金色のコルダ。 これで完璧!金色のコルダ2ffあま~い追加要素を見逃すな!|おとめちゃんねる

金色のコルダ3

金色のコルダ

良かった点 コルダ2までのキャラと、3以降のキャラの夢の共演が見られた事。 年代の違う彼らが、同じ高校生として語り合ってる姿を見る日が来るなんて!と言う衝撃。 キャラソンでリズムゲームが出来た事。 クオリティ的には無料アプリのリズムゲームのクオリティより若干劣るかな?と思いましたが、キャラソンでリズムゲームが出来た事が嬉しいですね! コルダは一気に全員攻略も可能ですよ…みたいなのを売りにしてる部分もあるように感じますが、今回も周回せずに全員行ける仕様なので、サクサク沢山のキャラを攻略出来ます。 リリが人間サイズだった事も、昔からコルダをプレイしている私には嬉しいものでした。 イベントの朗読劇で、いつかリリのルートも出来るハズだ!とリリが言っていたのを思い出し!リリルートも欲しかったなと思いました 笑 短いので、短時間で攻略が終わる所も、忙しい合間にやりやすくはありました。 悪かった点 コルダ特有のエアブラシ感のある絵から、鮮やかな色彩のものに変わっていた所。 ここはちょっとビックリしました。 コルダの世界観に、あのエアブラシ感のあるスチルや立ち絵の色合いがあっていたので、残念。 内容が薄い。 かなり上品な薄味仕上げになってます。 甘さも薄いです。 ほぼ共通で、定期的に一気に全員の個別を見ていかないといけないので、それぞれのキャラへの感情が入りにくい作り。 キャラごとのエピソードの総量は夢100の王子様の個別シナリオくらいの分量に感じました。 有料なので、シナリオは本当にもう少し頑張って欲しかったです。 無料アプリとして出会っていれば、特に文句なしでしたが、有料だしな…と思うと内容の薄さには物申したい感じです。 リズムゲームのクオリティは、リズムゲームアプリより劣るかな?と言う点。 無料アプリのリズムゲームって、最近のはキャラが踊ったりの演出があるので、スチルが出るだけはやっぱり寂しいかな?と。 Switch版だけかもですが、リズムがタッチ対応じゃなく、大変やりづらい点。 まさかのボタンのみでの操作で、ビックリしました。 Switchのボタンで、難易度高いリズムゲームはなかなか大変。 タッチ対応なら、もっとリズムゲームも楽しめたのに残念です。 全体の感想 コルダは好きだから、擁護したいんです。 そして結構楽しめたのは楽しめたんです。 それでも、今後の乙女ゲームの事も考えると、やっぱり内容が薄くて残念だし、悲しい気持ちがあると言う事は伝えておきたいのです。 2以前のキャラのみんなは、ハルモニアを救う使命があり、あの島に呼ばれたと言う設定に納得出来ましたが、3以降のチームは、ちょっと無理矢理な感じが気になりました。 使命がある訳でもないので、なんとなくプレイしてても、フェスタルート程キャンプは盛り上がれなかったように思います。 サクサク沢山攻略出来るので、忙しい合間にちょこちょこプレイしやすい感じ。 じっくりやりたい人には、物足りない作品に感じられるかも? 個人的にはそれなりに楽しめました。 リズムゲームも難易度が設定出来るので、そっちが苦手な方も楽しめる作り。 忙しい合間にもできるので、合間にちょこちょこやりたい人などにオススメです!.

