スシロー 持ち帰り 寿司。 スシローの持ち帰り寿司を10倍おいしく食べる方法♪

お持ち帰り(テイクアウト)

スシロー 持ち帰り 寿司

リーズナブルで美味しい寿司が食べられる、100円均一の回転寿司。 記者(私)も大好きでよく行くのだが、最近は家で仕事をしながら食事をするため、持ち帰りの寿司を頼むことも多い。 持ち帰りも1人前税抜き500円からありお得だが、持ち帰り寿司はドコが一番美味しいのだろうか? かっぱ寿司やくら寿司、スシローの人気100円回転寿司3社で、比較してみることにした。 ・かっぱ寿司 まず最初に行ってみたのは、最近あまり元気が無さそうな「かっぱ寿司」。 客もあまりおらずヒマそうな感じだったが、店員さんは非常に丁寧に接客してくれ、1人前の持ち帰り寿司を待つ間に冷たいお茶をサービスしてくれた。 注文してから出てきた時間は約5分程度。 内容はマグロ、サーモン、イカ、エビ、えんがわ、甘えび、タマゴ、ねぎとろ、いくら、サラダの10貫。 味に関しては、普通に美味しいといったところか。 以前行ったときはカチカチのマグロが出てきたりいいイメージが無かったが、味はかなり改善されているように感じた。 提供時間も早く店員さんも優しいし、コレで500円なら、けっこうお得だと思う。 ・スシロー 次に行ったのは、「スシロー」。 記者は自他共に認めるスシローマスターなのでスシローへの評価はもともと高いが、残念なことが起きた。 スシローの500円の1人前セットに使われる容器が大きいので、どうしても持ち帰るときぐちゃぐちゃになってしまうのである。 内容はマグロ、びんちょうマグロ、エビ、はまち、イカ、ホタテ、焼きサーモン、えんがわ、いくら、タマゴの10貫。 にぎり9個に軍艦巻き1個と微妙にかっぱ寿司よりにぎりの分配が多くバランスが悪いと感じてしまった。 提供時間は10分とまあまあだが、内容などを考えるとスシローは持ち帰りをするより、店内でベーコン寿司やフライドポテトを食べたほうが断然満足度が高いと思う。 味は悪くないのだが、いつも食べている物が美味いのでどうしても比較してしまうのだ。 ・くら寿司 最後に訪れたのは「くら寿司」。 「ええっ、そんなかかるの!? 」と最初からビビってしまった。 しょうがなく近所でブラブラしつつ25分後に取りにいき、持ち帰って中を開けてみると……! これはいいじゃないっすかー!! 色とりどりのにぎりがしっかり容器に詰められている。 500円とは思えないほど美味しそうだ。 内容はまぐろ2貫、焼きサーモン、サーモン、はまち、白身(おそらくカレイかひらめ?)、エビ、カツオのたたき、イカ、タマゴの10貫。 軍艦巻きが入っていないにぎりだけの10貫だが、あえてしなしなになる海苔を使わない潔さを感じた。 くら寿司は持ち帰りの『豪華セット』でモンドセレクション金賞を受賞しているが、受賞していない普通の持ち帰り寿司もなかなかクオリティが高いと思う。 電話で持ち帰りの予約はできるが、1人前頼むのにわざわざ電話はしないしちょっとキツい。 コレで待ち時間が25分じゃなかったら最強なんだが……。 ・総評 総評としては、サラダ巻きや甘えびが入っているかっぱ寿司は、「子供にもウケる万人受けしそうな持ち帰り寿司」。 くら寿司は「大人でも満足度が高いコスパ良好な持ち帰り寿司」といったイメージである。 残念ながら我らがスシローは「店内で食べたほうがいい」という結論にいたった。 ちなみにネタの重量なども計りで一応計量したのだが、どこもそこまで大きな差は無かった。 大人が集まるパーティーの持ち帰り寿司ならくら寿司、子供の誕生日会などにはかっぱ寿司と、ぜひ使い分けて持ち帰り寿司を楽しんで欲しいと思うぞ。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

