モバイル wifi wimax。 ドコモユーザーはどっちがお得?WiMAX・ウルトラパック完全比較

【初心者講座】WiMAXとWiFiの違い&ポケットWiFiって?

モバイル wifi wimax

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどと一緒に「モバイルWi-Fiルーター」を持ち歩いて、外でもWi-Fiを使ってインターネットを利用している方が増えています。 モバイルWi-Fiルーターとはどんなものなのか、どんなメリットがあって、どうやって使えばいいのか、気になっている方もいるでしょう。 今回はモバイルWi-Fiルーターに関する基礎知識を解説します。 モバイルWi-Fiルーターとは? モバイルWi-Fiルーターとは、インターネットに接続するために使う小型で軽量な通信端末のことです。 単にモバイルルーターと呼ばれることもあります。 パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのWi-Fi接続機能を持つ端末(Wi-Fiデバイス)をモバイルWi-Fiルーターと接続することで、室内外でインターネットを利用できます。 モバイルWi-Fiルーターは、モバイルWi-Fiルーターサービスを提供している通信会社などが販売しています。 ただし、その通信会社と新規回線契約を結べば、端末価格は実質無料になるケースも多くあります。 au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアはそれぞれでモバイルWi-Fiルーターを提供しています。 UQコミュニケーションズが提供している「UQ WiMAX」もモバイルWi-Fiルーターです。 WiMAXの場合は、家でも外でも利用可能なモバイルタイプから、自宅にて据え置きで使うことを想定したホームルータータイプまで、各種のWi-Fiルーターをそろえています。 ほかにもワイモバイルの「ポケットWiFi」や、格安SIMで使えるSIMフリーモバイルルーターも、モバイルWi-Fiルーターの一種です。 モバイルWi-Fiルーターのメリット モバイルWi-Fiルーターは何が便利なのでしょうか。 モバイルWi-Fiルーターを利用することで得られるメリットを3つ挙げてみます。 時間と場所を選ばずインターネットに接続できる モバイルWi-Fiルーターがあれば、自宅でも外出先でも時間と場所を選ばず、インターネットに接続できるようになります。 モバイルWi-Fiルーターはスマートフォンと同じか小さいくらいの大きさなので、バッグやポケットに入れて手軽に持ち運べます。 モバイルWi-Fiルーターは、電車での移動中や地下では電波が入りにくいと言われていた時期がありました。 しかし、サービスを提供している通信会社の対応エリアにもよりますが、最近は都市部であれば電車内や地下でも使用できることが多くなっています。 複数の端末をインターネットに接続できる モバイルWi-Fiルーターは、機種にもよりますが、通常は端末を10台程度同時接続できる仕様になっています。 同時に接続する台数が増えればその分速度は遅くなりますが、それも数値上のことで、実際に体感できるほどではないでしょう。 動画を見ていたとしても、再生に支障をきたすほど速度が遅くなることはそれほど多くないはずです。 