ホテル オークラ スコーン。 コストコ商品でホテルオークラのスコーン作りに挑戦♪おうちで手軽にホテルの味!

コストコ商品でホテルオークラのスコーン作りに挑戦♪おうちで手軽にホテルの味!

ホテル オークラ スコーン

皆さんはホテルオークラ東京のスコーンを食べたことはあるでしょうか? 僕は食べたことはありませんが、 ツイッターでレシピが公開されている情報を頂き、 1時間程度で作れるとの手軽さもポイントとなり、実際に再現してみたので作り方をシェアさせていただきます。 そして、コーヒー以外にこの HARIOのドリップスケールを活用できてなかった皆さんに朗報です! コーヒー豆の計量以外に お菓子作りにはこのスケールがとても役立つのでぜひ使用されている方はご活用ください。 普段コーヒーばかり淹れて奥様に呆れられてる旦那様はぜひこのスコーンで奥様の心とおなかを満たしてみようと試みてみるのはいかがでしょう。 では、公式サイトに掲載されている分量通りに作っていきたいと思います。 強力粉は「The Providore」で 、ベーキングパウダーと バター(エシレバターを使用)は 伊勢丹シンガポールで購入しました。 ちなみに日本のAmazon Japanで100gの無塩エシレバターを購入すると、 2000円近くもするようですが、伊勢丹シンガポールで買っても エシレバターは100gで$4.4(約330円)なので、 日本で買う6分の1くらいの値段で買えるのがありがたいです。 フランス産だけど、日本へのお土産にも喜ばれるかもしれません。 伊勢丹のWebサイトはこちら() 4.卵の黄身を牛乳でのばしたものを型に抜いた生地に塗り、180度のオーブンで25~30分焼いて出来上がりです。 塗り黄身は薄く、垂れない程度が良いとのことで表面に塗って、鉄板にベーキングシートを敷いてのせます。 こんな感じです。 オーブン使用前に電子レンジモードを使用していたので予熱準備はばっちりでした。 オーブンを180度に設定して25分放置しておくと それ(スコーン)っぽい感じで焼きあがりました。 焼き上がりの 側面が裂けるように浮き上がるのが理想とのことで何個かは理想の形に仕上げる事ができました。 そして、ホテルオークラのホームページに掲載されているように 3個のスコーンを白い皿に並べればインスタ映えもばっちりなスコーンの出来上がりです。 味はというと、エシレバターをたっぷり使って分量通りに作ったおかげか、 家族からも大絶賛の味に仕上がりました。 いつも正直な感想をくれるヘルパーさんからも 「味はGoodだけど、水一緒に飲む必要あるね」って正直な感想をいただきました。 個人的にはエシレバターと合わせたせいなのか、Alvasのヨーグルトの酸味が強く出すぎている印象が強かったので、次回はもう少し個性の少ないプレーンヨーグルトで試してみようと思ってます。 ぜひ、みなさんもこの自宅待機期間にホテルオークラ東京流のスコーンレシピを試してみるのはいかがでしょうか? 最後まで読んで頂きありがとうございます。 ブログ村のブログランキングに参加しています。 応援のポチを押して頂ければ嬉しいのでよろしくお願いします。

次の

コストコ商品でホテルオークラのスコーン作りに挑戦♪おうちで手軽にホテルの味!

