インド の バイアグラ。 ED治療薬ジェネリック通販人気ランキングTop7

インドのジェネリックは本当に安全?

インド の バイアグラ

[ もくじ ]• そもそもジェネリック医薬品ってなに? 新薬(先発医薬品)の特許期限が切れた後に、他の企業が後発的に製造を行い、市場に流通される医薬品のことです。 このジェネリック医薬品は、新薬の開発コストや開発される時間を大きく削減できるため、先発医薬品の市場価格よりも4割~6割程度安く販売されている、といった特徴があります。 (ジェネリック医薬品の全体市場価格平均は、先発医薬品の5割ほど安く購入できます。 ) 医薬品を開発する企業は、そのお薬の製法や成分の権利や利益を保護する目的で特許を取得します。 その特許には、通常20年の期限が定められておりまして、この期間中は先発医薬品の権利が法により厚く保護されています。 しかし、新薬の開発にはかなりの時間を必要とします。 新薬の開発期間は、特許を取得してからおよそ10年~15年、それから国の認可を受けるまでに長い時間がかかります。 実際にはその特許が切れた頃に、ようやく新薬が市場に流通することが多い、というのが現状です。 特許の期限が切れた時点で、製法や有効成分の権利が共有のものとなり、他のメーカーの後発医薬品の製造・販売が可能となります。 (特許期限は最大5年間の期間延長が認められております。 ) そうして新薬に追随して世に流通していくのが、ジェネリック医薬品の特徴です。 バイアグラのインド製ジェネリック医薬品の実力 ED治療薬の偽造はアメリカを含む世界中で行われていて、日本を含む60カ国で偽物が摘発されています。 インド製ジェネリック医薬品は、ムンバイ・アジャンク・ファーマ社という医薬品メーカーが製造していて、高い技術力をもち、衛生管理の行き届いた工場で製造しているので、本物ならば問題なく使用することができます。 インドはジェネリックの先進国とされていてエイズの薬がとくに有名です。 カマグラはオレンジ味の発泡タイプや、ゼリー状のライチ味、グアバ味、キャラメル味、さらにOD錠にはバナナ味やパイナップル味がつけられているのが特徴です。 OD錠は水を飲まなくても口の中で溶ける錠剤で、先発品のバイアグラにはない便利なタイプです。 バイアグラのインド製ジェネリックの問題点は、発泡タイプ、ゼリー、OD錠など先発品とは異なる吸収方法であることや、成分は全く同じですが、ゼリータイプなどに加工するために製造法が異なっていることです。 バイアグラのインド製ジェネリックの種類 インド産のバイアグラにもいくつか種類があり、値段や効果が異なります。 既述したカマグラも含めて商品をいくつか紹介します。 カマグラ錠50mg カマグラは週刊紙でも度々記事にされるほど有名なバイアグラジェネリックです。 製造元のアジャンタ・ファーマ社はインド最大のジェネリック医薬品会社で、世界25カ国に展開しています。 カマグラは「カマグラシリーズ」と呼ばれるほど商品バリエーションが豊富です。 バイアグラと同じ錠剤タイプはもちろん、口のなかで溶かすタイプ、ゼリータイプや水に溶かして飲む駄菓子のようなタイプのバイアグラもあります。 バイアグラ錠50mgのジェネリック• バイアグラと同じ、水で飲む錠剤• 個人輸入代行サイトでの実売価格は1錠あたり545円 カマグラゴールド錠100mg あ カマグラゴールド錠100mgは、海外だけで処方されているバイアグラ錠100mgのジェネリック薬です。 1錠あたりにシルデナフィルクエン酸塩が100mg含まれる薬剤は、体格の大きな欧米人向けとされているため、国内の医療機関では処方していません。 日本人の体格なら50mgで十分というのが医師や薬剤師の見解とのこと。 とはいえ、それはカマグラゴールド錠100mgをそのまま飲む場合に限った話です。 シルデナフィルクエン酸塩が100mg含まれるジェネリック医薬品は、2つに割って使うというのが、当サイトがおすすめしたい使い方です。 カマグラゴールド錠100mgをピルカッターなどで2つに割ってしまえば、シルデナフィルクエン酸塩を50mg含む錠剤が2つになります。 カマグラゴールド錠100mgのお得な使い方として覚えておくといいでしょう。 カマグラゴールド錠100mgの特徴• バイアグラ錠100mgのジェネリック• バイアグラと同じ、水で飲む錠剤• 個人輸入代行サイトでの実売価格は1錠あたり595円• 2つに割って使えば1錠あたり297円でさらにお得 カマグラオーラルゼリー100mg バイアグラ錠100mgのジェネリック薬で、錠剤ではなくシルデナフィルをゼリーに溶かしたという超変わり種です。 1箱にゼリーが5g入った包みが7個入っています。 ゼリーの味もパイナップル、オレンジ、ストロベリー、バニラ、バナナ、カシスなどバリエーションが豊富。 