複数の端末を同時接続できると、たとえば自宅でパソコンとスマートフォン、ゲーム機などいくつもの端末で同時にインターネットを利用したいときに便利です。 スマートフォンのデータ通信量を節約できる スマートフォンでもインターネットはできるのに、なぜモバイルWi-Fiルーターを使うのか……と疑問に思う方もいるかもしれません。 確かにそのとおりなのですが、スマートフォンを使って通常のモバイル回線で動画などを見ていると、データ通信量を一気に消費してしまいます。 目安としては、一般的なネット動画を約120分見るとデータ通信量が1GBに達すると言われています。 スマートフォンでは、契約の際に選択した「1ヶ月で使えるデータ通信量」を超えるとデータ通信制限を受けることになります。 モバイルWi-Fiルーターにもデータ通信制限はありますが、スマートフォンと併せて利用すれば使える月間データ通信量を増やすことができます。 データ通信量を気にせず使えれば、スマートフォンの契約を最も安い通信プランに切り換えるなどして節約することもできます。 モバイルWi-Fiルーターの選び方 モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際は、まず「どの通信会社が提供するどんなプランのモバイルWi-Fiルーターサービスを選ぶのか」を決めるのが先決です。 比較するときにポイントとなるのは、通信速度、1ヶ月に使用できるデータ通信量と速度制限の内容、対応エリア、費用、契約期間と解約金などです。 これらを比較し、利用する時間や場所、普段使用するデータ通信量など、自分のライフスタイルに合っているかどうかを検討しましょう。 これらの条件で絞り込んだら、その会社が提供しているモバイルWi-Fiルーター=端末を見てみましょう。 端末によって対応している最大速度、連続通信時間、バッテリー容量、最大接続可能数などが異なります。 それらのスペックも比較検討してみてください。 モバイルWi-Fiルーターの使い方 モバイルWi-Fiルーターの使い方はごく簡単です。 大まかな方法を、3ステップで解説します。 充電をする モバイルWi-Fiルーターを、付属のACアダプターやクレードル、USBケーブルなどを使って充電します。 なお、充電しながら使用するのはバッテリーの寿命を縮める可能性があると言われています。 電源を入れる 充電が終わったらモバイルWi-Fiルーターの電源を入れます。 ほとんどの機種は電源ボタンを長押し(または長スライド)すると電源が入ります。 SSIDとパスワードを設定 スマートフォンやパソコンでモバイルWi-FiルーターのSSID(ネットワーク)を探します。 するとパスワードの入力を求められるので、間違えないように入力すれば接続完了となります。 モバイルWi-Fiルーターは自宅に光回線などを引く場合と違って、工事不要ですぐに使えるのも魅力です。 とくに一人暮らしで家でも外でもWi-Fiを使いたい方にはモバイルWi-Fiルーターはおすすめです。 検討の際の参考にしてください。 また、重いデータも高速でダウンロード可能です。 届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。 また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