ホテル オークラ スコーン

こんにちは、ホテルの朝食ビュッフェでは、浮かれてお腹いっぱい食べがちなヨムーノ編集部です。 最近、「おうち外食」を楽しもうと、お取り寄せやテイクアウトを利用したり、レシピをもとに、名店の味を自分で再現する方が増えているんです。 先日、ヨムーノで洋食屋つばめグリルさんのハンバーグ再現レシピを紹介したところ、多くの反響がありました。 今回はおうちにある材料で作ることができる、おすすめレシピを3選紹介します。 てまひまをかけてふわふわに焼き上げたオークラ伝統の味です。 材料 4人前 卵... 6個 牛乳... 370cc 砂糖... 62g バニラエッセンス... 少々 食パン(厚切り、約4cm)... 4切れ(耳なし) バター... 少々 サラダオイル... 少々 作り方• 卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせたものに、食パンを両面丸一日ひたします。 (片面約12時間)• お好みでメープルシロップ、またはジャムを添えてできあがりです。 シェフのワンポイントアドバイス たっぷりめの卵、牛乳のつけ汁にじっくりひたします。 弱火でじっくり時間をかけて、中身をふくらませるように焼きましょう。 再現レシピ「クリームブリュレ」 表面がパリッと、中はとろんっ。 材料はシンプルなものでできます。 材料 1人前 約90cc 卵黄... 50g 砂糖... 50g 牛乳... 100cc 生クリーム... 250cc バニラ棒... 1本 グラニュー糖... 適宜 作り方• 卵黄と砂糖をよく混ぜ合わせ、温めた牛乳、生クリーム、バニラ棒を混ぜ合わせます。 全体がよく合わさったところで裏ごしし、1人用の型に入れて、150度のオーブンで15~20分焼きます。 再現レシピ「スコーン」 ほっと一息つきたい時に、紅茶と一緒にスコーンはいかがでしょうか。 こちらのレシピでは、一度に10人分作れます。 材料 10人前 強力粉... 280g ベーキングパウダー... 大さじ1 バター... 165g 砂糖... 28g ヨーグルト... 83g 塩... ひとつまみ 卵... 少々 卵黄... 強力粉、ベーキングパウダーに柔らかくしたバターを加え、手で混ぜ合わせます。 5cmの厚さにのばし、型で抜きます。 卵の黄身を牛乳でのばしたものを型に抜いた生地に塗り、180度のオーブンで25~30分焼いて出来上がりです。 シェフのワンポイントアドバイス• 強力粉とベーキングパウダーはあらかじめふるいに掛けて、少し大きめのボウルに入れ、耳たぶほどの柔らかさのバターを加えて、利き手で時折り揉むように混ぜ合わせます。 多少混ざり切らなくても次の工程で再度混ぜ合わせますので、大丈夫です。 生地を一旦、冷蔵庫にて20分ほど休ませて、扱いやすくなってからおおよそ2. 5㎝厚に平らに伸ばします。 次に直径5cm位の丸い抜型で抜き揃えて、鉄板にベーキングシートを敷いてのせ、塗り黄身を塗り、焼成します。 塗り黄身は薄く、垂れない程度が良いです。 火力が上下調整できる場合は、下火を強めに浮き上がらせるように焼きます。 焼き上がりの側面が裂けるように浮き上がるのが理想です。 Q:バターは有塩でも構いませんか? A:無塩をお使いください。 有塩バターは塩分含有量が多く、無塩とは仕上がりの味が大きく異なります。 配合中の塩はあくまで生地の味わいを引き締める効果で、塩味の為に入れているものではございません。 Q:ヨーグルトはプレーンタイプですか? A:プレーンヨーグルトが望ましいですが、加糖タイプしかない場合はそれでも構いません。 その場合でも、配合の砂糖の分量は減らさない方が良いです。 Q:ベーキングパウダーの代わりに重曹を使えますか? A:重曹に置き換えますと苦みが出てしまいます。 また作用も異なる為、ベーキングパウダーをご使用ください。 Q:強力粉の代わりに薄力粉で代用できますか? A:薄力粉でも、中力粉でも代用可能です。 ただし、生地の出来上がりや食感は変わります。 これらの粉を代用した場合も、作り方に大きな変更はありません。 おうち時間はオークラのデザートと共にゆっくり過ごそう 今回は、ホテルオークラ東京の「シェフのこだわりレシピ」を3選紹介しました。 ぜひレシピをもとに再現し、おうちでゆっくり味わってみるのはいかがでしょうか。

