こうじ かわ はら。 ソロプロジェクト「TENDRE(テンダー)」として活躍する河原太朗(かわはらたろう)さんについての魅力と、年齢や身長などのプロフィール情報をwiki風で徹底解説!父母の仕事や結婚の噂についても!

宮城県加美郡加美町の住所

こうじ かわ はら

あ [ ]• (あおき・たかゆき)• (あさい・あきひろ)• (あさおか・しげあき)• あさの・たけお• (あめみや・いさみ)• (あらい・としひろ)• (あら・せいじ)• (いいだ・あきら)• (いいり・ひろゆき)• (いがらし・ゆうだい)• (いくざわ・てつ)• (いぐち・たくと)• (いけだ・だいすけ)• (いざわ・たくや)• (いしかわ・けいし)• (いしうら・ひろあき)• (いしかわ・もとあき)• (いしばし・よしみ)• (いじり・かおる)• (いで・ゆうじ)• (いとう・だいすけ)• (いとう・りな)• いちしま・たつる• (いなだ・だいじろう)• (いのうえ・たかちほ)• (いのせ・とおる)• (いはし・いさお)• (いはら・けいこ)• (いまむら・よういち)• (うえお・かつひろ)• (うえだ・まさゆき)• (うえの・たかひろ)• (うえの・ふみよし)• (うえまつ・ただお)• (うきや・とうじろう)• (うつみ・あきのり)• (うめもと・じゅんいち)• (うるしはら・のりみつ)• (えんどう・みつひろ)• (おいかわ・こうじ)• (おおい・たかし)• (おおしま・かずや)• (おおた・てつや)• (おおつ・ひろき)• (おおにし・たいちろう)• (おかだ・ひでき)• (おかむら・かずよし)• (おかもと・あきひら)• (おかもと・かおり)• (おかもと・かねゆき)• (おがわ・ひとし)• おがわ・りょう• (おさむ)• (おさむら・ずいしん)• おばた・さかえ• (おゆ・としき)• おりど・まなぶ• (おりめ・りょう) か [ ]• (かげやま・まさひこ)• (かげやま・まさみ)• (かごしま・みか)• (かざと・ひろし)• (かざま・やすゆき)• かすや・しゅんじ• (かたおか・たつや)• (かたやま・うきょう)• (かたやま・よしみ)• (かつた・たかもと)• (がっつ・じょうない)• (かとう・ひろき)• (かとう・まさのぶ)• (かなまる・ゆう)• (かねいし・かつとも)• (かねいし・としひろ)• (かまだ・たくま)• (かみおか・まさお)• (がもう なおや)• かわい・ひろゆき• (かわい・みのる)• (かわばた・まさと)• (かわはら・のぶみつ)• かわもと ・あつし• きくち・やすし• (きたの・もと)• (きのした・たかゆき)• (きのした・みつひろ)• (きよはら ・しょうた)• くさかべ・やすお• (くにもと・けいすけ)• (くにもと・ゆうじ)• (くぼ・りんたろう)• (くぼた・ひろし)• (くまくぼ・のぶしげ)• (くろい・あつし)• (くろさわ・たくや)• (くろさわ・つばさ)• (くろさわ・はるき)• (くろさわ・もとはる)• ()(くわじま・まさみ)• (こいずみ・ひろし)• (こうたけ・ふくみ)• (こぐち・よしのり)• (こぐれ・たかし)• (こたか・かずと)• (こばやかわ・わたる)• (こばやし・かつお)• (こばやし・かむい)• (こばやし・きゅうてん)• (こばやし・しょうご)• (こばやし・たかし)• (こやま・みき)• (こんどう・つばさ)• (こんどう・まさひこ) さ [ ]• (さいとう・だいご)• (さが・こうき)• (さかぐち・せな)• (さかぐち・りょうへい)• (さかもと・ゆうや)• (さくらい・こうたろう)• (ささき・こうた)• (ささき・しゅうろく)• (ささき・だいき)• (ささき・まさひろ)• (ささはら・うきょう)• (さとう・きみや)• (さとう・こうじ)• (さとう・しんや)• (さとう・たくま)• (さなだ・せいすけ)• さなだ・むつあき• (しきば・そうきち)• (しのづか・けんじろう)• (しのはら・たかみち)• (しばはら・しんすけ)• (しぶや・たかし)• (しまむら・けんた)• (しみず・かずお)• (しみず・ゆうき)• (しもだ・はやなり)• (しもやま・まさと)• (しらいし・ゆうき)• (しらさか・たくや)• (すえなが・なおと)• (すえなが・まさお)• (すが・いちじょう)• (すがわら・よしまさ)• (すぎえ・ひろよし)• (すずき・あぐり)• (すずき・けいいち)• (すずき・せいいち)• (すずき・としお)• すずき・まなぶ• (すなこ・ともひこ)• (すなこ・よしかず)• (すほう・しょうご)• (せきぐち・ゆうひ)• (せきや・まさのり)• (そでやま・せいいち) た [ ]• (たかさき・やすひろ)• (たかぎ・しんいち)• (たかぎ・とらのすけ)• (たかはし・かずほ)• (たかはし・くにあき)• (たかはし・くにみつ)• たかはし・けんじ• (たかはし・つばさ)• (たかはし・とおる)• (たかはし・はるくに)• (たかはら・のりたけ)• (たかぼし・みつのり)• (たぐち・かつひこ)• (たけうち・ひろのり)• (たけい・ひろふみ)• (たじま・えいいち)• (たじま・のぶひろ)• (たち・しんご)• (たち・のぶひで)• (たち・よしひろ)• (たちかわ・ゆうじ)• (たなか・かずひろ)• (たなか・けんじろう)• (たなか・てつや)• (たなか・ひろむ)• (たにがわ・たつや)• (たにぐち・のぶてる)• (たにぐち・ゆきのり)• (たまなか・てつじ)• (たむら・みつお)• (ちよ・かつまさ)• (つかこし・こうだい)• (つちや・けいいち)• (つちや・たけし)• (つづき・あきひろ)• (つつみ・ともひこ)• (つのだ・ゆうき)• (つぼい・しょう)• (てづか・つよし)• (てらだ・ようじろう)• てらにし・れお• (とひら・けんじ) な [ ]• (なかこ・おさむ)• ながさか ・なおき• (なかじま・かずき)• (なかじま・さとる)• (なかじま・だいすけ)• (ながしま・まさおき)• (なかの・しんじ)• (なかの・まさはる)• (ながまつ・くにおみ)• (なかもと・けんご)• (なかや・あきひこ)• (ながや・ひろかず)• (なかやま・ゆういち)• (なかやま・ゆうき)• (なとり・てっぺい)• (にいほり・ただみつ)• (にしたに・たくや)• (にった・もりお)• (ぬたはら・ふみお)• のがみ・としひこ• (のじり・ともき)• (のだ・じゅじゅ)• (のだ・ひでき)• (のむら・けん) は [ ]• (はぎわら・あきら)• はぎわら・おさむ• (はしざわ・ひろし)• (はせみ・まさひろ)• (はっとり・しげあき)• (はっとり・なおき)• (はなわ・いくお)• (はね・ゆきひろ)• (はら・たかひこ)• (ばんば・たく)• (ひのい・やすたか)• (ひびの・てつや)• (ひらおか・ひでお)• (ひらかわ・りょう)• (ひらて・こうへい)• (ひらなか・かつゆき)• (ひろた・ともかず)• (ふくざわ・さちお)• (ふくずみ・にれい)• (ふくだ・りょう)• (ふくやま・ひでお)• (ふじい・とものぶ)• (ふじさわ・てつや)• (ふしだ・ひろし)• (ふじもと・よしお)• (ふじわら・よしまさ)• (ふるや・なおひろ)• ほしの・かおる• (ほしの・かずき)• (ほしの・かずよし)• (ほそかわ・しんや)• (ほそや・しほみ) ま [ ]• (まえだ・たけひで)• (まきの・ただすけ)• (まさたに・よしくに)• (ますおか・ひろし)• (まつうら・こうすけ)• (ひろ・まつした)• (まつい・しげき)• (まつい・ゆきお)• (まつした・まさき)• まつした・のぶはる)• (まつだ・こうじ)• (まつだ・つぎお)• (まつだ・ひでし)• まつなが・まさひろ• (まつもと・けいじ)• まつもと・はるひこ• (みうら・あい)• (みうら・かずき)• (みかみ・かずみ)• (みき・りゅうじ)• みさき・きよし• みずの・ふみのり• (みちがみ・りょう)• (みつさだ・ひでとし)• (みつやま・しょうご)• (みねお・きょうすけ)• (みのわ・しんじ)• (みはら・じゅんこ)• (みやた・かずひろ)• (むとう・ひでき)• (むらまつ・えいき)• (むらやま・ともひろ)• もぎ・かずお• (もとやま・さとし)• ももた・けんじ• (もりもと・あきお) や [ ]• (やぎ・ひろゆき)• (やすおか・ひでと)• (やすだ・ひろのぶ)• (やなぎだ・はるひと)• (やなぎだ・まさたか)• (やまうち・しんや)• (やまうち・ひでき)• (やまざき・しんすけ)• やまざき・たいち• (やまじ・しんいち)• (やました・けんた)• (やまだ・えいじ)• やまだ・まさお• (やまにし・こうじ)• (やまの・てつや)• (やまの