タバコ メンソール おすすめ。 加熱式タバコの人気おすすめランキング20選【2020年最新版】

【ヴェポライザーや手巻きタバコ】シャグのおすすめ商品21選

タバコ メンソール おすすめ

「シャグ」とは 巻きタバコのことで、タバコの葉を自分でタバコ紙に巻いて吸うタイプのタバコです。 増税などで段々と値段を上げてきているタバコですが、シャグは 自分の好みの葉の量を巻くことができるため、1本分の葉で2本巻くことができたりと非常に経済的。 シャグには 様々な種類が存在し、メンソール、無添加などの王道から、コーヒーやフルーツなどの甘いフレーバーのものも存在します。 数多く存在する葉の中から、お好みの物を選び、そのまま巻くも良し、 ブレンドして楽しむ事も可能。 自分好みのタバコが無いという方には非常におすすめです。 しかし、種類が多いだけにどんなシャグを選んでいいのか分からないですよね。 そこで、今回は初心者の方にも分かりやすいようにシャグの選び方や、おすすめ商品をご紹介します。 近年、シャグにも一般的な吸い方の他に、ヴェポライザーというアイテムが存在します。 一般的な吸い方としては、タバコのようにライターなどで火を付けて吸う方法ですが、ヴェポライザーは 電子タバコのようにシャグを加熱して吸う機械のことです。 ヴェポライザーは加熱室という小部屋のような場所にシャグを入れ、 加熱された水蒸気を楽しむ物です。 加熱室に入れるシャグの量は限られますので、自ずと節約にもなる優れもの。 好みは分かれますが、シャグ愛用者の中には ヴェポライザーが好みだという方も多いです。 ヴェポライザーを使用する場合は紙で巻く必要もありませんので、ペーパー代や巻機も必要ありません。 もちろん、ヴェポライザーの初期投資は必要になりますが、初めての方にもお試しに最適です。 ヴェポライザーにおすすめシャグをご覧になりたい方はこちらをご覧ください。 シャグで楽しめるフレーバーの醍醐味といっても過言ではないのが、アロマ系やフルーツ系の 甘いフレーバーです。 フルーツ系は柑橘系などを選べば爽快な香りを楽しむことができます。 中でも特に バニラのフレーバーは、男女を問わず人気があります。 もっと甘いフレーバーが好きという方には、 チョコレートやシナモンなどのフレーバーもあり、タバコを吸っているというよりは、 アロマで癒されるような気分を味わえます。 近年では、甘いフレーバを目的にシャグを始める人も多いんですよ、 電子タバコなどでは味わえない、シャグだけの豊富に揃った甘いフレーバをお楽しみいただけます。 甘いフレーバーのシャグをお探しの方は、こちらの記事をご覧ください。 メンソール系は特にシャグの中でも 特に人気が高い味です。 シャグは巻きたばこなので、フィルターを使用しない場合は、よりダイレクトにタバコの香りや味を味わえます。 そのため、シャグ 初心者の方にも入りやすい味と言えるでしょう。 また、紙巻きからヴェポライザーに切り替える方にもおすすめです。 ヴェポライザーは加熱して水蒸気を楽しむ物なので、 メンソールの爽やかな香りは楽しみやすく、気分を切り替えたい方、タバコ臭が気になる方によりおすすめです。 シャグには紙巻きタバコよりもメンソール種類が豊富なので、お好みの強さを選びやすいのも嬉しいポイントです。 メンソールのシャグをお探しの方は、こちらの記事をご覧ください。 シャグは紙巻の場合、フィルターを使用しない場合はダイレクトに煙を吸い込むことになるため、添加物を気にする方も多くいらっしゃいます。 そんな方には、 香料や発火剤などを使わない無添加のシャグがおすすめ。 余計なものは何も加えていないので、より タバコ本来の味や香りを楽しむことができます。 今までは一般的な紙巻きタバコを吸っていたけど、シャグに切り替えようかと悩んでいる方には、より大人なタバコを楽しむことができるのでおすすめです。 ただし、オーガニックや無添加のシャグは、他のシャグと比べて 乾燥しやすく劣化が早いというデメリットも。 巻きやすくしたり、香りを引き立てるためには適度な湿気を与えてあげる必要がありますが、 カビの原因にもなるので注意が必要です。 