スシローの持ち帰りが寿司が、安くて美味しくて素晴らしすぎた

スシロー 持ち帰り 寿司

日本の心・寿司! 大阪出身の私(中澤)は、中でもバッテラが大好きだ。 バッテラとは、サバと白板昆布がネタの箱寿司のことである。 サバと昆布の甘みと醤油のコンビネーションが最高! 小学生の頃から、私の押し寿司ベスト10第1位は常にこれだ。 だが、そんなバッテラの地位が今、大きく揺るがされている。 スシローのお持ち帰り寿司『のどぐろの押し寿司』に出会ってしまったから。 1日数量限定で販売されているこの寿司が、バッテラと積み上げた時間もぶっ飛ばすほどに激ウマだったのである。 ・視界に入らなかった 「存在は知ってるけど、どんなものかは知らないもの」ってたくさんあるだろう。 当たり前のようにあるものほど、スルーしてしまいがちだ。 回転寿司チェーンであるスシローのお持ち帰り寿司はまさにこれで、スシローに行く度に広告を目にしてたけど、買おうと思ったことがなかった。 そもそも、スシローの会計をする時は寿司を食べた後なわけで、1人暮らしの私はお持ち帰りを買う機会がなかったのである。 ・日常に埋もれたのどぐろ だが先日、順番待ちの際に、ふと店頭のお持ち帰りメニューを見てみたところ衝撃の事実に気づいた。 メニューに並ぶのは「とろ鯖押し寿司(1本税抜き950円)」「焼とろ鯖押し寿司(1本税抜き710円)」「のどぐろの押し寿司(1本税抜き1560円)」など。 週1でスシローに来てる私だが、こんなメニューに見覚えはない。 それもそのはず、押し寿司はスシローの通常メニューにラインナップされていないのである。 さらに、「のどぐろの押し寿司」にいたっては 他の寿司屋でさえ見たことがない。 「スシロー名物」って書いてるけど、これ絶対買ったことがある人少ないだろ……。 というわけで、買ってみた。 「のどぐろの押し寿司」は、ネタがのどぐろの箱寿司で白板昆布も乗っており、パッと見バッテラである。 しかし、昆布をめくってみると、表面が「ザラッ」としてそうな質感は確かにのどぐろ。 一体どんな味がするのだろうか? 1個食べてみたところ…… ウマイ!! 脂の乗りまくった身は、豊かな甘さがあって舌がトロけるようだ。 そこに、昆布の海の香り漂う甘さもプラスされ、お酢の甘みが引き締める。 3つの甘みで、醤油なしでも濃厚な味がした。 これぞ、味の円環の理! やだ!! こんなの永遠に食べられちゃうじゃない! ・なくなり次第終了 1日数量限定のこの商品。 販売期間についても なくなり次第終了するという。 店員さんいわく、「現在はフェア中のため全国のスシローで購入が可能」とのことなので、見つけたらぜひ一度買ってみてくれ。 特に押し寿司好きは、その味にぶっ飛ぶはずだ。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

スシローの持ち帰り寿司を10倍おいしく食べる方法♪

スシロー 持ち帰り 寿司

日本の心・寿司! 大阪出身の私(中澤)は、中でもバッテラが大好きだ。 バッテラとは、サバと白板昆布がネタの箱寿司のことである。 サバと昆布の甘みと醤油のコンビネーションが最高! 小学生の頃から、私の押し寿司ベスト10第1位は常にこれだ。 だが、そんなバッテラの地位が今、大きく揺るがされている。 スシローのお持ち帰り寿司『のどぐろの押し寿司』に出会ってしまったから。 1日数量限定で販売されているこの寿司が、バッテラと積み上げた時間もぶっ飛ばすほどに激ウマだったのである。 ・視界に入らなかった 「存在は知ってるけど、どんなものかは知らないもの」ってたくさんあるだろう。 当たり前のようにあるものほど、スルーしてしまいがちだ。 回転寿司チェーンであるスシローのお持ち帰り寿司はまさにこれで、スシローに行く度に広告を目にしてたけど、買おうと思ったことがなかった。 そもそも、スシローの会計をする時は寿司を食べた後なわけで、1人暮らしの私はお持ち帰りを買う機会がなかったのである。 ・日常に埋もれたのどぐろ だが先日、順番待ちの際に、ふと店頭のお持ち帰りメニューを見てみたところ衝撃の事実に気づいた。 メニューに並ぶのは「とろ鯖押し寿司(1本税抜き950円)」「焼とろ鯖押し寿司(1本税抜き710円)」「のどぐろの押し寿司(1本税抜き1560円)」など。 週1でスシローに来てる私だが、こんなメニューに見覚えはない。 それもそのはず、押し寿司はスシローの通常メニューにラインナップされていないのである。 さらに、「のどぐろの押し寿司」にいたっては 他の寿司屋でさえ見たことがない。 「スシロー名物」って書いてるけど、これ絶対買ったことがある人少ないだろ……。 というわけで、買ってみた。 「のどぐろの押し寿司」は、ネタがのどぐろの箱寿司で白板昆布も乗っており、パッと見バッテラである。 しかし、昆布をめくってみると、表面が「ザラッ」としてそうな質感は確かにのどぐろ。 一体どんな味がするのだろうか? 1個食べてみたところ…… ウマイ!! 脂の乗りまくった身は、豊かな甘さがあって舌がトロけるようだ。 そこに、昆布の海の香り漂う甘さもプラスされ、お酢の甘みが引き締める。 3つの甘みで、醤油なしでも濃厚な味がした。 これぞ、味の円環の理! やだ!! こんなの永遠に食べられちゃうじゃない! ・なくなり次第終了 1日数量限定のこの商品。 販売期間についても なくなり次第終了するという。 店員さんいわく、「現在はフェア中のため全国のスシローで購入が可能」とのことなので、見つけたらぜひ一度買ってみてくれ。 特に押し寿司好きは、その味にぶっ飛ぶはずだ。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の