きつね ゆっくり 素材。 【違いと役割】AviUtl・nicotalk・ゆっくりムービーメーカー・キャラ素材スクリプト

キャラ素材が表示されない

きつね ゆっくり 素材

ゆっくり霊夢素材使用禁止騒動とは、内で配布されているの使用規約から端を発した騒動である。 本件は 氏がコモンズで配布していた及びで配布されているを使用する際は『の版権を利用する際のに従う』という条件を満たしたののみ許諾という結論に至った。 ご注意下さい。 騒動の時系列 (()発祥やの化を行った氏の経緯等は) ニコニ・コモンズで黒子氏が まそ氏のイラストを元にしたゆっくり霊夢を素材として配布の開始 、の化を行っていた氏の(本記事冒頭の)を元に氏が上にの土台と差分4種を作成し、で配布が開始された。 の許諾範囲の設定は、氏が作成した本記事冒頭の表情を元にしてした差分は外利用禁止、営利利用禁止に設定された。 元となった氏のと氏のを化した土台は外利用可、営利に設定され、作品宣言が行われていた。 (ただし、は当時から利用範囲設定が変更されており、からとなっている) (同じくの宣言も当初はがなかった上、設定をにかえることができるため、いつ設定されたものなのかは不明) ただし、後日に判明することだが、氏がで配布を開始したは氏の許諾を得ずに変、配布が行われていた。 (範囲は内限定、営利不可) nicotalkでコモンズで投稿されていた黒子氏のゆっくり霊夢を元にしたゆっくり霊夢アニメーション素材を開始 から開されている補助『』(現、以後の記述はとする)にて氏の許諾を得た上で同氏のしたを元にの元となるを、配布が開始された。 それに伴い、そので配布されていたの「商業的利用」「以外での利用」が氏がでしたに設定されている規約と同一化し、以外での利用が不可になるなどの変更が為された。 の開発を行っているズーズ氏はもちろん、氏のでもが行われた。 頭に矢の人の動画投稿、騒動に発展 にを利用していた、が「変更について」のをされた。 しかし、では説明が行われていたものので『氏が作成した差分のことではなく「」そのものの話』と誤解されたり、『上の規約も変更された』と誤解するなど事態をできてない人が続出、事態は思わぬ展開に発展してしまう。 これをきっかけに事態を理解していない人物からの行為が立ち始める。 誤解を招くまとめサイトや動画等が公開、騒動はさらに悪化 規約制付近から発生していた氏や関係な者や者へのが飛び交う中、(事態をしているものもあったが、氏の行動を非難する等)がされ始め、関係者への行為はもちろんのこと、のにも騒動にわるがされはじめる。 外でもが『』というに誤解を招くの記事がする、が立てられるなどさらに事態は悪化の一途を辿る。 黒子氏が投稿していたニコニ・コモンズ上の「ゆっくり霊夢」等の素材削除 (正確には4日)、氏が自身のにて関係者に迷惑をかけてしまったと謝罪を行い、 「」「」「」とにした。 これと同時に コモンズで配布されていた氏の作成したはされた。 頭に矢の人のニコニコ動画引退表明、翌日撤回 の、が事態をし、氏にが行われる。 翌日、1日にしたを、新たにしたで上の活動の停止を発表した。 ただし同日に、上での表明したをが行われ、翌日に関係者との相談の結果、がし、でも謝罪が行われた。 nicotalk内のゆっくり霊夢他2種の利用範囲の決定、解決 、のの元となったを描かれた氏から 『の版権を利用する際のに従うこと』を条件に配布を行うことがされる(これに伴い同氏のを元にした及びも同様の利用規約に変更)。 上記の報告と同時に、の両氏が上にて謝罪を行った。 なお、下記補足でも触れているが、と発表された。 結果としては・・にて営利的でない場合に限り利用可となった。 今回の騒動について 今回の騒動は確かに氏の元絵の者への許諾の遅れが引き起こした問題ではある。 しかし、「触りだけみて勘違いをする」「偏った知識で構成された意見しか見ない」など部外者による知識と配慮に欠けた行動が大きく立った。 があったにせよなかったにせよ、そのことが肥大化した結果、誤解が満し、様々な場所でや騒ぎが勃発した。 関係者はもちろんのこと、今回の件とは関係な者に対するいわれなきが立ったのも事態への理解の甘さが招いたことである。 補足 この問題が発生した際に以下の誤解や決めつけが生まれた。 をたくない人は下線の引いてある部分だけでも読んでほしい。 は氏がした? 大元となるをしたのは氏 と呼ばれるを氏が作り、多くのねらにより変が施される。 それらのを変して作ったのがでこれらの変の者は不明。 (ただし、への書き込みであるため、上記についてはと言う方が正しい。 ) さらにそのをにしたのは氏。 