無添加・無香料のシャグをお探しの方は、こちらの記事をご覧ください。 CHOICEはデンマークの会社で、 フレーバー系のシャグを多く取り扱うことでも有名です。 シャグのパッケージの裏側には、日本では販売されていない商品を含め14種類ものフレーバーシャグの写真と商品説明が記載されています。 日本で販売されているものとしては、アップル、 バニラ、 アイスティー、クールミント、ロズがメジャーです。 最近では日本での取り扱いも増えてきて、新しいフレーバーでは ダークチョコレート、グレープ、アロマティックなどがラインナップされています。 葉の刻み幅は細めで、ふんわりと巻かないと重くて硬くなってしまうので注意が必要です。 付属のペーパーには、 MAC BARENのフリーバーニングのペーパーが採用されています。 フレーバーがお好きな人は、まずCHOICEを通るのがシャグの中では王道となっています。 cheは ルクセンブルクで製造されるタバコの銘柄で、輸入販売元は秋山産業という会社が行っています。 キューバ産の葉をブレンドしているため、キューバの英雄であるチェ・ゲバラの顔が描かれたパッケージが有名です。 もともと巻きタバコを販売していたメーカーですが、2012年位からは紙タバコの販売も開始。 バーレー、バージニア、オリエンタル、メリーランドなどのタバコ葉をブレンドしており、 無香料・無添加が売りです。 刻み幅は少し細めで、茎などの混入も少なく、 非常に巻きやすいシャグと言えるでしょう。 付属のペーパーは、 極薄タイプのヘンプのフリーバーニングで70mmの大きさが50枚入っています。 付属のペーパーはあまり美味しくないことが多いのですが、cheはペーパーも優れていると評判です。 Natural American Spiritは1982年にアメリカに設立されたサンタフェナチュラルタバコ社が製造している、日本でも 「アメスピ」と言われている有名な銘柄です。 化学薬品や香料を一切使用していない 100%無添加タバコとしても有名です。 刻み幅は少し太めで、黄色味がかった葉が特徴的です。 付属されているペーパーはアメリカンスピリットオリジナルのペーパーで、 他の製品よりも一回り大きいため、ローラーなどで巻く場合はサイズに合わせてカットが必要です。 無添加・オーガニックならではのタバコ本来の香り高い上質さが魅力です。 紙巻きタバコから入った方でも安心して使用できますし、知っている銘柄から始めたい、無添加にこだわりたいという方には定番のおすすめシャグです。 生産国はデンマークのコルツシリーズが販売しているシャグです。 フレーバータイプなども扱っており、中には 100%無添加のコルツ・ナチュラルなども販売しています。 コルツ・ナチュラルの刻み幅は細めですが、少し短めなのでなれない方には巻きずらいかもしれません。 フレーバーにはアップル&シナモン、バニラ、ライチ、グリーンティーなどがあります。 コルツの バニラは他のシャグと比べても濃厚な強い香りが有名で、他のシンプルなタバコ葉のシャグとブレンドして楽しむ方も少なくありません。 好みは分かれますが、男性にもコルツのバニラ愛用者は沢山いらっしゃいます。 フレーバーや無添加など、迷ったら幅広いジャンルを扱うコルツを抑えておくと良いでしょう。 シャグの中でも有名な銘柄であるコルツのフレーバータイプ「グリーンティ」です。 グリーンティと言っても、日本茶のことではなく、 紅茶の香りを楽しむことができます。 ほのかに甘い香りで、 初心者の方にも吸いやすくなっています。 そのままでも、普通のシャグとブレンドして楽しむこともできます。 巻きタバコとしてはもちろんですが、 ヴェポライザー で吸っても美味しいと不動の人気を誇っています。 ヴェポライザーでシャグを始めたい方にはおすすめの商品です。 このドルチェは、 キャラメルとバニラの甘い香りが特徴的。 カフェオレのような淡い色のパッケージが目を引きます。 シャグの香りはキャラメルとミルクが合わさったようなコクのある甘い香りがします。 