楽天 証券 夜間 取引。 楽天証券、PTS(私設取引システム)夜間取引を開始|楽天証券のプレスリリース

夜間取引(PTS取引)とは?15時以降も株取引ができる裏ワザを紹介

楽天 証券 夜間 取引

金(ゴールド)、夜間取引時間帯のデイトレードアイディア デイトレード銘柄として国内商品先物の金に注目する 夜間取引時間帯の取引量が増加傾向 取引量が増える時間帯に短時間で毎日できる一定の売買ルールを定めて取引する 2015年4月からのバックテストでは16勝11敗 デイトレード銘柄として国内商品先物の金に注目する 以下の図のとおり、長期投資・短期投資または国内市場・海外市場、現物・先物など、金(ゴールド)への投資方法はさまざまである。 分散投資や通貨代替、インフレヘッジなど、長期投資のイメージが強い金ではあるが、昨今の市場環境の変化などから、金をデイトレードの対象として見ることも一つのアイディアではないかと考えている。 図4 アメリカ勢の売買の推移と東京金全体に占めるアメリカ勢の売買の割合 出所:東京商品取引所公表データ・チャート分析ツール「Futures Analyst」より筆者作成 アメリカ勢の売買増加が一因となり夜間取引の売買が増加し、東京金全体の夜間取引の売買が増加。 その変化が夜間取引の時間帯においてデイトレードに必要な環境である取引量の増加に結びついていると考えられる。 取引量が増える時間帯に短時間で毎日できる一定の売買ルールを定めて取引する 上述のとおり、東京金の22時から23時あたりの夜間取引時間帯の売買が増加していることを受け、当該時間帯での売買のアイディアを挙げてみたい。 手順は3つである。 22時55分から23時00分の値動きをチェックする• 当情報はあくまでも筆者が考える売買のアイディアの一つです。 バックテストの結果は筆者によって計算された過去のデータを参照したものであり、今後の売買の結果を保証するものではありません。 売買によって発生する損益はすべてお客様に帰属することをご留意の上、お客様のご意思で売買を行うかどうかご判断ください。

