マクゴナガル。 ミネルバ・マクゴナガル

マクゴナガル先生とスネイプはどっちが強い?死の秘宝での対決結果で考察! | 金曜ロードショー情報局

マクゴナガル

ホグワーツの猫たちの戦いで最後に勝ち残るのは1匹だけです。 魔法界は、猫派、犬派のどちらかに分けられるほど単純ではありません。 猫や犬よりもヒッポグリフが好きだったり、ピグミーパフが大好きだという人がいたり、水のなかに生息するグリンデローに夢中、という人だっているかもしれません。 ミリセント・ブルストロードの猫 ハリー・ポッターと秘密の部屋 黄色い目をした黒い毛のこの猫は、ホグワーツでそれほど多く登場したわけではありませんが、かなり派手な事件を巻き起こしています。 原因は、猫の毛です。 それを、ミリセント・ブルストロードの髪の毛だと勘違いしたハーマイオニーは、半分人間、半分猫の姿に変身してしまいます。 この事件のせいで、ミリセントの猫は最下位になってしまいました! ハーマイオニーの顔は黒い毛で覆われ、目は黄色に変わっていたし、髪の毛の中から、長い三角耳が突き出していた。 「あれ、ね、猫の毛だったの!」ハーマイオニーが泣き喚いた。 「ミ、ミリセント・ブルストロードは猫を飼ってたに、ち、違いないわ!それに、このせ、煎じ薬は動物変身に使っちゃいけないの!」 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」 ドローレス・アンブリッジの色鮮やかな子猫たち ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 有名な悪役には、名刺代わりとも言える特徴があります。 たとえば、ヴォルデモート卿は「闇の印」、口から蛇が出ているドクロのマークです。 ドローレス・アンブリッジにとっては、丸く見開いた目をした、丸い顔のおてんばな子猫たちです。 子猫たちは、アンブリッジの部屋に飾り付けられた、ティーカップやお皿のなかを動き回っています。 どういう訳かこの光景は、アンブリッジをより恐ろしく感じさせます。 なぜなら、みんな彼女の甘ったるい趣味に気を取られてしまうからです。 色とりどりの猫を見ると、つい、かわいいと思ってしまいますよね。 可愛い洋服と紅茶で相手を誘い、その後は、その人の尊厳や生きる意志を奪っていきます。 それに、ハリーはアンブリッジのことを「悪趣味」と言っていますが、壁いっぱいに飾られたお皿のなかにいるいたずら好きで色鮮やかな猫たちは、かわいい以外のなにものでもありません。 ドライフラワーをたっぷり生けた花瓶が数個、その下にはそれぞれかわいい花瓶敷、一方の壁には飾り皿のコレクションで、首にいろいろなリボンを結んだ子猫の絵が、一枚一枚大きく色鮮やかに描いてある。 あまりの悪趣味に、ハリーは見つめたまま立ちすくんだ。 するとまたアンブリッジ先生の声がした。 「こんばんは、ミスター・ポッター」 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ミセス・ノリス ハリー・ポッターと謎のプリンス アーガス・フィルチについては、複雑な気持ちになる人もいるでしょう。 フィルチは、ものすごく理不尽で、ホグワーツの生徒たちの生活を全力で惨めなものにしてやろうと考えています。 しかしその一方で、世界でも有数の魔法にあふれた空間のなかで、スクイブ(魔法が使えない存在)として生きる意義を見出そうとしています。 ミセス・ノリスは、そんなフィルチにぴったりに思えます。 手のかかる生徒たちの校則違反を見つけ出す仕事や、まわりの人に攻撃されそうな状況では楽しいはずがありません。 しかし、猫としては最高の仕事なのかもしれません。 ミセス・ノリスは、反抗的な生徒に罰を与えることができ、ホグワーツの主導権を握っています。 また、彼女が仕事にとても忠実で、大変優秀だという事実は明らかです。 ミセス・ノリスは、フィルチのよき友であり、おまけにとても毛並みがフワフワしています。 それら全てから、「ハリー・ポッター」シリーズの猫ランキングでは、3位にランクインしました。 フィルチはミセス・ノリスという猫を飼っていた。 やせこけて、ほこりっぽい色をして、目はフィルチそっくりのランプみたいな出目金だった。 ミセス・ノリスは一人で廊下の見廻りをしていた。 