巻きタバコとして使用すると、 バニラの味もしっかりと感じられますが、ヴェポライザーで吸うとバニラは消えてしまいます。 よりスイーツのようなキャラメルバニラを感じたいのであれば、巻きタバコで味わうことをおすすめします。 パッケージを開けてみると、パパイヤやマンゴーのような 南国のフルーツを思わせる甘い香りがします。 甘い中にも、カスタードクリームのようなコクを感じることもできます。 刻み幅が細かいため、キツく巻いたり緩めに巻いたりすることで、 重さを調節しやすいです。 味は少し酸味のあるフルーツの香りと、バニラのようなコク、タバコの苦味がちょうど良く混ざり、 マイルドな味わいです。 パウチを開けた瞬間に広がるラムの強い香りは、どことなく ウィスキーボンボンのような甘さも感じます。 刻み幅はとても細かく、手巻きでもローラーでも、ヴェポライザーに詰めることも難しくなく、 吸いやすいサイズです。 味はコーヒーの香りの中にチョコレートのような甘みとコクを感じることができます。 甘すぎるフレーバーが苦手な方にもおすすめです。 キールロワイヤルとは、スパークリングワインやシャンパンなどの カシスを使って作られたお酒のことで、パウチを開けるとカシスリキュールのような芳醇な香りがします。 カシスだけの甘ったるい香りだけでなく、しっかりと リキュールの香りもしますよ。 味わいは、香り通りのカシスの甘い香りと、タバコの酸味や苦味をしっかり感じられ、少し スパイシーな味わいが大人のお酒を嗜んでいるような気分を味わえます。 商品名• コルツ バニラ• スタンレー バニラ• チョイス・ダブルバニラ• エクセレント・キールロワイヤル• チョイス・ラム&コーヒー• スタンレー レモン• チョイス・アロマティック• チョイス・ドルチェ• ブラックスパイダー・シャグ カフェバニラ• ブラックスパイダー・シャグ アイスバニラ• バニラフレーバーの中でもトップの人気• 後味すっきりのバニラフレーバー• 濃厚なバニラなのに後味スッキリ系• シャンパンのような大人の香り• まるでウィスキーボンボンのような大人の香り• フレーバーの中でも数少ないレモンフレーバー• 南国を思わせる甘い香り• 甘さとビターな香りがクセになる• コーヒーの苦味と優しいバニラの甘み• 優しいメンソールで後味爽やか• 1080円 税込• 850円 税込• 890円 税込• 1190円 税込• 890円 税込• 870円 税込• 890円 税込• 870円 税込• 930円 税込• 910円 税込• 内容量• 40g• 30g• 30g• 40g• 30g• 30g• 30g• 30g• 30g• 30g• フレーバー• バニラ• バニラ• ダブルバニラ• キールロワイヤル• ラム&コーヒー• レモン• アロマティック• キャラメルバニラ• カフェバニラ• アイスバニラ• 商品リンク•

次の

【徹底比較】初心者向けタバコのおすすめ人気ランキング17選

タバコ メンソール おすすめ

今ではJTのブランドでしたが、国内製造に移ってからは、完全な国内ブランドになっています。 この銘柄は、地方の山形などの一部で販売され、そこから全国に販売されるようになりました。 ふんわりピーチの香りということで、フルーツフレーバーのタバコの印象が薄い銘柄です。 元々、かつてあったベヴェルとよばれる銘柄を受け継ぎ、現在のピアニッシモ・ベヴェルをよりフルーティーに仕上げたのが、この銘柄です。 ピアニッシモは、どれもシトラス、ラズベリーなどの香りを付けてあり、ほとんどがタバコ臭を抑えてあります。 従って、タバコの喫味を楽しむわけではないので、女性向け、それもリラックスや雰囲気、あるいは気分転換のための喫煙といったスタイルですね。 男性にはほとんど人気はありません。 メンソールカプセルを潰して楽しむスタイルで、バージニアといえばスリムで細いスタイルが定番でした。 女性にこれまで人気が高かったのですが、バージニア・ロゼ・メンソールの登場で、現在は男性でもファンを獲得しています。 甘いタバコの代表格で、若い女性が好んで吸う銘柄としては定番となっています。 