そのを元に表情差分を作っていたのが氏になる。 で使用されている音もだめ? 今回の問題に音は一切関係ない。 そもそもこの音が使われるようになったのはでのにやが使われるようになったことが始まりでがきっかけでこの音そのものには関係ない。 氏が権利をした?は氏が持っている? 氏は「」としている。 ははがもち、そこから発展した著作物で各段階の者も同時に権利を持つ。 の元となった()は?が帰属するとがいる。 なので、 氏()、氏()、にいたか()、氏()、氏(差分)の共同著作物という前提に立ち、各段階が放棄、権利非、権利不保持であるという考え方になると思われる。 しかし、権利をしないというのと、権利放棄とは別物である。 (のま問題は表示をつけたことによる問題であり、使用範囲などの規約の話は氏の差分(的物)だけのことであり、かつ権利を持っていないと氏はしているので、当問題とは異なる。 )ただし、各種使用権、再許諾権だけ譲渡をするか、された著作物の権利をまるまる譲渡し、に残らないのかというのはまた別の話である。 で有っても、そもそも、がされた時期はの譲渡の書きこみ規約が登場する以前の話であり、に譲渡されての権利が残らない譲渡をめられたという事は成り立たない。 また、対価もしに原各の権利を剥奪するのは「 暴利行為として、取引において 相互に交換価値のやや等しい給付をすることから 著しくかけ離れた取引」に当てはまる可性があり、効である可性がある。 よって、外の各の許諾範囲に従っている限り、これまたは関係ない。 氏、にいたかの2者の許諾をえる許諾をがし得るが、この2者はほぼ権利非なのでは関係ない。 頃にについて、の権利を譲渡を受けたとい• 氏はを利用し稼いでいた? 氏は『』と宣言している。 登録の拠として『を作ること』や『表明をする』などが上げられるが、実際はを作ったり表明をするだけではに登録はされない。 (そもそもは登録の有を問わず最初からされている。 ) に登録するためには、『を作ること』はもちろん『ツリーを作った後にの登録の申請を行うこと』が必要事項となっている。 なお、。 供手当てはと説明されている。 () 今回の件のように他者の権利を侵する疑いのあるものの登録がある可性も否めないので登録のをする意見もあるが『』と明記されている。 なお、氏がコモンズにしたのはでやが開始されたのは。 第三者がの登録を確認出来ないため開始時からまでの間に登録されたかの有を確認することはできないが、氏が銭を的にを開始したというのはがなかったことを理由にであることは間違いないと思われる。 氏の作った差分の元となった氏のは利用可? 7日の規約変更以前は氏の判断のもと制限が設けられた上で配布が行われていたが、規約変更以後はに氏がしていたはで配布されている同氏の差分及び氏のが元となったと同様の規約となった。 氏から許諾(含む)を得て配布されたものもあるので、そちらのを利用する場合は『氏からの許諾を得て配布されたものを使った』ことになる。 (許諾を得ず、で配布されているものもあります。 利用の際はご注意下さい。 ) 非常にややこしいかもしれないが、配布者自らが報告するかしないかは泥の差なので、 よく分からないのであればコモンズ上のものであればに『を得て配布している』とかかれているもの、される、氏がにコモンズ上で配布していた、氏に直接許諾を得る、氏のとは関係のないを使う、以上のどれかにすることが望ましい。 なお、ここまでの補足でも触れられているが、氏のは及び営利利用が禁止されているので氏のから許諾を得ずに利用するまたは配布するのは論外である。 ちなみに、こちらも他の補足で触れているが氏の作品も的著作物に該当するので各段階の氏がをめた場合はもしなければならない(しなかった場合や訴えられた場合は罪に問われる可性もある)。 別のも利用禁止? 今回の話は氏がししたの話で、氏とは関係の別の者がしたや以外のは を守れば使用することはできる(配布者が配布終了した場合は除く)。 なお、本件は事解決し、それに伴い氏のを元に作られたで配布されている(のみ配布されていた)をさらにとして上で配布されていると、そしての用、及びで氏が配布していると、その他氏に許諾を得て配布されているものは規約さえ守れば使用することができる。 は氏や関係者に依頼されて(1日の)をした? はで「」「」と発言している。 後にが「」と返答している。 よく分からんから産業でまとめろ• いろいろ誤解が重なり問題が広がっていったけど• いろいろな人がいろいろ頑った結果• 何も変わらない日々に戻った(大体今までどおり)• 今回頑ってくれた人達 関連動画 関連項目•

