易出血 看護。 【医療従事者の方、至急お願いします】

白血病患者の看護計画

易出血 看護

感染症の中でも、全身感染を引き起こす重症症状の一つとして敗血症があります。 基本的には、背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病 こうげんびょう などの基礎疾患がある場合に発症しやすいです。 または化学療法や放射線治療を受けて白血球数が低下している、副腎皮質ホルモン薬や免疫抑制薬を投与されて、感染に対しての抵抗力が低下している場合も、敗血症を起こしやすいので注意とされています。 当ページでは、敗血症発症後の看護、看護計画について様々な情報を詳しく紹介していきますので、敗血症の患者さんへの看護に自信がない方は特に、しっかりお読みいただき、確かな知識を得て日々の看護に活かせるようにしてください。 1、感染症とは 敗血症は感染症のため、感染についてまずは知識をつけましょう。 感染症とは、環境中(大気、水、土壌、動物など)に存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入し、引き起こされる疾患です。 私たちには通常見えない、多くの微生物(細菌、ウイルス、真菌が存在します。 その中で、感染症を引き起こす微生物を病原体といいます。 感染は、病原体が人間の体内に侵入、定着し、増殖、この全てが成り立つことで成立します。 感染したとしても、症状が現れる場合(顕性感染)と,はっきりとした症状が現れない場合(不顕性感染)があります。 まずは、目に見えない病原体や寄生虫が、どこから(感染源)、どのように侵入するのか(感染経路)を知ることが大切となります。 感染源は、病原体に感染した人(感染者)・動物・病原体で汚染された物や食品が感染源となります。 1-1、感染経路 感染を起こしていたとしても、感染経路を遮断できれば他に病原体が伝播することは防げます。 感染においてとても重要となります。 接触感染、飛沫感染、空気感染(飛沫核感染)の3つが大きく分けてあります。 接触感染は、皮膚や粘膜の直接的な接触、手、ドアノブ、便座、スイッチなど表面を介しての接触で、病原体が付着していると感染となります。 主に汚染された食品や汚物などが口から体内に侵入します。 ノロウイルス、0-157、感染性胃腸炎などが代表となります。 飛沫感染とは、咳やくしゃみといった、飛んだ唾やしぶきなどの病原体を吸入することで、引き起こされる感染です。 マスクの着用や距離を保つことが有効です。 インフルエンザ、風邪などが代表となります。 飛沫に含まれる水分が蒸発した粒子を飛沫核といい、空間に浮遊して広範囲に広がります。 病原体は埃と一緒に浮遊し、これらを吸入することで感染し、空気感染または飛沫核感染といわれています。 ノロウイルスが代表となります。 2、敗血症とは 肺炎や腎盂腎炎など、ある部分が感染症を起こしている状態から、血液中に病原菌が入り込み、重篤な全身状態にしてしまう病状をいいます。 血液中に病原体が入りこむ病名としては、腎盂腎炎による尿路感染症、肺炎などの呼吸器感染症、胆管炎、胆のう炎、褥瘡感染などが挙げられます。 また、中心静脈カテーテルなど、血管内カテーテルを留置している場所の汚染から体内に感染するケースもあります。 2-1、敗血症の症状と敗血症ショック 細菌が血液中で増殖し、その毒素によって高熱・悪寒戦慄などを起こします。 血液中の細菌が、二次的に様々な臓器に定着して増殖を始めると、その臓器が障害された際の症状が出現します。 ・肺が障害される 気管支肺炎や肺梗塞の症状である咳や呼吸困難、胸痛など ・心臓が傷害される 心内膜炎や心不全症状など 障害される場所によって症状は違いますが、基本的には重篤な症状を引き起こします。 重症の敗血症の場合、と言われる皮膚や粘膜に出血斑が見られます。 重症化してしまうと、血圧低下・無尿といった敗血症性ショックを起こして、早いと数時間で死に至る場合もあります。 敗血症ショックは、下記の兆候が一つでも当てはまると敗血症ショックと診断され、迅速な対応が必要とされます。 皮膚の一部が変色している• 排尿量が著しく少ない• 呼吸困難• 動悸がするまたは心拍数が速いなど、心臓機能が異常である• 体温低下による悪寒• 極度の脱力感、ふらつき 2-2、敗血症の治療 敗血症は、診断と治療が早ければ早いほど、生存確率は高まります。 医師は、多くの薬剤を使用します。 脱水と血圧を保つために、大量の輸液製剤を行います。 第1選択薬はノルアドレナリンです。 