次の

【全17社】現在申し込み可能な完全無制限WiFi(クラウドSIM) 在庫状況まとめ

モバイル wifi wimax

WiMAXは2年で乗り換えるべき?乗り換えのメリットとデメリット、オススメ乗り換え先を解説 「WiMAXを使っているけど、乗り換えたい」と思ったとき、「契約期間」でこのように迷う人が多いです。 今解約したら損するのか?• 逆に、今解約しないと損するのか? 現在、WiMAX契約の多くが2年縛りの契約形態です。 2年以内に解約すると、何らかのペナルティー(ほとんどのケースで「解約金」)があるのです。 つまり、契約からちょうど2年のタイミングで解約しないと解約金が発生します。 自動更新の場合は「うっかり解約するのを忘れていた」という方はさらに2年は使い続けることになってしまうことになりかねません。 次に疑問に浮かぶのが、 WiMAXの乗り換え先はどこがいいのか?という問題。 乗り換えたいと思うのは、元のサービスに不満があったり、もっといいサービスがあるのでは?という方だと思います。 この記事ではこんな疑問に答えます!• もうすぐ契約から2年なので、乗り換えたいけど本当に乗り換えても大丈夫か?• 乗り換えたほうがネット環境が改善されるのだろうか?• 乗り換えた時のメリットとデメリットは?• 乗り換えるとしたらどこがいいのだろうか? 結論から言うと、 WiMAXは2年のタイミングで乗り換えた方がお得になる事がほとんどです。 そこで当記事では、WiMAXを乗り換える時のメリットとデメリット、また乗り換えるのであればどこがおすすめなのかについてお伝えします。 自分に合ったサービスを選びましょう! また、以下の記事でWiMAX契約を検討している方にお得なキャッシュバック情報や28社比較をした上でのおすすめプロバイダ5社などについて詳しくご紹介していますのでご参考ください。 WiMAXを乗り換えた場合のメリット・デメリット この章ではまず、 WiMAXを乗り換えた際に生じるメリット・デメリットについて詳しく解説します。 WiMAXの契約更新時期に差し掛かったユーザーの方は、継続契約をすべきか新たにプロバイダーを乗り換えるべきか考えていることでしょう。 乗り換える際に生じるメリットはもちろん、デメリットも知っておくことで乗り換えの判断を正確にすることができます。 まずはしっかりと、メリットとデメリットについて理解しておきましょう。 WiMAXを乗り換えるメリット WiMAXのプロバイダーを乗り換える、あるいは他の回線に乗り換える際のメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。 新規契約特典• 乗り換え契約特典 新規契約特典は、WiMAX回線から新たに他の回線へと乗り換える際に受けることができる特典です。 ほとんどのプロバイダーでは、キャッシュバックをはじめとした何かしらの新規契約特典を用意しています。 乗り換え契約特典は、WiMAX回線を使い続けながらプロバイダーのみを乗り換える際に受けることができる特典です。 スマホなどでは、よく「乗り換え割」といったような名前でキャンペーンを行っていますので、そちらをイメージしていただくとわかりやすいと思います。 こちらは、プロバイダーによっては行っていないところも存在します。 特典の内容自体は、現金やポイントなどによるキャッシュバックや、パソコンや電化製品などのプレゼントといったものが中心です。 プロバイダーによって特典の内容はさまざまであるため、「新規契約」か「乗り換え契約」かといった部分も含めて検討してみるとよいでしょう。 2017年4月現在のオススメについては、最後で説明していますので、このまま読み進めてください。 更新月に解約すれば、解約金がかからない WiMAXの契約を25ヶ月目で解約せずに自動継続にしてしまうと、その後さらに24ヶ月間の間に契約解除をする際には、解約金がかかってしまいます。 解約金をかけずにWiMAXを解約するためには、2年契約が満了した後の契約更新月、つまり25ヶ月目に解約しなければならないのです。 WiMAXの解約料に関しては、ほとんどのプロバイダーで以下のように定められています。 契約期間 解約金 1ヵ月目~12ヵ月目 19,000円 13ヵ月目~24ヵ月目 14,000円 25ヵ月目(更新月) 無料 26ヵ月目以降 9,500円 つまり、25ヶ月目に解約しなければ自動更新が成立してしまい、49ヶ月目までの2年間はいつ解約したとしても解約金として9,500円がかかってしまうのです。 この点を回避したいという方は、解約金のかからない25ヶ月目に解約してしまった方が良いでしょう。 端末機種の変更が可能 2年目以降もWiMAX回線を使い続けたいという方の場合でも、プロバイダーを乗り換えることでWiMAXのルーター機器を最新のものに変更することが可能となっています。 この点も、乗り換える際のメリットのひとつです。 