避難 勧告。 気象庁|防災気象情報と警戒レベルとの対応について

「避難勧告・指示」年内見直し 台風被害の検証取りまとめ―政府:時事ドットコム

避難 勧告

昨年の台風15号、19号の被害を検証する会議で発言する菅義偉官房長官(右から2人目)=31日午前、首相官邸 政府は31日、昨年の台風15号、19号被害を検証する会議を首相官邸で開催し、報告書を取りまとめた。 台風19号では避難途中に被害に遭う事例が相次いだことから、災害時の逃げ遅れを防ぐため、年内に災害対策基本法に定められた「避難勧告」や「避難指示」の在り方を抜本的に見直す方針を示した。 政府は市町村長や有識者の意見を聴取し、結論を出す考えだ。 出席した菅義偉官房長官は「災害対応は不断の見直しが必要。 取りまとめを踏まえ、次の出水期へ向けて万全を期したい」と述べた。 災害対策基本法は、災害時に市町村長が住民に対し、居住場所からの避難の「勧告」、さらに危険度が高い場合は「指示」を出すことができると定めている。 政府は昨年から避難の基準をより分かりやすくする目的で、新たに避難の必要性を5段階で表した「警戒レベル」を導入。 上から2番目に危険度が高い「警戒レベル4」で全員が避難するよう呼び掛けていた。 しかし同じレベル4に避難勧告と避難指示の両方が分類されており、住民や市町村長の一部から危険性が分かりにくいとの意見が上がっていた。 併せて5段階の警戒レベルについても、「警戒レベル4に避難勧告、5に避難指示を位置付けるなど、避難勧告と指示の分離も考えられる」との見解を示した。 報告書はこの他、高齢者が逃げ遅れることなく確実に避難する方法を検討すると明記。 複数の市町村が広域的に避難を行うための仕組みづくりを議論する方針も盛り込んだ。

次の

避難勧告等の判断・伝達 : 防災情報のページ

避難 勧告

中央防災会議 防災実行会議「平成30年7月豪雨による水害・土砂災害から避難に関するワーキンググループ」において、平成30年7月豪雨を教訓とし、避難対策の強化について検討し、昨年12月に「平成30年7月豪雨を踏まえた水害・土砂災害からの報告のあり方について 報告 」がとりまとめられました。 報告の内容を踏まえ、地方公共団体が避難勧告等の発令基準や伝達方法を改善する際の参考としていただけるよう「避難勧告等に関するガイドライン」を改定いたしましたので公表します。 【令和元年6月更新】警戒レベルに関する映像資料(5分20秒)(内閣府HP) (YouTube) (外部サイト)• 警戒レベル4で全員避難!! 避難行動判定フロー 避難情報のポイント• 小学生向け「避難行動判定フロー」• 英語版「避難行動判定フロー」 英語版「避難情報のポイント」 警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について 住民等が情報の意味を直感的に理解できるよう、防災情報を5段階の警戒レベルにより提供し、とるべき行動の対応を明確化しました。 【警戒レベル3】高齢者等避難、【警戒レベル4】全員避難とし、避難のタイミングを明確化します。 【警戒レベル5】災害発生情報とし、命を守る最善の行動を促します。 また、住民自らが行動をとる際の判断の参考となる情報として、指定河川洪水予報、河川の水位情報、大雨警報、土砂災害警戒情報、土砂災害危険度分布等を警戒レベル相当情報として提供します。 これら情報を一覧するには以下をご参照ください。 ~地域における防災力の強化~ 各地域において自助・共助の取組が適切かつ継続的に実施されるようにするため、防災の基本的な知見を兼ね備えた地域防災リーダーを育成します。 ~高齢者等の要配慮者の避難の実効性の確保~ 防災 防災・減災への取組実施機関 と福祉 地域包括支援センター・ケアマネージャー の連携により高齢者の避難行動に対する理解を促進します。

次の

避難勧告等の判断・伝達 : 防災情報のページ

避難 勧告

警戒レベルと各自が取るべき行動 (1)警戒レベル1 発表する情報:「早期注意情報」(気象庁が発表) 取るべき行動: 防災気象情報の最新情報に注意してください。 (2)警戒レベル2 発表する情報:「大雨・洪水注意報」(気象庁が発表) 取るべき行動: ハザードマップなどで,避難場所や避難経路を再確認してください。 (3)警戒レベル3 高齢者等避難開始 発令する情報:避難準備・高齢者等避難開始(福岡市が発令) 取るべき行動: 高齢者など避難に時間のかかる人は,避難を開始してください。 その他の人は避難の準備を開始してください。 (4)警戒レベル4 全員避難開始 発令する情報:避難勧告,避難指示(緊急)(福岡市が発令) 取るべき行動: 避難所等へ避難してください。 避難がかえって危険だと判断した場合には,近隣の安全な場所か建物内のより安全な場所に移動してください。 (5)警戒レベル5 災害発生 発令する情報:災害発生情報(福岡市が発令) 取るべき行動: 既に災害が発生している状況です。 命を守るための最善の行動を取ってください。 注意点 警戒レベルも避難情報も,必ずしもレベルの低い方から順に発令されるとは限りません。 また,これらの情報が発令されていなくても,身の危険を感じる場合はご自身の判断で避難を始めてください。 避難は,公民館等の避難所への避難だけでなく,「近隣の安全な場所」への避難やマンションの上階への避難などの「屋内での安全確保」も有効です。 「あなた」や「あなたの家族」の命を守るため,平時から自分や家族が避難する場所を決めておきましょう。 参考 避難にあたり荷物を準備する際は,以下を参考にしてください。

次の