なおや)• (やまもと・かつみ)• (やまもと・きよと)• (やまもと・さこん)• (やまもと・なおき)• (よごう・あつし)• よこしま・ひさし• (よこみぞ・なおき)• (よこやま・たかし)• (よこやま・ひとし)• (よしおか・としき)• (よしかわ・とみこ)• (よしだ・ひろき)• (よしもと・ひろき)• (よりの・たかし) わ [ ]• (わきさか・しげかず)• (わきさか・じゅいち)• (わだ・きゅう)• (わだ・たかお)• (わたなべ・みつまさ) 関連項目 [ ]•

次の

こうじ屋みつぜん

こうじ かわ はら

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2015年7月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年11月) 朝日放送テレビのアナウンサー一覧(あさひほうそうテレビのアナウンサーいちらん)は、• (ABCテレビ)• 2018年4月1日の移行に伴うラジオ・テレビ同時分社化前の朝日放送(ABC、現:)• 旧朝日放送が合併するまでの(OTV) に所属する、もしくは所属していたを一覧にしたものである。 現職アナウンサー [ ]• 1965年 (常勤顧問・エグゼクティブアナウンサー、2003年の取締役就任時にアナウンス部からは離脱)• 1984年 (エグゼクティブアナウンサー)• 1985年 (ゼネラルアナウンサー)、(ゼネラルアナウンサー)• 1987年 (総合編成局アナウンス部長、2005年〜2015年9月にスカイ・Aへ出向等)• 1989年 (2009年7月〜2010年7月にへ出向)• 1992年 (編成局アナウンス部担当部長)• 1994年 (ゼネラルアナウンサー)• 1995年• 1996年• 1997年 (2011年10月〜2013年8月に出産・育児休暇)• 1998年• 1999年 (2013年5月〜2015年3月に出産・育児休暇)• 2000年 、(2011年6月〜2012年3月および2015年6月〜2017年3月に出産・育児休暇)• 2001年 (2006年6月〜2007年3月および2010年7月〜2011年3月に出産・育児休暇)、• 2004年 (2016年10月〜2018年3月および2019年11月以降に出産・育児休暇)• 2005年• 2006年 (2017年10月~2019年3月および2019年9月以降に出産・育児休暇)• 2008年 、• 2009年 、• 2010年• 2011年• 2012年• 2013年• 2014年 、(アナウンス職のまま2020年4月から東京オフィスへ異動)• 2015年• 2016年 、• 2017年• 2018年• 2019年• (せんだい たかし、1988年-? (まつばら ひろき、1984年-2008年)• 2018年5月から2020年3月までは、へ社会部の記者として出向していた )• 大阪経済記者クラブ担当)• 男性 [ ]• (あべ のりゆき、1970年-2006年)• (いまい きよゆき、1958年-1967年)• (いまむら ますぞう 1955年-? ) ラジオ時代の朝日放送から大阪テレビ放送へ出向。 1956. 30時点で29歳。 後に常務取締役や顧問を務めた。 岩成太一(いわなり たいち)• (いんでん ひろき、1965年-1985年)• (うえくさ さだお、1955年-1992年定年) 定年後も1998年まで朝日放送で実況アナウンスを続けた。 「オフィスSARAH」代表。 妻も元朝日放送アナウンサー、とも他局でアナウンサー。 (うえだ ひろあき、1958年-1993年)• 臼村保彦(うすむら やすひこ)• (おおいわ けんいち、1980年-1988年) の開局を機に、第1期のアナウンサーとして移籍。 後にフリー。 (おおた もとはる、1974年-2012年)• (おおつか のぶお 1981年-2019年) ()。 在職中は、東京支社で報道部の記者を兼務した後に、『』やドキュメンタリー番組のディレクターを務めた。 ラジオのニュースデスクや、経営部門への勤務を経て退職後の2019年に、芦屋市議会議員選挙で初当選。 (くす あつお、1981年-2018年定年) ゼネラルアナウンサーを経て、2017年2月に嘱託契約へ移行したが、2018年3月の定年を機にフリーアナウンサーへ転身。 転身後も朝日放送ラジオの番組に出演しているほか、在職中に長らく携わっていた高校野球中継の実況を、2019年からラジオ限定で再開した。 久保顕次(くぼ けんじ 1955年-? 30時点で24歳。 朝日放送テレビがTBSテレビの系列局だった1967年7月に、『』で大阪タワー展望台からの中継に登場。 久保田勝(くぼた まさる)• (くらた あさお 1972年-1976年) 1948年生まれで早稲田大学出身。 在職中は植草貞夫に師事。 数年後に故郷・富山県のに移籍すると、スポーツ実況にとどまらず、報道・バラエティなどの番組で幅広く活躍した。 現在はフリーアナウンサー。 在職中はスポーツアナウンサーとして活躍。 後にラジオの「ニュースデスク」を歴任。 日本シリーズ、1964年「阪神-南海」、1985年「阪神-西武」、1984年オールスター ほか多数。 小林一繁(こばやし かずしげ)• 30時点で27歳。 退社後の2011年3月から、2012年12月のに兵庫県選挙区および比例近畿ブロックへの重複立候補で出馬するまでは、フリーアナウンサーとして活動。 (しみず じろう、1994年-2016年) 教師への転身を視野に2016年6月中旬で退社(2017年度より兵庫県内の高校教諭)。 菅原裕和(すがわら ひろかず、1971年-2009年)• (たかだ あきら、1954年-1964年) 東京12チャンネル(現:)の開局に携わるため退社。 (たかつか てつひこ、1980年-1994年) に転身し「高塚てつ彦」を経て「高塚哲広」として活動。 高橋義昌(たかはし よしまさ)• (たかやなぎ けんいち、1983年-1991年) 開局時に移籍。 後にフリー。 30時点で23歳。 新日本放送の設立を機に同局へ移籍。 後にの社長・会長を務めた。 (たまい たかし、1956年-1989年) 1953年にラジオ神戸(現在の)へ入社。 1956年に朝日放送へ移籍した。 田村安起(たむら やすおき、1955年-?) 1964年の日本シリーズでラジオ実況を担当した。 後に放送センターの初代センター長。 (つじ とよひと、1965年-?)• (とくら のぶよし、1969年-2009年)• 退職後も2019年1月まで嘱託契約を結んでいため、2016年10月から2018年12月までラジオ番組『』のパーソナリティを務めた。 契約期間満了後の2019年2月以降も、フリーアナウンサーとして朝日放送ラジオの番組へ出演中。 (なかむら えいいち、1951年-1977年) ラジオ単営局時代の朝日放送第1期アナウンサー。 在職中には、・・大阪社会部への出向を経て、『』でラジオパーソナリティとして名を馳せた。 退社後には、を1期・参議院議員を2期歴任したほか、所属のタレントとして朝日放送の番組に随時出演していた。 中村哲夫(なかむら てつお) 在職中はスポーツアナウンサーとして活躍。 『』の初代司会も務めた。 東京オリンピックのバレーボール女子・決勝戦の実況で知られる。 退社後は、アクト・アカデミー芦屋の講師を歴任。 2015年4月に逝去。 中島愛悦• 中村宗明• (ながさわ あきひこ、1970年-2006年)• アナウンス職からの異動後に演芸番組へ長らく携わっていた縁で、の開館計画に参画したほか、初代の支配人にも内定していた(2018年の開館を前に就任を辞退)。 後に報道部長、報道局長、テレビ制作局長などを歴任)• 野島一郎(のじま いちろう) 『』でオープニングナレーション(第1話のみ)、エンディングナレーションを担当。 後にラジオの「ニュースデスク」を務めた。 長谷川景一(はせがわ けいいち)• (ひらいわ こうすけ、2011年-2018年6月) 2018年6月15日付で退社した後に、フリーアナウンサーに転身。 朝日放送在職中の2017年から携わっていた関連イベントの実況を中心に活動する ほか、「ODDYSAY」(自ら設立したマネジメント事務所)の代表取締役も務める。 松倉一義(まつくら かずよし) 『』第1話で夢屋時次郎()に街頭インタビューしていた。 (みやね せいじ、1987年-2004年)• 村上守(むらかみ まもる、1951年-? ) 朝日放送ラジオ開局の第一声を発した。 