アドセンス 月10万。 アドセンスで月10万円を稼ぐまでの期間や作業時間はどのくらい?

アドセンスで月10万円稼ぐには覚悟、素直さ、行動力が必要な理由|アフィリーマン

アドセンス 月10万

今回はアドセンスで全く稼げていない人向けに 月5万円稼ぐために知っておきたいノウハウをまとめました! 当サイトはアドセンスの掲載をしばらく前にやめましたが、前は 月収15万円ほどをGoogleアドセンスで稼いでいました。 アフィリエイト収益全体だと 月に400万前後を稼いでいます。 (ちなみに収益は以下の記事で公開しています) 今回は アドセンスで稼ぐためのノウハウをまとめてみたので、ブログでちょっとしたお小遣いが欲しい!という人はぜひ参考にしてみてください。 ちなみに アドセンス関連のノウハウは以下でもまとめています。 1)まずはCTR・CPCを知ること まずは、以下の単位を頭に入れちゃいましょう。 つまり、 毎日1000PV稼げれば1ヶ月9000円になる計算ですね。 サイトテーマによってクリック単価は大きく変わるので、CPCの上げ方については以下の記事も併せてお読み下さいませ。 まずは 月いくら稼ぐのか・どれくらいのPVが必要なのか、どれくらいの記事を増やしたらいいのかをしっかりとアクセス解析を見ながら考えてみましょう。 2)広告に完全マッチしたページは効果的! ウェブサイトをしばらく運営していると 「いつもこの種類の広告が表示されるな」という広告があるはずです。 広告内容とコンテンツが完全にマッチすると、 クリック率を飛躍的に上げることが可能です。 自分のサイトでよく見る広告があるのならば 広告に合わせたページを作成することで、ロングテールと同時にクリック率を上げることも可能です。 この3つはGoogleAdsecseの主力のバナーなので、なるべくはこの3つを使っておいた方がいいでしょう。 4)バナーの背景色はブログデザインに合わせる バナーの背景色と サイトの背景色はなるべくなら同系統にすべきです。 同色にすることによってバナーが浮かず、クリックしてくれるユーザーを少しだけ増やすことが可能です。 5)記事の間にうまく掲載してクリック率を上げること。 記事中にうまくアドセンスを入れることで、クリック率を少しだけ上げることができます。 ただし、あまり露骨にやりすぎるとユーザービリティが落ちるので注意。 ちなみに クリック率の上げ方は以下の記事でもまとめているので参考まで。 6)しっかりと成果の解析をする。 ウェブサイトによってどんな広告タイプが成果を上げるのかは分かりません。 2週間単位で考えて広告デザインを変更したり、広告位置を変えて 最も平均クリック数の高い配置にすることが大事です。 7)ロングテールか、単発アクセスを稼ぐのか。 たくさん記事が作れるジャンルを狙って、ロングテール記事(長い文章のコンテンツ)を作り、 1日5000円を稼ぐサイトを1個作りたいのか。 ライバルのいないニッチなジャンルを狙って、 1日500円を稼ぐサイトを10個作りたいのかを考えましょう。 一番よくないのは 検索数の少ない浅いキーワードにこだわって、長い時間をかけて記事数を増やす作業です。 8)チャネル設定は大事! チャネル設定を全ページにして収益をしっかり解析しましょう。 もし、クリック単価・クリック率の高いページがあるのであれば、そのページに誘導するだけでも成果を大きく向上させられます。 特に PV数が大きなサイトはこれだけで成果額がかなり上がることも多いですよ。 9)テキストリンクの色は青にすべき。 GoogleAdsecseではリンク色やデザインカラーを変更できますが、基本色である青にしておいた方が統計的にクリック率は上がるそうです。 「リンクが青色=クリックできる」のは誰にでも分かりやすいですし、基本的にクリックしてくれるユーザーレベルに合わせたカラーにするべきです。 ただし、ウェブサイト全体のリンク色を変えている場合は、自分のサイトと同じ色にした方がクリック率が上がる場合も多いです。 10)最もクリックされる所に掲載しよう。 基本的には左上から右下にかけて、広告の注目度は落ちていくようになっています。 効果の高いアドセンスの掲載位置として 記事前・記事の間・記事直下がオススメです。 11)フォントサイズは合わせること。 ブログとアドセンスのフォントサイズはなるべく同じにしましょう。 これだけでも 広告感を弱くすることができるので、無駄なクリック率の低下を防ぐことができます。 12)玄人向けのサイトの場合は広告を目立たせてもOK。 サイトの利用者がほとんどリピーターの場合や、ターゲットがパソコンにかなり詳しい場合は、逆に広告を目立たせた方がクリック率が上がります。 慣れている人はデフォルト色の広告は目に入りにくいので、しっかりと惹きつけて誘導した方が効果が高くなるでしょう。 13)ダメそうな広告はフィルタリングしよう。 中にはブログ内容に合わないような広告や サイトイメージを下げるような広告が表示されることもあります。 そんな時はブロックオプションから 広告をブロックするのも大事です。 14)アドセンス狩り・アボセンス対策をしよう。 勝手に自分のアドセンスタグを使って掲示板などに貼り付けられたりすると、規約違反として アドセンスを停止させられるなどの危険もあります。 そのため 「許可サイト」を自分のサイトだけに設定して 掲示板や他のサイトに掲載されないようにしておいた方がいいでしょう。 アドセンス狩りされないための対策法は以下でもまとめているのでぜひ。

