ブラッド ステインド ベンジャミン。 PS4(ソロプレイで面白い) ブラッドステインドのレビュー

探索アクションの決定版『Bloodstained Ritual of the Night』が面白い!【ゲーム感想】|やっぱりたけのこぐらし

ブラッド ステインド ベンジャミン

エリア攻略• 食材「醤油」と「味噌」は、このエリアでのみ獲得できる。 調理コンプリートを目指す人は、忘れずに覚えておこう。 突入後、すぐ側に、岩壁に囲まれたベンジャミンを発見するが、現時点では助ける事ができない。 シャード「ディメンジョンシフト」獲得後に入る事ができるので、今は通過して良い。 東の縦穴を上に行くと、への連絡路がある。 先に、今まで行く事ができなかった場所に行き、アイテムを回収しておくと良い。 縦穴を西に進むと、大量の鳥居が設置された部屋に突入する。 ここの鳥居はワープポータルの機能を持っており、同じ鳥居でも通過する方向によって行き先が変化する。 最初の鳥居を右から通過し、出現地点にある右の鳥居を右から通過し、左にある壁を破壊すると、隠し部屋に行く事ができる。 部屋のアイテムを獲得した後に戻り、インバートで一番右の上にある鳥居に入ると、上のエリアに通じる道に行く事ができる。 次の部屋等に設置されている鳴子は、触れても忍者達が叫ぶだけで実害はないので、普通に通過して問題ない。 ステンドグラスのある部屋の上方にある扉は、後に入手できる「大工の鍵」を使うと、中に入る事ができる。 研究所の奥には、ミリアムの力を確かめようとする斬月が待ち構えている。 斬月を倒して斬月刀を託されたら、のジーベルが待ち受ける部屋に向かう。 ボス:斬月• エントランスで使用した攻撃に加えて、「空即是色」で通過した地点から炎を吹き出させる様になり、分銅による遠距離攻撃も追加される。 但し、今回は本気という事なので、挑発からのカウンターは使わない。 基本的には、エントランスで戦った時と同様の立ち回りで良いが、「空即是色」の炎は間に入ってやり過ごし、分銅は防御の奥義を使うか、或いはジャンプで回避。 HPを一定量、減らすと、炎だけでなく雷、そして氷属性を付与する様になる。 ともに攻撃を食らうと、ミリアムが一時的に行動不能に陥る可能性があるので、念の為に耐性を高めておくと良い。 炎属性付与時は、八枚の札を遠隔操作してミリアムを襲わせる攻撃が追加される。 雷属性付与時は、札を一列に撒き、一帯を放電させる攻撃を使う。 氷属性付与時は、札を畳、壁、天井に撒き、一面を凍結させる攻撃を使う。 更に、属性付与後は一撃必殺の奥義「死印封」も使用する様になる 難易度ハード以上? 札を画面全体に撒き散らし、その札に当たると陣に吸い込まれてしまう。 吸い込まれると脱出不能なので、斬月が「食らえ!! 」と叫んだら、できる限り遠くまで逃げる。 今回も、弱点は闇属性のみ。 加えて、武器攻撃関連の属性に耐性を持っている。