コーヒー味とレモン味で驚いていた、シルデナフィルOD錠が霞んで見えます。 錠剤のように2つに割って使うことができないため、日本人には顔のほてりなどの副作用が強く出る可能性があります。 見た目のかわいさとは裏腹に注意が必要です。 カマグラオーラルゼリー100mgの特徴• バイアグラ錠100mgのジェネリック• 水がなくても飲めるゼリー状の薬剤• 個人輸入代行サイトでの実売価格は1パッケージあたり454円• 2つに割って使えないので副作用に注意 バイアグラを安心して飲むために必要なのは偽物を見抜く力 バイアグラのインド製ジェネリック医薬品を手に入れるためには、実際に現地で購入するか個人輸入をするかの二択しかありません。 個人輸入をするときに気になるのが偽物ですが、偽物を見分ける一番簡単な方法としては、バイアグラのインド製ジェネリックメーカーでは作っていないものを見抜くことです。 日本製は25mgと50mgの錠剤しか作っていませんが、インドでは主に100mgの錠剤が作られています。 個人輸入をした時に150mgや300mgの錠剤がある場合は、明らかな偽物だとわかります。 またバイアグラのジェネリックの色は先発品と同じく濃い青色をしているので、薄い青色のものや錠剤が大きすぎるものはすべて偽物なので、慎重に考えてから飲みましょう。 インドでは医薬品の成分特許を認めていません。 通常、医薬品の特許は「製法特許」と「成分特許」の2つが存在しますが、インドではこのうち製法特許のみを認めています。 つまり、インドでは同じ成分の薬剤であっても、違う製法で作られていれば別の薬として扱われるのです。 そのためインドでは、シルデナフィル(バイアグラの主成分)やタダラフィル(シアリスの主成分)などを本家の製薬メーカーと少し変えた製法でつくり、安価で大量に製造販売できるのです。 インド製の「ジェネリック」と呼ぶより「コピー医薬品」と呼ぶべきかもしれません。 このように製造されたインド発のコピー医薬品は、特許制度が完備されている先進国では特許侵害に当たりますので、輸入して国内で販売することは「法律違反」です。 しかし、インドに直接行って処方してもらうか、個人的に使用するために個人輸入するのは許されています。 法律違反のため、個人輸入のみ許されている事情から、インターネットを使ってインド製コピー医薬品の個人輸入代行を行なう業者が増えています。 しかし、ED治療薬を製造・販売する4社が日本人向けのインターネット薬局の実態を調査したところ、なんと95%が不正サイトだったことが判明しました。 つまり、インターネットを利用して「EDジェネリック薬」を個人輸入すると、非常に高い確率で偽造品を掴まされるということです。 実際、一見良心的な雰囲気のサイトから「EDジェネリック薬」を手に入れ、本物と信じて服用した人たちが、続々と健康被害を訴えて病院に運ばれています。 日本製とインド製のジェネリックのバイアグラの価格差 先発品のバイアグラと日本製、インド製ジェネリック薬の薬価を比べるためには、分量をそろえなければなりません。 ネットの場合は意図的に1錠あたりの価格だけを表示している場合もあるので、気をつけて調べなければなりません。 先発品バイアグラは1錠あたり1500円、国産ジェネリックは1000円、インド製は400円と表示されていることが多いのですが、100mg単位で比較すると先発品バイアグラは3000円、国産ジェネリックは2000円、インド製は300円となります。 100mg単位で比較をすればインド製がどのくらい安いのかよくわかります。 問題点としては、個人輸入で東南アジアなどから輸入すると経由地で偽物にすり替えられるリスクが非常に高いということで、このことがなければ一番コストパフォーマンスが良いといえます。 インド製ジェネリック医薬品についてのまとめ バイアグラのインド製ジェネリック医薬品と聞くと粗悪で低品質というイメージがつきまといますが、実際には近代的な工場で製造されています。 問題点は個人輸入をするときに偽物にすりかえられるリスクが高いということなので、バイアグラのインド製ジェネリックを購入するときは信頼できる業者に依頼をすることが重要です。 またカマグラを購入すると必ず100mg錠が送られてくるので、日本人が使用する場合には、ピルカッターで半分にする必要があります。 ゼリー状や水に溶かす発泡タイプは半分にするのが難しいので、日本人がバイアグラのインド製ジェネリックを購入するときは、なるべくOD錠を購入して、それをピルカッターで半分にして飲むと適量を飲むことができます。 ただ、個人輸入による危険性も十分念頭に入れるべきです。 個人輸入の場合、副作用が起きた場合すべて自己責任です。 お金で解決できれば良いですが、最悪の場合、死に至ることもあります。 安いことに目を奪われ、最も大切な自分の健康が害されることがないように気を付けてください。

