グレート コン ジャンクション 2020。 2020年12月に起きるトリプルグレートコンジャンクションのこと

2020年【水瓶座グレートコンジャンクション】~地の時代から風の時代へ~|0000_i_0000|note

グレート コン ジャンクション 2020

2019年ももうすぐ終わり。 平成と令和をまたいだ今年は、みなさんにとってどんな1年でしたか?来年2020年はオリンピックイヤー。 最高の1年を迎えるべく、雑誌「anan」の占い特集でもおなじみのG・ダビデ研究所、オフェリア・麗先生に「2020年前半の運勢」についてうかがいました。 前編では「2020年の全体運」についてお話いただきます。 なんと、2020年は激動の1年になるのだとか。 G・ダビデ研究所のオフェリア・麗です。 クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずかとなりました。 そこでみなさんにお伝えしたいのが2020年の運勢です。 2020年の前半は、はっきり言って 日本にとって試練のときとなりそうです。 前半の早い時期に大きな出来事があり、激動の時代が始まります。 この12月に木星が山羊座に入りました。 1年にひとつずつ星座を移動する木星は幸運を司る星ですが、1月には土星と冥王星も天頂に位置する山羊座に集まります。 この 3大惑星が接近する、「トリプル・コンジャクション」といわれる非常にまれな年が2020年なのです。 土星を表現する言葉は「制裁」、そして「歴史をつくる」星。 冥王星は「眠っているものを呼び覚ます力」を示す星です。 木星は「物事が本来の姿を取り戻す」ことを表しています。 これら3つの惑星が山羊座で織りなす稀有な配置が何を意味するか。 まさに 「大いなる審判が下されるとき」と言っても過言ではありません。 日本社会の悪い面が噴出し、価値観が変わる そこで、2019年を少し振り返りましょう。 たとえば「桜を見る会」の問題や、かんぽ生命の不正事件、また関西電力の幹部が賄賂を受け取っていた不祥事など、長年にわたって見過ごされてきた日本社会特有の悪習や弊害が2019年後半に明るみに出てきました。 いけないことだと誰もが知りつつ、「伝統だから」「慣習だから」「みんながやっていることだから」と、なんとなく許されてきてしまった。 それに対する追及も中途半端で、政権を揺るがすほどの大ごとにはならずに問題が流れていってしまった感があります。 木星が射手座にあった2019年は、 木星の力を抑えるような大きな惑星が他にないので、良くも悪くもさまざまな物事がスピーディーに動いたわけです。 しかし、 木星が山羊座に入った今後は違います。 そういった問題ももっと出てくるでしょう。 日本社会の悪い面が一気に噴出するといった様相です。 見て見ぬふりをして放置されてきた古くからの悪習はなくなることを余儀なくされ、これまで隠されてきたもの、 闇に葬られてきたことが、内部告発や秘匿情報の発覚などによって明らかとなり、厳しく追及されます。 これら一連の動きのきっかけとなる出来事が、 2020年早々に起こると予想されます。 それにより、 社会の仕組みが見直され、価値観が大きく変化していきます。 さまざまな場面で、物事本来の価値に目が向けられるようになるでしょう。 しかし2020年は、すべてが新しいものに塗り替わっていく1年ではありません。 価値観が変化していく最初の年です。 とくに前半は、本来持っている力が掘り起こされ、そこに価値が見いだされていくという流れになるでしょう。 ひとつの例として挙げるとするならば「株」。 ある企業の株価が一時下がったとしても、真に価値のある銘柄なら、またゆっくりと上昇します。 ジリジリと上がって、以前よりよくなるでしょう。 倒産しかけている会社も、基本に戻って立て直せば再び復活します。 自分の力を出し切れていなかった人が、実力を発揮することもあり得ます。 本当の実力が試されるとき、とも言えるのです。 希望の兆しが見え始めるのは春分の日以降に 古い枠組みが崩れて、社会の再構築がはかられるという意味では、日本にとって必要な試練といえますが、やはり 払うべき代償は小さくありません。 社会も一時的に混乱をきたすでしょう。 しかし 3月後半あたりから、早くも希望の兆しが見え、世の中は徐々によい方向に向かっていきます。 火星と木星が重なり、 3月20日の春分の日以降は、よい気運に満ちてきます。 志のある人材が頭角を現し、再生へと導くでしょう。 先に厳しい試練が訪れるけれど、その 混乱の中で立ち上がり、戦う人が登場する。 そういうタフな人物が出てきそうな気配が感じられます。 この年に限ったことではありませんが、 災害への備えは日頃から心がけておくとよいですね。 新しくて便利といわれているものより、 昔から使われている道具のほうが役に立つシーンは多々あると思います。 「地図」を見ることができる能力も大事ですし、「ろうそく」「らんたん」「ヘルメット」などのアナログな道具も有効です。 災害グッズなどを用意しておくのはいいことだと思います。 最後に付け加えると、土星と冥王星のコンジャンクションからもうひとつ予想されるのは、 巨大な2つの国同士の対決。 それがどの国なのかはわかりませんが、日本に対してはもちろん、全世界に与える影響は大きい。 このことも頭の片隅にとどめておいてください。 少子高齢化でシステムも硬直し、国力が衰えていくばかりの日本社会をいよいよ変えなければいけないときがきたようです。 年末には、グレート・コンジャンクションと呼ばれる土星と木星の重なりが起き、時代が本当に変わるという動きがあります。 そこからが、新生ニッポンの本格的なスタートです。 再生への希望を胸に、前半の激動を力強く乗り越えましょう。

