次亜塩素酸とアルコール混ぜる。 大量に商品が出回る「次亜塩素酸水」の危険 科学者「一番怖いのは...」

次亜塩素酸ナトリウムと消毒用エタノールについて

次亜塩素酸とアルコール混ぜる

次亜塩素酸ソーダの取り扱いの注意点 次亜塩素酸ソーダの取り扱いで 管理人が危険だと感じることを。 次亜塩素酸ソーダは酸と混ぜると危険 結論から言うと一番危険なのは 酸と混ぜることです。 家庭だったら塩素系の洗剤。 トイレ掃除とか風呂掃除で 使うやつですね。 何が怖いかと言うと次亜塩素酸ソーダと 酸性の液体が混ざると塩素が出る。 これが一番怖いわけです。 ここで、 NaClO:次亜塩素酸ソーダ HCl:塩酸 NaCl:食塩 H2O:水 Cl2:塩素ガス となります。 塩酸ももちろん危険なんですが 本当に危険なのは塩素ガス。 ときどきトイレ掃除をしていて 死亡する人がいるんですけど 洗剤を間違えて使用して酸と 次亜塩素酸ソーダを混合して 塩素ガスを発生させて 亡くなるということのようです。 それでもうちょっと付け加えると。 ここでは酸の代表として 塩酸との反応を記載しました。 しかし、次亜塩素酸ソーダが 塩素ガスを発生する条件は 酸性のものと混ざることなので 塩酸以外の酸も混ぜるな危険です。 具体的には食酢、クエン酸、炭酸もだめ。 食酢はお酢ですよね。 クエン酸はレモンとかみかんとか。 炭酸は炭酸飲料。 どれも安全なものばかりです。 しかし。 こういうものでも酸だったら 次亜塩素酸ソーダと反応する。 これらの食品も次亜塩素酸ソーダも、 単体だったら安全なんですけどね。 安全なもの同士でも混ぜると危険 というのがとても厄介なところ。 トイレの洗剤のように塩素系だから 混ぜてはいけないとかなら分かりやすい。 塩酸、硫酸、硝酸のような 強酸なら混ぜようとは思わない。 しかし、酸性食品なんかは そういう警戒心がわきません。 だからよけいに怖い。 これには十分に注意してほしいですね。 次亜塩素酸ソーダ水溶液は市販されている薬品 次亜塩素酸ソーダは水道の 消毒とかプールの消毒とか スーパー銭湯の消毒とか そういうところでも使われます。 ただし、それらはものすごく 薄めて使ってるんですよね。 しかし、工業的に使うときは それよりも濃度が高い。 実際使うときは水で薄めて 使うことになると思いますが。 薬品としてはそんなに危険でもないので 普通の薬局でも通販でも購入できます。 しかし、酸と混ぜると危険なので そこは十分注意が必要です。 次亜塩素酸ソーダは乾かすと爆発する 管理人はこれ知らなかったんですが。 次亜塩素酸ソーダは乾かすと爆発します。 といっても条件があるわけですが。 ウィキペディアに事例がありました。 ==ここから== 次亜塩素酸ナトリウムから、 不均化反応により容易に 塩素酸ナトリウムが生じる。 これが乾燥した結晶は爆発性を 持つため、事故が起こる原因となる。 ==ここまで== ということだそうです。 NaClO:次亜塩素酸ソーダ NaCl:食塩 NaClO3:塩素酸ナトリウム となります。 次亜塩素酸ソーダが乾くと 食塩と塩素酸ナトリウムになる。 この塩素酸ナトリウムが危険物で ちょっとした衝撃で爆発するそうです。 実際にあった話では、 ==ここから== 1980年代に三重県四日市市内で 爆発事故が相次いだ。 次亜塩素酸ナトリウム水溶液を タンクに移替える時にホースがはずれ、 その溶液を浴びた職員が濡れた衣類を 洗わずにそのまま干して乾かしてしまった。 そのズボンを着て歩き始めたときの 摩擦をきっかけに爆発が起こり、 その職員が重体になった というものである。 ==ここまで== ということだそうです。 この場合、水溶液の濃度が薄くても 乾燥して粉になるならやっぱり危険。 漂白に使った次亜塩素酸ソーダは 十分に洗浄しないと危険ということです。 現場で慣れてくると危険性を忘れて 爆発させる事故が起こるようです。 次亜塩素酸ソーダはステンレスを腐食する 次亜塩素酸ソーダ自体は 工業的に使われますが 殺菌剤とか防腐剤的にも よく使われています。 管理人が工場にいた頃もスライム コントロール剤として使っていました。 多分色んな所で使っていたと思います。 ただし。 ステンレスの配管には良くなかった。 多分、塩ビ配管なんかだったら 問題ないんだと思います。 しかし、ステンレス配管だと 錆びて穴が空くんですよね。 腐食するわけです。 ステンレスって錆びないから ステンレスじゃないのかと 思うんですがさすがに塩素が やってくるとダメなんですね~ これは家庭の台所でも同じ。 ステンレスの台所とか 浴槽も注意が必要です。 すぐに洗い流すならいいですが 溜まって濃度が上がると危険。 ステンレスでも錆びますので。 管理人の板工場でもこういうことが 分からずに使ってましたね。 そのときは大事には至らなかったですが 知らないで使っていたのは怖い話です。 スポンサーリンク 管理人のまとめ 今回は、次亜塩素酸ソーダの 取り扱いについてというお話でした。 管理人の考えでは、 とにかく混ぜるな危険です。 酸と混ぜるのが危険。 その酸も酸性のものは だいたいダメです。 次亜塩素酸ソーダと酸が混ざると 塩素ガスが出て死亡することもある。 特にトイレとか風呂の掃除で 洗剤を複数種類使うのは怖い。 塩素系なら塩素系だけ、 中性なら中性だけ使う。 それから必ず換気の良いところで使う。 これは何より重要だと思います。 それから、下手に乾かさない。 乾いた粉は爆発性がある 塩素酸ソーダになります。 火薬の原料でもあります。 瓶の口で乾いているとかなら 水でよく流したほうがいいでしょう。 あとは腐食ですね。 ステンレスでも錆びますから 使ったらよく洗い流すとかですね。 水道の消毒にも使うような薬品ですから それほど危険ではないと思いますが 酸と混ぜるとか、乾かすとか 条件によっては危険になります。 取り扱いには十分注意して下さい。 この記事が、次亜塩素酸ソーダの 取り扱いの参考になればと思います。 次亜塩素酸ソーダ、本当に 混ぜるな危険ですからね!.

