魔女 の 宅急便 声優。 【魔女の宅急便】声優一覧!高山みなみが二役演じてた!

【魔女の宅急便】魔女の大先輩、キキの母親コキリについてのまとめ。

魔女 の 宅急便 声優

ウソップの声を担当している声優は誰?コナンや魔女の宅急便にも出ていた!? ONE PIECEの登場キャラクター『ウソップ』は、長い鼻と個性的な見た目ですよね! さらにそのキャラクター自体も、他のアニメには存在しない、独特なキャラクター像となっていて、唯一無二の存在となっています。 そんな個性的なウソップに声を宿している声優さんの演技もピッタリ合っていますよね! 驚いたり怯えたり、相当声を担当されるのは難しいであろうという予想はできますが、そんな表情豊かなウソップを演じている声優さんはどんな人なのでしょうか? ウソップ役・山口勝平プロフィール ウソップの声優をされているのは、『山口勝平』さんという人物です。 芸名:山口 勝平(やまぐち かっぺい)• 本名:山口 光雄(やまぐち みつお)• あだ名:かっぺー• 職業:声優、舞台俳優• 生年月日:1965年5月23日• 出身:福岡県福岡市• 血液型:B型• 身長:160cm• 事務所:芸能プロダクション悟空(代表) 山口さんは、声優としてだけではなく、舞台俳優としても活動されている俳優さん。 そこで培われた演技力はピカイチで、ウソップの絵を見なくてもウソップがどんな表情をしているのか想像がつくほどの声の演技力をお持ちですね! ちなみに芸名の「山口勝平」の由来は、福岡弁交じりで話していたため「いなかっぺ」と師匠の肝付兼太さんに命名され、そこに本人が好きな「ダッシュ勝平」を組み合わせて「山口勝平」となったそうです。 デビューは何年?芸歴は? 山口さんの作品デビューは、• 俳優・・・『青い彗星の一夜』珍獣ボラボラ役(1985年)• 声優・・・『どんどんドメルとロン』船員A役(1988年) 俳優が先だったんですね。 そこから徐々に声優のお仕事も増えていったのだと思いますが、『船員A役』というのがまたイイですよね笑 今では主人公もたくさん演じられている山口さんも、名もないキャラクターを演じていたという事が分かります。 芸歴は、2019年現在で計算してみると、俳優歴・34年、声優歴・31年の大ベテランです! 家族はいるの? 山口さんは、1990年に元劇団21世紀FOXの方と結婚されて、1男1女のパパです。 お兄ちゃん・・・竜之介くん• 山口勝平は「名探偵コナン」「魔女の宅急便」にも出演? 山口さんの代表作品は数多く存在しますし、今やワンピースのウソップ役もそのうちの1つですよね。 他にはどんな作品に出演しているのか?というと・・・• 「魔女の宅急便(とんぼ)」1989年• 「名探偵コナン(工藤新一、怪盗キッド)」1996年• 「犬夜叉(犬夜叉)」2000年 — 2010年• 「DEATH NOTE(L)」2006年 などなど、老若男女問わず誰もが知っている役ばかりです! 