次の

2020年【水瓶座グレートコンジャンクション】~地の時代から風の時代へ~|0000_i_0000|note

グレート コン ジャンクション 2020

これは木星と土星が同じ場所に巡るという現象で、2020年12月22日、水瓶座で起こります。 前回、グレート・コンジャンクションが起こったのは2000年のこと。 そう、木星と土星が出会うのは20年に一度。 グレート・コンジャンクションが起こるときは「時代の転換点」と呼ばれるような出来事が多くなります。 アラフォー以降あたりですと、2000年前後の経済・政治の大混乱からの就職氷河期、不況、ネット社会の本格的スタートなどが感慨深く思い出される方も多いでしょう。 今回、2020年という節目前後で起こる変化はさらに大きく、星占い的な用語でいえば「地の時代」から「風の時代」への移行が起こる、という意味を持ちます。 どんなふうに移行するのか、ちょっとまとめてみましょう。 「大手だから安心」「有名だから大丈夫」といった考え方はすでに過去のもの。 古い体制や権力は徐々に勢力を失い、一部は解体され始めています。 働き方も、副業が解禁され、リモートワークやフリーランスなど自由度が増してきました。 さらには「ものを所有する」ということへのこだわりも、少しずつ変わってきています。 シェアやクラウド化といった試みは、どんどん進んでいくでしょう。 グレート・コンジャンクションは12月22日、約1年後です。 まだまだ先……ではありますが、人間、ハイ変わりましょうといって変わるものでもないのですよね。 新しい時代にも自分らしい人生を生きていく、それが一番大切なことであり、そのためにも1年かけてじっくりと、ココロとアタマを新しい時代のマインドセットになじませていく。 そんな姿勢が、大事になってきます。 グレート・コンジャンクションまで、どう過ごす? 星の運行スケジュール さて、グレート・コンジャンクションに至るまでの星の運行を少し見ていきましょう。 3月22日 土星 水瓶座入り 5月11日~ 土星逆行開始 7月2日 逆行中の土星 山羊座入り 9月29日 土星順行 12月17日 土星 水瓶座入り 12月19日 木星 水瓶座入り 12月22日 グレート・コンジャンクション 3月に土星が水瓶座に入ると、テクノロジーの発展に「待った」がかかるようなことが多くなるでしょう。 AIやクラウド化の弊害やデータ流出、シェアリングサービスを悪用した事件など「いくら便利になってもね……」という見方が強くなる傾向が出てきます。 人々の倫理観や危機感を問う論調も強まってくるはずです。 ただ5月の土星逆行を機にそうした流れはいったんおさまり、人とは何か、知能とは何かといった問いを持つようになる人は多そうです。 動きがあるのは7月以降、山羊座に土星が戻るタイミング。 権威や旧体制、古い価値観のようなものがもう一度フォーカスされ、「こういったのはもう古いよね」「縛られないほうがハッピーだね」との認識が深く浸透していくでしょう。 そして12月下旬、土星と木星が相次いで水瓶座に入り、22日にグレート・コンジャンクションが起こります。 2020年のクリスマスから年末にかけての季節は、「変わりゆく時代への期待と不安」とともに過ごされると思うのですが、ひとつ言えるのは「まだ起こっていないことをわざわざ悪いほうへ想像して不安になるよりも、時代の傾向をおさえて自分の人生を選択する」そんな行為こそが大事なのだろうということです。 いくら変化が不安といっても、歴史のどの時代においても不変の時代などなかったわけです。 怯えるよりも、ベストな選択をする意思を持つ。 違ったら戻ってやり直す。 今に限らず、いつだって大事なことではありますが、変化の1年を生きる今こそしっかりと、心がけてまいりましょう。 約200年ごとに訪れる。