次の

次亜塩素酸ソーダの取り扱い!高濃度程注意、混ぜるな危険?

次亜塩素酸とアルコール混ぜる

ちょっと待って下さい!!カビ取り用洗剤の主成分である 「次亜塩素酸ナトリウム」と間違っていませんか? 新型コロナの影響で、部屋中を消毒・除菌するため 「次亜塩素酸水」が使われています。 人体への影響がない次亜塩素酸水。 アルコールより手軽に除菌ができるので、急に話題になっています。 実は 「カビ取り剤」の主成分と似た名前がありますが、全く別物です。 しかし、両者とも殺菌作用があります。 違いを明らかにして、使い分けができるようにしましょう。 アルコールよりも細菌、ウィルスを死滅させる範囲が広く、除菌力が強いの特徴です。 また、消臭作用もあり、トイレやキッチンなどでも使用可能です。 塩酸もしくは食塩水を電気分解して生成し、pH値は基本的に 「酸性」です。 無臭で 人体への影響が少ないため、皮膚に直接吹きかけることができます。 厚生労働省では食品添加物として認可が下りています。 2.次亜塩素酸ナトリウムの特徴 「混ぜるな危険」 と記載がある 塩素系漂白剤や カビ取り用洗剤の主成分。 強烈な 漂白作用と 殺菌作用があり、「ハイター」とか「カビキラー」とか、聞き覚えのある洗剤に含まれています。 クエン酸、酢酸、塩酸など、酸性の水溶液に反応すると有毒な塩素ガスが発生するので、注意が必要です。 塩素と水酸化ナトリウムを反応させて生成されます。 pHは アルカリ性を示し、油汚れや皮脂などを強力に分解していきます。 また カビなどの汚れに反応すると、強烈な 刺激臭が発生します。 なので、使用する際にはゴム手袋とマスクが必須です。 洗剤として使用される場合、界面活性剤や増粘剤を含まれます。 紫外線で分解され、漂白や殺菌作用がなくなるのが特徴です。 (1)電気分解 (2)粉末の薬剤を溶かす (3)「次亜塩素酸ナトリウム」を中和 厚生労働省では、 「(1)電気分解で生成される」のが「次亜塩素酸水」の定義です。 なので(2)と(3)については正式には 「次亜塩素酸水」ではありません。 しかし今回は、違いが分かりやすいように、化学式で一番単純になりそうな (3) 「次亜塩素酸ナトリウム」を中和する方法を紹介します。 あくまで 次亜塩素酸水もどきです。 アルカリ性である「次亜塩素酸ナトリウム」水溶液に、酸性である「炭酸水」を混ぜて自作してみます。 中和させるにはpH濃度を合わせるのが難しいです。 生成後に不純物に「重曹」が作られているので、アルコールと同じ様に「除菌」としては使いにくいところです。 自作する場合、 「次亜塩素酸ナトリウム」に不純物が入っていないのか、注意が必要です。 そもそも 「塩素」は水に溶けやすい気体で、 有毒ガスで有名です。 わざわざ自分で生成するリスクを負う位なら、ドラッグストアなどで安価に購入した方が良さそうです。 メリットばかりではありますが、長期保存ができず、すぐに分解して除菌消臭効果がなくなってしまうのがデメリット。 せっかく 「次亜塩素酸水」を購入したにも関わらず、水と区別がつかない…そんな時は、汗をかいた自分の体に 「次亜塩素酸水」を一吹き。 