山口勝平はコナンのような推理作品が得意? 山口さんはこれまでに、• サンデーの「名探偵コナン」のコナン• マガジンの「金田一少年の事件簿」の金田一• ジャンプの「DEATH NOTE」のL と日本の三大少年漫画誌が誇るミステリー漫画の名探偵を3人も演じていることでも話題になりました。 ミステリー漫画とは言え少年漫画なので、明るい場面とシリアスな場面が交互に訪れ、その都度テンションを切り替える必要がありますよね。 しかも、コナンを見ていて「Lだ」とは思わないので、同じ声の持ち主であってもキャラクターによってしっかりと演じ分けているという事です。 初登場から現在に至るまで、1度も声優が変わることなく山口勝平さんが演じています。 現在700話を超えるような長寿アニメですので、途中で登場キャラクターの声優さんが変わることがありました。 しかしウソップは1度も変わっていません!これは凄い事ですよね! 山口勝平はウソップ以外の声も演じていた!? 山口さんが担当されているキャラクターは、実は、ウソップだけではなかったのです。 これまでにいわゆる「ちょい役」として、山口さんが声を演じたキャラクターが数人います。 正直名前を聞いてもどのキャラクターか思い出せない、という役もあるのですが…笑 例えば、アラバスタ編で登場した、ラクダの「マツゲ」というキャラクター。 こちらも山口さんが担当されています。 他にも、ルフィ・エース・サボの幼少期が描かれたシーンで、ダダン一家という山賊の中に「ドグラ」という白いターバンをかぶったようなキャラクターがいたのですが、あのキャラクターも山口さんが担当されていました。 これは、山口さんの別名義で間違いないようですね。 そこで調べてわかった事ですが、名探偵コナンに登場する「工藤新一」や「怪盗キッド」の声も変わったと噂されていました。 工藤新一・怪盗キッドについても声優が山口さんから変わった事はありませんので、こちらもウソップ同様という事になりますね。 そこで考えられるのは下記の2点。 ワンピースのアニメの放送が開始されたのは1999年10月からとされていますので、約20年もの間1人の人間を演じている事になります。 変声期と呼ばれる声変わりの時期を過ぎていたとしても、微妙に声は年齢とともに変化していくものですので、年齢を重ねるごとに少しずつ声が変わっていった可能性があると思います。 工藤新一の声も「低くなった」と噂されており、年齢によるものだと考えると、徐々に声が低くなるのも納得ですよね。 そこまでではないとしても、20年間もお仕事を続けていれば風邪をひいてしまう時もあるでしょう。 ウソップは登場回数も多いキャラクターですし、完治していない状態で演じた時に声がいつもと少し違って聞こえる場合は考えられますね。 山口さんの声は透明感のある少し高めの声なので、変化に気付かれやすかったのかもしれません。