ノルアドレナリンは、血管収縮作用に強力な力を持っています。 0以下など極端に減少している場合には、輸血を行う必要があります。 感染リスクを高めるため、通常は推奨されていません。 十分な輸液や昇圧剤、血管作動薬を使用しても、敗血症ショックが落ち着かない場合に限り、低用量のステロイド療法が推奨されています。 3、DIC(播種性血管内凝固症候群)を合併した場合 DICを合併した場合には、深部静脈血栓予防が重要となります。 過凝固状態を制御するために、抗凝固療法が必要となります。 しかしヘパリンは、出血症状を助長する作用を持っています。 その軽減を目的とした低分子量ヘパリン(フラグミン)やトロンビンなどの活性化凝固因子の阻害作用をもつメシル酸ガベキサート(FOY)などを使用し、治療を行います。 では、どのような看護問題があがるのでしょう。 1)体温が不安定な状態の場合には「敗血症に関連する発熱(低体温)が原因の身体的苦痛」と挙げてよいでしょう。 2)バイタルサインが安定せず、意識障害も伴う重篤な場合には、「血圧低下、意識障害による生命の危機リスク状態」と挙げてよいでしょう。 3)低酸素血症で酸素化が保てず、呼吸状態の悪化が見られる場合には「低酸素血症による呼吸苦出現が原因の身体的苦痛」と挙げてよいでしょう。 4)DICを併発している場合には、出血リスクが高まります。 「DICを併発していることによる、身体損傷リスク状態または易出血リスク状態」と挙げてよいでしょう。 敗血症といっても、様々な症状があります。 今、患者様にとって必要なケアは何かをよく観察し、個別性にあった看護問題を立案するようにしましょう。 5、敗血症を患っている患者様の看護計画 敗血症看護のを行う際に、必要な観察ポイントや情報は何かを整理しましょう。 患者背景(身長、体重、年齢、現病歴、基礎疾患)• 全身状態(体温や脈拍、呼吸などのバイタルサイン、皮膚の出血、尿量、意識レベルなど)• 活動、休息(ADLの状況、休息がとれているか) これらの情報をまとめ、現在の患者様の状態を把握する材料とします。 敗血症を患っている患者様の看護計画 では、先に挙げた各々の看護問題に該当する、看護計画を立案していきましょう。 5-1、OP• 全身状態:発熱、低体温、白血球増加、白血球減少、呼吸数増加、脈拍数増加、CRP上昇、出血部位、SPO2低下、意識障害• 泌尿器症状:血尿、細菌尿、尿混濁• 呼吸器症状:咳や喀痰、呼吸困難• 消化器症状:悪心、嘔吐、腹痛 5-2、TP 発熱に関連する内容の場合は、• 高体温の場合、悪寒が伴っていなければ氷枕や腋窩、そけい部にを行い解熱する• 悪寒がある場合は、温罨法を行いながら掛け物をかけて保温する• 医師の指示に基づき、解熱鎮痛剤を使用する。 ただし、血圧が低い場合は医師に相談とする• 発熱で体内水分が失われていくので、水分補給を十分に行う。 できない場合は、輸液製剤で補えるように医師と相談する 呼吸に関連する内容の場合は、• 医師の指示に基づき、酸素療法を開始する• 口呼吸の場合、口内が乾くので、経口摂取が可能であれば水分補給を行う• 起坐位など、体位調整を行い本人の呼吸が楽な体位をとる DICを併発し、易出血状態の場合は、• 歩行可能の場合には、歩行状態を確認しスリッパから靴へと変更する• 床上安静の場合には、ベッド柵には布団など保護できる柔らかい素材を使用する• ベッド周りの身体を傷つける可能性のあるものは、除去しを行う 5-3、EP• 理解力がある患者様や家族から協力が得られる場合に限る• 体温上昇や息苦しいなど、身体の不調が合った場合にはナースコールですぐに呼ぶように伝える• 家族が付き添いをしている場合、意識障害など異常を感じた場合にはすぐにナースコールなど看護スタッフを呼ぶように伝える• DICを併発している場合には、身体中が出血しやすい状態であることを伝える このように看護計画を立案しましたが、個別性を持って患者様の病状に合わせて立案していってください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 重症化しやすい感染症の一つである敗血症になってしまうと、様々な重篤な症状を発症し、生命の危機に直面することが多い病気の一つです。 患者様の様子をよく観察し、どのようなケアが今必要なのか正確な判断が必要とされます。 当ページで記載した敗血症の症状や治療、観察ポイントなどの基本的な知識をつけて、日々の看護実践の場で活用していただければと思います。 jdepo.