次の

楽天証券、PTS取引による国内現物株式の夜間取引の取り扱いを開始

楽天 証券 夜間 取引

日本の証券取引所• 東京(東証)• 名古屋(名証)• 札幌(札証)• 福岡(福証) 上場企業数や取引数は東京証券取引所が圧倒的。 名古屋や札幌、福岡の証券取引所では上場企業数は少なく、取引高も多くありません。 また、名古屋、札幌、福岡の証券取引所で上場している企業も、東証に重複して上場していることがあります。 例えば名証(名古屋証券取引所)1部上場企業191社のうち、名証だけに上場(単独上場)しているのは5社のみ。 なんと186社もの会社が重複上場しています。 地方の証券取引所にも優良銘柄が上場している しかし規模が小さな地方の証券取引所が劣っているというわけではありません。 地元では知る人ぞ知る優良企業・老舗企業も地方の証券取引所に上場しています。 かつて札証(札幌証券取引所)に上場していたニトリのように、上場する市場を東証に変更したことで知名度が上がり、株価が急上昇する銘柄もあるのです。 株価は東証に上場した2002年以降に値上がりし、取引も活発になっているのがわかります。 調整後終値とは 株式分割が実施されると、表面上は株価が下落します。 株式分割前後の株価を連続的に見ることができるよう、分割実施前の終値を分割後の値に調整したのが調整後終値。 「現在から見た、当時の株の価値」と思ってください。 ニトリは2006年、2013年など複数回株式分割を行っています。 地方の証券取引所への上場企業にも、有力な企業があることをお分かりいただけたでしょうか? 新興市場の企業は安定性は欠ける?株価の値動きが激しい 次に市場の種類について説明していきます。 東証1部とかマザーズという名前を聞いたことがあるでしょうか。 それが東京証券取引所が開設している市場の種類です。 名古屋、札幌、福岡にもそれぞれ複数の市場があります。 次の表を見てみてください。 これは中小ベンチャー企業が中心になっている市場です。 それぞれの市場には、上場するための基準がありますが、新興市場の基準は、1部・2部や各既存市場よりも緩やかに設定されています。 つまり、ベンチャー企業も上場しやすい環境なのです。 東証の2部とマザーズの上場審査基準の違いを見てみましょう。 上場審査基準の違い(2018年12月現在) 基準項目 マザーズ 東証2部 事業継続年数 新規上場申請日から起算して、1年前以前から取締役会を設置して継続的に事業活動をしている 新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して、3か年以前から取締役会を設置して、継続的に事業活動をしている 純資産の額 基準なし 連結純資産の額が10億円以上(かつ、単体純資産の額が負でない) 利益の額または時価総額 基準なし 次のどちらかを満たす 1 最近2年間の利益の額の総額が5億円以上 2 時価総額が500億円以上 東証マザーズには東証1部・2部に比べて、新興市場には会社としての体力が劣る企業も存在していそうだということが分かります。 また、新興市場に上場している企業は、比較的、株式発行数が少ないので、売りたい時に売れない、買いたい時に買えないという状況が起こることも。 この状況を「流動性が低い」といいます。 企業が新しく、流動性が低いと、株価の急上昇がある反面、急落もよくあること。 思わぬ大損をしてしまう可能性もあるのです。 これらのことから、新興市場への投資は投資初心者にはおすすめできません。 まずは、東証1部・2部の企業への投資から始めるのが無難と言えます。 東京証券取引所とともに「世界三大証券所」とされるニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所などでは休憩なしで取引が行われているんだ。 そのうち日本の証券取引所も休憩時間がなくなるかもしれんな。 取引ができる時間を立会時間と呼びます。 東京証券取引所の立会時間は15時まで。 一方で名証、札証、福証は15時30分まで取引をしています。 また、証券取引所の休日は、土日祝日(振替休日含む)、大晦日と正月三が日です。 つまり、証券取引所で取引ができるのは、平日の日中のみということになります。 株の売買注文はほぼ24時間可能!土日もOK 平日の9:00~15:00(東証以外は15:30)だと、仕事があって取引できないという人も多いでしょう。 しかし、ネットで株の売買注文ができる証券会社なら、立会時間後でも問題なく注文を出すことができます。 価格を指定すれば(指値注文)、自分の希望した価格で売ったり買ったりすることも可能。 ちなみに、立会時間終了後の注文は、翌日の注文として扱われます。 ただし、注文は24時間ずっと受け付けてくれるわけではないので注意が必要。 前場終了時、後場終了時には注文が入り乱れるので、混乱を防ぐために受付を停止しますし、システムメンテナンスの時間も注文ができません。 例えば、マネックス証券の注文受付中断時間は次のとおりです。 マネックス証券の受付中断時間(2019年6月現在) 取引所名 受付中断時間 東京証券取引所 3:00~4:00(日・月曜日を除く) 11:30~11:35 15:00~17:00頃 名古屋証券取引所 札幌証券取引所 福岡証券取引所 3:00~4:00(日・月曜日を除く) 11:30~11:35 15:30~17:00頃 なかなか株が買えない?指値注文は取引が成立しにくい 立会時間外のネット注文でも、指値注文なら自分の希望した価格で売ったり買ったりすることが可能だとお伝えしました。 しかし指値注文にはデメリットもあります。 当然のことですが、希望価格にならないと取引が成立しません。 通常の株取引では、価格を指定しない成行注文が最も優先され、指値注文に取引の順番が回ってくるのはその後。 希望価格になっても、そのタイミングで同じ銘柄に成行注文が入ったら、成行注文が優先されてしまうのです。 そのため、株価が希望価格になっていても、なかなか取引が成立しないことがあります。 そういうことだ。 ただし、株価が急騰・急落しているときに指値を使うとなかなか取引が成立しないことがあるから注意するようにな。 価格関係なく早く売りたい・買いたいときには成り行き注文を使え。 PTSでの夜間取引なら夜中にリアルタイムで取引できる これまでみてきたように、時間外でも注文を出すことは可能。 ですが、中には「どうしても、リアルタイムで動く株価を見ながら取引したい」という人もいるでしょう。 そんな人におすすめなのが、PTS(Proprietary Trading System、私設取引システム)です。 PTSは証券会社が独自に持っている取引システムを使って、夜中まで取引ができる仕組み。 現在、PTSで一般投資家が取引できる証券会社はSBI証券、楽天証券、松井証券です。 SBI証券、松井証券は、SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営する「ジャパンネクストPTS(JNX)」に取り次ぐことで夜間取引が可能に。 楽天証券は、JNXに加えてチャイエックス・ジャパン株式会社が運営する「チャイエックスPTS(Chi-X)」にも取り次ぐことが可能です。 ちなみに、PTSの他に証券会社の独自システムを利用した取引として「ダークプール」と呼ばれるものもあります。 「」を参考にしてください。 PTSのメリットは主に3つ!夜間におトクに取引可能!悪材料も怖くない PTSについて少し詳しく見ていきましょう。 PTSのメリットは次のようなものがあります。 株を売買する際の価格の刻み幅を呼値といい、この値は株価によって決まっています。 例えば株価が3000~5000円なら5円単位での注文。 (TOPIX100銘柄は0. 5円単位)。 4000円の株に対して、4002円での売り注文は出せないのです。 夜間取引は呼値が小さいので、3000~5000円の株は0. 5円単位で取引ができます。 少しでも高く売りたい、安く買いたいという場合には有利になります。 また、PTSで取引ができると悪材料の出た銘柄を、翌朝を待たずに売却することができます。 引け後に発表された決算が赤字だったり、夜間に起きた突然の事故などで、翌朝株価が暴落することはよくあること。 暴落によって資産が大幅により減ることを防ぐことができるのです。 PTSが利用できる証券会社の中でも、SBI証券は手数料も比較的安く使いやすさに定評があります。 また取り扱い金融商品も幅広く、投資信託の取り扱い本数もトップクラス、外国株式はアメリカだけでなくタイ、マレーシア、シンガポールのような発展途上国の取引も可能です。 さらにSBI証券は、FXや先物取引までオールマイティに対応できる証券会社なので、口座を持っていて損はありません。 SBI証券は口座開設をしたり、取引をするだけでポイントがたまるシステムもあるのです。 ぜひ口座開設をして、サービスの充実度を体感してみてください。 差金決済取引になるケース(例)• PTSは利用者数が少なく値動きが極端なので初心者は注意 また、PTSは利用者が少なく、流動性が低いことにも注意しましょう。 PTSの注文は指値のみ。 利用者が少なく指値注文のみだと、極端な値段で取引が成立することもあり、価格の変動が大きくなってしまいます。 実際PTSでは、業績下方修正などのネガティブなニュースが出た時には、通常の市場では考えられないほど株価が下落することも。 反対に、良いニュースが出た銘柄については高騰することもあります。 これを利用して、こんな戦略をとる人も。

