美智子さま。 美智子さまの亡き母・正田富美子さんが生前語った「驚きの回想」 (沢田 浩)

美智子さま「引っ越しません!勝つまでは」 雅子さまに一方的に「嫌がらせ」した過去

美智子さま

美智子さまは9月8日、東京大学附属病院で乳がんの摘出手術を受けられた。 宮内庁によれば、手術は無事に終わり、経過は順調だという。 美智子さまにとって初めてのがん手術。 不安もおありだったのではないかと思うのだが、8月下旬の軽井沢・草津ご静養の際、美智子さまに悲愴な雰囲気はほとんどなかったという。 本当に極小のがんで、ベテラン医師でも見逃してしまうようなものだったようです」(宮内庁関係者) 美智子さまは、15年以上前から乳がんの検診を受けられている。 「そのころから検査を担当してきた女性医師の高橋かおるさんに、美智子さまは絶大な信頼を寄せられています。 そのことが、今回の奇跡的な早期発見につながったのです」(前出・宮内庁関係者) 今年7月、高橋さんは乳腺超音波検査で美智子さまの左胸に病変を発見、MRI検査でも乳がんの疑いと診断した。 その後、いくつかの検査を経て乳がんの告知を受けた美智子さまは「よくぞ見つけてくれました」と高橋さんへの感謝を述べられたという。 医療関係者が明かす。 患者さんと丁寧にやりとりし、なおかつはっきりものを言う医師。 術例数も非常に多いので、手術の腕も間違いありません。 6%だった。 そうした状況に危機感を覚えた彼女はいち早くマンモグラフィーを導入して、触診でわからない「非蝕知がん」の発見にも尽力してきた。 触診で判別できる大きさになる前に発見すれば、より治癒の可能性が高くなるからだ。 がんの大きさは1センチ弱で、乳房温存手術によりその周辺5センチ弱を摘出。 手術は4時間ほどで終了した。 美智子さまは、経過が順調ならば術後数日で退院される見通しだという。

次の

どうぞ雅子さまにとっての「生きやすい」皇室を【2019年Yahoo!ニュースで人気1位(再掲)】|美智子さまという奇跡|斎藤環/矢部万紀子

美智子さま

Contents• 文/菊ノ紋ニュース 斎藤弘毅(2019. 10) 大成功の国民祭典 令和の世となり、再評価が加速度的に進みつつある天皇家ご一家。 雅子さまの体調も順調に回復しており、公の場でお目にかかる機会も多くなった。 10月9日に開かれた「国民祭典」では、奉祝曲に雅子さまが涙をぬぐわれる一幕があり、多くの国民がもらい泣きした。 これまでの平坦ならざる雅子さまのことを考えれば涙を流されるのは当然だろう。 また「国民祭典」では、秋篠宮ご一家や愛子さまもお忍びで参加されており、そのエピソードも徐々に関係者の口通じてメディアに披露されていくことだろう。 まさに皇室と国民が一つになった素晴らしい祭典であった。 一方的に嫁姑バトルを仕掛ける美智子さま… 数年前まで猛威を振るっていた雅子さまバッシングは何処へ行ったのであろうか? 「雅子さまは離婚せよ」「愛子さまは障害児だ」「秋篠宮家に早々に皇統を譲って、皇太子(現、天皇)は引退せよ」などという驚くような文句が踊っていたが、今やそれは鳴りを潜めた。 むしろ今のメディアは、派手過ぎた平成流を反省したり、秋篠宮家の自由奔放すぎる家風に苦言を呈する論調が主流だ。 そしてこのような論調を面白く思わない筆頭が、美智子さまに他ならない。 上皇ご夫妻に近しい関係者は次のように語る。 「美智子さまは引退されてからというのも、雅子さまの報道が目立つことが面白くないようです。 10日には雅子さまのドキュメンタリー風ドラマが放映されますが、その中での自身の扱いがどうなるのかとても気にされていました。 雅子さまが美智子さまよりも目立っていることが面白くないのでしょう」(上皇ご夫妻に近しい関係者) 「はやく赤坂御所に帰れば?」との一幕も 仲の良い嫁姑というのは珍しいとはいえ、美智子さまの雅子さまへの感情は極めて複雑であるようだ。 本日10日は15時から「祝賀パレード」(祝賀御列の儀)が開催されるが、それにも美智子さまは気をとがらせているという。 ある宮内庁関係者がその前日の様子を教えてくれた。 「 美智子さまは、大手メディアが 「国民祭典涙をされる雅子さま」 の写真をトップに載せたことが面白くないようでした。 ああいうのは良くないわ』 などと終始ご批評なさっていました…。 明日(10日)の祝賀パレードについても、 『皇居から赤坂御所に帰るなんて変なパレードね。 わざわざ皇居に来て、自宅に帰るんでしょ? 変なパレードね。 皇居によらず、自宅を出発して自宅に早く帰ればいいのよ。 ここは私の家なんだし』 などとご不満な様子でした…。 職員にあたらないだけ秋篠宮家よりかは待遇が良いと思いますが、一日中愚痴ばかり聞かされて上皇職一同疲れ果てています。 国民の皆様には大変申し訳ありませんが、職員60人ではとても足りません。 つまりこれは『引っ越しません』と宣言しているのも同じなのです」(宮内庁関係者) どうも美智子さまにとっては、皇居に居座り続けるこそが、雅子さまへの「勝利」だと思っている節があるようだ。 なにがともあれ平穏無事に引っ越し作業が終わることを祈ってやまない。 そうなんですか。 見ていないので知りません。 当時は別に真剣にあのようなブログを見たこともなく、チラッと目にして直ぐ他へ。 一部の人達が盛り上がっていたんじゃないでしょうか。 あとは2ちゃんねるか5ちゃんねるか知りませんが、そういうところでもやっていたらしいですね。 それとマスコミがそんなブログや掲示板を見て、または美智子様や紀子様から使命を受けて書いていたんじゃないですか。 全く興味なかったですね。 実は私のような国民は多かったと思いますよ。 だから雅子様が復調してこられたのを見て、ホッとしました。 もともと能力が高いのは知っていましたから、トランプさんの接待を見ても驚きませんでした。 他国の王室の方々と、あそこまで親しくなさっていたのは知りませんでしたが。 どっちにしても、天皇も雅子様もずっと潜在的な人気はあったということです。 愚かな人達だけか盛り上がっていたんでしょう。