ただ、「So-net」や「Broad WiMAX」をはじめとする一部のプロバイダーは、契約更新時に最新のルーター機器へ機種変更できるプランを持っています。 これらのプランの場合、このメリットは当てはまりません。 WiMAXの場合には、最新のものに機種変更を行うメリットがそれほど多くない点も押さえておきましょう。 機種変更の際のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。 WiMAX同士の乗り換えで、月額料金が高くなる場合がある• 他回線の場合、通信環境が変化することで回線の安定性が落ちる場合がある• 申し込み手続きが面倒 これらのデメリットについて、詳しく解説していきます。 WiMAX同士の乗り換えで月額料金が高くなる場合がある WiMAX回線を使い続ける際には、 現在よりも高い月額料金のところと契約してしまい月額料金が割高になってしまう場合があります。 特にプロバイダーごとの料金やプランをよく調べないで乗り換えてしまうと、現在よりも数百円から千円近く月額料金が高くなってしまうことも。 高額なキャッシュバックなどに釣られてプロバイダーを変更してしまった結果、前に契約していたプロバイダーの方が支払う総額は割安だったということにもなりかねません。 WiMAX回線を使い続けながら プロバイダーだけを乗り換える場合には、乗り換え先やプラン内容などをよく確かめておくことが大切です。 他回線の場合、通信環境が変化することで接続の安定性が落ちる場合がある WiMAX回線自体の利用をやめ、光回線やモバイルWi-Fiルーターなど他の回線と契約する場合には、回線の種類によって接続の安定性などが落ちてしまう可能性があります。 光回線など固定回線の場合には、回線の安定性は比較的保たれていると言えます。 しかし、モバイルWi-Fiルーターなどのモバイル回線を、 新たにWiMAX以外のモバイルWi-Fiへ乗り換え契約する場合、安定して快適にインターネットを楽しめなくなってしまうこともあるのです。 実際に乗り換える回線が安定的に利用できるのかどうかについては、住んでいる地域や住環境、回線のサービスエリア内か否かといった点によって大きく違ってきます。 WiMAXからの回線切り替えを考える場合には、新しく契約する回線が安定的に接続できるか否かをきちんと見極めて、契約を行う必要があるでしょう。 同じWiMAXであれば、プロバイダーがどこであっても、通信環境は変わりませんので、この点は心配いりません。 申し込み手続きが面倒 WiMAX回線を使い続けてプロバイダーだけを変更する場合でも、WiMAX回線自体から乗り換える場合でも、 乗り換えの際の申し込み手続きは面倒なものとなっています。 WiMAX回線を使い続けてプロバイダーのみを変更する場合は、申し込み契約を新しいプロバイダーと一から結ばなければいけません。 必要事項の記載やプランの選択などには、当然手間と時間が必要となります。 WiMAX回線自体から固定回線へ乗り換える場合には、新たに回線工事を行う必要も出てくる場合があるためさらに面倒です。 モバイルWi-Fiルーターの場合など、回線工事を行わなくてよい場合もありますが、その場合でも新しく契約する際の手間はかかります。 ただしこれは、乗り換える以上はどうしようもありません。 キャンペーン特典の手間賃だと考えて、諦めましょう。 ここまでは、WiMAXを乗り換える際に生じるデメリットについて解説しました。 次は、WiMAXの乗り換えをオススメする人としない人について、詳しく解説していきます。 WiMAX乗り換えをオススメする人/しない人 実際にWiMAXの乗り換えをすべき人、すべきでない人は、具体的にどのような人なのでしょうか。 以下に解説していきます。 WiMAX乗り換えをオススメする人 現在使っているWiMAX回線の乗り換えをオススメする人としては、以下のような方が当てはまります。 将来的にWiMAX回線の解約を考えており、更新月が間近な人• 契約の際の特典を得たい人• インターネット回線の料金を見直したい人• WiMAX回線自体に不満があり、環境を変えたい人 将来的にWiMAX回線の解約を考えている、あるいは 解約する可能性がある方は、解約金を支払わないためにも更新月で回線の解約をしておくべきでしょう。 前述したとおり、WiMAXの解約金が不要なのは、契約してから25ヶ月目などの更新月のみです。 この期間以外では価格の差があるとはいえ必ず解約金がかかるため、解約金を支払いたくない方は2年間での乗り換えを行っておいた方が良いでしょう。 また、契約の際などに様々な特典を用意しているプロバイダーと契約し、特典を得たい方も乗り換えを行うのがオススメです。 プロバイダーによっては数万円単位のキャッシュバックを用意しているなど、お得に乗り換えることができるところも多くなっています。 さらに、月々のインターネット回線の料金を見直したいという方も、乗り換えを行うのが良いでしょう。 WiMAX回線自体を快適に利用できておらず、 ネット環境自体を変えたい人も更新月での乗り換えをするべきでしょう。 