シフト表 テンプレート。 Excelで作る「シフト表・勤務表」無料テンプレート

シフト表のテンプレート

シフト表 テンプレート

勤務シフト表の運用 希望の公休日の記入 翌月の勤務シフト表 予定が空白 を、前月中旬に無料のファイル共有サービスのDropBoxの所定のフォルダにUPしますので、そこに所属メンバが公休の希望日を記入します。 注意:この列の集計は、以下のように時間帯別の勤務人数という集計も役立ちます。 勤務シフトの決定 施設長は、埋まっていない勤務シフトを決定し、勤務シフト表を公開します。 勤務シフト表の記入方法 勤務シフト表には、休みと出勤の日を記入しますが、決められた「シフトパターン」と「休みパターン」が規定されていますので、そのパターンを記入します。 シフトパターン 事業所により、以下の通りとしています。 デイサービス 今回の説明では、通所介護事業所の勤務シフト表は対象としていませんので、参考として記載しています。 [HAPPY 1号館] [HAPPY 2号館] 休みパターン 今回の説明の対象となります。 休日 「休」 有給 「全休」or「有給」:1日の有給 「午前休」:午前半休の有給 「午後休」:午後半休の有給 注意: 2019年1月度より「半休制度」を導入予定の為、これまで「有給」のみだったのが「全休」、「午前休」、「午後休」の3種類となります。 「半休」に対する「全休」ですが、わかりにくさもある為、1日休みの場合は、「全休」と共に「有給」と記入しても、1日休みとしてカウントすることとしています。 パターンの入力 シフトパターンの入力 予定欄の日付のセルの中に、シフトパターンを入力します。 シフトパターンが入力されると、「出勤」欄や、「夜勤」欄がカウントされます。 注意: シフトパターンとして規程された同じ文字を入力しなければ、カウントされませんので、注意願います。 例:シフト表に記入する「N」は[全角]のNで、[半角]のNではありません。 休みパターンの入力 予定欄の日付のセルの中に、休みパターンを入力します。 休みパターンが入力されると、「休日」欄や、「有給」欄がカウントされます。 実績欄の入力 実績欄は、予定と異なる場合に入力します。 実績欄は、システムでは何等のカウントは行っていませんので、自由にお使い下さい。 社員情報の追加・修正 VLOOKUP関数により、社員番号入力で「氏名」,「勤務形態」,「職種1」,「職種2」,「職務」,「計算時間」を表示します。 そこで、この情報の変更や、社員の追加・削除が発生した場合の操作について説明します。 [非表示の「社員情報」の再表示方法] 社員情報の追加・修正では、゛非表示゛の「社員情報」を修正する方法と、そのシートを直接修正する方法の2通りがあります。 尚、社員情報を修正等で再表示した場合は、必ず、「非表示」に戻して下さい。 表示する社員情報は、再表示して開く「社員情報」のシートに記載されています。 いづれかのシートに カーソルを位置づけて右クリックすることで、「再表示」又は「非表示」を選択することができます。 社員情報の修正 今回は、大野佳枝さんの勤務形態が「常勤」となっている箇所を「パート」と変更します。 但し、直接修正すると関数が消えてしますので、以降、社員番号を入力してもで、VLOOKUPで「社員情報シート」の「社員情報」からの情報は取得できなくなります。 社員情報の削除 次に、大野佳枝さんを削除します。 入力した社員番号に該当する「社員情報」が無いという状態となっていますので、他の社員番号が入力できます。 但し、直接削除すると関数が消えてしますので、以降、社員番号を入力してもVLOOKUPで、「社員情報シート」の「社員情報」からの情報は取得できなくなります。 