その分、喫味はタバコ本来の味を楽しむというよりも、メンソールの味で気分転換をするといった感じですね。 かつてはバージニア・スリムという名称でした。 当初から100ミリで統一され、昔からメンソール以外のスタンダードはありません。 また、10本2箱セットのバージニア・エス・デュオ・メンソールというシリーズもバージニアにはありました。 バージニア・エス・アイスパールは、かつてのバージニア・スリム・ライトのメンソールを強めたものです。 またこの銘柄はタバコ初心者向けでもあります。 マルボロに次いで米国では人気のあるブランドで、かつては日本ではそれなりの地位の人が好んで吸っていたブランドです。 スムーズでクセのない喫味で、タバコ臭もキツくなく、バニラの香りが僅かに香るタバコでした。 しかしながら、現在では100シリーズが定番となり、本来のラークは、クラシック・マイルドにその名を残すといった印象です。 ウルトラメンソールシリーズが発売され、徐々に人気はメンソールフレーバーに偏りつつあります。 また販売されるブランドの中でも、この銘柄一つで自販機全部を埋め尽くすほど枝分かれし、最も廃止と消える種類が多いと目され始めています。 とにかく種類が多すぎるのが問題でしょうね。 コンビニエンスでもすべての種類が置かれることはなく、メビウスの人気に押されつつあります。 米国のブランドウィンストンと統合した、キャビンと並ぶ元国内銘柄キャスターの後継銘柄です。 キャスターとは、マイルドセブンと同じ頃に、バニラフレーバー、多くの愛煙家に親しまれた香りが独特の銘柄でした。 特にタールとニコチンの強さが苦手な、喫煙を始めた人に人気があり、女性にも好まれたブランドですね。 あまりタバコ臭がしないのも特徴でした。 ホワイトワンシリーズは、キャスターの特徴を色濃く残す銘柄で、最初から甘く感じられるフレーバー、刺激の少ない吸い心地で、バニラ風味も健在です。 これはマダカスカル産のバニラを使用しているからで、価格の面からもホワイトワン100sは、その味わいを長く楽しめるものとなっています。 JTの人気銘柄で無くなったブランドとしては、キャスターとキャビンが消えたのは非常に残念で、愛煙家からは評価の高いブランドだっただけに、こうして名前を残しつつ受け継がれるのは、実に嬉しいものです。 現在では4種類の枝分かれをした、ショートタイプのタバコです。 今では短いショートサイズとしての認知ですが、本来、この長さがレギュラーであり、セブンスターのものはロング、その上がキングサイズで、キャビン85などが有名でした。 更にその上が100、更にその上がスーパロングです。 アメリカンブレンドのタバコ葉を主体にし、余計な香りをあまりつけず、また燃焼剤も加えておらず、フィルターと紙、タバコ葉だけの喫味が楽しめる銘柄としては、ピースを除いてホープしか現在ではありません。 1990年代にホープライトが発売され、内箱のケース裏にはちょっとしたギミックがあることでも知られています。 短く太い特徴を持つだけではなく、タバコ葉をギリギリいっぱいまで詰めてあるのが特徴で、その短さとは裏腹に、喫煙時間が長いことでも人気があります。 愛煙家でも、本来の紙巻たばこのファンでは熱い支持が継続しており、このブランドだけはJTは廃止を検討することはないでしょう。 またかつての往年の旧日本専売公社を彷彿させる、伝統的なブランドの一つでもあります。 外国タバコの中では、最もシリーズで長く続き、ついにはレギュラーシリーズを凌ぐ勢いで人気となったのが、マルボロ・メンソールでしょう。 しかしながら、現在市販の比較的新しいブラックメンソールの人気に押され、現在ではかつてのイメージは低くなり、人気は下がりつつあります。 昔は多くのクリエイターも愛用し、メンソールの中では男性に好まれている時代もありました。 あまり強烈な個性がないので、女性にも一部人気を博し、マルボロ由来の味わいを感じさせる銘柄の一つです。 メンソールの味わいも、今では他の種類がかなり軽い味わいに傾倒しているの比べ、強く感じるイメージになってきました。 