次の

美智子さまは我が強い。嫌われても仕方なかったのでは?

美智子さま

Contents• 文/菊ノ紋ニュース 斎藤弘毅(2019. 10) 大成功の国民祭典 令和の世となり、再評価が加速度的に進みつつある天皇家ご一家。 雅子さまの体調も順調に回復しており、公の場でお目にかかる機会も多くなった。 10月9日に開かれた「国民祭典」では、奉祝曲に雅子さまが涙をぬぐわれる一幕があり、多くの国民がもらい泣きした。 これまでの平坦ならざる雅子さまのことを考えれば涙を流されるのは当然だろう。 また「国民祭典」では、秋篠宮ご一家や愛子さまもお忍びで参加されており、そのエピソードも徐々に関係者の口通じてメディアに披露されていくことだろう。 まさに皇室と国民が一つになった素晴らしい祭典であった。 一方的に嫁姑バトルを仕掛ける美智子さま… 数年前まで猛威を振るっていた雅子さまバッシングは何処へ行ったのであろうか? 「雅子さまは離婚せよ」「愛子さまは障害児だ」「秋篠宮家に早々に皇統を譲って、皇太子(現、天皇)は引退せよ」などという驚くような文句が踊っていたが、今やそれは鳴りを潜めた。 むしろ今のメディアは、派手過ぎた平成流を反省したり、秋篠宮家の自由奔放すぎる家風に苦言を呈する論調が主流だ。 そしてこのような論調を面白く思わない筆頭が、美智子さまに他ならない。 上皇ご夫妻に近しい関係者は次のように語る。 「美智子さまは引退されてからというのも、雅子さまの報道が目立つことが面白くないようです。 10日には雅子さまのドキュメンタリー風ドラマが放映されますが、その中での自身の扱いがどうなるのかとても気にされていました。 雅子さまが美智子さまよりも目立っていることが面白くないのでしょう」(上皇ご夫妻に近しい関係者) 「はやく赤坂御所に帰れば?」との一幕も 仲の良い嫁姑というのは珍しいとはいえ、美智子さまの雅子さまへの感情は極めて複雑であるようだ。 本日10日は15時から「祝賀パレード」(祝賀御列の儀)が開催されるが、それにも美智子さまは気をとがらせているという。 ある宮内庁関係者がその前日の様子を教えてくれた。 「 美智子さまは、大手メディアが 「国民祭典涙をされる雅子さま」 の写真をトップに載せたことが面白くないようでした。 ああいうのは良くないわ』 などと終始ご批評なさっていました…。 明日(10日)の祝賀パレードについても、 『皇居から赤坂御所に帰るなんて変なパレードね。 わざわざ皇居に来て、自宅に帰るんでしょ? 変なパレードね。 皇居によらず、自宅を出発して自宅に早く帰ればいいのよ。 ここは私の家なんだし』 などとご不満な様子でした…。 職員にあたらないだけ秋篠宮家よりかは待遇が良いと思いますが、一日中愚痴ばかり聞かされて上皇職一同疲れ果てています。 国民の皆様には大変申し訳ありませんが、職員60人ではとても足りません。 つまりこれは『引っ越しません』と宣言しているのも同じなのです」(宮内庁関係者) どうも美智子さまにとっては、皇居に居座り続けるこそが、雅子さまへの「勝利」だと思っている節があるようだ。 なにがともあれ平穏無事に引っ越し作業が終わることを祈ってやまない。 そうなんですか。 見ていないので知りません。 当時は別に真剣にあのようなブログを見たこともなく、チラッと目にして直ぐ他へ。 一部の人達が盛り上がっていたんじゃないでしょうか。 あとは2ちゃんねるか5ちゃんねるか知りませんが、そういうところでもやっていたらしいですね。 それとマスコミがそんなブログや掲示板を見て、または美智子様や紀子様から使命を受けて書いていたんじゃないですか。 全く興味なかったですね。 実は私のような国民は多かったと思いますよ。 だから雅子様が復調してこられたのを見て、ホッとしました。 もともと能力が高いのは知っていましたから、トランプさんの接待を見ても驚きませんでした。 他国の王室の方々と、あそこまで親しくなさっていたのは知りませんでしたが。 どっちにしても、天皇も雅子様もずっと潜在的な人気はあったということです。 愚かな人達だけか盛り上がっていたんでしょう。

次の