社員情報の追加 それでは、「小野小町」さんを追加してみます。 今月入社した小野小町さんを追加しました。 ・シート下段の手入力欄に入力する。 ・退職、異動等で不要となった社員番号を削除して、そこに新しい社員番号を入力 ・退職、異動等で不要となった社員の社員情報を削除して、そこに新しい社員情報を手入力する。 勤務シフト表の作成 勤務シフト表は、Excelの関数のみで作成しています。 マクロは現在使用していませんので、勤務シフト表の管理者が必要な関数を扱えるように、設定している関数とその設定方法を説明します。 ここでは、当該勤務シフト表で使用している関数を説明して、社員の追加・削除、シフトパターンや休みパターンの追加・削除が行えるようにします。 日付の自動取得 書式の設定をする。 H5からAL5まで 1日~31日 の書式設定:dd; 年月を入力して、日付を展開する。 セルA1に、西暦を入力すると、01日~末日までを展開する。 但し、28日の月や30日の月の場合は、EOMONTH関数を使い、必要のない日は表示しない様にします。 曜日の自動取得 書式の設定をする。 H6からAL6まで 1日~31日 の書式設定:aaa 日を入力して曜日を展開する。 H5からAL5まで入力された日により、H6からAL6まで、WEEKDAY関数で曜日展開する。 曜日を色付けする。 条件付き書式を設定して、土曜日は青、日曜日は赤色で表示します。 H6からAL6までで、WEEKDAY関数の戻り値で土曜日と日曜日を判断して、色付けします。 正社員規定情報の表示 休日を把握したり、残業となる上限時間を把握する為に規定情報を表示します。 社員情報の表示 VLOOKUP関数により、社員番号入力で「氏名」,「勤務形態」,「職種1」,「職種2」,「職務」,「計算時間」を表示します。 注意: 表示する社員情報は、再表示して開く「社員情報」のシートに記載されています。 いづれかのシートにカーソルを位置づけて右クリックすることで、「再表示」又は「非表示」を選択することができます。 尚、社員情報を修正等で再表示した場合は、必ず、「非表示」に戻して下さい。 職種1、職種2、職務の表示 上記と同様に、職種1、職種2、職務を表示します。 計算時間の表示 計算時間は、出勤日数と乗算して、勤務時間数を算出する為に表示しています。 計算時間も同様に以下のようにVLOOKUP関数で表示します。 その為、社員情報では、計算時間として24時間を乗じています。 勤務シフトの行集計 出勤日数の集計 COUNTIF関数を使い、シフトパターンをカウントして、出勤日数を集計します。 5時間を乗じています。 5を乗じています。 勤務シフトの列集計 朝食配膳及び夕食配膳を手伝うことのできる要員が確保できるか? 全ての日の夜勤者が確保できたか? 等を把握する為、列の集計を行っています。 ここでの関数の説明は省略します。 注意: 朝食は08:00、夕食は17:30となっていますので、シフトパターンから多い時には4名を確保できます。 表の装飾 勤務シフト表は、見やすくするために、明細行は1行置きに色付けしています。 注意:関数で1行置きに色付けしていますので、実績のセルに色付けはできません。 [色付け方法] 条件付き書式を設定して、1行置きに薄青で表示します。 G7からAN48までの範囲で、色付けします。 勤務シフト表SAMPLEのダウンロード 勤務シフト表のexcelサンプルをダウンロードできるようにしましたので、ご自由にご活用下さい。 但し、必要とご連絡頂いた方にのみ公開しておりますので、パスワードを必要としています。 「勤務シフト表のexcelサンプル要」と「コメント」又は「問い合わせ」よりご依頼下さい。 パスワードをメールします。 よろしくお願い致します。

