ユッカ ツイッター。 ユッカの育て方|ヤサシイエンゲイ

[B!] ユッカ(実況者)がtwitterで顔出しハプニング!?年齢や彼女について調べてみた!

ユッカ ツイッター

春頃から秋半ば頃まで室内でユッカを育てるならば、窓ガラスとレースのカーテン越しの柔らかい光が入る窓辺に置いてあげるといいでしょう。 晩秋から来年の春までは、窓ガラス越しの光を取り込んであげれば、日照時間の少ない冬の時期でも十分に育ちます。 屋外でユッカを育てる場合、マンションならばベランダなどに置いてあげると、元気な株へと生長してくれます。 ただし、屋外で育てるときは、真夏の時期にユッカをコンクリートの上に直置きしないよう注意しましょう。 日差しの照り返しで、思った以上に温度が急上昇してしまうことがあります。 そのため、コンクリートの直置きを避け、風通しのよい半日陰などに置くなど、工夫を凝らしてみるとよいでしょう。 ユッカの水やり 夏の水やり 4〜10月の時期は、土の表面が乾燥したら、鉢底から水があふれるくらいたっぷりと水を与えます。 ただし、ユッカは乾燥に非常に強いという特徴がありますので、逆にあげすぎて、根が腐ってしまわないように注意してください。 指で土を触って、乾燥具合を確かめてからあげるのがよいでしょう。 また、割り箸を鉢に挿して、土の乾燥具合の目安として計ってみるのも一つの手です。 冬の水やり 10月下旬頃から、徐々にユッカの活動が鈍くなってきます。 さらに、ユッカは寒さにやや弱いため、気温の低下によって吸水率が下がってくるので、冬場の水やりは控えた方がよいでしょう。 土が乾いてから、さらに4日ほどあとが水やり時期の目安です。 ただし、真冬だと暖房が入り、室内であっても乾燥しやすくなります。 霧吹きを定期的に葉にかけてあげると、葉のツヤが全体的に保たれます。 春に向かうにつれて活動が徐々に活発になってくるので、水やりの量を増やしていきましょう。 ユッカの肥料・追肥 ユッカの栽培は、水はけがよい土を選択すれば、特に気をつけることはありません。 一般的に市販されている観葉植物の培養土や、赤玉土(小粒タイプ)と、腐葉土を7︰3の割合で混ぜてつくってみてもよいでしょう。 植え替えの時期に、あらかじめ鉢底石を入れておくと、水はけがよくなります。 ユッカの植え替え・植え付け ユッカは生長に勢いがあるので、2年か3年に1度のサイクルで植え替えしましょう。 小さな鉢で育てていると、一年で目の見張る生長をとげたりします。 冬を迎える前に、早めに植え替えましょう。 適切な時期は5月〜9月の間とされていますが、梅雨入りする前の5〜6月ならば、作業しやすい気候なのでおすすめです。 ただし、土の水はけが悪くなってきたり、鉢底から根が出て根詰まりを起こしていたりすると、適性時期に関係なく、植え替えのサインになります。 植え替え方法は、抜いた元株の土をはらい、この時黒ずんだ根を切り落として根腐れを防ぎます。 新しい鉢に入れ替えたら植え替え完了です。 植え替え後はようすをみてあげましょう。 ユッカの増やし方 観葉植物ユッカの増やし方は「挿し木」や「幹挿し」が一般的です。 植え替え時期にあたる5月〜9月の、温かい気温の時期にしましょう。 理想をいえば、5月から6月中旬ぐらいまでの間が良いでしょう。 まず新しい鉢と鉢底ネット、バーミキュライト土(挿し木用の土でも可)を用意します。 必要ならば、発根を促す薬剤も用意しましょう。 枝を8センチほどのところで切り落とします。 薬剤を使うならば、切り口に塗りましょう。 挿し木用の鉢に鉢底ネットと土を入れます。 このとき、鉢底石をいれてもかまいません。 水をあげて土を濡らしたら、指の穴を掘り、切りとった枝を挿します。 土が乾かないように水やりをして日陰に置いておくと、約1ヶ月ほどで根が生えてきます。 根が生えてから、鉢上げしましょう。 ハダニなどを発生させないためにも、冬の時期であっても、常に霧吹きなどで葉を湿らせておくことが必要です。 家にホースと庭があるならば、水圧でざっと洗い落とすことも可能です。 まだハダニの数が少ない場合であれば、セロテープやガムテープをひっつけてはがすことで、薬を使わずに駆除ができます。 薬剤を使用するならば、天然性のベニカマイルドスプレーや、でんぷんスプレーを使用しましょう。 主成分が天然のものだと、自然に優しいものなので、化学成分が気になる方は、これらを使用してみてもいいでしょう。 また、家庭の害虫駆除にかかせないキンチョールは、あまり知られていませんが、観葉植物の害虫にも効きます。 ぜひ、併用してみましょう。 なるべく観葉植物全体にかかるようベニカマイルドスプレーやでんぷんスプレー、キンチョールを散布してください。 ユッカの管理温度 ユッカは、春から秋まで外に出しておいても大丈夫です。