1970年代前半までスポーツ実況などで活躍。 人事異動でアナウンス職を離れてからは、経営企画室長や監査役を務めた。 (むらた よしお、1969年-2005年) 退職後は業務提携のフリーアナウンサー。 森川司郎(もりかわ しろう)• 矢代清二(やしろ せいじ、1955年-? 30時点で26歳。 現在はアクト・アカデミー芦屋の講師。 女性 [ ]• (あかえ たまお 1997年-2007年) フリーに転身し、『』など東京拠点で活動中。 安生直美(あんじょう なおみ) 現在はアクト・アカデミー芦屋講師。 石川博子(いしかわ ひろこ)• 井土昌子• 稲田英子(1955年-? 1956. 30時点で25歳。 大阪テレビ放送時代の試験放送第一声を発した。 『』の司会を担当。 小深秀子(1955年-? 30時点で27歳。 (かがわ ちほ、1992年-1998年)• (かどの ゆき、2010年-2015年) 結婚のため退社し、福岡へ移住。 所属でフリーとして活動。 刈屋幸子• 鬼頭立子(きとう りつこ) 後になどでパーソナリティー、美声で有名だった。 坂本治子• 佐藤和枝(さとう かずえ 1955年-? 30時点で29歳。 柴田邦江(しばた くにえ) 1968年から1976年まで、『』の初代パーソナリティーを務めた。 清水芙美子(しみず ふみこ)• 須藤章子• (せきね ともみ、1995年-2000年) 退社後、に転身。 セイプロダクション業務提携のフリーとしてABCの番組に出演(2018年4月からラジオ『』出演中)。 高橋章子• (たなか はなこ、2002年-2009年)• 寺岡美紗子(てらおか みさこ)• 中尾啓子(なかお けいこ)• 長島不二子(ながしま ふじこ)• 平石光世(ひらいし みつよ)• 藤久ミネ(ふじひさ みね、1958 - 1967年) 退社後は、フリーアナウンサー・評論家・放送作家に転身。 ABCのネットチェンジ後(1979年)から、『』(テレビ朝日の関東ローカル番組)でキャスターを務めた。 松本佳代子(まつもと かよこ)• 的場千鶴子(まとば ちづこ)• 美紀嵩子 現在は朗読グループRSTへ参加• (やまもと もな、1998年-2005年) フリーに転身。 2011年に一旦引退後、2013年に個人事務所で活動を再開。 吉崎泰子• (よしだ るいこ) 現在は写真家、フォトジャーナリスト。 主著に「ハーレムの熱い日々」• 開局当時から在籍。 「JONR-TV. チャネル6 シックス 、ABC朝日放送です」とステブレを入れていた。 備考 [ ]• 開局当初のアナウンサー養成は、、の方等が担当。 朝日放送グループのアナウンサーは、2018年3月31日時点の在籍者は翌4月1日の移行の際に旧朝日放送から朝日放送テレビへ全員が自動的に転籍する形で、同日以降に入社したアナウンサーも当初から朝日放送テレビが雇用する形で共に朝日放送テレビ所属となっている。 この為朝日放送テレビの番組だけでなく、兄弟会社の(ABCラジオ)やの番組に出演する場合は朝日放送テレビから出向する形を取る(スカイ・エーは分社前の旧朝日放送時代から)。 逆に朝日放送ラジオやスカイ・エーではアナウンサーの自社雇用を行っていない。 新人アナウンサーが初鳴き(放送デビュー)を迎える日には、朝日放送早朝の生放送番組(テレビ『』ラジオ『』)に出演するのが定例行事となっている。 ちなみに、この企画を提案したうえで、自身の番組で最初に実行したのは道上である。 テレビ・ラジオの分社以降、テレビでの肩書表記は「ABCアナウンサー」から「ABCテレビアナウンサー」に変更されている。 一方でラジオでのアナウンスは「ABCアナウンサー」(『』では「ABC」 )のまま。 脚注 [ ]• 高橋大作 2018年5月25日. 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2018年6月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月16日. 2018年6月16日閲覧。 例外として、『』ではスタジオレギュラー(分社時点ではヒロド歩美)は「ABC TVアナウンサー」(「ABC TV」ロゴに続けて「アナウンサー」と表記することで「ABCテレビアナウンサー」と読ませる)、ラッシャー板前の生中継パートナー(分社時点では塚本麻里衣)は「ABC TV」ロゴに続けて「朝日放送テレビ」と表記。 『』(、朝日放送テレビ、共同制作)でのヒロドもしばらく「ABCアナウンサー」のままの状態が続いた。 ABCと同じくテレビ・ラジオが分社したおよび所属アナウンサーに対しては「」「」とアナウンスしている。 外部リンク [ ]•