次の

キャラ素材が表示されない

きつね ゆっくり 素材

Contents• ゲーム実況をやれという電波を受信する ゲーム特化型のブログという、一瞬あまりない気がするけど腐るほどあるブログ。 なにか余所様と違ったことはできんものだろうか?と考えた結果、 ゲーム実況と攻略ブログを両方運営している人っていないな!という結論に達してしまいました。 本当はゲーム実況で普通に声を入れたかったのです。 編集もラクそうだし。 でも私イケボイスじゃねーですし。 ボキャブラリーも貧しいですし。 そもそも人と話す能力が欠けているからこんな有り様ですしおすし! あ、後は口内炎が非常に出来やすい。 体感では年の半分くらい口内炎があり、喋るのに支障がでるレベルで痛い時が累計で一ヶ月位。 それにゲーム実況というとゆっくりボイスの印象が強いです。 どう考えてもニコニコ動画の影響ですね。 ゲーム実況は既に有名人、例えば有野課長とか、イケボイスでないとやってはいけない領域だと思い込んでいます。 ただゲーム実況者も多いくなりました。 どの分野でもそうですが、後進は何かしらのウリといいますか特徴がないと厳しいものがあります。 ゲーム実況の状況を見ると後期高齢者のゲーム実況とかうける気がする。 テレビでゲーマーのおじいちゃんが特集されていたけど、やっているソフトがDARK SOULS IIIとかで、ボケ防止とかそんな甘っちょろいことじゃクリアできないゲームばかりでした。 このじいちゃん実況やったら絶対見るぞ。 ですが私自身にそんな特徴はないためどうせならと思い、 オリジナルのゆっくり饅頭の作成を依頼しました。 2016年9月30日時点では納品待ちです。 10月中旬くらいにはきてくれると思う。 2017年2月4日追記 それが悲劇のというか珍道中の始まりでした。 依頼した当時はきつねゆっくり素材作成の依頼( )が停止している状態だったので、独力で探したのですが大変なことになりました。 オリジナルのゆっくり素材を依頼するが失敗!! 依頼しました。 制作にだいたい一ヶ月くらいかかるようです。 依頼料は・・・・・・公開していいのか? わからんので伏せますが、数万とかそういう額ではありません。 そして作成して貰ったのがこちら。 そして色違いのキャラも用意してもらい、それをオリジナルキャラクター、hepoとpokoとしてゲーム実況を始めようと企んでいたのですが、 動きませんでした。 hepoの方は動くのですが、pokoの方が動きませんでした。 原因は不明。 完全に無駄金です。 本当にありがとうございました。 その結果がどうなったかというと、 表情差分もない一枚絵と段ボールでゆっくり実況を始めることになりました。 今になって思う。 正気の沙汰じゃない。 これが当時使用していたpokoの画像。 マジでこれで動画を作成していたとかもうね。 どうしろと? ゲームプレイ動画はいいけど撮影したりするのに機材が必要なのか調べた結果、PS4なら全く必要ないことがわかりました。 保証期間が切れたと思ったらすぐにぶっ壊れやがる軟弱なSONYのくせに生意気な。 ですが、ゲーム実況に関しては本当に優秀です。 SHAREボタンを2回連続で押せば録画開始、撮影時間は最長1時間。 アカウントを連携させればYouTubeやTwitterなどにすぐに生配信可能。 さらにPS4アプリに動画編集ソフトがあり、簡単な編集ならPS4だけで出来てしまう。 hepoがイケボイスなら面倒なゆっくりボイスの編集なんかいらなかったんや。 なんでや! ゲーム実況で面倒な著作権問題も、配信を前提にゲームが作られているという合意があるため解決しています。 ゲーム会社側も配信制限をかけることができるため、録画可能な部分はどしどし配信して大丈夫です。 PS4優秀すぎる。 基本方針としては、 PS4に全力で依存する。 PCゲーム? DSゲームの撮影? やらんな。 ゲーム実況するのにかかるお金 どういうゲームを実況するのかによりますが、説明した通りPS4ならキャプチャーボードは不要です。 そうなると必要なのはマイクなのですが、私の場合はゆっくり実況なのでそれも不要。 ゲーム実況におすすめのマイク 一応調べたのですが定番はこの2つ。 私はこれを購入しました。 外付けHDDは別にあったのですが、FAT32形式ではなかったので使えませんでした。 ・・・・・・というかなんでFAT32形式なんだろう? まぁいいけど。 データーをパソコンに移すために使うだけなので少し大きめのUSBにしました。 それ以外に理由はありません。 人によりけりだけどゲーム実況はかなり安くすむ 何のゲームを実況するか、またどの程度動画を編集するかによりますが、最低PS4だけあればなんとかなります。 私の場合はゆっくり実況なのでPCも必要ですが、別にゲーム実況のために買ったわけではないので勘定にいれなくていいですよね? 今のところ機材としてはUSBのみ購入なので2,000円もあれば始められるようです。 マイクを買うとしてもやはり数千円で購入できるのでかなり安いですね。 ただしキャプチャーボードは除く。 ゆっくり実況をするために参考にしたサイト一覧• これを一読すれば大丈夫、な筈。 というか私も知りたい。 皆どうやって編集しているんだろう? へっぽこの編集方法 とりあえず現時点(2017年2月4日)での編集方法を書いておきます。 エンコード 動画素材を作る理由はゆっくりMovieMakerでカット編集すると、読み込みに時間がかかるから。 