次の

【完全版】アドセンス広告の貼る位置|月10万円達成した僕が教えます

アドセンス 月10万

もくじ• 月3万を達成 1日に平均1000円稼ぐために まず3万を稼いで基礎を身に着けていくことになります。 月に何十万と稼いでいる人たちでも、最初は3万円突破を目標に取り組んでます。 月に3万円をクリアするということは1日あたり1000円稼ぐことを意味します。 アドセンスの特性上、安定的に1日1000円稼げるサイトもあれば、1週間まったく収益0円が続き、ある日1日1万を超えて、また収益0円が続くサイトの2つに分けられます。 これらを使い分けることでアドセンスで稼ぐことができます。 前者は時間はかかるけど長期的に稼ぐことができ、後者は1日で結果は出せるけどすぐに寿命が尽きてしまうやり方です。 月3~5万円を達成するのであれば、まずは後者から始めるのをおススメします。 トレンドネタですぐに結果を出す 無料ブログを使って、旬なテーマを扱っていくやり方です。 Yahooニュースやテレビのニュース、新聞なんかで話題になっている出来事について詳しく調べた情報を1つの記事として書いていきます。 芸能人、花火、福袋、コンサート、スポーツなど旬な情報はたくさんあります。 これらの中で自分の興味のあるテーマを選んで記事を書いていきます。 トレンドネタで稼ぐやり方は、短期的だけど爆発的に稼げるやり方です。 1週間ずっと収益が0円だったのが、ある日突然5000円を超えたりします。 良いネタだと1つの記事だけで5万を超えることもザラにあります。 このトレンド系の稼ぎ方だと最短で1日で結果が出せますが、まずは基礎を理解してからでないと難しいでしょう。 実際に実践されている方たちを見てみれば、平均して1~2ヶ月程度で達成されているのがほとんどです。 僕もやっていたころは半月で日給8000円をクリアしました。 あまりの額の伸びっぷりに、嬉しい感情で頭がパニックしてました。 俗に言うトレンドアフィリエイトというやり方なので、詳しいやり方については以下を参考にしてください。 有料ブログを1つ作って半年かけて安定して稼ぐ 上記のトレンドネタで稼ぐやり方とは違い、こちらは結果を出すのに時間はかかりますが、安定性はバツグンに高いやり方です。 僕も有料ブログを使って稼いでます。 トレンドネタは最短で結果を出すことができますが、その分稼げる期間が短いため、限界があります。 早い段階から安定的に大きく稼いでいきたいなら、月3万円の段階から有料ブログで始めても全然OKです。 ただし結果が3~4ヶ月ほどかかり、5000円程度ですが初期費用もかかります。 結果が出る3~4ヶ月の間、0円の状態が続くわけです。 この期間を耐えて、アドセンスで結果が出せられると信じられるなら有料ブログを使って稼いでいきましょう。 有料ブログについては以下のリンクを参考にしてください。 5万をクリア トレンドネタで無料ブログで稼ぐ限界点 1日に1700円稼ぐ 最短で稼ぐトレンドネタでは5万円が一つの到達点と見ていいでしょう。 これ以上稼ぐつもりなら、有料ブログへ以降していってください。 アドセンスで稼いだお金の一部を、稼ぎを伸ばすための投資として使ってください。 なぜ5万円が限界点であるか、というのは5万を達するだけの作業量をこなすぐらいなら、有料ブログをやっていったほうが伸びしろがあるからです。 3万円の項目で解説したように、トレンドネタは短期的にしか稼げません。 なので常に記事を書き続けないといけないため、5万円から上を無料ブログのみで目指すのは相当にしんどいです。 もちろんやり方さえわかれば、無料ブログでも月10万円をクリアすることは可能です。 でも10万を超えるだけの記事を書き続ける作業量を有料ブログに使っていたら、恐らく2,3倍の結果が出ているはずです。 つまり月20、30万を達成できるということ。 なのでトレンドネタで稼ぐなら5万を1つの基準としてください。 