登ってそれぞれ布陣、三方からの攻撃態勢を構築した。 そして九月一日、八幡城攻めが一斉に開始された。 一方、犬山城にいた貞通はと言えば、実はこの時点で知己の福島正則の勧めにより東軍に転じることを決めていたのである。 これを受けて福島正則は井伊直政と相談し、直政は慶隆宛に八幡城攻撃を中止するよう書状を発したが、慶隆は「もはや手はずも整っている上、貞通父子は今なお犬山城にいて向背の程が知れない」と拒否した。 これが八月三十日のことである。 子の通孝からの急使により慶隆らの侵攻を知らされた貞通は、驚きまた怒って急ぎ八幡城へと戻っていった。 写真は八幡城の天守閣で、前述「上ヶ根の戦い」にも八幡城の遠景のカットを入れたが、実に美しい城である。 さて、再び八幡城。 可重隊は激しい銃撃戦の末に二ノ丸を占拠、慶隆は一ノ門を突破して金森勢と合流、本丸を攻撃して城方の老臣林惣右衛門父子を生け捕った。 両軍は激闘を交えたが日が暮れたため寄せ手は一旦引き揚げ、降伏を勧告した。 翌二日、城内から笠を竿先に掲げた僧 安養寺の末寺福寿坊の僧という が慶隆の陣にやってきて、貞通がすでに東軍に属したことを告げて和平を申し込んだ。 慶隆はこれを受け入れ、人質を取った上で和議を結び、ひとまずこの日は赤谷山の愛宕に陣を移した。 しかし、戦いはこれで終わってはいなかった。 翌三日の未明、皆がまだ寝静まっている時刻に、貞通勢が目と鼻の先の所まで来ていたのである。 こちらは怒りに燃えて八幡城へと急行していた貞通だが、彼は強行軍を重ねて九月三日未明に八幡城下に到着した。 彼の近臣は攻撃をしないよう諫言したが、貞通はこれをはねつけてこう言ったそうである。 「たとえ款を送ったとしても、目前に敵を見て戦わないということは武名を汚す。 敵を討ち破って城を取り戻し、その上で和議を結んでも遅くはない」 さすがは一鉄良通の子、いやはや何ともすさまじい言葉である。 そしてその通りに事を運んでしまうのには恐れ入る。 貞通は慶隆の本陣愛宕を急襲した。 そんなことは夢にも知らない慶隆はこの急襲に慌て驚き、本陣は大混乱となった。 慶隆はかろうじて家中の勇士の活躍で逃れ、ほうほうの体で可重の陣へたどりついた。 一方の貞通は深追いはせず、意気揚々と八幡城に入城した。 そして翌九月四日、改めて和議の使が貞通から慶隆のもとへ遣わされ、ここに正式に和議が成立して両軍は兵を収めた。 慶隆はただちに兵を東濃上ヶ根へ向け、前述の「上ヶ根の戦い」の後半へとドラマは続く。 貞通は家康に初め西軍に加担して東軍の兵を殺傷したことを詫び、薙髪して謹慎した。 竹を割ったような性格できっちり自己の意地を通した彼は、家康から罰せられることもなく、程なく豊後臼杵五万石の主となる。 なんと、一万石の加増であった。

次の

稲葉一鉄(稲葉良通)とは 稲葉貞通 深芳野も 西美濃三人のひとり

稲葉 貞通 が 関ヶ原 の 戦い 後に 封じ られ た の は 豊後 国 臼杵 で ある か か

【藩名】 臼杵藩 【説明】 臼杵には豊臣秀吉の家臣「太田一吉」が6万5000石で入封していた。 慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で石田三成との関係上西軍に与したために、改易された。 その後、「稲葉貞通」が「関ヶ原の戦い」で西軍から東軍に寝返り関ヶ原の本戦にて武功を挙げたことで、美濃国郡上八幡4万石から臼杵5万石に加増移封された。 貞通は「斎藤道三」や「織田信長」に仕えた西美濃三人衆の一人「稲葉良通(一鉄)」の子である。 弘化元年(1844年)、臼杵藩では農民による狩猟を中心とした鉄砲組を編成し、農兵隊「川登鉄炮卒」が組織された。 幕末の動乱期では、土佐藩の「山内容堂」と縁戚にあったことから佐幕派の立場を貫き、隣藩の岡藩から尊皇攘夷運動の誘いをもちかけられたときも拒絶した。 慶応3年(1867年)10月、新政府が樹立され朝廷から上洛を命じられたがなかなか応じようとはせず、翌年の3月20日になってようやく上洛している。 豊後の諸藩の中では最も遅い上洛であった。 幕末では中立的立場をとった臼杵藩だが、明治2年(1869年)6月、豊後諸藩の中で最も早く「版籍奉還」を行い、最後の藩主「稲葉久通」は臼杵藩知事に任命された。 明治4年(1871年)の「廃藩置県」により臼杵県となり、その後、大分県に編入された。 【場所・アクセス・地図】 〒875-0041 大分県臼杵市臼杵丹生島•

次の