異臭 横須賀。 謎の異臭が北上し通報500件 皆が“未経験の臭い”

神奈川 横須賀市などで異臭の情報相次ぐ

異臭 横須賀

海面がエメラルドグリーンになる「白潮」からの説も 「ゴムが焼けたような臭いがする」「ガス漏れのよう」「接着剤やシンナー?」「ニンニクみたい」... 2020年6月4日20時過ぎごろから、消防や警察にこんな119番や110番が殺到し、ツイッター上などでも同様な書き込みが相次いだ。 横須賀市消防局の指令課にJ-CASTニュースが5日に聞いたところでは、最初は、三浦半島の南端に近い三浦市内の沿岸から通報があり、次第にその場所も北上して横須賀市の北部まで達した。 22時近くまでの2時間ほどで、約200件も通報があったそうだ。 その原因については調査中だとしか報じられなかったため、ツイッターやネット掲示板などでは、様々な推測が書き込まれている。 「大地震の前兆じゃないよね?」「海底または地中からのガスだとしたら、いやな予感」「海底噴火してんのかな」「ケミカルタンカーが怪しい」「船か飛行機から何か燃料系がもれたとか?」などだ。 東京・秋葉原で同じ4日、フッ化水素酸が原因とみられる異臭騒ぎがあったため、その関連を疑う向きもあった。 このほか、「多分くじらの死骸とかだろうな」といった生物由来を考える意見もあり、5月に相模湾などで海面がエメラルドグリーンになる「白潮」が発生したため、海中のプランクトンから出たガスではとの見方もあった。 同様な「広域異臭」は年に数回、いずれも原因分からず 異臭の原因について、横須賀市消防局の指令課は、警察や東京ガス、海上保安庁とともに調べたが、「結局分からなかった」と取材に答えた。 ガス検知器を持ち込んだが、何も反応せず、臭いの成分は分からなかったという。 フッ化水素酸も検出されなかった。 ただ、初めに通報があったときは、風速3メートルの南風が吹いており、それに乗って臭いが運ばれた可能性はあるとした。 船が異臭を出しながら移動したかも海上保安庁が調べたが、分からなかったという。 タンカーがガス抜きしたという報告もないとしている。 天然ガスの噴出なら無臭なので考えにくく、クジラなどの生物は、腐ったような臭いがするので違うのではないかという。 実は、三浦半島では、5月31日にも異臭騒ぎがあり、三浦市内で「ガス臭い」といった119番通報があった。 しかし、消防が駆け付けると、臭いが消えており、原因などは分からなかった。 東京湾沿岸では、千葉市内などで2019年5月8日夜に「ガス臭い」「ゴムが焼けたような臭いがする」「プラスチックが燃えたよう」といった同様な異臭騒ぎで約120件の119番通報があったことがある。 当時について、千葉市の環境規制課は、1、2時間と短時間のため臭いを分析できず、結局原因は不明だったと取材に答えた。 「東京湾の海の方から異臭がしており、こうした『広域異臭』は年に何回かはあります。 赤潮、青潮といった原因でしたら、磯臭い、生臭いはずですので、違うと思います。 過去に原因が分かったケースはないのではないか」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

謎の異臭が北上し通報500件 皆が“未経験の臭い”

異臭 横須賀

4日夜、神奈川県で原因不明の異臭を訴える通報が南から北へと連続して500件あり、付近の住民は不安を感じています。 その臭いを嗅いだ人は口々にこう言いました。 異臭を感じた住民:「分からない。 今までにない臭いで、何の臭いだろうと思いましたよ」「自分で嗅いだことがないような臭い。 色んな臭いが混じっていたような…」 異臭はどこから来たのでしょうか…。 神奈川県三浦半島の最南端に位置する三浦市。 午後8時前後、変な臭いがするなどの通報が相次ぎました。 その約30分後には三浦市の北隣に位置する横須賀市で車の焦げる臭いがするなどの通報が…。 葉山町でも悪臭の通報がありました。 午後10時前後には逗子市で外で変な臭いがするとの通報。 午後10時すぎには横浜市でも通報がありました。 通報は合わせて500件以上寄せられ、ツイッターでも投稿が相次ぎました。 異臭は三浦半島沿いに南から順に感じられ、午後10時ごろにおさまったそうです。 当時は風速5メートル前後の南寄りの風が吹いていて、異臭は海から風に乗って北上したものとみられています。 専門家は広範囲にわたって臭いの質が異なることなどから原因の特定は難しいとみています。 異臭の原因について海上保安庁などが調査しましたが、まだ分かっていません。

次の

三浦半島で原因不明の異臭騒ぎ・地震の予兆?活断層が動いた可能性を示唆!

異臭 横須賀

SNS上では「赤潮説」や、「クジラの漂流説」なども挙がるなか、地震の兆候ではないかと指摘する声もある。 横須賀市消防局によると、4日午後8時8分ごろ、三浦市南下浦町金田地区から「ゴムの焼けたようなにおいがする」と119番があったほか、午後9時55分ごろまでに約200件の通報があった。 逗子市でも、消防に異臭の通報が入ったとされ、東沿岸部でも確認されている。 ツイッターでは《赤潮でも発生しているんじゃないか》といった説から、昨年5月下旬に横須賀市の北下浦海岸で、腐敗が進んだザトウクジラの死骸が見つかった例を挙げ、《クジラの死骸が打ち寄せられてる可能性》と憶測が飛び交った。 赤潮の場合は、人が感知できる匂いは少ないとされる。 硫化物を含む海底近くの水が、風で海面に上昇し青白く見える「青潮」の場合、腐乱臭が発生するケースがあるという。 「巨大地震の直前に『岩石が崩壊する臭い』や『電磁波』が出ることが知られている」と語るのは、立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏。 「花崗(かこう)岩に圧力をかけ破壊する実験に立ち会ったことがあるが、岩がこすれ合う際に、こげくさいような、ホコリくさいような臭いが出る。 1995年の阪神淡路大震災の前にも六甲山の東端地域で異臭が発生したとされる」 三浦半島周辺は、北日本や首都圏を含む北米プレートと、日本列島を南から押すフィリピン海プレートとの境界である相模トラフ上に位置する。 高橋氏は、「関東で特に断層が密集している地域でもある。 押されたプレートが跳ね上がる場合、岩をすり潰すようなにおいが出ることも考えられる」と指摘した。

次の