次の

Excelで作る「シフト表・勤務表」無料テンプレート

シフト表 テンプレート

シフト表・勤務表テンプレート一覧 ビズルート 1か月単位のシフト表、1週間単位のシフト表、1日単位のシフト表と別れて掲載されています。 勤務区分で分けて記入させる表や開始時間と、終了時間を記入させてシフトに入っている人数をチェックするテンプレートなどがあり自動計算もできて便利です。 シフト表をエクセルでつくろう 一覧で人数把握が簡単なシフト表や、店舗ごとの人数把握ができるものなど、各種のシフト表がダウンロードできます。 シフト表に特化したページなので様々な形式のシフト表がダウンロードできます。 Free Excel Template ガントチャート形式で作成された店舗のシフト表・ワークスケジュール表のエクセルテンプレートです。 15分単位のメモリで時間を入力すれば、ガントチャートを自動で設定してくれます。 他にも多数の勤怠管理表、シフト表エクセルテンプレートがダウンロードできます。 こだわりEXCEL(エクセル)テンプレート 時間シフト制で使用される勤務シフト表をエクセルで作成できるテンプレートです。 従業員ごとにラインの色が自動変更されます。 休憩時間も入力できます。 作成は従業員マスタと作業時間を入力するだけです。 パステルIT新聞 職員勤務シフト表です。 「月」を選択すると、自動的に日付と曜日が表示されるようになっています。 特にマクロや関数などは使われていませんので自分で入力していくタイプです。 Free Excel Template ガントチャート形式で作成された店舗のシフト表・ワークスケジュール表のエクセルテンプレートです。 15分単位のメモリで時間を入力すれば、ガントチャートを自動で設定してくれます。 他にも多数の勤怠管理表、シフト表エクセルテンプレートがダウンロードできます。 ビジネステンプレートファクトリー 承認印、備考欄がついたA4縦型の勤務整理簿です。 始業、終業、休息、実働の項目で勤怠を管理します。 1ヶ月で1枚の形式になっています。 勤務表の他にも、勤務チェックリスト、勤務評定表などの勤務に関する書式のテンプレートもあります。 Excel Access A4横型の勤務表テンプレートです。 開始時間、終了時間に時間ごとにチェックがつけられるようになっています。 Office. com 1時間刻みのカラフルなシフトスケジュールです。 縦の項目には曜日と氏名を入力する欄があります。 アルバイトやパートの出勤管理に使えそうです。 数は多くありませんが、カラフルでデザイン性の高いシフト表テンプレートがあります。 勤務表、シフト表 — FeedSoft 出勤、退勤、時間外、遅刻早退、出勤日数が入力できるオーソドックスなタイプの勤務表が3種類です。 2009年作成のものなので年月は自分で修正する必要があります。 勤務時間表 — 無料テンプレート シンプルな勤務時間表が2種です。 年と月を入力すると、自動的に日と曜日が表示されるので、 新しい月のシートを作る際に便利です。 ビズオーシャン カラフルなテンプレートに業種別のタイムシフト管理表がそろっています。 マスタ設定やデータを操作できるタイプのテンプレートもあります。 経費削減実行委員会 グリーンのカラフルな業種別のシフト表テンプレートです。 一般的な勤務表、サービス業、運送業の種類があります。 サテライトオフィス GoogleApps用のテンプレートでWeb上で使用できます。 メニューからExcel形式を選択するとエクセルでローカルにダウンロードできます。 〔無料版〕飲食店のワークスケジュールシート 「飲食店のワークスケジュールシート」無料版です。 飲食店のシフト管理、スケジュールを管理できます。 リンク先は無料版ですが、有料版だと飲食店だけでなく、サービス業全般のシフト管理もできます。 売上、人件費も同時に見ることができます。 dlmarket.

次の

保育園・幼稚園のシフト管理表・勤怠管理表の作り方!

シフト表 テンプレート

エクセルでのシフト表・勤怠管理表の作り方 テンプレートではなく、自分でエクセルのシフト表を作りたいという人にシフト表の作り方を紹介します。 作り方はシフト表の種類によっていろいろあるのですが、今回は下のような1日のシフトに入る人数を自動で計算してくれるシフト表を作成してみます。 自動計算させる箇所は、シフトに入っている人数とその日の勤務時間です。 セルのサイズを調整する まず最初にエクセルの縦と横のセルのサイズを調整します。 デフォルトでは横が長すぎるので、シフト表の表部分のカレンダーを作成しても日付が十分にとれません。 ここでは、とりあえず横30ピクセル 縦30ピクセルで作成してみます。 氏名とカレンダーの表をつくる 全体のデザインは後から行うことにして、シフトに入る人と時間の表をつくります。 サンプルでは、正社員かパートかを区別する「種別」、「氏名」「担当業務」「開始時間」「終了時間」と7:00~23時までの表をつくりました。 人数の合計欄を作る 今回は、各担当者の勤務時間とその時間に何人出社しているかの人数を計算するので、計算結果を表示する欄を先ほど作ったエクセルの表の右端と最下部に作ります。 勤務時間を自動計算する まずは、右端の勤務時間の計算からです。 勤務時間は、業務の開始時間と終了時間から算出します。 このままだと何も担当者がいない欄にも「0」が入ってしまうので、表示されないようにします。 一番上に作成した計算式のセルを下にコピーしていくと勤務時間のセルにすべて計算式が入ります。 時間ごとの人数を自動計算する 次に特定の時間に何人の人がシフトされているかを計算します。 使うエクセルの関数は、COUNTIFSです。 COUNTIFS関数は、指定した範囲の中で複数の検索条件に一致する数を算出します。 今回は各担当者の開始時間と終了時間が該当の時間内にあるかどうかをカウントします。 このセルを右にコピーしていけば、各時間の人数が求められるようになります。 デザインを揃える 最後に見やすいようにデザインを揃えます。 エクセルにタイトルや年月日欄、色を付けて完成です。 セルの挿入や削除でも先ほど作成した関数は壊れないので大丈夫です。 まとめ シフト表や勤怠管理表の作り方やエクセルテンプレートを紹介しました。 手書きでシフト表を作成している店舗なども多いと思いますが、エクセルでテンプレートを作ってしまえば自動的に日付や曜日が作成できるので、毎月シフト表を印刷するのが楽になります。 修正やもっと使いやすいシフト表にしたいと思った時にもエクセルをある程度覚えれば、簡単に修正できるので是非テンプレートを活用してオリジナルのシフト表を作成してみてください。

次の