次の

がん化学療法における 副作用とその対処法①

易出血 看護

脳出血の原因 高血圧 脳出血の原因のうち、70%を占める。 高血圧が原因で、脳内小動脈が変性し、血管壊死、微小動脈瘤を形成し、ここが破裂することで脳出血をきたすとされている。 脳血管病変 先天性に血管の弱い部分から出血が起こる。 脳動脈奇形、海綿状血腫、もやもや病、アミロイド血管障害があげられる。 脳出血の特徴 突然発症 症状は突然発症し、血腫の増大により症状は進行する。 頭蓋内圧亢進症状 血腫そのものと、周囲組織の浮腫により頭蓋内圧が亢進する。 頭痛・悪心・嘔吐・意識障害を来たす。 脳局所症状 脳の破壊された部位により、機能障害が出現。 典型的には出血部位とは反対側の片麻痺や感覚障害が現れる。 脳出血の部位と頻度 1位 被殻出血37. 2% 中大脳動脈からの穿通枝であるレンズ各線条体動脈が出血源となり、被殻、淡蒼球(たんそうきゅう)を中心とする血腫が形成される。 被殻淡蒼球の内側の内包圧排(あっぱい:圧迫されること)により出血と反対側の片麻痺と感覚障害を生じる。 発症直後は硬直性麻痺であるが、内包が破壊されると弛緩性麻痺となる。 前頭葉の視運動中枢から内包に向かう側方注視神経の障害により、出血側をにらむ水平共同偏視がみられる。 2位 視床出血33. 6% 視床穿通動脈の破綻による視床を中心とする出血。 視床の外側にある内包の圧排・破壊により、出血と反対側の不全麻痺と知覚障害を生じる。 また、血腫が中脳に及ぶと、眼症状が出現し、下内方への共同偏視、縮瞳、対光反射の消失および低下がみられる。 発症直には意識障害はないか、軽いことが多いが、脳室穿破し、水頭症による意識障害が急速に進行することがある。 3位 脳幹出血9. 5% 橋を中心とする脳幹部の出血。 脳幹網様体の障害により、強い意識障害・著明な呼吸障害をきたす。 硬直性・弛緩性の四肢麻痺を呈し、高熱・発汗異常などの自律神経症状も出現する。 眼症状は、強い縮瞳(ピンホール)や、眼球浮き運動(アイボビング 両眼が急速に上方偏位し、ゆっくり正常に戻る動き)がみられる。 4位 皮質下出血8. 7% 大脳皮質下の出血であり、部位は頭頂葉・側頭葉に多い。 出血部位の大脳皮質の局所症状がみられる。 軽度の意識障害やてんかんを起こしやすく、けいれん発作で発症することが多い。 原因として、高血圧での発症は少なく、若年者の場合には、脳動脈奇形からの出血の可能性が第一に考えられる。 5位 小脳出血8. 0% 小脳半球、特に歯状核を中心とする出血が多い。 激しい頭痛・めまい・悪心嘔吐、強いめまいで発症する。 発症時の意識障害はないが、出血の広がりにより、意識障害や出血と反対側の共同偏視・眼振、病巣側の外転、顔面神経麻痺、呼吸障害をきたすことがある。 検査 頭部CT 超急性期から出血をとらえることができ、出血部位・血腫の大きさを診断することができる。 また水頭症の有無や発症リスクを知ることもできる。 脳血管造影 手術を行う際には、出血源の確認のため必要となる。 治療 血圧管理 急性期には、呼吸管理を含めた全身管理と、積極的な降圧治療が重要となる。 ただし、過度な降圧は、脳灌流を減らすため血圧は下げすぎない程度にコントロールしなければいけない。 血腫の大きさや、頭蓋内圧亢進症状、既往、年齢などを考慮しなければならないが、目安として 平均血圧130mmHg以下とされる。 平均血圧とは? 平均して動脈にかかっている圧のことで、概算で次の式で求めることができる。 ベッドアップ30度挙上も効果があるが、血圧の低下に注意し行わなければならない。 脳室ドレナージ 脳室にチューブを挿入し、急性水頭症での髄液の排出や、脳出血の脳室穿破による脳室内の血腫を除去し、頭蓋内圧をコントロールする目的で行われる。 開頭血腫除去手術後の水頭症予防や再出血のモニタリング目的にも使われる。 外科的治療 開頭血腫除去術 開頭し、出血を取り除き、出血部位の止血を行う。 脳出血によって破壊された脳組織の機能は、手術によって回復することはないため、救命の意味合いで行われる。 しかし、適応となる症例は、出血部位や意識障害の程度によって決まるが比較的限られている。 CT定位脳内血腫除去術 全身麻酔や局所麻酔下で、頭蓋骨に小さな穴をあけて、血腫を吸引する手術。 手術中はCTを使い血腫の位置を確認しながら行われる。 内視鏡下血腫除去術 全身麻酔や局所麻酔下で、4㎝の皮下切開後に頭蓋骨に1. 5㎝の小さな穴をあけ、吸引管にて血腫を吸引し、出血部を電気凝固し止血する。 開頭手術と比べ適応も広く、CT定位脳内血腫除去と比較しても、侵襲が少なく、近年普及してきている治療法。 そのほか治療上の管理 上部消化管出血の管理 重症脳出血では、ストレス性胃潰瘍などの消化管出血を合併することがある。 そのため、抗潰瘍薬が予防投与される。 深部静脈血栓・肺塞栓症の予防 脳出血急性期で麻痺を伴う場合、弾性ストッキングや空気圧迫法などを使用し、深部静脈血栓や肺塞栓症の予防を行う。 関連記事• 病態生理-• 看護技術-.