彼女の目の前で規則違反をしようものなら、たとえ足の指一本が境界線を越えただけでも、あっという間にフィルチにご注進だ。 二秒後にはフィルチが息を切らして飛んでくる。 フィルチは秘密の階段を誰よりもよく知っていたので(双子のウィーズリーには負けるかもしれないが)、ゴーストと同じくらい突然ヒョイと現れた。 生徒たちはみんなフィルチが大嫌いで、ミセス・ノリスを一度しこたま蹴飛ばしたいというのが、密かな熱い願いだった。 「ハリー・ポッターと賢者の石」 ミネルバ・マクゴナガル この、縞模様の素晴らしい猫がランキングの1位ではない理由は、ただひとつ。 本物の猫ではないからです。 ミネルバの「動物もどき」としての能力にはすっかり感心してしまいますが、それでも本当は猫ではなく、魔女だという事実は変わりません。 このランキングの1位の猫は、動物もどきの変身をすぐに見破ることができるのです。 そうは言っても、わたしたちはその小さな手足から眼鏡のような模様まで、ミネルバのことが大好きです。 『ハリー・ポッターと賢者の石』のはじめから、ハリーにとって頼りになる存在で、人間のときも、猫のときもいつも味方になってくれていました。 なので、動物もどきの人間のなかでは1位、猫ランキングでは僅差で2位です。 「マクゴナガル先生、こんなところで奇遇じゃのう」トラ猫の方に顔を向け、ほほえみかけると、猫はすでに消えていた。 かわりに、厳格そうな女の人が、あの猫の目の周りにあった縞模様とそっくりの四角いメガネをかけて座っていた。 やはりマントを、しかもエメラルド色のを着ている。 黒い髪をひっつめて、小さな髷にしている。 「どうして私だとおわかりになりましたの?」女の人は見破られて動揺していた。 「まあまあ、先生。 あんなにコチコチな座り方をする猫なんていやしませんぞ」 「ハリー・ポッターと賢者の石」 クルックシャンクス ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 クルックシャンクス!猫の王様! シリーズを通してあらゆる動物が登場するなかで、クルックシャンクスがその頂点にいると言っても過言ではありません。 半分ニーズルの血を引いていて(それでもちゃんと猫です)、常に自分らしくふるまっています。 つぶれたような顔で、最高にフワフワした体を持ち、ガニ股で赤毛の、疑い深い性格です。 猫と犬は仲良くならないものですが、それでもクルックシャンクスは、危険が迫ったシリウスを助けました。 さらに、スキャバーズが見た目どおりのネズミではないことを一瞬で見抜いてしまいました。 ロンはクルックシャンクスが、自分のネズミのスキャバーズを食べようとしていると思っていたので、とても嫌っていました。 むしろクルックシャンクスはこの裏切り者(スキャバーズに扮したピーター・ペティグリュー)に魔法界の裁きを与えようとしていたのです。 クルックシャンクスは、ブサイクだと言われることもあるし、首に飾りをつけられることもあります(とてもみっともない姿になってしまいます)。 それでも、ホグワーツのために、猫の本能を働かせています。 もっと早く、彼の良さに気づくべきだったのです。 結局、クルックシャンクスはハーマイオニーのペットとして選ばれました。 誰もが認める猫ランキング1位は、クルックシャンクス以外にいるでしょうか。 クルックシャンクス、わたしたちはこれからもあなたのことが大好きです。 「この猫は狂ってはいない」ブラックのかすれ声がした。 骨と皮ばかりになった手を伸ばし、ブラックはクルックシャンクスのふわふわした頭を撫でた。 「わたしの出会った猫の中で、こんなに賢い猫はまたといない。 ピーターを見るなり、すぐ正体を見抜いた。 わたしに出会った時も、わたしが犬でないことを見破った。 わたしを信用するまでにしばらくかかった。 ようやっと、わたしの狙いをこの猫に伝えることができて、それ以来わたしを助けてくれた...... 」 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 CREDIT:COURTESY OF POTTERMORE 出典:POTTERMORE 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は4月24日ブルーレイ&DVD発売/レンタル同時開始、3月20日デジタル先行配信スタート。