次の

朝日放送テレビのアナウンサー一覧

こうじ かわ はら

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2015年7月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年11月) 朝日放送テレビのアナウンサー一覧(あさひほうそうテレビのアナウンサーいちらん)は、• (ABCテレビ)• 2018年4月1日の移行に伴うラジオ・テレビ同時分社化前の朝日放送(ABC、現:)• 旧朝日放送が合併するまでの(OTV) に所属する、もしくは所属していたを一覧にしたものである。 現職アナウンサー [ ]• 1965年 (常勤顧問・エグゼクティブアナウンサー、2003年の取締役就任時にアナウンス部からは離脱)• 1984年 (エグゼクティブアナウンサー)• 1985年 (ゼネラルアナウンサー)、(ゼネラルアナウンサー)• 1987年 (総合編成局アナウンス部長、2005年〜2015年9月にスカイ・Aへ出向等)• 1989年 (2009年7月〜2010年7月にへ出向)• 1992年 (編成局アナウンス部担当部長)• 1994年 (ゼネラルアナウンサー)• 1995年• 1996年• 1997年 (2011年10月〜2013年8月に出産・育児休暇)• 1998年• 1999年 (2013年5月〜2015年3月に出産・育児休暇)• 2000年 、(2011年6月〜2012年3月および2015年6月〜2017年3月に出産・育児休暇)• 2001年 (2006年6月〜2007年3月および2010年7月〜2011年3月に出産・育児休暇)、• 2004年 (2016年10月〜2018年3月および2019年11月以降に出産・育児休暇)• 2005年• 2006年 (2017年10月~2019年3月および2019年9月以降に出産・育児休暇)• 2008年 、• 2009年 、• 2010年• 2011年• 2012年• 2013年• 2014年 、(アナウンス職のまま2020年4月から東京オフィスへ異動)• 2015年• 2016年 、• 2017年• 2018年• 2019年• (せんだい たかし、1988年-? (まつばら ひろき、1984年-2008年)• 2018年5月から2020年3月までは、へ社会部の記者として出向していた )• 大阪経済記者クラブ担当)• 男性 [ ]• (あべ のりゆき、1970年-2006年)• (いまい きよゆき、1958年-1967年)• (いまむら ますぞう 1955年-? ) ラジオ時代の朝日放送から大阪テレビ放送へ出向。 1956. 30時点で29歳。 後に常務取締役や顧問を務めた。 岩成太一(いわなり たいち)• (いんでん ひろき、1965年-1985年)• (うえくさ さだお、1955年-1992年定年) 定年後も1998年まで朝日放送で実況アナウンスを続けた。 「オフィスSARAH」代表。 妻も元朝日放送アナウンサー、とも他局でアナウンサー。 (うえだ ひろあき、1958年-1993年)• 臼村保彦(うすむら やすひこ)• (おおいわ けんいち、1980年-1988年) の開局を機に、第1期のアナウンサーとして移籍。 後にフリー。 (おおた もとはる、1974年-2012年)• (おおつか のぶお 1981年-2019年) ()。 在職中は、東京支社で報道部の記者を兼務した後に、『』やドキュメンタリー番組のディレクターを務めた。 ラジオのニュースデスクや、経営部門への勤務を経て退職後の2019年に、芦屋市議会議員選挙で初当選。 (くす あつお、1981年-2018年定年) ゼネラルアナウンサーを経て、2017年2月に嘱託契約へ移行したが、2018年3月の定年を機にフリーアナウンサーへ転身。 転身後も朝日放送ラジオの番組に出演しているほか、在職中に長らく携わっていた高校野球中継の実況を、2019年からラジオ限定で再開した。 