他の回線にチェンジする際に、解約金なしで乗り換えることができます。 WiMAX乗り換えをオススメしない人 逆に、WiMAX回線の乗り換えをオススメしない人としては、以下のような方が当てはまります。 将来的にもずっとWiMAX回線を使いたい方• 乗り換えの手続きが面倒だと感じる方 将来的にもずっとWiMAX回線を使い、現在のプロバイダーの料金にもおおむね満足しているという方にとっては、WiMAX回線の乗り換えはオススメできません。 WiMAX回線はモバイルインターネット環境の中でも比較的安定しており、使い勝手も良くなっています。 加えて、すでに最安値やそれに近い月額料金でWiMAX回線を利用できているという場合には、WiMAX回線を乗り換える理由はなくなるでしょう。 また、回線や料金に不満はあるものの、乗り換えの手続きが面倒だと感じている方にとっても、WiMAX回線の乗り換えはオススメできません。 プロバイダーだけを乗り換える場合でも新しく契約を結ばなければなりませんし、回線自体を乗り換える場合には回線工事の手間もかかります。 これらの 手間や時間が惜しい方にとっては、WiMAX回線の乗り換えは良い選択肢とは言えないでしょう。 ここまでは、WiMAXの乗り換えをオススメする人としない人について解説しました。 次は、実際にWiMAX回線でプロバイダーを乗り換える場合、どのプロバイダーを選べばよいかという点について、詳しく解説していきます。 今、乗り換えるならこのWiMAXを選ぼう WiMAX回線は使い続けつつ、新しいプロバイダーに乗り換える場合は、どのプロバイダーを選ぶべきなのでしょうか。 実際にプロバイダーのプランや料金について比較し、おすすめのプロバイダーを紹介します。 回線の種類とプランの内容を解説 どのプロバイダーも共通している点として、 2つの回線の種類と2つのプランを持っているということが挙げられます。 回線の種類 まず回線の種類については、以下のようになっています。 「WiMAX」は、下り最大13. 加えて、モバイルWi-Fiルーターなど他のモバイルインターネットサービスの普及もあり、 「WiMAX」回線は役割を終えようとしているのが現状です。 サービスの内容 次にサービスの内容については、以下のようになっています。 サービス名称 特徴 ギガ放題 通信量制限がない(3日で10GBの通信制限はあり)/月額料金が割高 (表記なし) 月間7GBの通信量制限がある/月額料金が割安 「ギガ放題」は、通信量無制限で毎月使い放題となっているサービスです。 プラン名の後ろに「ギガ放題」という表記があるものを、各プロバイダーが用意しています。 毎月の通信量制限はないものの、 3日間で10GB以上を利用してしまった場合には一時的に通信速度が制限されてしまうため、その点は注意しておきましょう。 一方、プラン名の後ろに「ギガ放題」という表記がない場合には、月間7GBの通信量制限が存在しています。 通信量制限があるかわりに、月額料金が「ギガ放題」に比べると割安に設定されている点が特徴です。 また回線を快適に使うためにも、「ギガ放題」のプランを選ぶべきだと言えます。 「ギガ放題」は確かに若干月額料金が割高になっているとはいえ、その差は月々わずか数百円。 数百円プラスして使い放題ならば、ぜひとも快適なプランを選ぶべきでしょう。 月額料金をアップさせないためにも、25ヶ月での解約・他のプロバイダーへの乗り換えが必要になってくるのです。 25ヶ月目に他のプロバイダーへ乗り換える場合には、「Broad WiMAX ギガ放題」を選ぶのがオススメです。 「Broad WiMAX ギガ放題」は主要プロバイダーの中で2番目に月額料金が安くなっています。 さらに「とくとくBB ギガ放題」のように、25ヶ月目以降に月額料金がアップするということもありません。 最初のWiMAXの乗り換えの際には「とくとくBB ギガ放題」を選択し、25ヶ月目に再度他のプロバイダーへ乗り換える際には「Broad WiMAX ギガ放題」を利用するのが、最も賢いWiMAXの乗り換えルートではないでしょうか。 まとめ WiMAX回線の乗り換えについてまとめます。 オススメのプロバイダー乗り換えルート• まず「とくとくBB ギガ放題」を24ヶ月目まで契約• 25ヶ月目に「Broad WiMAX ギガ放題」へ再度乗り換える WiMAX回線は乗り換える際に様々なメリットを得られるうえ、月額料金を見直すこともできるなど数多くの利点が存在します。 数あるWiMAXのプロバイダーの中でも特に安価な料金を提供している「とくとくBB」や「Broad WiMAX」のプランをうまく利用し、 よりお得にWiMAX回線を乗り換えてみてはいかがでしょうか。 ぜひ、この記事を参考に検討してみてください。 また、以下の記事「【28社比較】WiMAX契約におすすめのプロバイダ厳選5社」で後悔しないプロバイダ選びを徹底解説していますのでご参考にしてください。

