アングロ サクション ミッション。 アングロサクソン人|特徴・意味・歴史から分かるイギリス人のルーツ

アングロサクション・ミッションとUFO その2

アングロ サクション ミッション

『』は1980年にアメリカ合衆国で建造された花崗岩によるです。 1979年6月、『R. クリスチャン』と名乗る人物が、石材建築業者の『Elberton Granite Finishing Company』にモニュメントの建造を発注したとのことですが、発注者の名前は本名ではないそうです。 英語などの8つの言語(日本語はない)で書かれたメッセージは、陰謀論的な憶測を呼んでいます。 特に問題なのが、第1条の「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する(Maintain humanity under 500,000,000 in perpetual balance with nature. )」という項目です。 これが陰謀論でいう『人口削減計画』を連想させるからです。 活動家のマーク・ダイス〈注1〉は、このモニュメントが魔王を信仰する秘密結社の人物によって建てられたものだから破壊されるべきだと主張しました。 ある地方教会牧師は「太陽崇拝者、カルト崇拝者、悪魔崇拝者のために作られたものと確信した」と表明したそうです。 また、モニュメントの建設を依頼したのは『』だと示唆する意見もあるとか。 上記のような噂が絶えないためか、2008年には「新世界秩序に死を(Death to the new world order. )」などのスローガンがで石の上に書き込まれ、その後も様々な落書き・汚損・改変行為が繰り返されています。 石碑が冷戦さなかの1979年に建設されたことから、その意図はの生存者へのメッセージである可能性を指摘する者もいるようですが、内容が内容だけに人々に不穏な憶測を与えるのは当然のことです。 仮に上記のような意図があるなら、「もし世界大戦で人口が激減したら……」など条件を付け加えて碑文を刻むべきだったでしょう。 また、「人口を5億人以下に維持する」という条項には、製作者の『傲慢さ』が窺えます。 つまり権力によって世界人口を強制的に維持しようというのですから、そこには当然『世界的権力機構』の存在が前提となります。 となれば、必然的に『』を企てる秘密結社によってジョージア・ガイドストーンが建造されたと思われるようになるのは、ある意味で自然な流れです。 そうでなかったとしたら、この建設を依頼した人物また組織は、相当の『考え無し』といえましょう。 アングロサクション・ミッションの内容を端的に言うと、上級のが集まる会議に手違いで出席してしまったという元軍人(証言者)の話です。 アングロサクション・ミッションの元となっている証言者の話については後述するとして、まずはこの動画のポイントをピックアップしてみました。 上記の内容を踏まえた上で、『』で紹介したような『の真相』や『人間の潜在能力』についての話題が加えられます。 元の動画は、「視聴者のショックの和らげるため」という理由で前置きが長く、初見の人が話を整理するのは少し難しいかもしれません。 ただ、動画の視聴に加えて『プレゼンテーション原稿』と『証言者オーディオ・インタビュー原稿』を熟読してみると、超自然的な要素はあるものの、その内容自体は(善悪は置いておくとして)納得し易いものでした。 こうした野心の是非はともかく、動画内容自体にいくつかの疑問があります。 そもそも支配層は、カタストロフィーが来ることをどうやって『確信』できたのでしょうか。 ただ、誰であろうと関係なく、いきなりそんなことをいわれたら、内容が内容だけにまずは真偽を疑うところでしょう。 「 (話は聞かせてもらった!)人類は滅亡する!」的な話が実現したのは、今のところ神話の中だけです。 から始まったとされる文明史は、現在に至るまでそのような世界規模の破滅的大災害に見舞われたことはありません。 つまり、ほとんどの人々が憂慮すべきことは、自分たちの日々の生活が主であり、来るか来ないかわからない災厄のことではないのです。 この知的生命体が宇宙人であり、現生人類の創造主であったかどうかはわかりません。 如何なる理由があるにせよ、単純にカタストロフィーの後も人類の文明を存続させたいと思うなら、白人だけに執着する必要はないはずです。 「誰を生かし、誰を殺す(見捨てる)」という『人間選別』を企てるにしても、人種に関係なく、能力や性格などの資質を基準にした方が適切でしょう。 最も相応しい者が『黒人』だったなら、あるいは『アジア人』だったなら、その人物を世界再建のリーダーにしてもよいのです。 人口削減を計画している知的生命体は、白人を取り分け贔屓しているということなのでしょうか。 もし贔屓にしているとしたら、そこにはどんな理由があるのでしょうか。 アングロサクソン・ミッションは、世界的な陰謀を理解する上で我々に多くのヒントを与えますが、同時に多くの謎ももたらします。 より深い真実を求めようとするならば、我々は単にこの動画の情報を真に受けるだけでなく、そこに秘められた真相を見抜こうとする姿勢が必要になってくるのではないでしょうか。 現代は情報が溢れすぎているため、物事の真偽を判断する能力が必要になっています。 この記事が、アングロサクソン・ミッションを理解する上で、何かのご参考になれば幸いです。 証言者は、長年英国軍に勤務し、退役後は『』〈注2〉』で非常に高い地位に付いていたそうです。 彼は上級のフリーメイソン〈注3〉が列席する会議に参加することが多々あったそうですが、2005年の6月に出席したそれは、いつもの経済会議とは異なる驚愕の議題だったとか(はっきりと明記されていませんでしたが、内容から判断してこの証言者もフリーメイソンだと思われます)。 動画内容は、証言者がこの時に「1回だけ」出席したという会議〈注4〉の話に基づいていますが、この時点でかなりの胡散臭さを感じます。 会議の内容が重大であればあるほど、当然出席者は厳重にチェックするはずであり、関係ない人物は外すのが普通でしょう。 つまり、この証言者は偶然に参加したのではなく、相応しいと判断されてその会議に呼ばれたと考える方が自然だと思います。 英国軍とロンドンのシティの2つの組織に属していたという証言者は、様々な社会的出来事が『ある1つのグループ』の利益のために引き起こされたのを見てきた——インタビュー原稿ではこのように書かれていました。 上記を踏まえると、証言者の情報提供の理由は、自身が所属する組織の行いに罪を感じたからからしれません。 あるいはそう思わせているだけで、組織から意図的に情報を流すように命令された可能性もあります。 何にせよ、証言者の話がオカルト要素を含みながらも現実の情勢を予言するような内容を含んでいたのは事実です。 その彼がまず言及したことは、中東や中国に関わる陰謀でした。 ということで、次回は支配層の陰謀を考察し、その内容を暗示したといわれるイルミナティカードについても触れたいと思います。 そうした人々によって共通するのは、世間での慈善活動に勤しみつつ一種の『特権クラブ』として恩恵を受けていることくらいだという。 ただ、会議の出席者には、警察本部長、教会の代表者、軍の代表者もいたらしい。