久保顕次(くぼ けんじ 1955年-? 30時点で24歳。 朝日放送テレビがTBSテレビの系列局だった1967年7月に、『』で大阪タワー展望台からの中継に登場。 久保田勝(くぼた まさる)• (くらた あさお 1972年-1976年) 1948年生まれで早稲田大学出身。 在職中は植草貞夫に師事。 数年後に故郷・富山県のに移籍すると、スポーツ実況にとどまらず、報道・バラエティなどの番組で幅広く活躍した。 現在はフリーアナウンサー。 在職中はスポーツアナウンサーとして活躍。 後にラジオの「ニュースデスク」を歴任。 日本シリーズ、1964年「阪神-南海」、1985年「阪神-西武」、1984年オールスター ほか多数。 小林一繁(こばやし かずしげ)• 30時点で27歳。 退社後の2011年3月から、2012年12月のに兵庫県選挙区および比例近畿ブロックへの重複立候補で出馬するまでは、フリーアナウンサーとして活動。 (しみず じろう、1994年-2016年) 教師への転身を視野に2016年6月中旬で退社(2017年度より兵庫県内の高校教諭)。 菅原裕和(すがわら ひろかず、1971年-2009年)• (たかだ あきら、1954年-1964年) 東京12チャンネル(現:)の開局に携わるため退社。 (たかつか てつひこ、1980年-1994年) に転身し「高塚てつ彦」を経て「高塚哲広」として活動。 高橋義昌(たかはし よしまさ)• (たかやなぎ けんいち、1983年-1991年) 開局時に移籍。 後にフリー。 30時点で23歳。 新日本放送の設立を機に同局へ移籍。 後にの社長・会長を務めた。 (たまい たかし、1956年-1989年) 1953年にラジオ神戸(現在の)へ入社。 1956年に朝日放送へ移籍した。 田村安起(たむら やすおき、1955年-?) 1964年の日本シリーズでラジオ実況を担当した。 後に放送センターの初代センター長。 (つじ とよひと、1965年-?)• (とくら のぶよし、1969年-2009年)• 退職後も2019年1月まで嘱託契約を結んでいため、2016年10月から2018年12月までラジオ番組『』のパーソナリティを務めた。 契約期間満了後の2019年2月以降も、フリーアナウンサーとして朝日放送ラジオの番組へ出演中。 (なかむら えいいち、1951年-1977年) ラジオ単営局時代の朝日放送第1期アナウンサー。 在職中には、・・大阪社会部への出向を経て、『』でラジオパーソナリティとして名を馳せた。 退社後には、を1期・参議院議員を2期歴任したほか、所属のタレントとして朝日放送の番組に随時出演していた。 中村哲夫(なかむら てつお) 在職中はスポーツアナウンサーとして活躍。 『』の初代司会も務めた。 東京オリンピックのバレーボール女子・決勝戦の実況で知られる。 退社後は、アクト・アカデミー芦屋の講師を歴任。 2015年4月に逝去。 中島愛悦• 中村宗明• (ながさわ あきひこ、1970年-2006年)• アナウンス職からの異動後に演芸番組へ長らく携わっていた縁で、の開館計画に参画したほか、初代の支配人にも内定していた(2018年の開館を前に就任を辞退)。 後に報道部長、報道局長、テレビ制作局長などを歴任)• 野島一郎(のじま いちろう) 『』でオープニングナレーション(第1話のみ)、エンディングナレーションを担当。 後にラジオの「ニュースデスク」を務めた。 長谷川景一(はせがわ けいいち)• (ひらいわ こうすけ、2011年-2018年6月) 2018年6月15日付で退社した後に、フリーアナウンサーに転身。 朝日放送在職中の2017年から携わっていた関連イベントの実況を中心に活動する ほか、「ODDYSAY」(自ら設立したマネジメント事務所)の代表取締役も務める。 松倉一義(まつくら かずよし) 『』第1話で夢屋時次郎()に街頭インタビューしていた。 (みやね せいじ、1987年-2004年)• 村上守(むらかみ まもる、1951年-? ) 朝日放送ラジオ開局の第一声を発した。 1970年代前半までスポーツ実況などで活躍。 人事異動でアナウンス職を離れてからは、経営企画室長や監査役を務めた。 (むらた よしお、1969年-2005年) 退職後は業務提携のフリーアナウンサー。 森川司郎(もりかわ しろう)• 矢代清二(やしろ せいじ、1955年-? 30時点で26歳。 