10万を目指すなら、有料ブログへ移っていってください。 有料ブログを1~3個作れば簡単にクリア 月に2~3万円稼いでくれるサイトを2. 3個作れば月5万は突破できます。 運が良ければ1個作るだけでクリアです。 トレンドネタとは違い、有料ブログで運営していくテーマは1つに絞っていきます。 料理のレシピ、メンズカット、掃除の仕方、旅情報についてなどトレンドネタ以上に扱える情報はたくさんあります。 そしてトレンドネタと違って、サイトを放置していても勝手に収益が発生するという大きな魅力があります。 こういった放置しても勝手に稼いでいくれるという理由もあって、有料ブログで大きく稼ぐことが可能となっています。 なので月5万程度は有料ブログを使うことで、非常に簡単にクリアできます。 10万を超える 今までのやり方を繰り返すだけ 1日に3400円稼ぐ 月3万、5万で解説した方法を繰り返すだけで、収益は右肩上がりに増えていきます。 1日に1000円だったのが、2000円、3000円、5000円と増えていきます。 正直、バイトするのがバカらしくなってきます。 有料ブログを使っていくことになるので、かかる期間は半年程度。 運が良ければ3. 4か月でクリアすることも可能です。 月3、5万を稼ぐ段階を確実にクリアすることは、基礎を身に着けることと同じです。 すなわち3万稼ぐのも10万稼ぐのもほとんど変わらないということです。 作業量と期間の違いだけです。 どうしても月10万稼ぎたいなら、3万円、5万円を達成することです。 いきなり10万を達成できるのは運とセンスにかかっている テーマによって収益額が変わっていて、こればかりは実際にサイトを作って運営していくまではわかりません。 同じ2000というアクセス数でも、ゲーム情報について書いたサイトよりも、食材の切り方について書いたサイトのほうが収益が大きかったりします。 これはサイト閲覧者さんの属性(特徴)が要因となっており、正確に調べることは難しいのです。 なので1つのサイトでいきなり10万円を達成できる人もあれば、3~5つサイト運営して達成できる人もいます。 1つのサイトで達成できればラッキーと思ったほうがいいでしょう。 (そのサイトが何百記事も書いているのなら別ですが) 30万、50万への道 記事の外注化 記事を書く側から、管理する立場へ 月10万円を超えるようになったら、自分だけでなく人を雇って記事を代わりに書いてもらいましょう。 いわゆる外注化というやつで、ライターさんを雇っていくことになります。 人を雇うなんて難しそう!と考える必要はありません。 1記事あたり400~600円程度で依頼すればいいだけです。 今までアドセンスで稼いだ額の一部を、外注化に使っていきましょう。 そうすることで1人で記事を書くよりも飛躍的に記事数が増やせられます。 1人で書くなら3~5記事が限界でしょう。 外注化については以下のリンクを参考にしてください。 外注化を進めることで、1~2年程度で達成することは可能です。 もちろん外注さんを雇わずに、自分だけで達成することもできます。 記事の質にこだわりたい、人と関わるのが面倒など、人によっては面倒くさいでしょう。 僕自身も1人で月30万を超えているので、決して不可能ではありません。 あとはとにかく継続してサイトを作っていくだけです。 これは稼げると思ったテーマに参入し、記事を書いていくだけ。 アドセンスで稼ぐことは非常にシンプルなのが素晴らしい魅力です。 まとめ アドセンスのみで生きていける世界へ アドセンスではせいぜい月10~20万程度稼げたら良いほう、という人たちがいますがそんなことはありません。 月100万突破も決して不可能ではありません。 月3万、5万、10万とステップアップして、アドセンスで稼ぐ実感を身に着けてどんどんと稼ぎを大きくしていってください。 最短で安全に稼ぐならアドセンスを強くおすすめします。

