あおり運転 ポスター 警察庁。 【あおり運転を撲滅せよ!】「実はそれ違反です」 あおられない運転とは?

令和2年改正道路交通法「あおり運転は犯罪!! 免許取消!!」ポスター・リーフレットについて|警察庁

あおり運転 ポスター 警察庁

あおり運転は道路交通法違反に該当するれっきとした犯罪行為です。 また、2018年の1月16日に警察庁はあおり運転の厳罰化の方針を公表しており、今後は悪質なあおり運転をした者は通報で一発免停になるとも言われています。 しかし、残念ながら厳罰化が進んでもあおり運転をする人がいなくなるなるわけではありません。 運転手は自分の身は自分で守るすべを身に着けておいた方がよいでしょう。 この記事ではあおり運転に対する正しい対策・対処法に加え、絶対にしてはいけない対処法も併せてご紹介します。 あおられて嫌な思いをしたり危険な目に遭ったりすることなく、安心して運転をするための知識としてこの記事の情報が役立てば幸いです。 あおり運転の対策方法 まず、運転中にあおられないよう事前にできるあおり運転の対策方法を3つご紹介します。 あおり運転の防止方法としてご参考ください。 ドライブレコーダーを設置する 冒頭でも触れた通り、あおり運転の厳罰化が進んでいる影響で世間でも 『あおり運転は違反行為』であるという認識が強まってきました。 そのため、通報のリスクが高まるドライブレコーダーはあおろうとする運転手に対して大きな抑止力になるでしょう。 相手からも目視できるドライブレコーダーを車の前後に設置すれば、その車両をあおる運転者はかなり減ると思われます。 ドライブレコーダーの設置が難しい場合にはダミーカメラでもよいでしょう。 「自分の行為が記録として残されているかもしれない。 」と認識させることがあおり運転防止になるのです。 ステッカーを設置する ステッカーを張るのもあおり運転対策の1つ。 お金もあまりかからずお気軽なのでおすすめです。 『ゆっくり行きます、お先にどうぞ』『赤ちゃんが乗ってます』等のステッカーを後方から見える位置に貼っておけば、相手の配慮を促すことができます。 『ドライブレコーダーで録画中です』といった直接的に抑止効果が期待できるステッカーもよいでしょう。 少し見栄えが悪くなってしまうというデメリットはありますが、大体1,000円前後で簡単にできる有効な対策手段ですので、レコーダーの設置が難しい場合はステッカーの利用を検討してみてください。 【引用】 無理な車線変更・追い越しはしない あおり運転をする人の心理は大きく分類すると『とにかく急いでいる』と『自分の方が上であると誇示したい』の2種類です。 前者に対しては道を譲ってあげれば解決しますが、後者は車線変更や追い越しをされたことを根に持ってあおってくることがあります。 あおり運転をする人でなくても無理な車線変更・追い越しを不快に感じる人はたくさんいます。 余計なトラブルの発端にならないために、自分自身も安全運転を心がけるようにしましょう。 あおられた時にやってはいけない対処法 あおられた時に決してやってはいけない対処法を3つご紹介します。 これらを行ってしまうと自分が罪に問われる恐れもあるのでご注意ください。 あおり返す これは容易に想像がつくかと思いますが、 あおり運転に対してあおり返すのは絶対にNG。 自分が通報されたときに「相手が先にやったから。 」という言い訳は通用しませんし、相手が逆上してさらなるトラブルを生みかねません。 また、道路上の争いだけではおさまらず、停止時に相手が車から降りてきて、口論や暴力を伴うケンカになる恐れもあります。 あおり運転に対してあおり返すのは非常に危険な行為ですので絶対に避けましょう。 クラクションを鳴らす 運転中に腹が立ったときに抗議の意を込めて「ブーッ!」と思いっきりクラクションを鳴らし続ける人は珍しくありませんが、道路交通法で定められている場面以外でクラクションを鳴らすのは違反行為とされています。 2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。 ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。 一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。 二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。 引用: 上記以外の状況でクラクションを鳴らすと『2万円の罰金または科料』が科される場合もあるので、あおられたとしても正当な理由なくクラクションを多用してはいけません。 急停止する 通常、停止した車両に後ろから車両がぶつかる追突事故では後ろから衝突した車両に全責任が問われます。 つまり『10対0』ということですね。 至近距離からハイビームで照らされ続ける、後ろに密着され続けるなど、あおりの影響で安全な運転を続けるのが困難な状況もあるでしょう。 しかし、 仕返しに急停止をするとこちらにも過失があると判断されてしまいます。 そのような場合は徐々に減速してから停止をしてやり過ごすようにしてください。 【詳細記事】 あおられた場合は無視・一時停止でやり過ごす 基本的にあおり運転の一番の対策は無視をすること。 無視を続けてもしつこく追跡を続けてくる場合には、車を一時停止させてやり過ごしましょう もちろんその際に急停止するのはNG。 あおり運転をする大半の相手はそれで満足をして立ち去ってくれることが多いようです。 ただ、一時停止すると相手も停止してこちらに怒鳴り込んでくるケースもありえます。 そういった場合には ドアをロックして窓も決して開けずにすぐ警察に通報してください。 そのような行動をする相手は正常な思考状態ではないため、まともに対応したら傷害事件に巻き込まれてしまう恐れがあります。 警察に事情を説明すれば通報現場に駆けつけて対処をしてもらえるので、無視ではやり過ごせない相手の場合にはご自身で無理に対処することは避けるのが望ましいです。 また、もし車を傷つけられた場合には損害賠償請求が可能なので、 相手のナンバープレートは忘れずに控えるようにしましょう。 あまりに執拗・恐怖を感じる場合は警察へ通報! 2020年6月30日より、妨害を目的に違反運転をしたり、それにより交通の危険を生じさせた者に対し「妨害運転罪」が適用され、罰金や懲役などの刑事罰と免許取り消しなどの行政罰が科せられます。 警察へ通報する際は、コンビニなど人目のある場所で停車し、あおり運転をしてきた人に何を言われても外に出たり、窓を開けたりしてはいけません。 不用意に外に出て話し合おうとすると、暴力を受けるなど危険だからです。 妨害運転罪の詳しい罰則や違法行為、あおり運転をされた場合の対処法について詳しく知りたい方は、 「 」も併せてごらんください。 まとめ あおり運転を避けるにはドライブレコーダー・ステッカーの設置が有効で、あおり運転をされた場合には無視・一時停止・警察への通報が有効です。 あおり運転をする人は精神的に未熟で理性的な対応が苦手であることが予想できます。 やり返したりまともに対応しようとしてもさらなるトラブルに発展する可能性が高いので、こちらは気持ちをグッとこらえて冷静な対応を心がけましょう。 あおり運転に関連する記事 交通事故が得意な弁護士が交渉する事で 慰謝料の大幅な増額が見込めます。 一部ではありますが、弁護士に依頼することで以下のようなメリットがあります。 ・慰謝料の増額が見込める ・過失割合の是正が見込める ・弁護士が面倒な手続きなどを代行してくれる 依頼するしないは別として、ご自身の場合、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかを 具体的に相談してみることをオススメします。 当サイト『交通事故弁護士ナビ』は交通事故を得意とする弁護士を掲載しており、 事務所への電話は【通話料無料】、 電話相談や面談相談が無料の事務所や、 着手金が必要ない事務所もあります。 まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