次の

マクゴナガル先生が強いのはギリシャ神話に由来する?!

マクゴナガル

出典: ルーナの守護霊は 「 うさぎ」です。 【8】モリー・ウィーズリーの守護霊【馬】 ロンの母・モリーの守護霊は 「 馬」です。 ロンの妹・ジニーと同じ守護霊です。 ちなみに、ロンの守護霊は 「 犬(テリア)」、モリーの夫・アーサーの守護霊は 「 イタチ」です。 【9】アーニー・マクラミンの守護霊【猪】 アーニー・マクラミンの守護霊は 「 猪」です。 【10】シェーマス・フィネガンの守護霊【狐】 シェーマス・フィネガンの守護霊は 「 狐」です。 【11】リリー・ポッターの守護霊【牡鹿】 ハリーの母・リリーの守護霊は 「 牡鹿」です。 ちなみに、ハリーの父・ジェームズの守護霊も「牡鹿」です。 【12】リーマス・ルーピンの守護霊【狼】 ルーピン先生の守護霊は 「 狼」です。 【13】セブルス・スネイプの守護霊【牡鹿】 もはや、ハリーポッターは「ハリーの成長物語」プラス「スネイプの純愛物語」でいいんじゃないかと思います。 【14】アーサー・ウィーズリーの守護霊【イタチ】 ロンの父・アーサーの守護霊は 「 イタチ」です。 ちなみに、ロンの守護霊は 「 犬(テリア)」、ロンの妹・ジニー、母・モリーの守護霊は 「 馬」です。 【15】キングズリー・シャックルボルトの守護霊【オオヤマネコ】 キングズリー・シャックルボルトの守護霊は 「 オオヤマネコ」です。 【16】ニンファドーラ・トンクスの守護霊【狼】 スネイプの場合と同じく、ルーピンを愛したトンクスの守護霊は 「 狼」になりました。 【17】ミネルバ・マクゴナガルの守護霊【猫】 マクゴナガル先生の守護霊は 「 猫」です。 ちょうど変身するときも猫なので、わかりやすいですね。 最後に ハリーポッター登場人物の守護霊をまとめました。 いかがだったでしょうか。 【1】ハリーポッター【 牡鹿】 【2】ロナウド・ウィーズリー【犬(テリア)】 【3】ハーマイオニー・グレンジャー【カワウソ】 【4】アルバス・ダンブルドア【不死鳥】 【5】ジニー・ウィーズリー【 馬】 【6】チョウ・チャン【白鳥】 【7】ルーナ・ラブグッド【うさぎ】 【8】モリー・ウィーズリー【 馬】 【9】アーニー・マクラミン【猪】 【10】シェーマス・フィネガン【狐】 【11】リリー・ポッター【 牡鹿】 【12】リーマス・ルーピン【 狼】 【13】セブルス・スネイプ【 牡鹿】 【14】アーサー・ウィーズリー【イタチ】 【15】キングズリー・シャックルボルト【オオヤマネコ】 【16】ニンファドーラ・トンクス【 狼】 【17】ミネルバ・マクゴナガル【猫】 各守護霊に注目して、もう一度見てみてもいいかもしれませんね。 ちなみに、ハリーポッターシリーズは「」で全8作品イッキ見することができます。 しかも、今なら ビデオ見放題&音楽聴き放題30日間無料トライアルを実施中です。 お得ないまがおすすめです。