しかしながら、マルボロシリーズの一時代を築いた銘柄であることは間違いありません。 元々は、喫味が非常に軽い外国タバコの銘柄で、赤で統一され、真ん中にWINSTONの大きなロゴがある、上下が赤い帯の銘柄でした。 発売当初人気が低く、殆どはタバコ専門店でしか入手できないブランドでした。 現在では、キャビンやキャスターと統合されているので、日本のタバコ銘柄と思われているかもしれません。 また、本来、雑味もタールの味も少なく、愛煙家からは物足りなさが指摘されていましたが、キャビンとキャスターと統合されるに従い、その香りとフレーバーを追加し、今ではJTの中でも中核の販売を担うほどになっています。 ウィンストン・コンパクトブルーのシリーズでは、ブルーワンが昔のウィンストンの雰囲気が感じられる印象があります。 また、日本の人気ブランド、メビウスに次ぐシリーズでは最も種類の多い銘柄となっています。 外国タバコの中では、日本国内で不動の地位を獲得したJTでも主力となっているシリーズのフラッグシップブランドです。 現在では独特のロゴは薄く、ほとんど消えて、赤と白の昔からの柄のみのデザインに一新されています。 香ばしさ、本来の甘みを持つことで知られ、雑味も感じられるので愛煙家にはファンが昔から多いです。 タールも多いためか、あまり若い愛煙家には好まれない傾向があります。 全世界で最も販売数が多く、ベストセラーとして有名で、現行販売品の他に、これまで数多い数量限定商品も販売されています。 なかでもメンソールシリーズは、国内シェアが過去最大に伸びており、その最初のこのレギュラーは、紙巻たばこのファンからは、最も外国タバコらしい味としてよく知られているようになっています。 米国では、キャメル、ラッキーストライクなどの人気銘柄に対して苦戦し、当初は女性向けとしていたのが、有名なカウボーイの宣伝効果で、また看板などは印象的なものとして非常に人気があがり、日本でもかつて多くのCMが放送されました。 かつて販売されていたキャビンブランドの廃止に伴って、ウィンストンと一緒になった銘柄です。 キャビン時代の特徴であった深く、味わい深いスタイルは継承し、中でも8レッドはキャビンのファンからも支持されています。 ウィンストンは、米国を始めとして世界的に販売されているブランドで、クセのない軽い喫味で人気を不動のものにしていました。 ウィンストン単体の発売は無くなりましたが、キャスターとキャビンと統合され、現在ではそれぞれ、ウィンストン・キャビンと、ウィンストン・キャスターで二分しています。 現在のウィンストン・キャビンのライトテイストにあたるレッド2あたりが、ウィンストンの味に近いと思います。 ちなみに、愛煙家の間では、キャビンの名作は、昔のキャビン85であるという話題がありますね。 こちらも旧三級品銘柄の一つで、わかば、ゴールデンバット、しんせいの本州で販売されるものの中では、比較的、通常の価格帯であるセブンスターやホープなどの銘柄を好む人からも、それなりに人気を獲得しています。 旧三級品は今では全種類フィルター付きとなっていますが、ゴールデンバット、しんせいは両切りでフィルター無しであったにも関わらず、昔からフィルター付きで、味わいは人気銘柄と比較しても若干劣る程度だったので、コスパ的にこちらに切り替える愛煙家も増えています。 ただ、タバコのサイズとしては特殊で、昔は本州でも入手出来たバイオレットなどのいわゆる沖縄B旧品と同様、味はそれなりに良いが喫煙時間が短いといったデメリットがあります。 銘柄を変える場合に選ばれるB級品というよりも、往年のファンがまだ根強いといった感じでしょうか。 旧三級品として、非常に古くから登場している、デザイン、味も変わらない安い価格のタバコの一つです。 三級品とは、タバコの葉の茎や葉脈を除去する工程を省略し、パッケージも簡素なもので、かつては外装も紙のままで省略していました。 労働者の愛煙家に支持され、香りはやや強めの、味はそれほど無く、吸いごたえが強調されたものになっています。 市販れている旧三級品の中では、比較的入手が用意で、現在のコンビニエンスでも人気があるようになってきました。 