次の

ドコモユーザーはどっちがお得?WiMAX・ウルトラパック完全比較

モバイル wifi wimax

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどと一緒に「モバイルWi-Fiルーター」を持ち歩いて、外でもWi-Fiを使ってインターネットを利用している方が増えています。 モバイルWi-Fiルーターとはどんなものなのか、どんなメリットがあって、どうやって使えばいいのか、気になっている方もいるでしょう。 今回はモバイルWi-Fiルーターに関する基礎知識を解説します。 モバイルWi-Fiルーターとは? モバイルWi-Fiルーターとは、インターネットに接続するために使う小型で軽量な通信端末のことです。 単にモバイルルーターと呼ばれることもあります。 パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのWi-Fi接続機能を持つ端末(Wi-Fiデバイス)をモバイルWi-Fiルーターと接続することで、室内外でインターネットを利用できます。 モバイルWi-Fiルーターは、モバイルWi-Fiルーターサービスを提供している通信会社などが販売しています。 ただし、その通信会社と新規回線契約を結べば、端末価格は実質無料になるケースも多くあります。 au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアはそれぞれでモバイルWi-Fiルーターを提供しています。 UQコミュニケーションズが提供している「UQ WiMAX」もモバイルWi-Fiルーターです。 WiMAXの場合は、家でも外でも利用可能なモバイルタイプから、自宅にて据え置きで使うことを想定したホームルータータイプまで、各種のWi-Fiルーターをそろえています。 ほかにもワイモバイルの「ポケットWiFi」や、格安SIMで使えるSIMフリーモバイルルーターも、モバイルWi-Fiルーターの一種です。 モバイルWi-Fiルーターのメリット モバイルWi-Fiルーターは何が便利なのでしょうか。 モバイルWi-Fiルーターを利用することで得られるメリットを3つ挙げてみます。 時間と場所を選ばずインターネットに接続できる モバイルWi-Fiルーターがあれば、自宅でも外出先でも時間と場所を選ばず、インターネットに接続できるようになります。 モバイルWi-Fiルーターはスマートフォンと同じか小さいくらいの大きさなので、バッグやポケットに入れて手軽に持ち運べます。 モバイルWi-Fiルーターは、電車での移動中や地下では電波が入りにくいと言われていた時期がありました。 しかし、サービスを提供している通信会社の対応エリアにもよりますが、最近は都市部であれば電車内や地下でも使用できることが多くなっています。 複数の端末をインターネットに接続できる モバイルWi-Fiルーターは、機種にもよりますが、通常は端末を10台程度同時接続できる仕様になっています。 同時に接続する台数が増えればその分速度は遅くなりますが、それも数値上のことで、実際に体感できるほどではないでしょう。 動画を見ていたとしても、再生に支障をきたすほど速度が遅くなることはそれほど多くないはずです。 複数の端末を同時接続できると、たとえば自宅でパソコンとスマートフォン、ゲーム機などいくつもの端末で同時にインターネットを利用したいときに便利です。 スマートフォンのデータ通信量を節約できる スマートフォンでもインターネットはできるのに、なぜモバイルWi-Fiルーターを使うのか……と疑問に思う方もいるかもしれません。 確かにそのとおりなのですが、スマートフォンを使って通常のモバイル回線で動画などを見ていると、データ通信量を一気に消費してしまいます。 目安としては、一般的なネット動画を約120分見るとデータ通信量が1GBに達すると言われています。 スマートフォンでは、契約の際に選択した「1ヶ月で使えるデータ通信量」を超えるとデータ通信制限を受けることになります。 モバイルWi-Fiルーターにもデータ通信制限はありますが、スマートフォンと併せて利用すれば使える月間データ通信量を増やすことができます。 データ通信量を気にせず使えれば、スマートフォンの契約を最も安い通信プランに切り換えるなどして節約することもできます。 モバイルWi-Fiルーターの選び方 モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際は、まず「どの通信会社が提供するどんなプランのモバイルWi-Fiルーターサービスを選ぶのか」を決めるのが先決です。 比較するときにポイントとなるのは、通信速度、1ヶ月に使用できるデータ通信量と速度制限の内容、対応エリア、費用、契約期間と解約金などです。 これらを比較し、利用する時間や場所、普段使用するデータ通信量など、自分のライフスタイルに合っているかどうかを検討しましょう。 これらの条件で絞り込んだら、その会社が提供しているモバイルWi-Fiルーター=端末を見てみましょう。 端末によって対応している最大速度、連続通信時間、バッテリー容量、最大接続可能数などが異なります。 それらのスペックも比較検討してみてください。 モバイルWi-Fiルーターの使い方 モバイルWi-Fiルーターの使い方はごく簡単です。 大まかな方法を、3ステップで解説します。 充電をする モバイルWi-Fiルーターを、付属のACアダプターやクレードル、USBケーブルなどを使って充電します。 なお、充電しながら使用するのはバッテリーの寿命を縮める可能性があると言われています。 電源を入れる 充電が終わったらモバイルWi-Fiルーターの電源を入れます。 ほとんどの機種は電源ボタンを長押し(または長スライド)すると電源が入ります。 SSIDとパスワードを設定 スマートフォンやパソコンでモバイルWi-FiルーターのSSID(ネットワーク)を探します。 するとパスワードの入力を求められるので、間違えないように入力すれば接続完了となります。 モバイルWi-Fiルーターは自宅に光回線などを引く場合と違って、工事不要ですぐに使えるのも魅力です。 とくに一人暮らしで家でも外でもWi-Fiを使いたい方にはモバイルWi-Fiルーターはおすすめです。 検討の際の参考にしてください。 また、重いデータも高速でダウンロード可能です。 届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。 また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

次の