ラグビー 決勝 トーナメント 条件。 勝利・ドローなら8強 敗れた場合の条件をおさらい スコットランド戦

ラグビーW杯2019 プール予選予想 日本が決勝トーナメントに行くには

ラグビー 決勝 トーナメント 条件

ラグビーワールドカップ2019決勝トーナメントの進出条件は? ラグビーワールドカップ2019決勝トーナメントへの日本の進出条件をまとめましょう。 プールAの最新順位表は以下です。 これで、アイルランドは勝ち点16、スコットランドは勝ち点10となって、日本ースコットランド戦を迎えます。 決勝トーナメント進出のための条件をまとめると次のようになります。 ・日本が勝つと、勝ち点4を得て、18となり1位通過する。 ・日本が引き分けると、勝ち点2を得て、16となるが、直接対決でアイルランドに勝っているため、1位通過となる。 ・日本が負けた場合でも、7点差以内でかつ4トライ以上をあげれば、勝ち点2を得て、16となり、スコットランド14または15、アイルランド16のため、前記同様に、1位通過できます。 ・日本が7点差以内または、4トライ以上で、勝ち点1を得て、負けた場合でも、スコットランドを3トライ以下に抑えれば、15となり、スコットランドは14となるので、2位通過ができます。 しかし、スコットランドに4トライ以上取られて、負けた場合、スコットランドと勝ち点15で並び、かつ日本は直接対決で敗れていることになるので、3位敗退となってしまいます。 もちろん勝ち点なしで負けた場合は、敗退です。 決勝トーナメントは8チームで闘われますので、出場数は8チームとなり、4つあるプールの上位2チームずつが出場できることになります。 では、プール戦の順位決定方法を見てゆきましょう。 「勝ち点」で順位をつける 勝ち点の計算方法は、 勝利:4点 引き分け:2点 敗戦:0点 トライ数4以上:1点 7点差以内の敗戦:1点 となっており勝ち方、負け方で差がつく仕組みとなっています。 勝ち点が同点の場合 次の順で比較して順位が決定されます。 順位 国 試合数 勝 敗 勝ち点 得失点 1位 日本 2 2 0 9 27 2位 アイルランド 2 1 1 6 17 3位 スコットランド 2 1 1 5 10 4位 サモア 2 1 1 5 -9 5位 ロシア 2 0 2 0 -45 つぎに、この時点で、日本の進出条件を検討してみます。 ・ 日本が残り2試合、サモア、スコットランドに連勝した場合。 ・日本がサモアを破り、競合すると思われるアイルランドがサモア、ロシアを破って2勝し、スコットランドが日本、ロシアを破って、 3チームが3勝1敗となって並んだ場合 日本は、勝ち点13で、サモア戦で、4トライ以上を上げるか、スコットランド戦に7点差以内で敗れればそれぞれ1点加点されますので、13,14,15の可能性があります。 アイルランドは連勝により、勝ち点14となり、4トライ以上を上げると、15,16となります。 スコットランドは、勝ち点13で、やはり4トライ以上を上げると、14,15となります。 この状況では、残りの試合が下位のサモア、ロシアということもあり、アイルランドが最も有利に見えます。 日本が2位となるためには、スコットランドとの比較となり、勝ち点が同じ場合は、直接対決の勝者が優先されますので、上記想定では、日本が不利ということになります。 こうなると、はらはらドキドキとなりそう 結局、 日本としては、サモア、スコットランドに対し最悪でも1勝はしたうえで、4トライ以上を上げるか、負けても7点以内に抑えることで、ボーナスポイントBPをできるだけ稼ぐということが必須となります。 決勝進出のために絶対観たい3試合 日本の2勝を期待したい 日本vsサモア、 日本vsスコットランド戦は当然重要です。 特に次回のサモア戦では勝つことはもちろん、4トライ以上のBPが欲しいところです。 また、スコットランド戦では、たとえ負けたとしても、7点以内に抑えるかとうかが大きなポイントとなります。 その他で、日本の決勝進出に影響を与える1試合を選ぶとすると、 アイルランドvsサモアと考えます。 サモアがスコットランド戦での大敗から目覚めて、ロシア戦のような爆発力を見せるか、たとえ負けるにしても、7点差以内に抑えるか? これで、日本とアイルランドが勝ち点で並んだ場合、直接対決で勝利している日本の有利な点が生かされます。 日本の快進撃へのネットの反応.