次の

オークラ特製フレンチトースト

ホテル オークラ スコーン

こんにちは、ホテルの朝食ビュッフェでは、浮かれてお腹いっぱい食べがちなヨムーノ編集部です。 最近、「おうち外食」を楽しもうと、お取り寄せやテイクアウトを利用したり、レシピをもとに、名店の味を自分で再現する方が増えているんです。 先日、ヨムーノで洋食屋つばめグリルさんのハンバーグ再現レシピを紹介したところ、多くの反響がありました。 今回はおうちにある材料で作ることができる、おすすめレシピを3選紹介します。 てまひまをかけてふわふわに焼き上げたオークラ伝統の味です。 材料 4人前 卵... 6個 牛乳... 370cc 砂糖... 62g バニラエッセンス... 少々 食パン(厚切り、約4cm)... 4切れ(耳なし) バター... 少々 サラダオイル... 少々 作り方• 卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせたものに、食パンを両面丸一日ひたします。 (片面約12時間)• お好みでメープルシロップ、またはジャムを添えてできあがりです。 シェフのワンポイントアドバイス たっぷりめの卵、牛乳のつけ汁にじっくりひたします。 弱火でじっくり時間をかけて、中身をふくらませるように焼きましょう。 再現レシピ「クリームブリュレ」 表面がパリッと、中はとろんっ。 材料はシンプルなものでできます。 材料 1人前 約90cc 卵黄... 50g 砂糖... 50g 牛乳... 100cc 生クリーム... 250cc バニラ棒... 1本 グラニュー糖... 適宜 作り方• 卵黄と砂糖をよく混ぜ合わせ、温めた牛乳、生クリーム、バニラ棒を混ぜ合わせます。 全体がよく合わさったところで裏ごしし、1人用の型に入れて、150度のオーブンで15~20分焼きます。 再現レシピ「スコーン」 ほっと一息つきたい時に、紅茶と一緒にスコーンはいかがでしょうか。 こちらのレシピでは、一度に10人分作れます。 材料 10人前 強力粉... 280g ベーキングパウダー... 大さじ1 バター... 165g 砂糖... 28g ヨーグルト... 83g 塩... ひとつまみ 卵... 少々 卵黄... 強力粉、ベーキングパウダーに柔らかくしたバターを加え、手で混ぜ合わせます。 5cmの厚さにのばし、型で抜きます。 卵の黄身を牛乳でのばしたものを型に抜いた生地に塗り、180度のオーブンで25~30分焼いて出来上がりです。 シェフのワンポイントアドバイス• 強力粉とベーキングパウダーはあらかじめふるいに掛けて、少し大きめのボウルに入れ、耳たぶほどの柔らかさのバターを加えて、利き手で時折り揉むように混ぜ合わせます。 多少混ざり切らなくても次の工程で再度混ぜ合わせますので、大丈夫です。 生地を一旦、冷蔵庫にて20分ほど休ませて、扱いやすくなってからおおよそ2. 5㎝厚に平らに伸ばします。 次に直径5cm位の丸い抜型で抜き揃えて、鉄板にベーキングシートを敷いてのせ、塗り黄身を塗り、焼成します。 塗り黄身は薄く、垂れない程度が良いです。 火力が上下調整できる場合は、下火を強めに浮き上がらせるように焼きます。 焼き上がりの側面が裂けるように浮き上がるのが理想です。 Q:バターは有塩でも構いませんか? A:無塩をお使いください。 有塩バターは塩分含有量が多く、無塩とは仕上がりの味が大きく異なります。 配合中の塩はあくまで生地の味わいを引き締める効果で、塩味の為に入れているものではございません。 Q:ヨーグルトはプレーンタイプですか? A:プレーンヨーグルトが望ましいですが、加糖タイプしかない場合はそれでも構いません。 その場合でも、配合の砂糖の分量は減らさない方が良いです。 Q:ベーキングパウダーの代わりに重曹を使えますか? A:重曹に置き換えますと苦みが出てしまいます。 また作用も異なる為、ベーキングパウダーをご使用ください。 Q:強力粉の代わりに薄力粉で代用できますか? A:薄力粉でも、中力粉でも代用可能です。 ただし、生地の出来上がりや食感は変わります。 これらの粉を代用した場合も、作り方に大きな変更はありません。 おうち時間はオークラのデザートと共にゆっくり過ごそう 今回は、ホテルオークラ東京の「シェフのこだわりレシピ」を3選紹介しました。 ぜひレシピをもとに再現し、おうちでゆっくり味わってみるのはいかがでしょうか。

次の