次の

東洋魔導研究棟

ブラッド ステインド ベンジャミン

産業革命によって時代が変化した18世紀末。 錬金術師たちの暴走によって、イギリスの一部の都市で大量の悪魔が現れた。 悪魔の力と同調する能力を持つ人間=シャードリンカーを生贄に召喚された悪魔は協会に鎮圧され、生贄となった人間も二人以外すべて命を落とした。 それから10年、再び悪魔が城と共に姿を見せる。 儀式を免れた少女・ミリアムは悪魔復活の儀式がもう一人の生き残り・ジーベルの仕業と知り、仲間の錬金術師と呪われた城へ向かう。 本作はPS4とNintendo Switchで発売された 探索アクションRPGです。 グラフィックは3Dで作っているのですが2Dに見えるため、2. 5Dと言われています。 たしかに不思議な立体感がありますね。 会話はほぼフルボイス(セリフが出てしゃべらない場面はなかったと思います)声優さんたちの熱演によって、すべての登場人物が印象深いやりとりを繰り広げます。 サブキャラクターたちの個性もしっかり際立っているので、ぜひ聞いてほしいです。 『Bloodstained:Curse of the Moon』との関係 本作が発売される約1年半前に 『Bloodstained:Curse of the Moon(ブラッドステインド カース オブ ザ ムーン)』というダウンロード専用ゲームが発売されています。 同じタイトル名ですが、こちらは外伝のような位置づけ。 登場キャラクターは同じですがストーリーとしてのつながりはないので、 プレイしていなくても問題ありません。 ただボスもほぼ共通しているので、片方遊んだ後にもう一方をプレイすると「こいつリチュアル(あるいはカース)にいたヤツ!」と面白さが倍増します。 未プレイの方はぜひ遊んでみてください。 ファミコン風のアクションゲームで、やりごたえ十分の作品ですよ。 リチュアルオブザナイトのここが面白い! ここからはたけのこの独断による魅力的なポイントをご紹介していきます。 いちプレイヤーとして感じたことをありのまま書きますよ! 主人公のミリアムが美人でかっこいい! 主人公のミリアムはクールビューティーでかっこいいだけでなく、かわいらしい一面もある魅力的な女性。 声を当てている小清水亜美さんの芝居がぴったり! 必聴なのは 椅子に座るときの「どっこいしょ」セーブするときはソファに腰掛けるので、プレイ中は何度も聞くのですが……若い子とは思えないくらいの疲れを感じます。 初めて聞いたときは「おばあちゃん?」と突っ込んでしまうくらい。 でもこの一言のおかげでプレイヤー側も気持ちが落ち着きますし「ミリアムは人間なんだ」と親近感を持ちました。 芝居も上手いけど、ディレクションした人の采配も素晴らしいなと感じます。 またミリアムは途中で髪形を変えることができます。 10種類以上のヘアチェンジだけでなく、衣服や目の色を含むカラー変更も自由。 自分好みのキャラクターに変えられるのも嬉しいです。 「どんだけ広いの!? 」と嬉しい悲鳴を上げる探索エリア 城を中心として様々な場所を探索するのですが、その範囲がとても広い。 もちろんただ広いだけじゃなく、さすが異界の城と思わせる造りだったり仕掛けがあったりと、飽きさせないマップ構成になっています。 それだけ長く遊べるということ。 進めていくと特定区間でのワープ装置が利用可能になったり、ショートカットが開通したりと、スムーズな進行が可能になります。 とはいえゲームオーバーになるとセーブ地点からやり直しなので緊張感はゼロじゃない。 「HPヤバいけどいったん戻ろうか……でもそろそろセーブ部屋ありそうな気がする」とスリルを味わいながら進むのは楽しかったですね。 多すぎて全部使いたくなる装備品 主人公の武器は剣・鞭・靴・刀など10種類。 それぞれに特徴があるので、自分の使いやすいものだったり、相手に有効なものだったり、いろいろ試してみるのが面白い。 途中で装備品の切り替えもしやすくなるので、気楽に取っかえ引っかえできます。 武器のなかには必殺技が使用できるものがあり、回数を重ねると奥義として習得。 同じ種類の他の武器でも使用可能になります。 この熟練度上げがまたハマるんですよ。 同じく防具も頭・胴・マフラー・アクセサリの種類があります。 防御力や各種属性の耐性はもちろん、個別に特性を秘めている装備品もあるので、攻略には使い分けが必要になってくる場面もあります。 