これは長引く不景気と、タバコの価格変更で一斉に値上げされたのが要因でしょう。 フィルム外装が追加され、かつての安い味のタバコのイメージは払拭され、最も安いレギュラーサイズのタバコして人気が復活しています。 またフィルターが短いので、喫煙時間が同サイズの中では満足感が得られるので、タバコの値上がりと共に注目されがちな点もあります。 米国タバコ産業では、最大規模を誇るフィリップモリス社の提供するブランドで、正式な読み方としては「マールボロ」ですが、マルボロの呼び名のほうが定着しているでしょう。 米国のタバコの中では、日本国内で唯一普及した銘柄であり、ラッキーストライク、キャメルなどを凌ぐ人気になったのは、やはりモーターカーレース最高峰のF1人気の影響でしょう。 マルボロカラーと呼ばれた車両は、当時の人気でも常にモーターファンからは熱い眼差しでした。 オリジナルマルボロは、デザインが一新され、簡素なものに切り替わって久しいですが、軽い喫味を活かしたメンソールのライトテイストがこの銘柄の特徴になります。 かつてはメンソールは女性中心の愛煙家がほとんどでしたが、この銘柄の登場で、男性にもメンソール味が定着したと言えます。

次の

安いタバコを探している方におすすめ!セブンイレブンで売れている人気葉巻タバコランキングTOP10!|毎日セブン店長

タバコ メンソール おすすめ

「シャグ」とは 巻きタバコのことで、タバコの葉を自分でタバコ紙に巻いて吸うタイプのタバコです。 増税などで段々と値段を上げてきているタバコですが、シャグは 自分の好みの葉の量を巻くことができるため、1本分の葉で2本巻くことができたりと非常に経済的。 シャグには 様々な種類が存在し、メンソール、無添加などの王道から、コーヒーやフルーツなどの甘いフレーバーのものも存在します。 数多く存在する葉の中から、お好みの物を選び、そのまま巻くも良し、 ブレンドして楽しむ事も可能。 自分好みのタバコが無いという方には非常におすすめです。 しかし、種類が多いだけにどんなシャグを選んでいいのか分からないですよね。 そこで、今回は初心者の方にも分かりやすいようにシャグの選び方や、おすすめ商品をご紹介します。 近年、シャグにも一般的な吸い方の他に、ヴェポライザーというアイテムが存在します。 一般的な吸い方としては、タバコのようにライターなどで火を付けて吸う方法ですが、ヴェポライザーは 電子タバコのようにシャグを加熱して吸う機械のことです。 ヴェポライザーは加熱室という小部屋のような場所にシャグを入れ、 加熱された水蒸気を楽しむ物です。 加熱室に入れるシャグの量は限られますので、自ずと節約にもなる優れもの。 好みは分かれますが、シャグ愛用者の中には ヴェポライザーが好みだという方も多いです。 ヴェポライザーを使用する場合は紙で巻く必要もありませんので、ペーパー代や巻機も必要ありません。 もちろん、ヴェポライザーの初期投資は必要になりますが、初めての方にもお試しに最適です。 ヴェポライザーにおすすめシャグをご覧になりたい方はこちらをご覧ください。 シャグで楽しめるフレーバーの醍醐味といっても過言ではないのが、アロマ系やフルーツ系の 甘いフレーバーです。 フルーツ系は柑橘系などを選べば爽快な香りを楽しむことができます。 中でも特に バニラのフレーバーは、男女を問わず人気があります。 もっと甘いフレーバーが好きという方には、 チョコレートやシナモンなどのフレーバーもあり、タバコを吸っているというよりは、 アロマで癒されるような気分を味わえます。 近年では、甘いフレーバを目的にシャグを始める人も多いんですよ、 電子タバコなどでは味わえない、シャグだけの豊富に揃った甘いフレーバをお楽しみいただけます。 甘いフレーバーのシャグをお探しの方は、こちらの記事をご覧ください。 メンソール系は特にシャグの中でも 特に人気が高い味です。 シャグは巻きたばこなので、フィルターを使用しない場合は、よりダイレクトにタバコの香りや味を味わえます。 