次の

これで完璧!金色のコルダ2ffあま~い追加要素を見逃すな!|おとめちゃんねる

金色のコルダ

金色のコルダ 高価買取しています! 金色のコルダはコーエーから発売された乙女ゲームです。 乙女ゲームの開発チーム、「ルビー・パーティー」によるネオロマンスシリーズの第3作目となります。 横浜にある星奏学院を舞台にした学園もので、ストーリーは、普通科に通う日野香穂子(主人公)が、ある日、他の人には見えない「音楽の妖精・ファータ」のリリを見てしまい、素人にも関わらず「学内音楽コンクール」に参加することから始まります。 音楽に真剣に向き合う姿や、壁を乗り越えていく過程、高校生らしい恋愛模様が共感を呼び、乙女ゲームを代表する作品となりました。 キャラクターデザインには、漫画家の呉由姫を起用しています。 2003年にPCゲーム用に発売され、2004年にPS2版が、2005年にPSP版が発売されました。 続編として『金色のコルダ2』『3』『4』が発売されています。 『2』は1の後の話であり、新規攻略キャラクターが追加されました。 さらに2の3週間後の話である『金色のコルダ2 アンコール』があり、2の追加版『金色のコルダ2f』と、その後日譚『金色のコルダ2f アンコール』があります。 『3』は1・2の8年後となり、現在、『3』から1ヵ月後の物語である『4』まで発売されています。 2003年、呉由姫により漫画化され、テレビアニメが、2006年より「金色のコルダ~primo passo~」のタイトルで、テレビ東京系にて放映されました。 2010年には『金色のコルダ ステラ・ミュージカル』として公演が行われ、マルチにメディア展開しています。 そんな金色のコルダ作品をネットオフでは高価買取しています。 PSP、PSVita作品はもちろんのこと、DVDやCD、書籍までありとあらゆる金色のコルダ作品を買取しています。 しかもネットオフならすべての買取価格が事前に分かり、その日に申し込めば買取価格保証で査定時まで値下がりしません! 送る用のダンボールがない方には事前にダンボールを無料で送付するサービスも行っております。 金色のコルダをお持ちの方は、ぜひネットオフにお売りください。 1,400円で買取中!• 5,000円で買取中!• 1,400円で買取中!• 2,000円で買取中!• 1,600円で買取中!• 5,900円で買取中!• 2,600円で買取中!• 1,000円で買取中!• 1,400円で買取中!• 3,200円で買取中!• 3,800円で買取中!• 2,300円で買取中!• 5,800円で買取中!• 1,600円で買取中!• 2,800円で買取中!• 1,900円で買取中!• 2,500円で買取中!• 1,300円で買取中!• 900円で買取中!• 700円で買取中!• 8,400円で買取中!• 商品名• 買取価格• 発売日• 300円• PS Vita• 2019年02月• 200円• PS Vita• 2019年02月• 300円• 3DS• 2015年02月• 10円• PSP• 2014年09月• 10円• PSP• 2014年09月• 10円• PSP• 2014年03月• PSP• 2014年03月• 10円• PSP• 2014年01月• PSP• 2014年01月• 100円• PSP• 2013年09月• PSP• 2013年09月• PSP• 2012年09月• 10円• PSP• 2012年09月• PSP• 2011年12月• PS2• 2010年02月• PSP• 2010年02月• PS2• 2010年02月• PSP• 2010年02月• PS2• 2010年02月• PSP• 2010年02月• PS2• 2010年01月• PSP• 2009年11月• PS2• 2009年11月• 10円• PSP• 2009年08月• 10円• PSP• 2009年08月• 10円• PSP• 2009年08月• PSP• 2009年02月• 100円• PSP• 2009年02月• PSP• 2009年02月• PS2• 2007年09月• 10円• PS2• 2007年09月• PS2• 2007年09月• PS2• 2007年09月• PS2• 2007年03月• PS2• 2007年03月• PSP• 2006年11月• PS2• 2006年03月• 400円• PSP• 2005年11月• PSP• 2005年11月• 10円• PCゲーム• 2005年08月• PS2• 2004年03月• PS2• 2004年03月• 100円• PCゲーム• 2003年09月• PCゲーム• 2003年09月• 250円で買取中!• 250円で買取中!• 300円で買取中!• 450円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,750円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,300円で買取中!• 600円で買取中!• 600円で買取中!• 5,300円で買取中!• DVD・Blu-ray• 2,600円で買取中!• DVD・Blu-ray• 2,200円で買取中!• DVD・Blu-ray• 2,800円で買取中!• 800円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,050円で買取中!• DVD・Blu-ray• 2,800円で買取中!• 200円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,400円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,000円で買取中!• DVD・Blu-ray• 850円で買取中!• 150円で買取中!• DVD・Blu-ray• 750円で買取中!• DVD・Blu-ray• 800円で買取中!• DVD・Blu-ray• 900円で買取中!• DVD・Blu-ray• 950円で買取中!• 100円で買取中!• 150円で買取中!• DVD・Blu-ray• 650円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,600円で買取中!• DVD・Blu-ray• 900円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,000円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,300円で買取中!• DVD・Blu-ray• 650円で買取中!• 150円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,600円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,000円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,050円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,200円で買取中!• DVD・Blu-ray• 2,400円で買取中!• DVD・Blu-ray• 2,600円で買取中!• DVD・Blu-ray• 2,600円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,650円で買取中!• 1,500円で買取中!• DVD・Blu-ray• 1,400円で買取中!• DVD・Blu-ray• 700円で買取中!• 4,300円で買取中!• DVD・Blu-ray• 600円で買取中!• DVD・Blu-ray• 3,200円で買取中!• DVD・Blu-ray• こちらから、「買取できる商品の種類や状態」「買取できない商品の種類や状態」をご確認いただけます。 お売りいただく際は、買取基準を確認してからお売りください。 雑誌 漫画雑誌や週刊誌などは送らないようお願いいたします。 フリーペーパー フリーペーパーは送らないで下さい。 未開封品・同一商品 未開封商品、同一商品はお売りいただけません。 同人誌 同人誌は取り扱っておりません。 送らないようにお願い致します。 非売品 非売品の本やCD、DVDは送らないようにお願い致します。 児童ポルノ等法律で 禁止されている商品 みなさまの商品の査定をスムーズにするために、お売りいただけない種類の商品は、送らないように、ご協力をお願い致します。 お申し込みに際し、初めてご利用される方、本人確認がお済みでない方は本人確認書類(運転免許証か健康保険証)による本人確認が必要となります。 詳しくは。 18歳未満(および高校生)の方はご利用いただけません。 保護者の方よりお申し込みいただくようお願いいたします。 万一、 査定結果にご納得いただけない場合は全商品を返送いたします。 「ブランド&総合買取コース」は当社負担となります。 「ブランド&総合買取コース」におきましては、商品が未開封であっても、動作確認・商品確認のために開封いたします。 開封後に商品の返却が発生した場合でも、開封についての責任は負いかねます。