次の

楽天証券で夜間取引(PTS)を使ってみた

楽天 証券 夜間 取引

上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。 【信用取引にかかるリスク】 信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。 信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。 その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。 【株式等のお取引にかかる費用】 国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。 〔超割コース(現物取引)〕 1回のお取引金額で手数料が決まります。 大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。 詳しくは当社ウェブページをご参照ください。 〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕 1回のお取引金額で手数料が決まります。 〔いちにち定額コース〕 1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。 1日の取引金額合計 取引手数料 50万円まで 0円 100万円まで 858円(943円) 200万円まで 2,000円(2,200円) 300万円まで 3,000円(3,300円) 以降、100万円増えるごとに1,100円追加。 これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。 カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。 詳しくは取引説明書等をご確認ください。 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。 詳しくは取引説明書等をご確認ください。 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。 最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。 委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。 【貸株サービスにかかるリスクおよび費用】 リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」になります。 株券等を貸し付けいただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。 当社の信用リスク 当社がお客様に引き渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。 この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いすることになりますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様が取得できないことになります。 投資者保護基金の対象とはなりません なお、貸し付けいただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管の対象とはならず、投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸し付けいただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。 そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸出期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。 株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、権利を獲得するため自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。 権利獲得後の貸出し設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。 貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。 更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。 また、貸株サービス内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。 株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。 お取引にあたりましては必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。 なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。 また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。 税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

次の