次の

ユッカの育て方|植え替えや水やりの方法は?肥料は必要?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ユッカ ツイッター

ユッカ 青年の木 ってどんな観葉植物?育てやすいの? ユッカはキジカクシ科・イトラン属(別名ユッカ属)の植物です。 日本よりも雨の少ない地域に生えているため、水やりの頻度が他の植物よりも少なくてすみます。 また多少乾燥した状態が続いても枯れない「育てやすさ」から観葉植物として親しまれるようになりました。 ユッカは細長く先が尖った葉っぱを上向きに生やすので、横向きに伸び続ける植物に比べて狭いスペースで育てられます。 リビングや広間の隅に飾る観葉植物を探している方におすすめですよ。 ユッカ 青年の木 を鉢に植えて育てよう!栽培に必要なグッズは?• 鉢に植えられたユッカ• ジョウロ• 剪定バサミ ユッカを初めて育てるなら、購入後そのまま育てられる「鉢に植えられたタイプ」を用意するのがおすすめです。 あとは、水やり用のジョウロ、枝を切るための剪定バサミも用意しておきましょう。 ユッカ 青年の木 は日当たりのよい窓辺に置いて育てよう ユッカは日当たりのよいところに置くとよく生長します。 置き場所としては、午前中に日光が当たる窓辺がおすすめです。 ユッカ 青年の木 のお手入れ!水やりの仕方や肥料の与え方は? ユッカは水や肥料などのお手入れを定期的にすることで大きく生長します。 特に4〜10月と11〜3月で水やりの仕方が違うので注意してくださいね。 水やりの仕方 水やりの基本は「鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷり与える」ことです。 また、土の乾燥具合がわからない人は水やりの前に割りばしを挿しておきましょう。 次の水やりの前に割りばしを引き抜いて、土に入れた部分が乾燥していれば「水やりが必要な証」として利用できて便利ですよ。 指で土を触ったりして水やり前に乾燥具合を確認しましょう。 鉢の土の表面が乾燥したと思ってから、さらに4〜5日後に水やりをしてください。 乾燥しやすい部屋なら、定期的に霧吹きで葉っぱに水を吹きかけてツヤを保ちましょう。 肥料の与え方 観葉植物屋さんやホームセンターで「鉢植えタイプ」を購入したのなら、すでに肥料は含まれているので追加での肥料は不要です。 植え替えなどで肥料成分のない土を使ったなら、5〜10月の間だけ薄めた液体タイプの肥料を10日に1回の頻度で与えてください。 液体タイプの肥料をその都度与えるのが手間なら、植え替えるときの土へ固形の化成肥料を混ぜておけば2ヶ月の間は肥料成分がもつので手間がかかりません。 ユッカ 青年の木 は剪定するの?時期や方法は? ユッカの幹から伸びた芽が出てきたら、芽の生えぎわから5~10cm上を切ってください。 放っておくと見た目が悪くなってしまうので、5月下旬から8月上旬までの間に芽を切るのがおすすめです。 ユッカ 青年の木 が枯れそう…枯れる原因と枯らさないコツは? 育て方を間違えたユッカは葉が黄色く変色して枯れていきます。 