次の

カマグラとは|リブラクリニック

インド の バイアグラ

シアリスとは、男性の勃起不全 障害 の治療薬で、アメリカのイーライリリー社が開発した治療薬です。 有効成分は「タダフィラル」です。 この成分がどれくらい含まれているかで、「5mg」、「10mg」、「20mg」の3種類の規格で販売承認を取得しており、日本では2007年9月よりシアリスを販売しています。 従来のED治療薬 バイアグラ・レビトラ では作用持続時間が「4〜8時間」程度とされているのに対しシアリスは、1日1回性行為の前に服用することで、「10mgなら20〜24時間」、「20mgなら30〜36時間」と長期的に作用。 自然体で勃起機能を改善する効果があります。 長時間服用効果が持続することから、「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。 シアリスのジェネリック薬有無 日本国内にはシアリスのジェネリック薬は認められていません。 しかし、国外では一部シアリスのジェネリック薬が存在すると言われています。 その中でも、世界的に人気の高いシアリスのジェネリック薬として提供されているのが「メガリス」という治療薬です。 メガリスはインド製のコピー版シアリスと位置付けられており、インドのマクレローズ社が製造する医薬品。 メガリスは、インド本土の医療機関で処方を受ければ、シアリスを処方する際の安全性や注意点と同じ効果を享受することができます。 日本国内でのシアリスのジェネリック薬 先述しましたように、シアリスに日本で承認されたジェネリック薬はありません。 その理由としては、厚生労働省が承認する正規品のシアリスはアメリカのイーライリリー社の持つ主成分であるタダラフィルであるためです。 このタダラフィル特質特許及び、ED治療薬としての用途特許の二つが期限満了を迎えていないため、現在も認可されていません。 よって、現在の日本国内ではシアリスのジェネリックが正規品として販売させることはありません。 しかし、個人輸入などで入手は可能なため購入する方がいますが国内で承認されていないシアリスのジェネリック薬の効果や安全性は保証されていません。 また輸入されたとしても偽物である場合もあり、大変大きなリスクもあります。 海外シアリスのジェネリックの副作用や注意点 日本国内で海外製のシアリスのジェネリックを入手しようとすると、偽物が混入する恐れがあります。 事実、厚生労働省の認可を受けていないため、海外製のシアリスのジェネリックを正規ルートで入手することはありません。 そのため、これらのジェネリック薬を服用すると、健康被害にあう可能性があります。 仮に正規品と歌うジェネリック薬がある場合は、所轄の地方厚生局にて薬監証明の発給が義務づけされています。 それを確認することも一つの手段ですが、その観点から議論をするとシリアスの流通からみても証明の発給が行われることはありません。 そのためこれらの説明書きが書かれている場合でも、矛盾点が生じるため処方を受けないことが懸命な手段と言えます。 シアリスのジェネリックは海外では存在するものの個人での服用は控えましょう シアリスのジェネリック薬は存在するものの、国内ではまだ承認されていません。 しかし、シアリスのジェネリック薬については、服用のポイントや、安全性や副作用については正規品であるシアリスと同じになります。 ただ日本では未承認であること、偽造品である疑いや、それに伴う健康被害の報告もありますので、安心して服用したい場合は、厚生労働省の承認を得たシアリスのジェネリックが登場するまではシアリスを服用することが無難であると言えます。 ED治療に悩む方、罹患する患者は国内でも数千万人に及ぶと言われています。 そのため国内でも人気のあるシアリスのジェネリックを心待ちにしている人は多いのではないでしょうか。 しかし、現段階では国内で認可の取れたシアリスのジェネリック薬は存在しません。 個人輸入により服用したとしても、安全は担保されないため、控えるのが懸命でしょう。 参考URL.