次の

日本は引き分け以上で決勝T進出【10/13(日)】ラグビーW杯・日本vsスコットランドなどの放送予定

ラグビー 決勝 トーナメント 条件

2019では、まずプールと呼ばれるグループ内の総当たり戦が行われ、各プールを勝ち抜けたチームにより決勝トーナメントが行われる。 プールを勝ち抜け、決勝トーナメントに進出する条件とは。 よって出場数は• 8チーム プールは4つあるので、• 各プール2チームずつ つまり、プール戦では、各プールの2位以内にならなければならない。 勝ち点の計算方法は、• 勝利:4点• 引き分け:2点• 敗戦:0点• トライ数4以上:1点 勝敗にかかわらず• 7点差以内の敗戦:1点 試合の勝敗以外に、トライ数と得点の開きも加点の対象となる。 直接対決の勝者• 得失点差• トライ数の差 トライ数ートライされた数• 得点数• トライ数• 出典:rugbyworldcup. 日本 vs 日本、、そしてで決勝トーナメントへの2席を争うことになる。 日本はと引き分け以上で、プールA1位での決勝T進出が決まる。 負けた場合にはボーナスポイントが左右する。 日本がに敗戦:日本14か15か16、14か15 日本が負けた場合には、勝ち点の合計がを上回れば、日本は決勝Tに進出できる。 まずは、日本が4トライ以上して7点差以内での負けなら、ボーナスポイント2点を獲得し、勝ち点の合計が16ポイント、日本は決勝T進出。 日本が4トライ以上か7点差以内の負けのどちらかだけがあり、が3トライ以下だった場合、日本が15、が14で日本は決勝T進出。 14か15で勝ち点の合計が同点の場合には、直接対決の勝敗で決まるのでが決勝Tに進出。 sponsored link まとめ 2019で決勝トーナメントに進出するには、各プールで上位2位以内になること。 プール戦での順位は、勝ち点で決まる。 同点の場合は、直接対決での勝者が上位など6つの優先順位のついた条件が決められている。 おまけ 決勝トーナメントに勝ち残ったチームは、次回2023年のワールドの出場権も同時に獲得する。 また、プール3位だったチームも同じく出場権を獲得する。 よって2023年のワールドに出場できる20チームのうちの半数以上の12チームが、今大会のプール戦が終わったところで決定する。 関連記事: uwanosorajikenbo.

次の

ラグビー日本代表、決勝トーナメント進出の条件は? スコットランド戦、予定通り開催へ

ラグビー 決勝 トーナメント 条件

プールAはアイルランドが12日(土)にサモアに勝利し「勝点16点」で、決勝トーナメント進出を決めた。 残り1枠は13日(日)日本vsスコットランドの直接対決で決定する。 ここでは、日本代表の決勝トーナメント進出の条件をまとめてみた。 決勝T進出は日本vsスコットランドの結果で決定 日本(勝点14点)とスコットランド(10点)の勝点の差は 「4点」 日本は、勝つか引き分ければ、プールA1位で決勝Tへ進出する。 しかし、日本が負けた場合どうなるか? 日本が負けるとスコットランドの勝点は14点or15点。 一方、日本の勝点は14点or15点or16点となる。 日本が負けてもスコットランドにBPを与えず、日本がBPを1点取れば、日本「15点」、スコットランド「14点」となり日本が決勝Tへ進出する。 スコットランドが3トライ以下、かつ日本が7点差以内で敗れたケースがこれに当たる。 また、日本がスコットランドにBP1点(4トライ以上)を取られて負けた場合、日本がBP2点を取れば、決勝Tへ進出する。 これは、日本が4トライ以上とり、かつ7点差以内で敗れたケースが該当する(可能性としてはかなり低い) 日本が負けてスコットランドと勝点が並んだ場合は「直接対決」の結果により順位が決定するので、スコットランドが決勝Tへ。 日本としては、スコットランド戦でボーナスポイントのことを考えるのではなく、勝利を目指す必要がある状況だ。

次の