現在はアクト・アカデミー芦屋の講師。 女性 [ ]• (あかえ たまお 1997年-2007年) フリーに転身し、『』など東京拠点で活動中。 安生直美(あんじょう なおみ) 現在はアクト・アカデミー芦屋講師。 石川博子(いしかわ ひろこ)• 井土昌子• 稲田英子(1955年-? 1956. 30時点で25歳。 大阪テレビ放送時代の試験放送第一声を発した。 『』の司会を担当。 小深秀子(1955年-? 30時点で27歳。 (かがわ ちほ、1992年-1998年)• (かどの ゆき、2010年-2015年) 結婚のため退社し、福岡へ移住。 所属でフリーとして活動。 刈屋幸子• 鬼頭立子(きとう りつこ) 後になどでパーソナリティー、美声で有名だった。 坂本治子• 佐藤和枝(さとう かずえ 1955年-? 30時点で29歳。 柴田邦江(しばた くにえ) 1968年から1976年まで、『』の初代パーソナリティーを務めた。 清水芙美子(しみず ふみこ)• 須藤章子• (せきね ともみ、1995年-2000年) 退社後、に転身。 セイプロダクション業務提携のフリーとしてABCの番組に出演(2018年4月からラジオ『』出演中)。 高橋章子• (たなか はなこ、2002年-2009年)• 寺岡美紗子(てらおか みさこ)• 中尾啓子(なかお けいこ)• 長島不二子(ながしま ふじこ)• 平石光世(ひらいし みつよ)• 藤久ミネ(ふじひさ みね、1958 - 1967年) 退社後は、フリーアナウンサー・評論家・放送作家に転身。 ABCのネットチェンジ後(1979年)から、『』(テレビ朝日の関東ローカル番組)でキャスターを務めた。 松本佳代子(まつもと かよこ)• 的場千鶴子(まとば ちづこ)• 美紀嵩子 現在は朗読グループRSTへ参加• (やまもと もな、1998年-2005年) フリーに転身。 2011年に一旦引退後、2013年に個人事務所で活動を再開。 吉崎泰子• (よしだ るいこ) 現在は写真家、フォトジャーナリスト。 主著に「ハーレムの熱い日々」• 開局当時から在籍。 「JONR-TV. チャネル6 シックス 、ABC朝日放送です」とステブレを入れていた。 備考 [ ]• 開局当初のアナウンサー養成は、、の方等が担当。 朝日放送グループのアナウンサーは、2018年3月31日時点の在籍者は翌4月1日の移行の際に旧朝日放送から朝日放送テレビへ全員が自動的に転籍する形で、同日以降に入社したアナウンサーも当初から朝日放送テレビが雇用する形で共に朝日放送テレビ所属となっている。 この為朝日放送テレビの番組だけでなく、兄弟会社の(ABCラジオ)やの番組に出演する場合は朝日放送テレビから出向する形を取る(スカイ・エーは分社前の旧朝日放送時代から)。 逆に朝日放送ラジオやスカイ・エーではアナウンサーの自社雇用を行っていない。 新人アナウンサーが初鳴き(放送デビュー)を迎える日には、朝日放送早朝の生放送番組(テレビ『』ラジオ『』)に出演するのが定例行事となっている。 ちなみに、この企画を提案したうえで、自身の番組で最初に実行したのは道上である。 テレビ・ラジオの分社以降、テレビでの肩書表記は「ABCアナウンサー」から「ABCテレビアナウンサー」に変更されている。 一方でラジオでのアナウンスは「ABCアナウンサー」(『』では「ABC」 )のまま。 脚注 [ ]• 高橋大作 2018年5月25日. 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2018年6月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月16日. 2018年6月16日閲覧。 例外として、『』ではスタジオレギュラー(分社時点ではヒロド歩美)は「ABC TVアナウンサー」(「ABC TV」ロゴに続けて「アナウンサー」と表記することで「ABCテレビアナウンサー」と読ませる)、ラッシャー板前の生中継パートナー(分社時点では塚本麻里衣)は「ABC TV」ロゴに続けて「朝日放送テレビ」と表記。 『』(、朝日放送テレビ、共同制作)でのヒロドもしばらく「ABCアナウンサー」のままの状態が続いた。 ABCと同じくテレビ・ラジオが分社したおよび所属アナウンサーに対しては「」「」とアナウンスしている。 外部リンク [ ]•

次の