そのため、シャグ 初心者の方にも入りやすい味と言えるでしょう。 また、紙巻きからヴェポライザーに切り替える方にもおすすめです。 ヴェポライザーは加熱して水蒸気を楽しむ物なので、 メンソールの爽やかな香りは楽しみやすく、気分を切り替えたい方、タバコ臭が気になる方によりおすすめです。 シャグには紙巻きタバコよりもメンソール種類が豊富なので、お好みの強さを選びやすいのも嬉しいポイントです。 メンソールのシャグをお探しの方は、こちらの記事をご覧ください。 シャグは紙巻の場合、フィルターを使用しない場合はダイレクトに煙を吸い込むことになるため、添加物を気にする方も多くいらっしゃいます。 そんな方には、 香料や発火剤などを使わない無添加のシャグがおすすめ。 余計なものは何も加えていないので、より タバコ本来の味や香りを楽しむことができます。 今までは一般的な紙巻きタバコを吸っていたけど、シャグに切り替えようかと悩んでいる方には、より大人なタバコを楽しむことができるのでおすすめです。 ただし、オーガニックや無添加のシャグは、他のシャグと比べて 乾燥しやすく劣化が早いというデメリットも。 巻きやすくしたり、香りを引き立てるためには適度な湿気を与えてあげる必要がありますが、 カビの原因にもなるので注意が必要です。 無添加・無香料のシャグをお探しの方は、こちらの記事をご覧ください。 CHOICEはデンマークの会社で、 フレーバー系のシャグを多く取り扱うことでも有名です。 シャグのパッケージの裏側には、日本では販売されていない商品を含め14種類ものフレーバーシャグの写真と商品説明が記載されています。 日本で販売されているものとしては、アップル、 バニラ、 アイスティー、クールミント、ロズがメジャーです。 最近では日本での取り扱いも増えてきて、新しいフレーバーでは ダークチョコレート、グレープ、アロマティックなどがラインナップされています。 葉の刻み幅は細めで、ふんわりと巻かないと重くて硬くなってしまうので注意が必要です。 付属のペーパーには、 MAC BARENのフリーバーニングのペーパーが採用されています。 フレーバーがお好きな人は、まずCHOICEを通るのがシャグの中では王道となっています。 cheは ルクセンブルクで製造されるタバコの銘柄で、輸入販売元は秋山産業という会社が行っています。 キューバ産の葉をブレンドしているため、キューバの英雄であるチェ・ゲバラの顔が描かれたパッケージが有名です。 もともと巻きタバコを販売していたメーカーですが、2012年位からは紙タバコの販売も開始。 バーレー、バージニア、オリエンタル、メリーランドなどのタバコ葉をブレンドしており、 無香料・無添加が売りです。 刻み幅は少し細めで、茎などの混入も少なく、 非常に巻きやすいシャグと言えるでしょう。 付属のペーパーは、 極薄タイプのヘンプのフリーバーニングで70mmの大きさが50枚入っています。 付属のペーパーはあまり美味しくないことが多いのですが、cheはペーパーも優れていると評判です。 Natural American Spiritは1982年にアメリカに設立されたサンタフェナチュラルタバコ社が製造している、日本でも 「アメスピ」と言われている有名な銘柄です。 化学薬品や香料を一切使用していない 100%無添加タバコとしても有名です。 刻み幅は少し太めで、黄色味がかった葉が特徴的です。 付属されているペーパーはアメリカンスピリットオリジナルのペーパーで、 他の製品よりも一回り大きいため、ローラーなどで巻く場合はサイズに合わせてカットが必要です。 無添加・オーガニックならではのタバコ本来の香り高い上質さが魅力です。 紙巻きタバコから入った方でも安心して使用できますし、知っている銘柄から始めたい、無添加にこだわりたいという方には定番のおすすめシャグです。 生産国はデンマークのコルツシリーズが販売しているシャグです。 フレーバータイプなども扱っており、中には 100%無添加のコルツ・ナチュラルなども販売しています。 コルツ・ナチュラルの刻み幅は細めですが、少し短めなのでなれない方には巻きずらいかもしれません。 