次の

『金色のコルダ』最新話のネタバレ【10話】香穂子と桂一はテレビ局に

金色のコルダ

良かった点 コルダ2までのキャラと、3以降のキャラの夢の共演が見られた事。 年代の違う彼らが、同じ高校生として語り合ってる姿を見る日が来るなんて!と言う衝撃。 キャラソンでリズムゲームが出来た事。 クオリティ的には無料アプリのリズムゲームのクオリティより若干劣るかな?と思いましたが、キャラソンでリズムゲームが出来た事が嬉しいですね! コルダは一気に全員攻略も可能ですよ…みたいなのを売りにしてる部分もあるように感じますが、今回も周回せずに全員行ける仕様なので、サクサク沢山のキャラを攻略出来ます。 リリが人間サイズだった事も、昔からコルダをプレイしている私には嬉しいものでした。 イベントの朗読劇で、いつかリリのルートも出来るハズだ!とリリが言っていたのを思い出し!リリルートも欲しかったなと思いました 笑 短いので、短時間で攻略が終わる所も、忙しい合間にやりやすくはありました。 悪かった点 コルダ特有のエアブラシ感のある絵から、鮮やかな色彩のものに変わっていた所。 ここはちょっとビックリしました。 コルダの世界観に、あのエアブラシ感のあるスチルや立ち絵の色合いがあっていたので、残念。 内容が薄い。 かなり上品な薄味仕上げになってます。 甘さも薄いです。 ほぼ共通で、定期的に一気に全員の個別を見ていかないといけないので、それぞれのキャラへの感情が入りにくい作り。 キャラごとのエピソードの総量は夢100の王子様の個別シナリオくらいの分量に感じました。 有料なので、シナリオは本当にもう少し頑張って欲しかったです。 無料アプリとして出会っていれば、特に文句なしでしたが、有料だしな…と思うと内容の薄さには物申したい感じです。 リズムゲームのクオリティは、リズムゲームアプリより劣るかな?と言う点。 無料アプリのリズムゲームって、最近のはキャラが踊ったりの演出があるので、スチルが出るだけはやっぱり寂しいかな?と。 Switch版だけかもですが、リズムがタッチ対応じゃなく、大変やりづらい点。 まさかのボタンのみでの操作で、ビックリしました。 Switchのボタンで、難易度高いリズムゲームはなかなか大変。 タッチ対応なら、もっとリズムゲームも楽しめたのに残念です。 全体の感想 コルダは好きだから、擁護したいんです。 そして結構楽しめたのは楽しめたんです。 それでも、今後の乙女ゲームの事も考えると、やっぱり内容が薄くて残念だし、悲しい気持ちがあると言う事は伝えておきたいのです。 2以前のキャラのみんなは、ハルモニアを救う使命があり、あの島に呼ばれたと言う設定に納得出来ましたが、3以降のチームは、ちょっと無理矢理な感じが気になりました。 使命がある訳でもないので、なんとなくプレイしてても、フェスタルート程キャンプは盛り上がれなかったように思います。 サクサク沢山攻略出来るので、忙しい合間にちょこちょこプレイしやすい感じ。 じっくりやりたい人には、物足りない作品に感じられるかも? 個人的にはそれなりに楽しめました。 リズムゲームも難易度が設定出来るので、そっちが苦手な方も楽しめる作り。 忙しい合間にもできるので、合間にちょこちょこやりたい人などにオススメです!.

次の