次の

危険!許しません、あおり運転!/茨城県警察

あおり運転 ポスター 警察庁

運転態様 違反の種別 違反点数など(普通車) 前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する 車間距離不保持違反(道路交通法26条) 一般道:1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 高速自動車国道等:2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1号の4) 危険防止を理由としない、不必要な急ブレーキをかける 急ブレーキ禁止違反(同24条) 2点 反則金7,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の3) 後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならないような進路変更を行う 進路変更禁止違反(同26条の2第2項 1点 反則金6,000円 左側から追い越す 追越しの方法違反(同28条) 2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項2号の2) 夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する 減光等義務違反(同52条第2項) 1点 反則金6,000円 執拗にクラクションを鳴らす 警音器使用制限違反(同54条第2項) なし 反則金3,000円 車体をきわめて接近させる幅寄せを行う 安全運転義務違反(同70条) 2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項9号、同条2項) 初心運転者等保護義務違反(71条第5号の4) 1点 反則金6,000円 出典:警視庁 さらに警察庁は、「道路交通法違反のみならず、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)、暴行罪など道交法に限らず使える法令を駆使して厳正な捜査を行う」としています。 あおり運転によって事故が発生し死傷者が出た場合には、「危険運転致死傷」(自動車運転死傷行為処罰法2条)を適用して、人を負傷させた場合は15年以下の懲役、死亡させた場合は1年以上の有期懲役という厳罪を科すのも、この考え方の一環です。 加えて、刑法犯として罪に問う動きもあります。 あおり運転や、車を停めての脅迫行為についてとして摘発(2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料)しようというものです。 あおり運転の処分の後に何か犯罪を犯した場合、裁判の量刑で大きな違いが出ます。 刑法犯である暴行罪は、再犯として刑罰が重くなる材料になります。 さらに、2019年1月には「殺人罪」を適用する例が出てきました。 オートバイに追い抜かれたことに憤慨してあおり行為を繰り返し、オートバイに追突、転倒させて死に至らしめたドライバーに対し、大阪地裁堺支部は殺人罪を適用し、懲役16年の判決を言い渡しました。 ただし、この裁判はまだ一審の地裁レベルで、まだ最高裁で確定した判断ではありません。 あおり運転に殺人罪が適用されるかどうか、最終判断はもう少し待つ必要があります。 では、実際に自分があおり運転にあったらどう対処すべきでしょうか? まず、自分がいまどういう運転をしているのかを確かめましょう。 高速道路で追い越し車線を走っていたら、周囲の安全を確認して走行車線に戻りましょう。 スピードを落とすことで、追い越して、通り過ぎてくれればいいのですが、しつこく追い回されるなど悪質な場合は、パーキングエリアやサービスエリアに入るなど、なるべく相手の車から離れる工夫をし、相手と直接コミュニケーションを取ろうとしてはいけません。 そして車のドアを開けずに警察に通報しましょう。 相手が車外から車を降りるように迫ってきても、決して外に出ないようにしてください。 あおり運転の被害にあわないことが1番ですが、対策としてドライブレコーダーを取り付けるドライバーも増えています。 ドライブレコーダーは後方からのあおり運転だけでなく、万一の事故の際の状況証拠にもつながるからです。 あおり運転の取締り強化が進められ、その成果に期待したいところですが、私たちにできることは周囲をよく見て、まわりの車に思いやりをもった運転をするという安全運転の基本に立ち返ることでしょう。 チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の