次の

風の時代の始まり:2020年のグレート・コンジャンクション

グレート コン ジャンクション 2020

2020年以降に予想される社会の一大変革に向けて、少し整理を進めておきたいと思います。 関連するイベントをまとめると以下のようなものが考えられます。 1.2020年12月に生じるグレート・コンジャンクション(以下、グレコンと言う。 )において、合が生じるエレメントが200年ぶりに本格的にシフトし、地から風の時代に突入する。 2.現在は2000年5月に牡牛座23度で生じたグレコンによって支配される20年の最後の3年間の冒頭辺りにいる。 3.2020年には、冥王星、土星、木星の3天体がすべて山羊座に入ることになり、山羊座で次のイベントが起きる。 4.2020年12月22日に水瓶座1度においてグレコンが生じ、本格的にグレコンの風の時代200年間の幕開けとなる。 前回のグレコン以降の牡牛座23度に支配される20年間(2000年5月~2020年12月)の間の時代の特徴をサビアンから見てみます。 (私訳):貴重な宝石に満ちた宝石店。 対向する蠍座の23度及びスクエアの位置にある獅子座と水瓶座の23度のサビアンシンボルと比較検討した結果、この牡牛座23度は、物質至上主義的な傾向が促進される20年間であると言え、誰もが セレブリティな存在であることを志向することになります。 物に対する執着が高まり、五感を満たしてくれるあらゆる刺激というものが、強く求められることになります。 その結果として、抑圧され勝ちになる精神主義的なものを志向する内圧が、副作用的に次第に高まってくることになるでしょう。 しかし、あと3年経つと、現在のセレブ至上主義的な風潮は一掃されることになる可能性があると考えるべきでしょう。 続いて、2020年に木星と土星が冥王星と合する山羊座の23度を見てみましょう。 木星はこれに先だって冥王星と山羊座の25度でも合しますが、冥王星との3度目の合が23度で行われることから、25度で受けた影響はリセットされてチャラにされる部分があり、その間の8ヶ月間にだけその影響が発揮されるものと考えますので、説明は省くことにしたいと思います。 (私訳):戦闘での勇敢さを讃える二つの賞を受けた兵士。 土星は2020年1月に、木星は同年11月に、この度数で冥王星と合します。 冥王星との合は先にのべた周期で木星と土星に起こりますが、山羊座という本来のサインにある土星が、冥王星によって遺憾なくその力の発揮を促されるということには特に注意が必要であり、山羊座における同様の配置は500年ぶりということになります。 この度数においては、社会賞賛を得るためのスタンドプレー的な行為として、正義の名において強力な権力行使などが行われると予想されます。 23は3の関連度数ですので、創造と破壊の働きが衝動的な形で出て来ます。 山羊座は権力の主張を求めることからはじまるサインですので、どうしても覇権抗争的な流れが強く出てくるでしょう。 正直言って国家間の戦争の可能性は相当に高まると考えられます。 木星と土星が冥王星からのエネルギーチャージを同じこの度数で同じ年に受けるということで、その影響が相乗的なものとなる可能性があることに留意しなければなりません。 昨日書いてみましたように、日本においてはグレコンが地のエレメントにおいて生じる200年間というのは、大和朝廷の成立と武家政権の確立、そして近代資本主義国家の成立に該当するのではないか、という見方を今のところしております。 それでは、地に続く風のエレメントでグレコンが生じる200年間というのは、どのような時代になるのか、ということについて考えて見なければなりません。 地というのは、作り固める働きです。 そこで一定の概念の元に権力機構が成立し、人間が活動するための社会基盤というものが確立されていきます。 