ちゃーはん 作り方。 絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

鮭レタスチャーハンのレシピ/作り方:白ごはん.com

ちゃーはん 作り方

・カップヌードル【しお】 1個 ・付属のスモークオリーブオイル 1袋 ・パックごはん 200g 1パック(茶碗大盛り1杯) ・たまご 1個 ・長ネギ 適量 ・水 適量 麺の高さ ・サラダ油 大さじ1 ・袋 やぶけにくいもの 1枚 画像にはアイラップが写ってますが、途中でやぶれてしまったので、やぶけにくいジップロックを用意しましょう。 作り方 カップヌードル【しお】を使って炒飯を作ります。 カップヌードルをこまかく砕く やぶれにくい袋に、カップヌードルをすべて入れます。 手でくだくか、棒を使って叩いてこまかく砕きます。 薄手の袋で砕くと、やぶれてカップヌードルをそこら中に撒き散らすの事になります。 掃除が大変なので、やぶれにくいジップロックを使いましょう。 麺の高さまで、水を注ぎ入れます。 このまましばらく放置させます。 たまごと長ネギを用意する 炒め始めると一瞬で出来上がるので、先にすべて用意しましょう。 たまごは黄身と白身も一緒に、ときたまごにします。 長ネギは色どりがキレイな青い部分を、5cmくらい輪切りにします。 カップヌードル炒飯を炒める カップヌードル炒飯を炒めていきます。 まず、サラダ油大さじ1をフライパン全体にひろげます。 ときたまごとごはん 200g を1パック入れます。 たまごとごはんをパラパラになるように炒めます。 水でふやかしていたカップヌードルを入れます。 長ネギを入れます。 水気が飛ぶまで炒飯を炒めます。 型取り用に、ときたまごが入ってた器に炒飯をもどします。 お皿に盛り付けてスモークオリーブオイルをかけて完成 お皿にひっくり返して盛り付けます。 仕上げにスモークオリーブオイルをかけます。 完成しました。 あら、美味しそう…。 食べてみた感想 食べてみた感想。

次の

基本のチャーハンを丁寧に美味しく作るレシピ/作り方:白ごはん.com

ちゃーはん 作り方

2019年07月25日 木 シェフのヒトワザ!~魅惑のパラパラチャーハン~ 「本日の料理人」 菰田欣也(中国料理店店主) 「魅惑のパラパラチャーハン」 <材料2人分> 白飯:400g 卵:2コ チャーシュー:150g 細ねぎ:5本 かに風味かまぼこ:2本 油:適量 【A】 塩:小さじ1/3 コショウ:少々 チキンスープの素(顆粒):小さじ1/3 しょうゆ:小さじ1/3 オイスターソース:小さじ1/3 <作り方> (1)卵2つのうち、1つ分だけ卵白を別にしておく。 ボールにそれ以外の卵とご飯と【A】を入れ、よく混ぜる。 (2)フライパンに油を入れ、(1)のごはんを入れ、炒める。 卵がコーティングされたごはんの粒が素早く混ざる! フライパンに押し当てるように炒めることで、お米がパラパラに。 全体がパラパラになったらご飯はフライパンから取り出しておく。 (3)フライパンに油を入れ、最初に別にしておいた卵白を色がつくまで焼くように炒める。 卵白の香りと風味が出て、チャーハンの具として引き立つ。 (4)5mm角に切ったチャーシュー、かに風味かまぼこを加えて炒め、具材があたたまったら、 取り出しておいたごはんを入れ混ぜ合わせる。 薬味のネギを入れたら完成。 投稿者:シブ5時 スタッフ 投稿時間:17:55.

次の

鮭レタスチャーハンのレシピ/作り方:白ごはん.com

ちゃーはん 作り方

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の