ハイスペックだとそういうことにならないのだろうか? ゆっくり実況素材サイト• ニコニ・コモンズの素材「コモンズ対応サイトのみ使用可能」となっているものはYouTubeでは使えない。 ・・・・・・はず。 なんか見ているとこれ使っちゃ駄目じゃね?という素材が使われていたりする。 ゲーム実況と著作権• 【まとめ】動画に第三者が作った曲をつけてアップできる確認ポイント 1. 音源の権利者(レコード会社)から使用許諾を得ている 2. JASRACが管理している楽曲を利用している 3. YoutubeなどJASRACと包括的契約を結んでいる動画投稿サイトに投稿する 4. 非広告目的の動画である 5. 個人利用である 6. 外部サイトへの埋め込み目的ではなく、動画投稿サイトへの動画をアップが目的である これらを全て満たしていれば、 「JASRACへの手続きや使用料支払いの必要なく利用が可能」ということである。 著作権関係はかなり難しいです。 難しいといいますか、厳密に言えばグレーなんだけど黙認状態だし、規制するにも加減を間違えれば同人誌とか二次創作全て崩壊するし、youtubeに投稿されている動画が壊滅状態になりかねません。 なので露骨な著作権侵害でない限り、パロディネタ程度であれば恐らく大丈夫ではないか?というのが今時点での私の答えです。 黙認されているから大丈夫ではないか?というかなり怪しい答えになってしまうのですが、一応根拠と言いますか、理由はあります。 かなり苦しいですが。 それは です。 実況内でアニメの映像と音声・BGMなどが使用されていたので、厳密に言えば著作権侵害にあたるよなと思いyoutubeの反応を見るためにも申請しようとしました。 著作権の侵害は親告罪であり、告訴がなければ公訴を提起できません。 ・・・・・・何を言っているかわかりづらいのですが、要するに 著作権を持っている人間でないと著作権侵害を訴えることができないということです。 これが非親告罪になると摘発が容易になります。 ・・・・・・たぶんそうなると日本のコンテンツ産業はだいぶヤバいことになると思いますが。 とにかく現時点では著作権者でなければ侵害を訴えることができないので、 著作権侵害の訴えはかなりハードルが高いということです。 権利者としても不当に貶めているならともかく、創作するほどの情熱をもったファンを訴えるのは難しいと思います。 というものがあります。 これは『一定の条件を満たしていれば、著作権所有者から許可を得なくても、著作物を再利用できることを示した法原理』です。 ここでゲーム実況を始める人間が注目すべきは3と4です。 著作権で保護されているその作品全体に対する利用部分の比率 4. 著作物の潜在的市場または価値に対する使用の影響 引用するコンテンツがこく一部で、オリジナル作品の利益を損なわなければそうそう問題にはなりません。 ・・・・・・多分。 いや、だって法律ってそういうものじゃないですか!? 私だって断言したいですよ! でもなんかこう、フワッとするしかないじゃないですか! アフィリエイトの規約とかもそうだけど、厳密に言えばOUTだけで慣習的にセーフじゃね?という事例が多すぎるよ! やだー! と、とにかく私、へっぽことしてはですね。 既にYouTubeで人気のゆっくり実況を分析して、フェアユースであるでだろう線引きを見極めていこうと思います。 ゲーム実況参考資料まとめ 収益受け取りの「対象にならない」コンテンツの例• iTunes で購入した、またはテレビから録音した音楽を動画で使っている。 他人が作成したコンテンツを集めて編集した。 ショックや不快感を与えることを目的とした暴力やヌードをコンテンツに含めている。 google. ただ実際に稼げるのだろか? 収益は1PVあたり0. 1円と言われていましたが減少しているようで、今は0. 05円程度のようです。 収益報告している人の中には0. 01円だったという方も。 実際どの程度なのかわかりませんが、ゲームソフト代の足しになればよいです。 有名ゲーム実況者になるには。 再生数を伸ばすには。 参考になる・・・・・・かな? ブログのアクセス数伸ばす的な内容なので効果あるのかどうか素人には判断できません。 とりあえずブログと併用して長期間運用していくつもりなので気長にやります。 ・・・・・・別記事でまとめなおしました。 ブログもそうですがまず最初にどうやって知ってもらうかが難しい。 最初が一番難易度高いです。 コンセプトの決め方は 誰が何をどうプレイするか。 何をはStep1の人気ゲームとかゲームのチョイスなのであまり深く考えなくてもいいと思います。 勿論ここで特徴を出すこともできます。 レトロゲー実況とかクソゲー実況とかがそうですね。 私の場合は、 理屈倒れのへっぽこゲーマーが人気ゲームを理屈は正しいが実践できていないへっぽこプレイする。 となります。 ・・・・・・人気でるのか? そうそう。 この理屈倒れというのは銀河英雄伝説ネタです。 さらに有効な攻略方法があります。 サムネイル・タイトルにこだわる このあたりもブログと一緒にタイトルとサムネイルにこだわる。 サムネイルだけで結構釣れるらしい。 これをエロサムネ問題という。 ・・・・・・使えるな。 意外だったのがチャンネル名はそこまで拘っている人は少ない。 チャンネル名=アカウント名・著者名という認識なのかも。 再生リストに名前付ければそれで十分という考えなのかな? 少なくともゆっくり実況やっている人はみなアカウント名だった。