次の

敗血症の看護、観察するべきポイントと看護計画とは

易出血 看護

急性骨髄性白血病(AML)56%• 急性リンパ性白血病(ALL)19%• 慢性骨髄性白血病(CML)22%• 慢性リンパ性白血病(CLL)3% となっています。 慢性白血病は、急性転化を起こし急性白血病のような症状になることがありますが、急性白血病が慢性化することはありません。 いずれにせよ、基本的な治療は化学療法となります。 急性白血病の症状 急性白血病の症状として、 貧血、全身倦怠感、軽労作時の息切れ・動機、長引く風邪症状、易出血傾向などがあります。 慢性白血病の症状 慢性白血病の初期に自覚症状はなく、健康診断時などに発見されることも多いです。 肝臓や脾臓の、腫脹や全身倦怠感を伴うこともあります。 病状が進行すると急性白血病と同じような貧血、全身倦怠感、軽労作時の息切れ・動機、長引く風邪症状、易出血傾向といった症状が現れます。 白血病の治療法 白血病においては、化学療法が基本で抗がん剤の投与によって増殖した白血病細胞を死滅させ、正常な血液細胞を増やすことが第一の治療法です。 寛解導入療法• 治療目標:白血病の寛解を目指す。 白血病の治療では、まず寛解(骨髄や末梢血の中の白血病細胞がほとんどなくなった状態。 初発期にあった症状もほとんど消失する)を目指します。 これを寛解導入療法といいます。 通常、抗がん剤の投与は 7日間から10日間で、抗がん剤は多剤併用となります。 抗がん剤を投与すると、白血病細胞だけではなく正常な血液細胞も減少し、副作用が投与後から出始めます。 抗がん剤投与後は、 赤血球や血小板が極端に減少することがあり、輸血が必要となります。 白血球は自然に増えてくるのを待ちますが、それには 約4週間ほどかかります。 白血球が回復したころに骨髄穿刺を行い、寛解状態になっているか確認します。 治療目標:寛解状態を長期間維持する。 寛解導入療法と地固め療法で、白血病細胞がほぼ死滅した状態になったら、出来る限り寛解状態を維持できるよう定期的に通院し、弱めの抗がん剤を投与します。 造血幹細胞移植(予後不良の場合) 予後不良群となる患者は、 生存率を上げるための治療に造血幹細胞移植が選択されます。 造血幹細胞移植では、白血病細胞の染色体分析で予後を予測することができます。 造血幹細胞移植は、抗がん剤投与や放射線治療などの移植前処置を受けた後に無菌室で行います。 移植後には、免疫抑制剤の投与が行われ移植が成功すれば、 2~3週間で血液細胞が増え定着します。 ただし、造血幹細胞移植でも抗がん剤を用いた時と同様の副作用が生じます。 また、造血幹細胞移植ではGVHD(移植片対宿主病)が起こることがあり皮膚や肝臓、腸にその症状が出ます。 ポイント! 白血病の検査には、血液検査・骨髄穿刺(染色体検査、遺伝子検査)・腹部CT・超音波検査などがあります。 