【社会】 「あおり運転」免許再取得できない期間は最低2年に 改正道交法 30日施行

あおり運転 ポスター 警察庁

運転態様 違反の種別 違反点数など(普通車) 前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する 車間距離不保持違反(道路交通法26条) 一般道:1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 高速自動車国道等:2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1号の4) 危険防止を理由としない、不必要な急ブレーキをかける 急ブレーキ禁止違反(同24条) 2点 反則金7,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の3) 後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならないような進路変更を行う 進路変更禁止違反(同26条の2第2項 1点 反則金6,000円 左側から追い越す 追越しの方法違反(同28条) 2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項2号の2) 夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する 減光等義務違反(同52条第2項) 1点 反則金6,000円 執拗にクラクションを鳴らす 警音器使用制限違反(同54条第2項) なし 反則金3,000円 車体をきわめて接近させる幅寄せを行う 安全運転義務違反(同70条) 2点 反則金9,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項9号、同条2項) 初心運転者等保護義務違反(71条第5号の4) 1点 反則金6,000円 出典:警視庁 さらに警察庁は、「道路交通法違反のみならず、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)、暴行罪など道交法に限らず使える法令を駆使して厳正な捜査を行う」としています。 あおり運転によって事故が発生し死傷者が出た場合には、「危険運転致死傷」(自動車運転死傷行為処罰法2条)を適用して、人を負傷させた場合は15年以下の懲役、死亡させた場合は1年以上の有期懲役という厳罪を科すのも、この考え方の一環です。 加えて、刑法犯として罪に問う動きもあります。 あおり運転や、車を停めての脅迫行為についてとして摘発(2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料)しようというものです。 あおり運転の処分の後に何か犯罪を犯した場合、裁判の量刑で大きな違いが出ます。 刑法犯である暴行罪は、再犯として刑罰が重くなる材料になります。 さらに、2019年1月には「殺人罪」を適用する例が出てきました。 オートバイに追い抜かれたことに憤慨してあおり行為を繰り返し、オートバイに追突、転倒させて死に至らしめたドライバーに対し、大阪地裁堺支部は殺人罪を適用し、懲役16年の判決を言い渡しました。 ただし、この裁判はまだ一審の地裁レベルで、まだ最高裁で確定した判断ではありません。 あおり運転に殺人罪が適用されるかどうか、最終判断はもう少し待つ必要があります。 では、実際に自分があおり運転にあったらどう対処すべきでしょうか? まず、自分がいまどういう運転をしているのかを確かめましょう。 高速道路で追い越し車線を走っていたら、周囲の安全を確認して走行車線に戻りましょう。 スピードを落とすことで、追い越して、通り過ぎてくれればいいのですが、しつこく追い回されるなど悪質な場合は、パーキングエリアやサービスエリアに入るなど、なるべく相手の車から離れる工夫をし、相手と直接コミュニケーションを取ろうとしてはいけません。 そして車のドアを開けずに警察に通報しましょう。 相手が車外から車を降りるように迫ってきても、決して外に出ないようにしてください。 あおり運転の被害にあわないことが1番ですが、対策としてドライブレコーダーを取り付けるドライバーも増えています。 ドライブレコーダーは後方からのあおり運転だけでなく、万一の事故の際の状況証拠にもつながるからです。 あおり運転の取締り強化が進められ、その成果に期待したいところですが、私たちにできることは周囲をよく見て、まわりの車に思いやりをもった運転をするという安全運転の基本に立ち返ることでしょう。 チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の