次の

キャラ素材が表示されない

きつね ゆっくり 素材

ゆっくりMovieMaker側の設定を見直す キャラ素材をゆっくりMovieMakerで使用するために、キャラ素材を保存しているフォルダ等をゆっくりMovieMakerに設定する必要があります。 詳しい設定方法に関しては「」をご覧ください。 キャラ素材専用タイムラインにベースアイテムを追加する ゆっくりMovieMaker3ではソフト側の設定とは別に、キャラ素材専用タイムラインにベースアイテムを追加する必要があります。 キャラ素材ベースアイテムの追加方法に関しては「」をご覧ください。 aviutl. exeの項目に、aviutl. exeのパスが正常に設定されているかどうか• キャラ素材フォルダの項目が、正常に設定されているかどうか• キャラ素材. anmが存在する場合は上書きしない の項目のチェックが外れているかどうか(チェックしている場合は外す) を確認してください。 AviUtlの「最大画像サイズ」を大きくする 画面に点線で丸が描画されるが、キャラ素材が表示されない場合、AviUtlの「最大画像サイズ」が小さすぎることが原因の可能性があります。 シークバーを動かしてみる プロジェクトロード直後はキャラ素材が表示されないことがあります。 キャラ素材の設定に問題がない場合、シークバーを動かしてプレビューを更新するとキャラ素材が表示されます。 ゆっくりボイスを追加してみる セリフを持たないキャラクターのキャラ素材は表示されません。 タイムラインに何かしらのセリフor表情アイテムを追加してください。 上記以外の場所にフォルダを移動し、再度ゆっくりMovieMaker側にパスを設定し、exo出力して下さい。

次の