キャノン アネルバ。 キヤノンアネルバの真空計

キヤノンアネルバ

キャノン アネルバ

ビジョン• 加速する戦略的大転換• 事業領域• グローバル市場向け製品• 半導体露光装置• FPD露光装置• 産業用カメラ• FAソリューション• ニュース• CSR・環境• CSR活動• 事業戦略• 経営基盤• マテリアリティ• 新たな価値創造、社会課題の解決• 人と社会への配慮• 人権と労働• 製品責任• 社会貢献• CSRサイトナビ• 環境への取り組み• 特集コンテンツ• おすすめコンテンツ• キヤノンについて• 会社情報• 基本情報• グループ会社情報• 業績データ• キヤノンの歴史• 投資家情報• 経営方針• 業績・財務• IRライブラリ• 個人投資家の皆さまへ• デザイン• デザインの現場から• ユニバーサルデザイン• ユニバーサルデザインガイド• 資材調達情報• グリーン調達活動• おすすめコンテンツ•

次の

電子取引システム

キャノン アネルバ

掲載対象製品について 当ホームページに掲載している製品は、以下の製品となります。 コンスーマ製品• 一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ(本体、交換レンズ、アクセサリー)• コンパクトデジタルカメラ(本体、アクセサリー)• パーソナル向けデジタルビデオカメラ/業務用デジタルビデオカメラ(本体、アクセサリー)• インクジェットプリンター(本体、インクタンク、オプション)• コンパクトフォトプリンター(本体)• パーソナル向けスキャナー(本体)• セキュリティソフトウェア(個人向け) ビジネス製品• レーザービームプリンター(本体、トナーカートリッジ、オプション)• ネットワークカメラ(本体)• ケーブルIDプリンター(本体、消耗品、オプション)• セキュリティソフトウェア(法人向け) リストの更新は法令改正時以外は不定期に行っております。 コンスーマ/ビジネス製品でWEBに掲載のない製品につきましては、下記の「該非判定書発行依頼書A」に必要事項をご記入の上、弊社担当営業又はお客様相談センターにご依頼ください。 半導体/産業機器製品につきましては、弊社担当営業にお問い合せください。 注意事項 弊社製品は、日本国内での使用を前提に国内の各種法規および電源電圧条件に対応した製品となっております。 従いまして、海外でのご使用により、安全上や品質上の問題、あるいは各国における規制への未対応などの問題が起こりましても、弊社は責任を負いかねます。 また、海外での弊社製品に対するサービス(修理、点検、消耗品の供給など)の提供につきましても対応いたしかねます。 (海外保証サービス対象製品は除きます。 ) 弊社製品を輸出する場合は、お客さまの責任において外為法およびこれらに係る政省令を遵守いただきますようお願い致します。 また、発行する該非判定書は、弊社が確認できる限りにおいて外為法に照らして判定した結果を記載したものであり、政府機関から輸出の許可が得られることを保証するものではありません。 該非判定結果リストについて 該非判定結果リストは、最新の外為法の輸出令の別表第1の1~15項、別表第2の1~45項、外為令別表の1~15項について判定した結果を型式ごとに記載しております。 判定結果は、以下のように区分しております。 区分 内容 該当 規制対象品目であり、且つ、規制スペックを超えているもの。 該当の場合は、判定項番を記載しております。 非該当 規制対象品目であるが規制スペックには及ばないもの、または、規制対象品目ではないもの。 非該当の場合は、判定項番を記載しておりません。 輸出通関用資料としてご利用の場合は、PDFを印刷の上、対象製品の「輸出対象」欄にマークをしてご使用ください。 このリストをもって、該非判定書とさせていただきます。 米国輸出管理規則の扱いについて 弊社商品は、輸出先国/地域が米国輸出管理規則で定める禁輸国および制裁対象国である、キューバ、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、スーダン、シリア、ウクライナのクリミア地域以外の場合、同規則における米国政府の許可は不要です。

次の

954

キャノン アネルバ

本社所在地:神奈川県川崎市麻生区栗木2-5-1 会社沿革• 1967年(昭和42年)10月 日電バリアン(株)創立(本社:港区麻布)• 1975年(昭和50年)4月 本社を府中工場に移転• 1977年(昭和52年)10月 バリアン社との合弁契約解消• 1979年(昭和54年)11月 社名を「日電アネルバ(株)」に変更• 1983年(昭和58年)4月 富士工場開設。 日電アネルバエンジニアリング(株)設立• 1991年(平成3年)2月 静岡アネルバ(株)設立• 1993年(平成5年)4月 富士第三工場竣工• 1994年(平成6年)7月 事業部制導入• 1995年(平成7年)10月 ISO-9001認証取得。 日電アネルバエンジニアリング(株)を合併。 社名を「アネルバ(株)」に変更• 1996年(平成8年)7月 事業部制の変更。 FPD(事)、MMD(事)、開発研究所、次世代商品開発本部創設• 1997年(平成9年)9月 半導体製造装置COSMOSシリーズ発売• 1997年(平成9年)10月 創立30周年記念式典を挙行• 1998年(平成10年)10月 ISO-14001認証取得• 1999年(平成11年)4月 アネルバテクノビジネス(株)設立• 2002年(平成14年)7月 静岡アネルバ(株)を吸収合併• 2003年(平成15年)10月 アネルバテクニクス(株)設立• 2005年(平成17年)10月 社名を変更。 キヤノンアネルバ(株)(旧アネルバ(株))キヤノンアネルバエンジニアリング(株)(旧アネルバテクノビジネス(株))キヤノンアネルバテクニクス(株)(旧アネルバテクニクス(株))• 2007年(平成19年)4月 富士第四工場竣工• 2007年(平成19年)6月 栗木新本社竣工• 2007年(平成19年)8月 栗木新本社へ移転• 2010年(平成22年)2月 キヤノンアネルバエンジニアリング(株)、キヤノンアネルバテクニクス(株)を合併 事業内容• 真空成膜加工装置(半導体製造装置、ストレージデバイス製造装置、液晶製造装置、太陽電池製造装置、研究開発・小規模生産装置)• 真空コンポーネント(真空ポンプ、真空計測機器、分析機器、真空部品)• 保守サービス(装置、コンポーネント保守・改造、保守部品販売、部品洗浄) 外部リンク.

次の