黄色く変色して枯れる原因は「日当たり」や「風通し」、「害虫」です。 次にそれぞれの対処法や枯らさないコツについてご説明します。 夏の直射日光に当たりすぎた場合 7〜8月の西日のように、1年で最も日差しが強くなる時期の直射日光に長時間あたるとユッカは葉焼けして黄色く枯れ落ちてしまいます。 どうしても真夏の西日が当たる場所しか置けない場合は、窓とカーテン越しのように日当たりを調節してあげると枯れずにすみますよ。 日当たりや風通しが悪い場合 ユッカは湿気に弱く、水やり後に土が早く乾燥しないと根が腐って葉が枯れ、やがてユッカ本体が枯れてしまいます。 これを「根腐れ」といって、置き場所の日当たりや風通しが悪いことで起こる現象です。 また、土が乾燥する前に水やりをするなど、水やりのしすぎも根腐れの原因になります。 軽い根腐れなら一度しっかり乾燥させれば対処できますが、重度の根腐れだと植え替えで腐った根を切り捨てないと腐った部分が広がっていくので注意してください。 害虫による被害をうけた場合 葉っぱがしおれたり枯れ始めたとき、葉っぱの裏や芽、根元に小さな虫がいたらもしかするとカイガラムシなどの害虫かもしれません。 放っておくと被害が拡大して次々と葉っぱが枯れ落ちていくので見つけ次第、殺虫剤や殺ダニ剤をまいて退治してください。 ハダニは乾燥した環境で発生しやすいので殺ダニ剤をまいて退治します。 その後は霧吹きなどで葉っぱを湿らせて予防に努めましょう。 一方で、カイガラムシは湿気の高い環境で発生しやすい害虫です。 カイガラムシは幼虫なら殺虫剤で退治できます。 ただ、時間がたって成虫になると殺虫剤が効かなくなるので使い捨ての歯ブラシなどでこすり落としましょう。 3〜4年たったらユッカ 青年の木 を植え替えよう ユッカを鉢で育てて3〜4年たったら植え替えのタイミングです。 5〜10月の間、月に1回は鉢の底を確認して根が出ていたら、次のグッズを用意して植え替えを行ってください。 一回り大きなサイズの新しい鉢• 観葉植物用の培養土• 鉢底石• 水やりを控えてユッカの鉢の土を乾燥させる• 新しい鉢の穴に鉢底ネットをしき鉢底石を入れる• ユッカを鉢から取り出す• ユッカの根についた土を手で軽くもみほぐして落とす• 新しい鉢の中心にユッカを置く• ユッカの周りに土を入れて鉢の縁下4cmまで土を足す• 水やりをする• 涼しい日陰で1週間ほど管理する ユッカ 青年の木 は増やせるの?挿し木の時期と方法は? ユッカは「挿し木」という繁殖方法で数を増やしていける植物です。 鉢植えの管理に慣れてきたら、挿し木に挑戦して数を増やしてみましょう。 新しい鉢• 鉢底石• 鉢底ネット• 土(赤玉土、鹿沼土、バーミキュライトなど)、市販の挿し木用の土• 5〜8月の間に枝を8cmほど切りとる• 切り口に発根促進剤を塗る• 挿し木用の鉢の底から鉢底ネット、鉢底石、土を順に入れる• 土に水やりをして濡らす• 鉢の縁に指で穴をあけて切りとった枝を挿す• 土が乾かないように水やりをして日陰で管理する• 約4週間で根が生え、さらに芽が出てきたら新しい鉢に植え替える.