装備品で見た目が変化するのも何気に細かくてグッド。 収集が止まらなくなるシャード 主人公は 「シャード」と呼ばれる敵の能力を取り込んで使うことができます。 シャードの種類は全部で6つ。 基本的に各1つずつ装備できます。 トリガーシャード:ボタン一つで繰り出せる、魔法攻撃のような能力• エフェクティブシャード:継続して様々な効果をもたらす持続型の能力• ディレクショナルシャード:スティック操作で発動方向を決められる指向性の能力• エンチャントシャード:攻撃力や耐性上昇などステータスを高める能力• ファミリアシャード:探索をサポートする味方を追従させる召喚型の能力• スキルシャード:取得しただけで能力を発揮する(装備の必要なし) イベントで入手するシャードもありますが、8割以上は敵を倒すことで入手。 登場する敵の数は100種類以上で、入手できるシャードは個別に設定されています。 つまり シャードは100種類以上あります。 シャードは手に入れた数で能力がグレードアップします(最大9個)だから探索し終わった場所の敵も素通りではなく、全部倒して進みたくなる。 上手く出来てるわ……。 さらにシャードにはランクがあり、アイテムを消費して上昇させることで攻撃範囲拡大など、様々な恩恵を受けることができます。 特に エンチャントシャードは最大ランクに達するとスキルシャードに変化し、装備しなくても能力が上がるようになる! 集めるしかない! クリアしてからはシャードの収集とランクアップに没頭しましたね……やればやるだけ強くなる主人公のおかげで、作業感はまったく感じませんでした。 操作感もよくエリア移動もスムーズ キャラクターの操作や攻撃に違和感はありません。 ステータス画面などの切り替わりも一瞬なのでノンストレスで探索が続けられます。 エリア移動も非常にスムーズ。 場所によってはちょっと時間のかかるところもありますが、何秒も待たされることはありませんでした。 おかげでアイテムやシャード収集で同じ敵と相まみえるのも苦になりませんでした。 こだわって作ってくれたのだと思います。 そのほかにも楽しい要素が盛りだくさん! 他にも「武器の錬成」「料理によるパワーアップ」「程よく強いボス」「何度聞いても笑ってしまうリンジーのセリフ」「宇宙の胃袋を持つスージー」「何度でも聞きたくなるミリアムとベンジャミンの会話」などなど、ココが面白いですと伝えたい要素が山盛り。 今後はアップデートで「難易度の追加」「操作キャラクターの追加」「新しいモードの追加」など、さらに遊びの幅が広がっていく予定だそうです。 一度クリアしておしまいにならないのが嬉しいですね。 村で教えてもらえる行き先のヒントがもうちょっとタイミング良くて明確だったら、進めやすいのかなー……なんて キャラクターの挙動がおかしくなる、画面が止まる(一瞬) あまりにも素早く激しい攻撃を行っていると、たまにキャラクターがしゃがんだまま立たなくなったり、振動するように左右を向き続けたりすることがありました。 ボタンの再入力ですぐに直るので問題にはなりませんが、最初はバグかと思ってビビった……。 また処理が追いつかないのか、画面自体が止まることもたまにあります。 「フリーズした!? 」とセーブのタイミングを振り返る数秒後、普通に動き始めるのでリセットの必要はありません。 でもちょっと心臓に悪いのでアップデートでの改善を期待しております。 一部でロードがとても長い(ただし……) 序盤は特に多かったのですが、ゲームオーバーになったりタイトル画面に戻るときのロード画面がフリーズしたのかと心配になるくらい長い。 計ったら約2分ロードし続けました。 ゲームを終了して再読み込みした方が早かったです。 始めはゲーム機本体に問題があるのかと悩んだのですが、原因は他にありました。 どうやら オンライン状態でゲームをしていると、長ロード現象が高い確率で起こるようです。 オフラインでプレイするとまったく起こらず、数秒で画面が切り替わりました。 もし同じ現象で困っている方がいれば、一度オフラインでプレイしてみてください。 まとめ 探索型アクションゲームが好きな方は十分楽しめる内容です。 挙動のおかしな点はあるものの、進行を大きく妨げる現象はありませんでした。 今後のアップデートで修正されるかもしれません。 たけのこは難易度ナイトメアクリア、ボスノーダメージ勝利のメダル全収集まで楽しみました。 今後のアップデートを楽しみに待ちたいと思います。