フレーバーにはアップル&シナモン、バニラ、ライチ、グリーンティーなどがあります。 コルツの バニラは他のシャグと比べても濃厚な強い香りが有名で、他のシンプルなタバコ葉のシャグとブレンドして楽しむ方も少なくありません。 好みは分かれますが、男性にもコルツのバニラ愛用者は沢山いらっしゃいます。 フレーバーや無添加など、迷ったら幅広いジャンルを扱うコルツを抑えておくと良いでしょう。 シャグの中でも有名な銘柄であるコルツのフレーバータイプ「グリーンティ」です。 グリーンティと言っても、日本茶のことではなく、 紅茶の香りを楽しむことができます。 ほのかに甘い香りで、 初心者の方にも吸いやすくなっています。 そのままでも、普通のシャグとブレンドして楽しむこともできます。 巻きタバコとしてはもちろんですが、 ヴェポライザー で吸っても美味しいと不動の人気を誇っています。 ヴェポライザーでシャグを始めたい方にはおすすめの商品です。 このドルチェは、 キャラメルとバニラの甘い香りが特徴的。 カフェオレのような淡い色のパッケージが目を引きます。 シャグの香りはキャラメルとミルクが合わさったようなコクのある甘い香りがします。 巻きタバコとして使用すると、 バニラの味もしっかりと感じられますが、ヴェポライザーで吸うとバニラは消えてしまいます。 よりスイーツのようなキャラメルバニラを感じたいのであれば、巻きタバコで味わうことをおすすめします。 パッケージを開けてみると、パパイヤやマンゴーのような 南国のフルーツを思わせる甘い香りがします。 甘い中にも、カスタードクリームのようなコクを感じることもできます。 刻み幅が細かいため、キツく巻いたり緩めに巻いたりすることで、 重さを調節しやすいです。 味は少し酸味のあるフルーツの香りと、バニラのようなコク、タバコの苦味がちょうど良く混ざり、 マイルドな味わいです。 パウチを開けた瞬間に広がるラムの強い香りは、どことなく ウィスキーボンボンのような甘さも感じます。 刻み幅はとても細かく、手巻きでもローラーでも、ヴェポライザーに詰めることも難しくなく、 吸いやすいサイズです。 味はコーヒーの香りの中にチョコレートのような甘みとコクを感じることができます。 甘すぎるフレーバーが苦手な方にもおすすめです。 キールロワイヤルとは、スパークリングワインやシャンパンなどの カシスを使って作られたお酒のことで、パウチを開けるとカシスリキュールのような芳醇な香りがします。 カシスだけの甘ったるい香りだけでなく、しっかりと リキュールの香りもしますよ。 味わいは、香り通りのカシスの甘い香りと、タバコの酸味や苦味をしっかり感じられ、少し スパイシーな味わいが大人のお酒を嗜んでいるような気分を味わえます。 商品名• コルツ バニラ• スタンレー バニラ• チョイス・ダブルバニラ• エクセレント・キールロワイヤル• チョイス・ラム&コーヒー• スタンレー レモン• チョイス・アロマティック• チョイス・ドルチェ• ブラックスパイダー・シャグ カフェバニラ• ブラックスパイダー・シャグ アイスバニラ• バニラフレーバーの中でもトップの人気• 後味すっきりのバニラフレーバー• 濃厚なバニラなのに後味スッキリ系• シャンパンのような大人の香り• まるでウィスキーボンボンのような大人の香り• フレーバーの中でも数少ないレモンフレーバー• 南国を思わせる甘い香り• 甘さとビターな香りがクセになる• コーヒーの苦味と優しいバニラの甘み• 優しいメンソールで後味爽やか• 1080円 税込• 850円 税込• 890円 税込• 1190円 税込• 890円 税込• 870円 税込• 890円 税込• 870円 税込• 930円 税込• 910円 税込• 内容量• 40g• 30g• 30g• 40g• 30g• 30g• 30g• 30g• 30g• 30g• フレーバー• バニラ• バニラ• ダブルバニラ• キールロワイヤル• ラム&コーヒー• レモン• アロマティック• キャラメルバニラ• カフェバニラ• アイスバニラ• 商品リンク•

次の