タイム カード フリー ソフト。 打刻ちゃん Touch

勤怠管理のフリーソフト/エクセルテンプレート

タイム カード フリー ソフト

プリンタの修理屋です。 質問の意味が少々曖昧です。 日付ではなく月度では? 日付と言うと毎日に日付印刷?と言う疑問も出ますが、いかがでしょうか? まあ、作業には大きな影響は出ませんので・・・・ さほどハードルは高くないはず。 まず、インクジェットプリンタの特性を知ること。 インクジェットプリンタは、用紙の種類、サイズを検知する機能はありません。 たとえば、L判の写真データーを印刷したとしても、A4の用紙がセットされていると、その用紙に印刷してしまいます。 紙のどこかを基準として印刷する位置を割り出しますので、そのクセも把握しておくこと。 また、自動両面印刷はあきらめてください。 はがきサイズまでは自動両面印刷できるはずですので、用紙サイズをA4かB5としてやれば出来そうな気もますけど、無理です。 表面を印刷してから内部で用紙を反転させるのですけど、そのときに半径1cm程度の大きさで曲げられます。 タイムカードは厚くコシも強いはずですからできないと考えるべきです。 片面づつ印刷すれば済むことです。 Excel+VLookUpというのは、別にある社員データーを差し込んで印刷したいという事でしょうか? ・印刷 「狙い打ち印刷」の応用。 使うソフトはExcel がらくだと思います。 MP500は、用紙をプリンタ正面から見て、向かって右側、手前の角を基準として位置を割り出します。 印刷物は左上の角が基準となります。 ですから、用紙の設定はタイムカードよりも大きくするという事が条件。 A4でいいでしょう。 適当に、思うところに「名前」、「所属」、「年」、「月、「日」のデーターを並べていきます。 氏名や所属は最大の文字数にセットしておきます。 余白は小さくしなければならないでしょうから、可能な限り小さく設定します。 その状態でA4普通紙に1枚印刷します。 印刷して出来上がったものをタイムカードに重ねて位置を見ます。 このときに左上の角を合わせます。 何度か繰り返して位置が決まればOK。 反面、こういう印刷をするときは、文字の種類でトータルの文字の長さが変わってきますので不適当です。 位置合わせは、慣れてしまえば、10~30分もあれば充分です。 この方法は、プリンタが変わるとやり直さなければいけないことがあります。 特に、2008年以降のキヤノンのプリンタは、後トレイの用紙の位置あわせが左基準から中央基準になってしまいました。 上記の手順では上手く合わせることが出来ません。 実は、MP500の修理サポートが終了していますので、近い将来に買換えをしなければならないでしょう。 「以後の対応」と言う言葉を使ったのはこのためです。 Excelの書式設定で、用紙の幅だけ指定してやれば問題はないはずです。 ・社員名簿の件 まず、上記の書式さえ固まってしまえば、差込印刷も自由に出来るはずです。 ただ、私なら、以下のようなやり方をします。 シートの手前に年度の入力ページを作っておきます。 年と月を別々に入力するようにします。 その年と付きのセルをコピーして、タイムカード用のシートにリンク貼り付けします。 この状態でタイムカード用のシートをコピーしていくと、すべてリンクしますので、表紙のシートに日付を入力すると、全シートに反映されます。 ついでに、最初のシートの31日、30日の欄は日付で判断して表示をしないようにしたり、29日は年号で判断して表示をするようにしておきます。 まあ、これも表紙のページにリンクさせておくという手もあります。 ただし、ゼロ値を表示しないなどの細工も必要ですけどね。 あとはタイムカードのシートを社員分コピーして、氏名と所属だけを書き換えておきます。 表と裏がありますので、シートを2つにするかひとつのシートで2ページにするか。

次の

タイムカード 名前書きに付いて

タイム カード フリー ソフト

そのために管理画面での勤務集計の表示方法が変更されています。 インターネット接続環境とブラウザさえあればタイムカードが設置できます。 現在、タイムカード機能しかございませんので、無料で、フリーソフトのタイムカードとしてお使いいただけます。 将来的にもタイムカード部分だけは無料でお使いいただけます。 給料や所得税の計算などの部分が有料になります。 タイムカードの結果をダウンロードしてお手持ちのソフトで給料計算させると、こちらでの料金は発生しません。 ASPですので、インターネット環境のあるパソコンならどこでもご利用になれます IE6以降。 ASPですので、特別なソフトのインストールは必要ございません。 ASPのタイムカードシステムなのに無料!! ASPですからどんどん高機能に進化していきます。 ASPですので、離れたところから各部署 店舗 の出勤状況を把握できます。 本部情報、基本設定、部署、従業員を登録、設定すると タイムカードが利用できます。 パソコンにタイムカードの画面を立ち上げておくだけで従業員が打刻できるようになります。 携帯電話で打刻できますので、出張などの場合にも現地で打刻してもらうことが出来ます。 打刻の位置情報も表示しますので、偽りの打刻を防ぐことが出来ます。 各従業員の労働時間、休憩時間を自動で計算します。 また、基本設定で夜勤や早朝などの時間帯 設定は自由 を設定しておくと、それぞれの時間帯別に集計されます。 通信用ソフトウェア 無料 を使ってQRコード解析用のWEBカメラと接続していただきますと、QRコードを使った個人認証でタイムカード機器としてご利用いただけます。 WEBカメラは別途ご購入していただく必要があります。 QRコード対応でキーボードインターフェイスでデータを送信するソフトが添付されていればどのカメラでも対応できます。 ソフト付きのお勧めのカメラはI・O DATA製のです。 このカメラの焦点固定用のカメラケースも取り扱っております。 詳しくは をご覧下さい。 通信用のソフトウェアをインストールしていただきますが、基本はASPでインターネット上のサーバーにデータを保存します。 万が一サーバーにアクセスできないような事態が発生した場合にはローカル側にデータを保存しますので安心です。 ブロスソフト.

次の

Amazon

タイム カード フリー ソフト

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。 タイムカードで勤務時間を計算のサイトです。 出勤時間と退社時間並びに休憩時間を入力するだけで、勤務時間が計算されます。 Step1:入力の前に・・・。 入力を行う前に辞書が入っていないことを確認してください。 Step2:入力規則 時間を入力するときは「:」で区切って入力してください。 キーボードの「け」のところです。 方法は以下のような要領です。 「09:00」もしくは「9:00」です。 10分単位で入力を行うときは「0:30」のような形で入力してください。 Step3:入力様式 各入力ボックス間は「Enter]キーで移動します。 入力後は「Enter]を押すことで次の入力領域へカーソルが移動します。 手順としては「出勤時間」を入力し、その後「退社時間」「休憩時間」の手順で入力してください。 出勤時間を最後に訂正した場合も同様です。 Step4: 日毎の時間計算 日毎の時間は、退勤時間並びに休憩時間を入力した時点で自動計算されます。 出勤時間入力時は計算されません。 Step4: 総労働時間 総労働時間は、右上にあります。 「総労働時間」のボタンをクリックしますと計算されます。 結果は、右下に表示されます。 【免責事項】 プログラムの作成には最新の注意を払って作成しておりますが、万が一誤りがあっても、当方は一切その責任を負いませんので、あくまで自己責任の元でご使用ください。 おすすめサイト ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の