次の

魔女の宅急便

魔女 の 宅急便 声優

ウソップの声を担当している声優は誰?コナンや魔女の宅急便にも出ていた!? ONE PIECEの登場キャラクター『ウソップ』は、長い鼻と個性的な見た目ですよね! さらにそのキャラクター自体も、他のアニメには存在しない、独特なキャラクター像となっていて、唯一無二の存在となっています。 そんな個性的なウソップに声を宿している声優さんの演技もピッタリ合っていますよね! 驚いたり怯えたり、相当声を担当されるのは難しいであろうという予想はできますが、そんな表情豊かなウソップを演じている声優さんはどんな人なのでしょうか? ウソップ役・山口勝平プロフィール ウソップの声優をされているのは、『山口勝平』さんという人物です。 芸名:山口 勝平(やまぐち かっぺい)• 本名:山口 光雄(やまぐち みつお)• あだ名:かっぺー• 職業:声優、舞台俳優• 生年月日:1965年5月23日• 出身:福岡県福岡市• 血液型:B型• 身長:160cm• 事務所:芸能プロダクション悟空(代表) 山口さんは、声優としてだけではなく、舞台俳優としても活動されている俳優さん。 そこで培われた演技力はピカイチで、ウソップの絵を見なくてもウソップがどんな表情をしているのか想像がつくほどの声の演技力をお持ちですね! ちなみに芸名の「山口勝平」の由来は、福岡弁交じりで話していたため「いなかっぺ」と師匠の肝付兼太さんに命名され、そこに本人が好きな「ダッシュ勝平」を組み合わせて「山口勝平」となったそうです。 デビューは何年?芸歴は? 山口さんの作品デビューは、• 俳優・・・『青い彗星の一夜』珍獣ボラボラ役(1985年)• 声優・・・『どんどんドメルとロン』船員A役(1988年) 俳優が先だったんですね。 そこから徐々に声優のお仕事も増えていったのだと思いますが、『船員A役』というのがまたイイですよね笑 今では主人公もたくさん演じられている山口さんも、名もないキャラクターを演じていたという事が分かります。 芸歴は、2019年現在で計算してみると、俳優歴・34年、声優歴・31年の大ベテランです! 家族はいるの? 山口さんは、1990年に元劇団21世紀FOXの方と結婚されて、1男1女のパパです。 お兄ちゃん・・・竜之介くん• 山口勝平は「名探偵コナン」「魔女の宅急便」にも出演? 山口さんの代表作品は数多く存在しますし、今やワンピースのウソップ役もそのうちの1つですよね。 他にはどんな作品に出演しているのか?というと・・・• 「魔女の宅急便(とんぼ)」1989年• 「名探偵コナン(工藤新一、怪盗キッド)」1996年• 「犬夜叉(犬夜叉)」2000年 — 2010年• 「DEATH NOTE(L)」2006年 などなど、老若男女問わず誰もが知っている役ばかりです! 山口勝平はコナンのような推理作品が得意? 山口さんはこれまでに、• サンデーの「名探偵コナン」のコナン• マガジンの「金田一少年の事件簿」の金田一• ジャンプの「DEATH NOTE」のL と日本の三大少年漫画誌が誇るミステリー漫画の名探偵を3人も演じていることでも話題になりました。 ミステリー漫画とは言え少年漫画なので、明るい場面とシリアスな場面が交互に訪れ、その都度テンションを切り替える必要がありますよね。 しかも、コナンを見ていて「Lだ」とは思わないので、同じ声の持ち主であってもキャラクターによってしっかりと演じ分けているという事です。 初登場から現在に至るまで、1度も声優が変わることなく山口勝平さんが演じています。 現在700話を超えるような長寿アニメですので、途中で登場キャラクターの声優さんが変わることがありました。 しかしウソップは1度も変わっていません!これは凄い事ですよね! 山口勝平はウソップ以外の声も演じていた!? 山口さんが担当されているキャラクターは、実は、ウソップだけではなかったのです。 これまでにいわゆる「ちょい役」として、山口さんが声を演じたキャラクターが数人います。 正直名前を聞いてもどのキャラクターか思い出せない、という役もあるのですが…笑 例えば、アラバスタ編で登場した、ラクダの「マツゲ」というキャラクター。 こちらも山口さんが担当されています。 他にも、ルフィ・エース・サボの幼少期が描かれたシーンで、ダダン一家という山賊の中に「ドグラ」という白いターバンをかぶったようなキャラクターがいたのですが、あのキャラクターも山口さんが担当されていました。 これは、山口さんの別名義で間違いないようですね。 そこで調べてわかった事ですが、名探偵コナンに登場する「工藤新一」や「怪盗キッド」の声も変わったと噂されていました。 工藤新一・怪盗キッドについても声優が山口さんから変わった事はありませんので、こちらもウソップ同様という事になりますね。 そこで考えられるのは下記の2点。 ワンピースのアニメの放送が開始されたのは1999年10月からとされていますので、約20年もの間1人の人間を演じている事になります。 変声期と呼ばれる声変わりの時期を過ぎていたとしても、微妙に声は年齢とともに変化していくものですので、年齢を重ねるごとに少しずつ声が変わっていった可能性があると思います。 工藤新一の声も「低くなった」と噂されており、年齢によるものだと考えると、徐々に声が低くなるのも納得ですよね。 そこまでではないとしても、20年間もお仕事を続けていれば風邪をひいてしまう時もあるでしょう。 ウソップは登場回数も多いキャラクターですし、完治していない状態で演じた時に声がいつもと少し違って聞こえる場合は考えられますね。 山口さんの声は透明感のある少し高めの声なので、変化に気付かれやすかったのかもしれません。

次の

【魔女の宅急便声優一覧】おばぁちゃん・お父さん・キキを画像付きで!