次の

アメリカ連合国

ブラッド ステインド ベンジャミン

教会はこの言葉を聞いたとき私たちが普通にその姿として思い起すように、高い尖塔で空を指し、天にあこがれる悩みの多い地の姿は持っていなかった。 そこにはステインド・グラスの絵模様のある窓も、屋根を支える円柱の並びもなかった。 その敷地の上に、私は地を匍う大きな芋虫形のバラックを見出した。 … きだ・みのる『道徳を否む者』 より引用• そこに一風変った、不規則なつくりの、破風のある古めかしい教会が建っていた。 すみれ色のステインド・グラスの窓ごしに、やわらかい灯火が輝いていた。 たぶん、オルガン弾きが、つぎの日曜日の讃美歌をちゃんと弾けるかどうか確かめるために、キイをなでまわしているのであろう。 … O・ヘンリー/大久保康雄訳『O・ヘンリ短編集』 より引用• 広い廊下の向かいにはスチールのドアが並んでいた。 そして、その真ん中に三友銀行と銀文字で彫られたステインド・グラスの大きなドアがある。 … 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』 より引用• つつましい冠をいただいた「いと貞操なる御母」まりあは、その稚い美感の制作である天蓋に護られ、献納の蝋燭の焔に少しばかりすすけ給うた卵形の御顔を穏かに傾け佇んで在られる。 祭壇の後のステインド・グラスを透す暗紅紫色の光線はここまで及ばない。 薄暗い御像の前の硝子壜に、目醒めるようなカリフォルニヤ・ポピーの一束が捧げてあるのが、いじらしい。 … 宮本百合子『長崎の印象』 より引用• 夏至の日に天井の穴から日が差し込むという事だけはよくわかった。 ステインドグラスの説明には年号や使徒の名などがのべつに出て来たが、別に興味を動かされなかった。 塔の屋根へ登って見おろすと、寺の前の広場の花壇がきれいな模様になっている事がよくわかった。 … 寺田寅彦『旅日記から』 より引用• 粗末な木のベンチが一方に積みあげてある。 ローソクが一本、窓の下の台の上にともっており、その光が窓にはめたささやかなステインド・グラスを照らしている。 … 三好十郎『その人を知らず』 より引用• そのほかホールには壺や飾皿があった。 それらの飾りものは、ホールについている窓の、緑にいくらか黄色のまじったようなステインド・グラスを透してさし込んで来る光線をうけて、どれもどっしりと生きているようだった。 少女の伸子は父とつれ立って目をみはりながらも、勝気な少女らしく、そのホールの絨毯の上を歩いた。 … 宮本百合子『道標』 より引用• こういう話をする間、ロジャー氏は独りでぶつぶつ言いながら新噴水にかかずらっていた。 その後、二三度訪ねたが、ロジャー氏は屋根を天文台のように蒼穹抜きにしてみたり、ステインド硝子を窓に嵌めたりしていた。 新噴水を夫人の気に入るよう、いわゆる仙女が現われるよう効果を工夫してもいた。 … 岡本かの子『噴水物語』 より引用• その温泉は何に利くのか知らないが、いろんな贅沢な設備をしたホテルや、待合兼業みたようなステキな宿屋がいくつもあると伊奈子は云ったが、そこで第一等という何とかホテルの大玄関に自動車で乗りつけて、特等室附属の浴場に案内された時には、私も生れて初めてなので一寸眼を丸くした。 高い天井のステインドグラスから落ちて来る光線が、青ずんだ湯の底の底まで透きとおして、見事に彫刻した白大理石の浴槽から音も立てずに溢れ出していた。 その中に私が先に走り込んで掻きまわすと、その光りが五色の鳥だの金銀の魚だのが入り乱れたように散らばって、その上から一面にモウモウと湧き立つ湯気のために、四方を鏡で張り詰めた室の中が薄暗くなってしまった。 … 夢野久作『鉄鎚』 より引用• 表玄関からホールを仕切る大扉の欄間がステインド・グラスで、そこにはカリフォルニア・ポピーのような柔かい花弁の花が、大きくその蔓を唐草模様にして焼きつけられている。 