次の

Googleアドセンスで月10万稼ぐ為のCTR、CPC、PVと方向性

アドセンス 月10万

アドセンスブログで10万稼ぐには何記事が必要? 結論から言うと、アドセンスブログの収益のみで月10万稼ぐためには、 300記事くらい必要になります。 (アドセンス収入のみの話なので、アフィリエイトや物販の収益は含めていません) そして、300記事を達成するまでに必要な時間ですが、早くても3か月はかかります。 1日に3記事ずつ投稿すれば、1か月90記事。 3か月後には270記事投稿したことになるので、3か月くらいは必要・・・という計算になります。 1記事あたり1000文字以上は欲しいので、毎日3記事を書ければ上出来です。 むしろ、ハイペースな方でしょう。 ブログのジャンルや運営方法によっては、もっと記事数が必要になるケースもあります。 つまり、その人のやり方次第ですね。 トレンドネタを使い、300記事程度で上手く稼ぐ人もいれば、長期ネタばかり選んでしまい、もっと多くの記事数が必要になる人もいます。 しかし、 一部では「たった10記事で、月収10万円稼げる!」と豪語しているサイトもあるんですよ。 そんな状況なので、今からブログを始める人は「結局のところ、どの意見が本当なの!?」と、混乱していることでしょう。 実は、私も最初のころは混乱しました。 だって、みんな言っていることがバラバラですからね。 というワケで、次の章からは「どの意見が本当なのか」「10記事で月収10万円は可能なのか」という点について説明していきます。 10記事で月収10万円を稼げる? スポンサードリンク 10記事で10万円稼ぐのは、理論上は可能です。 穴場キーワードを見つけて、高額なアフィリエイト案件に誘導できれば、不可能ではありません(アドセンス広告の収入だけだと、難しいですけどね) ただし、私は「初心者ブロガーが10記事で月収10万円を稼いだ」という話は、聞いたことがありません。 これが出来るとしたら、経験を積んだプロのブロガーでしょう。 普通に考えれば、 素人が穴場キーワードを見つけて、おまけに一攫千金を目指すということ自体が難しいです。 というか、ネットビジネスって、そんなに甘いものじゃないです。 というワケで、10記事だけであっさり稼げる・・・という期待は捨てた方が良いでしょう。 中には短期間で稼ぐ人もいますが、私の知る限りでは、アドセンスの規約や法律的にギリギリなことをしていました。 結論から言うと、これは珍しい話ではありません。 500記事書いても稼げない人はたくさんいます。 やり方を間違えると、ネットビジネスは全然稼げません。 あ、でも記事数も大切なんですよ? 1記事10PVだったとしても、100記事書けば1000PVになりますから。 量をこなすことも重要なのです。 あくまで、「量だけをこなしても、やり方や方向性を間違えると稼げない」という意味で考えてくださいね。 稼げる人と稼げない人の差 実を言うと、私の周りにも稼げない人たちがいます。 というか、私も最初に作ったブログで「300記事書いたのに、日収が100円以下」という地獄のような状況を味わいました(笑) でも、映画や芸能人など、トレンドネタを書くようになってからはアクセスが上がりましたけどね。 いや、本当に稼げない時期は辛かったです。 とはいえ、この経験も無駄じゃなかったんですよ。 自分自身が苦労したからこそ、稼げる人と稼げない人の差がわかるようになりました。 そして、その知識を他の人にもお伝えすることも出来ます。 失敗はしましたが、今、この場で役に立っているんですよ。 というワケで、ちょっと話がそれましたが、稼げる人と稼げない人の差についてお話していきますね。 稼げる人は、キーワード選定やライバルチェックをしっかりやっています。 そして、アクセスが来なかったときは、後から記事を見直して、原因をはっきりさせています。 つまり、対策をしながら記事を書いているのです。 一方、 稼げない人は「とにかく記事を書き続ければ大丈夫」と思っている節があるんですよ。 更新することが目的になっているので、キーワード選定も需要チェックもしていません。 つまり、記事が爆発することもありません。 その結果、全然アクセスが集まらないのです。 まとめ 需要を無視して、自分の書きたいことだけ書いたり、低クオリティな記事を量産したり・・・これを繰り返しても、人に読んでもらえません。 「記事数さえ増やせば稼げる」というワケではなく、アクセスの集まるネタを書かないと意味が無いのです。 読まれない記事を500個書いたところで、月収1万円すら稼げません。 これが、私が経験した(というか見てきた)「稼げる人と稼げない人の差」ですね。 キーワード選定やライバルチェックをしていない人は、今からでも遅くないのでやってみてください。 やり方は下の記事で説明していますが、慣れてくると数分でできるようになります。 私のモチベーションがアップします。 逆に、「ここがわからない」という人も、コメント欄からお気軽にご質問くださいね。

次の