次の

アングロサクション・ミッション

アングロ サクション ミッション

皆様こんにちわ!連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、皆様予防や対策は出来ておりますでしょうか?マスクや消毒液の高騰で容易に手に入れられない事と思われますが、手洗いうがいを徹底してできる限り予防を徹底して頂きたいです。 さて、今回はそのコロナウイルスについてかなり衝撃的な動画を見つけましたのでご紹介したいと思います。 今回の内容はかなり衝撃的で都市伝説の域を超えているものの為、苦手な方は読むことをおすすめ致しませんが、現在の世界情勢や今後の生活を考えるうえで考えさせられる動画でしたので、出来る限り見て頂きたいです。 ビル・ライアン氏が語るアングロサクソン・ミッション まず、何より動画を見ていたくのが速いと思いますのでまずは、ビル・ライアン氏の 1時間弱の動画をご覧ください。 ビルの元に訪れた、一人のイギリス人から聞いた話について語り始めます。 (仮に Xとしましょう) Xは長年イギリス軍に勤務し、退役後は シティ・オブ・ロンドンで高い地位にいた人物で上級の 等が多く出席する会議に同席した。 2005年6月いつもの経済会議だと思い出席した会議でいつもと違う議題である事に気づき、自分がここにいるべきではないと察するも、この会議で何が話し合われるのかを聞いていたというのだ。 その会議には25~30名の上級が出席しており、その出席者の多くが著名な政治家や警察本部長、教会の代表者などであったという。 この会議で話されていた内容と言うのが、 アングロサクソン・ミッションの進捗状況についてだったという。 ・イスラエルは今すぐイランを攻撃する準備が出来ているのか。 ・中国の経済成長、軍事レベルの強化が脅威となっている。 ・金融崩壊について 2008年10月からの事(リーマンショックの事?) イスラエルのイラン攻撃で始まり、イラン又は中国に報復するような動きとなるという。 長年軍隊に所属していた Xは公けになっていないがイランが核兵器を所有していると確信を持っており、中国から内密に核を渡されていると言います。 しかしながら、支配勢力にとってイランが核兵器を持っている事については重要ではなく、むしろその核を切っ掛けに、イランか中国に報復する流れを作りたい。 などの会議内容であったという。