そのステインド・グラスの曲線をうけて、見事な上質ガラスのはまった大扉の枠も、下へゆくほどふくらみをもった曲線でつくられていて、華やかなガラスの花をうける葉の連想を与えられている。 すぐとっつきに表階段があった。 … 宮本百合子『道標』 より引用• 議席も議長席も傍聴席と同じおだやかな藍灰色の天鵞絨ばりで、下は暗赤色の絨氈がしきつめられている。 半円形に並べられている議席はまだ空虚で、一段高くしつらえられた議長席のヨーロッパ風な 背高椅子 ハイバック・チェアや、そのすこし下の左右に翼をはっている大臣席など出場を待たせる雰囲気を醸しながらステインド・グラスの格天井からさして来る曇った冬の日光の底に静まりかえっている。 大分たって振りかえって見ると、婦人席も満員になっている。 … 宮本百合子『待呆け議会風景』 より引用• 曇った秋の午後のアプスは寒く淋しく暗み渡っていた。 ステインド・グラスから漏れる光線はいくつかの細長い窓を暗く 彩 いろどって、それがクララの髪の毛に来てしめやかに戯れた。 恐ろしいほどにあたりは物静かだった。 … 有島武郎『生まれ出づる悩み』 より引用• 表玄関からホールを仕切る大扉の欄間がステインド・グラスで、そこにはカリフォルニア・ポピーのような柔かい花弁の花が、大きくその 蔓 つるを唐草模様にして焼きつけられている。 そのステインド・グラスの曲線をうけて、見事な上質ガラスのはまった大扉の枠も、下へゆくほどふくらみをもった曲線でつくられていて、華やかなガラスの花をうける葉の連想を与えられている。 … 宮本百合子『道標』 より引用• 曇った秋の午後のアプスは寒く淋しく暗み亘っていた。 ステインド・グラスから漏れる光線は、いくつかの細長い窓を暗く 彩 いろどって、それがクララの髪の毛に来てしめやかに 戯 たわむれた。 恐ろしいほどにあたりは物静かだった。 … 有島武郎『クララの出家』 より引用• テニス・コウトで草むしりをして居た女から、御堂では草履をはかせないことを聞いて戻り、やっと内に入った。 賑やかに飾った祭壇、やや下って 迫持 せりもちの右側に、空色地に金の星をつけたゴシック風天蓋に覆われた聖母像、他の聖徒の像、赤いカーテンの下った懺悔台、其等のものが、ステインド・グラスを透す光線の下に鎮って居る。 小さいが、奥みと落付きある御堂であった。 … 宮本百合子『長崎の一瞥』 より引用• 塵は都会の哀詩である。 構い手のない肺病娘のホツレ毛に引っかかって、見えるか見えないかにわななきふるえつつ、夢うつつのように紅い紅い血を吐き続けさせ、旧教会のステインドグラスに這い付いて、ありがたいお説教の余韻を薄曇らせ、聖書の黒い表紙の手ざわりにザラめいては、祈る者の悲しみをためらわせる。 … 夢野久作『塵』 より引用• なお、現時点で最新作のアルバム「イフ」の契約会社はジ・エンド・レコードである。 MSIには熱心なファンもおり、MSIのファン層はリンキン・パークやシステム・オブ・ア・ダウン、マイ・ケミカル・ロマンス、ラムシュタイン、フー・マンチュー、コーン、ステインド、インセイン・クラウン・ポッシーといった多くの有名なバンドに開かれている。 ディスターブド、3ドアーズ・ダウン、ステインド、メガデス等のプロデュースで知られ、グラミー賞のベスト・プロデューサー部門にノミネートした経験がある。 本作はセールス的に成功せず、本国イギリスではチャート・インを果たせなかったが、日本のオリコンチャートではトップ10入りを果たした。 今日では、90年代以降に登場したバンド、シーザー、ニッケルバック、パドル・オブ・マッド、セオリー・オブ・ア・デッドマン、スリー・ディズ・グレイス、ブレイキング・ベンジャミン、マッチボックス・トゥエンティ、3ドアーズ・ダウン、サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ、ステインドなどが商業的成功を得ている。 しかし日本では、このほとんどのバンドの知名度は低い。

次の