次の

バイアグアラの効果副作用は通販購入の|つるかめ薬局

インド の バイアグラ

バイアグラなどのED治療薬は保険が効かない自由診療で処方されます。 そのため、各クリニックで価格が異なります。 とはいえ、ある程度の相場は存在します。 ここで、大手ED専門クリニックのバイアグラ・レビトラ・シアリスの価格からそれぞれの相場を求めました。 バイアグラ50mgの価格 1錠 Hクリニック:1,500円 診察料なし Sクリニック:1,500円 診察料なし Iクリニック:1,500円 診察料なし Uクリニック:1,290円 診察料なし SWクリニック:1,500円 診察料なし バイアグラの相場:1,500円程度 <コメント> バイアグラに関しては診察料なし、1錠1,500円で処方しているクリニックが大半のようです。 なお、バイアグラ25mgの相場は1,300円程度です。 それならバイアグラ50mgをピルカッターで分割使用したほうがお得ですね。 <参考>個人輸入 アイエスティ :1,536円 <参考>偽バイアグラ:300円から500円程度 レビトラ20mgの価格 1錠 Hクリニック:1,800円 診察料なし Sクリニック:2,100円 診察料なし Iクリニック:2,000円 診察料なし Uクリニック:1,690円 診察料なし SWクリニック:1,800円 診察料なし レビトラの相場:2,000円程度 <コメント> レビトラの相場はバイアグラより500円ほど高い2,000円程度です。 バイアグラより効果が高いと感じる人も多いので、500円程度の差ならレビトラを選ぶ人も多いと思います。 <参考>個人輸入 アイエスティ :1,390円 <参考>偽レビトラ:300円から700円程度 シアリス20mgの価格 1錠 Hクリニック:1,800円 診察料なし Sクリニック:2,100円 診察料なし Iクリニック:2,000円 診察料なし Uクリニック:1,690円 診察料なし SWクリニック:1,800円 診察料なし シアリスの相場:2,000円程度 <コメント> シアリスの相場はレビトラ同様2,000円程度です。 高い気もしますが、シアリスの場合はバイアグラやレビトラと比べると作用時間が格段に長いのでその分コスパが良いとも言えそうです。 <参考>個人輸入 アイエスティ :1,712円 <参考>偽シアリス:300円から500円程度 バイアグラジェネリック50mgの価格 1錠 Hクリニック:1,000円 診察料なし Sクリニック:1,000円 診察料なし Iクリニック:980円 診察料なし Uクリニック:790円 診察料なし SWクリニック:900円 診察料なし バイアグラジェネリックの相場:1,000円程度 <コメント> クリニックで処方されるバイアグラジェネリックはすべて日本製で信頼度は高いです。 価格もバイアグラより4割ほど安いので、最近ではバイアグラではなくバイアグラジェネリックの処方を希望する患者さんの割合が急増しているそうです。 <参考>個人輸入 アイエスティ :100円程度 インド製 <補足> 参考で示していますが、個人輸入でバイアグラ、レビトラ、シアリスを購入してもあまり安くはなりません。 アイエスティでも他の業者でもこれは同じです。 個人輸入がお得なのはカマグラのようなインド製バイアグラジェネリックです。 1錠あたり実質100円程度と非常にコスパが優れています。 なお、レビトラにはバリフ、シアリスにはメガリスなどのインド製ジェネリック製品があって、いずれも格安です。 気をつけなくてはいけないのが偽バイアグラです。 ファイザー製薬の純正品が数百円で販売されているとか常識外です。 普通に考えると偽物と判断せざるを得ません。 レビトラ、シアリスも然りです。 安すぎる商品は偽物の可能性大です。 なお、以上のようなあり得ない価格のED治療薬を販売しているのはほとんどが中国系のサイトです。

次の