魔女 の 宅急便 声優

魔女の宅急便 キキとウルスラの声が一緒なのには理由があった! 同じアニメの中で主要人物が一緒の声優さんということは珍しいのではないでしょうか? すぐに思い当たるのは「ドラゴンボール」。 悟空・悟飯・悟天と親子を「野沢雅子さん」が担当されていますよね。 魔女の宅急便のキキとウルスラは血の繋がりがありません。 しかしいくつかの共通点があるのではないでしょうか? それは• 親元を離れ自立し生活を送っているということ• 自分の能力でお金を稼いでいるところ どうやら「魔女の宅急便」が公開された当時、宮崎駿監督は以下のように話されています。 キキの成長した姿をウルスラが体現している キキの魔力が弱まり、ジジと話せなくなり・空を飛べなくなった キキの絶不調の時にウルスラにであった。 そしてウルスラは自らの挫折経験をキキに話します。 ウルスラが住む森ロッジのお泊まり会の時ですね。 この時、 ウルスラは過去の自分に話しかけ励ましている キキは未来の自分から励まされている というシーンですよね。 他人だけれども、 人生がシンクロした瞬間ですよね。 この瞬間を同じ声優さんが演じていると思うと鳥肌がたちますね。 過去の失敗・辛い経験があり現在がある。 強くいきているということを1人の声優さんが二役演じることで 伝えたのかなと考察します。 辛い経験をしてこそ未来の成功、そして強く生きることを得られるのではないでしょうか? さすが宮崎駿監督と感じますよね。 キキとウルスラが同じ声優なのは適役がいなかったから!? 前章にてキキとウルスラの声優が同じ人の意味を考察しましたが、 実は以下のような理由とも言われています。 高山みなみさんはもともと「絵描きウルスラ役のみ」演じる予定だったが、「キキ」の適役が高山みなみさんしかおらず両役に抜擢された。 意外な展開です! ネット上で言われていることなので真実は不明ですがこのような見方もあるようです。 高山みなみさんの声優としての技量が素晴らしかったことと、 ウルスラとキキの関係を考慮した結果だったのかな? とも感じます。 ウルスラの名言もご紹介! ウルスラは19歳で夏の間だけ森の中で絵をかい得ているという設定です。 描くのをやめる キキがウルスラのロッジにお泊まりした際、2人が話していた時にでた名言です。 キキは飛べなくなったらどうしようという不安をウルスラにぶつけます。 そしてウルスラが言ったのが 「描くのをやめる。 散歩したり、景色みたり、昼寝をしたり、何もしない。 そのうち急に描きたくなるんだよ。 」という言葉。 キキにしたら飛ぶのをやめるということ。 魔女のキキ としてできることが飛ぶこと。 それをやめるということはキキの全てを消すということ・・ しかし、そこまで自分の中でキキの中で大切なものやりたいことであれば、 勝手に湧き出てくる気持ちがある はずだから待ってみるということをウルスラは伝えたのではないでしょうか? ウルスラは画家としてなんどもキキのような状態・スランプに陥ったのではないでしょうか? そのスランプを経験し成長したからこそキキの胸にウルスラの言葉が刺さったのでしょう。 ウルスラのロッジに泊まっり、名言を聞いたキキは少しつまりが取れた感じになり前向きになっていきます。 キキの成長にとってウルスラはなくてはならない存在・休憩てあり憩いの時間・大切な時間だったのかなと考察します。 魔女の血、絵描きの血、パン職人の血 神様か誰かがくれた力なんだよね キキを描きながらウルスラが言った一言ですね。 またこの言葉を言った時に 「あなたこないだよりいい顔してる」という言葉も言っています。 経験を積んで成長したということをウルスラはいっているのかんと感じます。 飛べなくなって悩んでいることにも意味がある。 この経験で成長しているという意味が込められているのかな? と考察します。 まとめ 魔女の宅急便のキキとウルスラの声優が一緒の意味をお伝えしていきました。 偶然に一緒の声優になったのは必然的なものを感じますよね。 これから魔女の宅急便を見る時には、キキとウルスラの声にも注目したいと思います! ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の