次の

ユッカの育て方

ユッカ ツイッター

ユッカ 青年の木 ってどんな観葉植物?育てやすいの? ユッカはキジカクシ科・イトラン属(別名ユッカ属)の植物です。 日本よりも雨の少ない地域に生えているため、水やりの頻度が他の植物よりも少なくてすみます。 また多少乾燥した状態が続いても枯れない「育てやすさ」から観葉植物として親しまれるようになりました。 ユッカは細長く先が尖った葉っぱを上向きに生やすので、横向きに伸び続ける植物に比べて狭いスペースで育てられます。 リビングや広間の隅に飾る観葉植物を探している方におすすめですよ。 ユッカ 青年の木 を鉢に植えて育てよう!栽培に必要なグッズは?• 鉢に植えられたユッカ• ジョウロ• 剪定バサミ ユッカを初めて育てるなら、購入後そのまま育てられる「鉢に植えられたタイプ」を用意するのがおすすめです。 あとは、水やり用のジョウロ、枝を切るための剪定バサミも用意しておきましょう。 ユッカ 青年の木 は日当たりのよい窓辺に置いて育てよう ユッカは日当たりのよいところに置くとよく生長します。 置き場所としては、午前中に日光が当たる窓辺がおすすめです。 ユッカ 青年の木 のお手入れ!水やりの仕方や肥料の与え方は? ユッカは水や肥料などのお手入れを定期的にすることで大きく生長します。 特に4〜10月と11〜3月で水やりの仕方が違うので注意してくださいね。 水やりの仕方 水やりの基本は「鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷり与える」ことです。 また、土の乾燥具合がわからない人は水やりの前に割りばしを挿しておきましょう。 次の水やりの前に割りばしを引き抜いて、土に入れた部分が乾燥していれば「水やりが必要な証」として利用できて便利ですよ。 指で土を触ったりして水やり前に乾燥具合を確認しましょう。 鉢の土の表面が乾燥したと思ってから、さらに4〜5日後に水やりをしてください。 乾燥しやすい部屋なら、定期的に霧吹きで葉っぱに水を吹きかけてツヤを保ちましょう。 肥料の与え方 観葉植物屋さんやホームセンターで「鉢植えタイプ」を購入したのなら、すでに肥料は含まれているので追加での肥料は不要です。 植え替えなどで肥料成分のない土を使ったなら、5〜10月の間だけ薄めた液体タイプの肥料を10日に1回の頻度で与えてください。 液体タイプの肥料をその都度与えるのが手間なら、植え替えるときの土へ固形の化成肥料を混ぜておけば2ヶ月の間は肥料成分がもつので手間がかかりません。 ユッカ 青年の木 は剪定するの?時期や方法は? ユッカの幹から伸びた芽が出てきたら、芽の生えぎわから5~10cm上を切ってください。 放っておくと見た目が悪くなってしまうので、5月下旬から8月上旬までの間に芽を切るのがおすすめです。 ユッカ 青年の木 が枯れそう…枯れる原因と枯らさないコツは? 育て方を間違えたユッカは葉が黄色く変色して枯れていきます。 黄色く変色して枯れる原因は「日当たり」や「風通し」、「害虫」です。 次にそれぞれの対処法や枯らさないコツについてご説明します。 夏の直射日光に当たりすぎた場合 7〜8月の西日のように、1年で最も日差しが強くなる時期の直射日光に長時間あたるとユッカは葉焼けして黄色く枯れ落ちてしまいます。 どうしても真夏の西日が当たる場所しか置けない場合は、窓とカーテン越しのように日当たりを調節してあげると枯れずにすみますよ。 日当たりや風通しが悪い場合 ユッカは湿気に弱く、水やり後に土が早く乾燥しないと根が腐って葉が枯れ、やがてユッカ本体が枯れてしまいます。 これを「根腐れ」といって、置き場所の日当たりや風通しが悪いことで起こる現象です。 また、土が乾燥する前に水やりをするなど、水やりのしすぎも根腐れの原因になります。 軽い根腐れなら一度しっかり乾燥させれば対処できますが、重度の根腐れだと植え替えで腐った根を切り捨てないと腐った部分が広がっていくので注意してください。 害虫による被害をうけた場合 葉っぱがしおれたり枯れ始めたとき、葉っぱの裏や芽、根元に小さな虫がいたらもしかするとカイガラムシなどの害虫かもしれません。 放っておくと被害が拡大して次々と葉っぱが枯れ落ちていくので見つけ次第、殺虫剤や殺ダニ剤をまいて退治してください。 ハダニは乾燥した環境で発生しやすいので殺ダニ剤をまいて退治します。 その後は霧吹きなどで葉っぱを湿らせて予防に努めましょう。 一方で、カイガラムシは湿気の高い環境で発生しやすい害虫です。 カイガラムシは幼虫なら殺虫剤で退治できます。 ただ、時間がたって成虫になると殺虫剤が効かなくなるので使い捨ての歯ブラシなどでこすり落としましょう。 3〜4年たったらユッカ 青年の木 を植え替えよう ユッカを鉢で育てて3〜4年たったら植え替えのタイミングです。 5〜10月の間、月に1回は鉢の底を確認して根が出ていたら、次のグッズを用意して植え替えを行ってください。 一回り大きなサイズの新しい鉢• 観葉植物用の培養土• 鉢底石• 水やりを控えてユッカの鉢の土を乾燥させる• 新しい鉢の穴に鉢底ネットをしき鉢底石を入れる• ユッカを鉢から取り出す• ユッカの根についた土を手で軽くもみほぐして落とす• 新しい鉢の中心にユッカを置く• ユッカの周りに土を入れて鉢の縁下4cmまで土を足す• 水やりをする• 涼しい日陰で1週間ほど管理する ユッカ 青年の木 は増やせるの?挿し木の時期と方法は? ユッカは「挿し木」という繁殖方法で数を増やしていける植物です。 鉢植えの管理に慣れてきたら、挿し木に挑戦して数を増やしてみましょう。 新しい鉢• 鉢底石• 鉢底ネット• 土(赤玉土、鹿沼土、バーミキュライトなど)、市販の挿し木用の土• 5〜8月の間に枝を8cmほど切りとる• 切り口に発根促進剤を塗る• 挿し木用の鉢の底から鉢底ネット、鉢底石、土を順に入れる• 土に水やりをして濡らす• 鉢の縁に指で穴をあけて切りとった枝を挿す• 土が乾かないように水やりをして日陰で管理する• 約4週間で根が生え、さらに芽が出てきたら新しい鉢に植え替える.

次の