そのとき「プール臭」がしたとき紛れもなく「次亜塩素酸水」。 「プール臭」は「塩素」とアンモニア、その他化合物に反応してできた「トリクロラミン」の臭いです。 また、 「次亜塩素酸水」は対象物に触れると水に変化して、殺菌効力が失われます。 なので、手など石鹸でよく洗ってから仕上げに「次亜塩素酸水」を噴きかけるしましょう。 次亜塩素酸ナトリウムの使い方 カビ取り洗剤に含まれている次亜塩素ナトリウムは、「界面活性剤」や「水酸化ナトリウム」が含まれています。 そのなかの 「水酸化ナトリウム」が手に触れると皮脂のたんぱく質を分解して厄介です。 必ず手袋付けて使用するようにします。 「次亜塩素酸ナトリウム」は薄めて付け置きして除菌するか、カビ取り洗剤として使用するのが一般的です。 いずれの場合もPHは強いアルカリ性を示すので、使用した後はしっかり水を流してよく水気をふき取ります。 4.まとめ 簡単にまとめるとこんな感じ。 ・次亜塩素酸水… 直接皮膚に吹きかけ除菌・消臭ができる。 ・次亜塩素酸ナトリウム… 物道具の除菌・漂白したら、必ず水拭きをする。 「次亜塩素酸水」って初めて聞いた…とい方が結構いらっしゃいます。 「次亜塩素酸ナトリウム」 と違いを理解して、使い分けができるようにしましょう。 掃除を生業としている立場から、除菌と使われる「次亜塩素酸水」と、カビ取り用洗剤の主成分「次亜塩素ナトリウム」の違いを記事にしました。 「次亜塩素酸水」にも種類があり、微酸性を対象にしています。 ぜひ参考にしてみて下さい。

次の

次亜塩素酸ナトリウムは「混ぜるな危険」!何を混ぜてはいけないの?

次亜塩素酸とアルコール混ぜる

質問のカテゴリーが間違っているかもているかも知れません、すみません。 押入れの壁を誤って塩素系漂白剤原液で吹き付け雑巾で拭いてしまい、後に水拭き、乾いてから消毒用エタノールをティッシュに染み込ませ拭き取りました。 押入れの壁は漆喰のような石膏ボードのような素材で吸湿性があるような感じがしました。 質問です。 どうぞよろしくお願いします。 こんにちは。 次亜塩素酸ナトリウムに混ぜてはいけないのは「酸性洗剤」です。 具体的には、トイレ便器洗浄剤 サンポールなど のような「塩酸系洗剤」と混ぜると有毒な塩素ガスを発生させるため「混ぜるな危険」と製品に表示してます。 その他、クエン酸や酢 食酢 などの酸性と混ぜても危険ですが、次亜塩素酸ナトリウムを水拭き後にアルコールなら危険ではないです。 その証拠に、このような質問が出来るほど元気であることです。 もし、有毒な塩素ガスが押し入れ内で発生して、それを吸ったなら救急車騒ぎをしてると思いますよ。 それに、次亜塩素酸ナトリウムがそれほど危険な薬品なら、塩素系漂白剤やカビキラーのような製品は販売を規制されてます。 危険なのは、更に濃度の濃い薬品同士を混ぜることです。 従って、過剰な心配は無用ですが、次亜塩素酸ナトリウム特有の臭いが気になるなら「換気」をしてください。 今後、その状態で有毒ガス 塩素ガス が発生する心配は要りません。

次の