社会というものは本来であれば、か弱い個人を守りながら、個々の人間性が最大限に発揮されることを一義的目標とするのでなければなりません。 しかしながら、社会基盤の創設期に際しては、どうしても物質至上主義的に陥らざるを得ない部分があるのではないかと思われます。 すなわち人間というものが、社会を構築し、維持安定させるための 道具として 使役されてしまい、人間性が 阻害されていく面が生じ勝ちなのではないか、ということになります。 風の要素というのは、地という現実に対する智恵の要素であり精神的要素であると言えるのではないか、と考えます。 社会という器が出来たけれども、そこに人間性が主体となった知恵工夫による絶え間ない改善が施されることにより、器に精神性という魂が籠められなければなりません。 現代の社会というのは、人間性を阻害する形で効率性と利潤だけを無機質に追い求める、単なる機械的システムに過ぎない、ということが言えるのではないかと思います。 風の時代に入りますと、このような社会の無機質な点を根本的にあらためて、人間性に即した有機的な社会に変質させて行こうとする流れが生じて来るものと思われます。 風の時代の200年間は、地の時代に築いた人間の活動基盤である社会を、人間性の発揮を本位としたものに作り替えていくことが主な流れになるだろうと、個人的には考えます。 本格的に人間性というものが謳歌されるのはその次の水の時代以降であって、風の時代の200年間というのは、既存の社会システムと取っ組み合いをしながら、ああでもないこうでもないと様々な智恵によってそれを改変していくようなことが、世の中の大きな流れとなるのではないか、という気がします。 最後に、2020年12月に水瓶座1度で生じるグレコン以降の20年間について考えて見ます。 (私訳):カリフォルニアの古いレンガ造りの教会。 1度というのは、そのサインが持つ可能性のすべてを内包しています。 この1度に、それから先の30度分のすべての可能性というものが内在しているのです。 水瓶座は対向する獅子座が常に主観に立脚しているのと正反対に、客観的な視点に根ざして、物事の中にある普遍的な要素を見出そうとします。 獅子座がすべてにおいて主観的であり、物事に対して主体的な当事者として振る舞おうとするのに対して、水瓶座というのは非常に客観的かつで間接的な形の自己表現を好みます。 自分自身に対しても批判的にクールでいたいという傾向が強くあり、自分自身のことを丸で人ごとのように扱ったりします。 獅子座も極端ですが水瓶座も同様に極端で、どこまでも現実の中の普遍的な真実に忠実であろうという立場が理想化され過ぎた結果、かえって極めて非現実的な色合いが濃く出てきてしまいます。 地の200年を脱却して最初に迎えるサインとして、水瓶座というのは中々良いように思われます。 しかもその1度という、水瓶座のエッセンスが最も濃厚に濃縮された度数が起点になるということは、そこに至った瞬間に、意識の一大転換が将来することは間違いないだろう、と感じられます。 「え、自分が今までこうだと信じてやってきたことって、本当はこういうことだったんだ!」という感じの、すこぶる大きな気付きがあるでしょう。 脱洗脳という単語を使って象徴してみるのも、面白いかもしれません。 今の世の中において、ほんの僅かな数パーセントの人達は既に気がついていることに、3年後以降は、社会全体が気づくことになり、意識が全体的に大きく変容していくことになると思います。 そうなりますと、社会のリーダーというのは、これまでのような金権力ではなく、精神的に人々を導けるような人へと変わっていくことになるだろうと考えられます。 今日はこの辺までとして、来たるべき風の200年間の迎え方については、また折に触れて考えていきたいと思います。

次の