次の

2010年には計画されていたアングロサクソン・ミッションと新型コロナウイルス

アングロ サクション ミッション

アングロサクソン・ミッションの目的とは アングロサクソンミッションの目的とは、ずばり 人口削減。 ビルさんが証言者に聞いたところ、 世界の人口の50%を削減することが目的だと答えたそうです。 しかし、この会議が行われた時点の 2005年の世界人口を見てみると64億人でした。 その半分は32億人。 当時おこなわれた会議では、32億人がリミットだったのでしょうか? 現時点で人口を50%削減したとしても32億人には届きません。 人口は5億人以下を維持すると書かれている石板について 彼らは何に怯えているのか? 証言者が言うには、彼ら支配者層の人間は、 大規模な「地球物理学的事件」が起きると信じているそうです。 この言葉から推察するに• 天変地異• ポールシフト• 氷河期• 隕石衝突 などが思い当たります。 つまり、将来的に地球の環境が変わってしまう出来事におびえているようです。 世界中にある地下施設 世界中には、使用目的の分からない地下施設が莫大な予算を投じて作られています。 世界中の植物の種子を集めている保管施設 世界中の植物や農作物の種子も集められ、ノルウェー北部の花崗岩で出来た地下貯蔵庫に厳重に保管されています。 まるで、これらの種子が地上から無くなることを知っているような予防措置ですよね。 ちなみに、花崗岩はジョージアガイドストーンにも使われており、衝撃に強い石材だと言われています。 アレクサンドリア図書館に秘蔵の書物があった 1万5千年ごとに繰り返される地球物理学的事件があり、これまでイルミナティの内部情報として伝わっているようです。 現在では、その書物のほとんどが復元されて バチカン図書館に保管されているという噂があります。 もちろん、この情報は公になっていない情報で内部関係者だけがアクセスできるかも知れない情報です。 そして、ビルさんは「このような事を本気で信じていて自分たちの目的を達成するために行動している人々がいる」という事を知ることが重要だと言っていました。 新しき日の夜明け(ニューワールド) 彼らは破壊と再生後の1つになった世界を 「新しき日の夜明け」と呼んでいました。 この「新しき日の夜明け」は陰謀論で語られる新世界秩序(ニューワールドオーダー)や世界統一政府(ワンワールド)と同じ意味でしょう。 これらの人類と地球の危機的な出来事をきっかけにして、アングロサクソン(白人)主導によりニューワールドを再生することが最終目的だろうと思われます。 アングロサクソン・ミッションについての個人的考察 最後にアングロサクソン・ミッションについての僕の勝手な考察というか想像です。 このビルさんのYouTube動画の中に出てくる「人口削減計画」について気になった所は以下の5つです。 地上に住めなくなる• 地下施設に避難する• 作物の種は地下に持っていく• 全人口の避難は不可能• まあ、地上にいる人間全部は入りきらんということですね。 なので、できれば地下施設に入り切る人数まで人口を削減したい。 なので、何事もなく平和的にすみやかに地下への避難を実行するための人口削減計画なのではないかとしょうもない空想話をしてみました。 関連記事はこちらです.

次の