白血病の看護計画 白血病の治療では、化学療法が基本であることから看護は、易感染や易出血、悪心・嘔吐や食欲不振、脱毛などその副作用に重点が置かれます。 全身にあらわれる症状によって、日常生活を送ることが困難となる場合もあるため、ケアが必要です。 また、死をイメージしやすい疾患であり、 精神面のフォローも看護の上では大切です。 同じ薬剤を使っても、 患者によって副作用の現れ方が異なることもあるので、患者それぞれの状態にあわせた看護計画が必要です。 患者を取り巻く社会的背景によって、更なる計画が必要になる場合があります。 白血病患者への看護で注意するポイント 看護計画を立てるにあたっては、患者が治療上どの段階にいるのかを常に把握しておくことが求められます。 化学療法後には、 副作用の出現があることも把握しておくことが必要です。 以下に、看護をする上で必要なスキルについて詳しく説明していきます。 易感染状態時には「矛盾」が生じる 易感染状態時には、行動だけではなく食事も制限されます。 抗がん剤の副作用で、悪心や嘔吐が続くときには食べたいものを食べられるだけ、と指導しながらも易感染状態時には生ものや家庭で調理したもの、サンドイッチやコンビニ弁当など多くのものが禁止されます。 こういった矛盾をきちんと患者にわかりやすく説明できる手腕が必要です。 できるだけ早い段階で患者と信頼関係を築く必要がある 患者は、治療をする上で日常では見慣れないクリーンルームや無菌室へ入室することから、生活の不安や面会制限などの社会との隔離に伴う不安を抱えていることが多いです。 そのため、 入院初めの患者は緊張によって本音を言えないこともあります。 その後の治療効果にも影響 するため、できるだけ早い段階で信頼関係を築くようにしましょう。 家族の協力が必要不可欠 白血病患者が、入院・治療を行う上で 家族の協力は不可欠となるため、あわせて指導することが大切です。 血液内科では、辛い抗がん剤治療を受けても思うように効果があらわれず、終末期を迎える患者も少なくありません。 そのような場合には、さらに家族へのケアを強化する必要があります。 まとめ 参考文献は以下の通りです。 関連記事• 一般的に不整脈とは、心臓の興奮 電気刺激 が正常に伝わらず、脈の打ち方に異常が現れるものをいいま... このページでは、現役看護師の方に向けて、バセドウ病患者の症状や治療方法、看護計画、注意点と求めら... 気胸とは、肺から空気が漏れて、肺が小さくなった状況のことです。 原因によって気胸は、自然気胸・外... 肝硬変はさまざまな疾患や原因が治ることないまま経過した結果おこるものです。 肝臓は私たちの身体に... COPDとは慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary dis... 関節リウマチの症状には、特徴的な関節病変を示す原因不明の全身性炎症疾患があり、膠原病の中で最も多...

次の