次の

マクゴナガル先生は最強に強い!死の秘宝での活躍から強さを考察! | 金曜ロードショー情報局

マクゴナガル

大ヒット公開中の『 』(2018)に、とある『 』シリーズのキャラクターがサプライズ出演した。 しかし、本作に登場したことによって、これまで明かされていたキャラクター設定との大きな矛盾が発生。 ローリングによるミスなのではないかとファンの間で大混乱を巻き起こしている。 本記事では、この矛盾について多方面から分析していきたい。 この記事には、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のネタバレ内容が含まれています。 Ent. All Rights Reserved. 『ハリ・ポッター』シリーズでは、ホグワーツ魔法魔術学校の副校長としてハリーたちを見守った、ファン人気の高いキャラクターである。 また、リタ・レストレンジとニュート・スキャマンダーが登場する学生時代の回想シーンでも姿を見せていた。 そんな人気キャラクターに発生している矛盾とは、 生年月日の問題。 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の時代には、『ハリポタ』で知られるマクゴナガル先生はまだ生まれていないはずなのである。 マクゴナガル先生の誕生日 ここで、マクゴナガル先生の生年月日が明らかになった経緯について整理しよう。 しかし、『ハリー・ポッター』シリーズ5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でのマクゴナガル先生の発言から、誕生年を導き出すことは可能だ。 同著書では、 その年の12月で39年間ホグワーツ魔法魔術学校で教授を務めたことになる、とマクゴナガル先生がアンブリッジ先生に語るシーンがある。 1991年に入学したハリーが『不死鳥の騎士団』では5年生であることから、マクゴナガル先生がその発言をしたのは1995年。 ここから、 マクゴナガル先生がホグワーツ魔法魔術学校で勤め始めたのは1956年12月ということが分かる。 またには、 ホグワーツ卒業後、教授として戻るまで魔法省に2年間務めていたと記されている。 そのため、マクゴナガル先生がホグワーツの生徒となったのは1947年であり、ホグワーツへは通常11歳で入学することから、 1935年10月4日生まれだろうと結論付けることができる。 しかし、 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の舞台設定は1927年。 つまり、 マクゴナガル先生が生まれる8年前を舞台にしているのである。 なぜマクゴナガル先生が本作に登場できたのか、ファンは大混乱だ。 逆転時計説 この時系列における矛盾を解決するために、マクゴナガル先生が逆転時計(タイムターナー)を使用したのではないかとの説が存在する。 逆転時計は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で登場した魔法道具。 その名の通り、使用者を過去に戻すことができるものだ。 ハーマイオニーが全科目履修の為に使用していたものだったが、物語後半ではバックビークやシリウス救出のために重要な役割を果たした。 この逆転時計をハーマイオニーに渡したのが、マクゴナガル先生だったのである。 ハーマイオニーのために魔法省と交渉を重ね苦労の末に借りられたそうだが、以前も逆転時計を使っていた縁があったから入手できたと考えても不思議ではない。 だが一つ留意せねばならないのは、 逆転時計が非常にリスクの高い魔法道具であるということである。 それ以上になると、利用者が一気に歳をとってしまったり、生まれるはずの人物がこの世からいなくなってしまうなどの被害が発生するのだ。 なぜ、マクゴナガル先生は大きな危険を冒して自分が生まれる8年も前に現れなければならなかったのか。 (それも劇中のマクゴナガル先生は、わざわざ逆転時計を使用したにしては、ずいぶん日常的な仕事をしていた。 )そう考えると、この説は少し難しいかもしれない。 それでは、本作に登場した若いマクゴナガル先生の正体について考察していこう。 なお本セクションでは、『ハリポタ』シリーズに登場したミネルバ・マクゴナガルを「マクゴナガル先生」、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に登場したマクゴナガルを「若いマクゴナガル」と表記していく。 「若いマクゴナガル」の名前 まず、若いマクゴナガルについて。 同キャラクターは、劇中で苗字でしか呼ばれないため、マクゴナガル先生と同性の別人なのではと考える声も多い。 だが、本作の脚本を書籍にしたJ. そのため、若いマクゴナガルの名前もマクゴナガル先生と同じく、ミネルバ・マクゴナガルという氏名を持っていることになる。 マクゴナガル先生の親戚説 次に有力説として浮上しているのが、若いマクゴナガルはマクゴナガル先生の親戚という説である。 しかし、こちらも可能性としてはかなり低いと言わざるを得ない。 によると、マクゴナガル先生は魔女イソベル・ロスとマグル(人間)の父ロバート・マクゴナガルの間に生まれた長女。 マクゴナガル先生の名前ミネルバは、イソベルの母、つまりマクゴナガル先生の祖母の名前を取ったものである。 そのため、若いマクゴナガルはその祖母なのではないかと推測する人も多いが、イソベルの旧姓はロスであるため、祖母の氏名はミネルバ・マクゴナガルではなくミネルバ・ロスであると思われる。 一方、マクゴナガルの姓を持つロバートの家系はマグルである上、ロバートは魔法世界について全く知らず育ってきたので、父方に魔女がいたことは考えにくい。 やっぱり本物のマクゴナガル先生? 以上の点を踏まえて考えると、若いマクゴナガルがマクゴナガル先生と同一人物である確率はかなり高いと思われる。 もちろん、若いマクゴナガルが全くの別人であるという説は捨てきれないが、その名をあえて同姓同名のミネルバ・マクゴナガルにして、ファンの混乱を招くような真似をするかについては、かなり疑問が残るだろう。 真相を知るのはJ. ローリングのみ 以上、これまでの有力説を考察してみたが、どの説もイマイチしっくりこないのが現状である。 ローリングのミスではないかとする声も多く挙がっているが、綿密に計画された物語を構成することで知られるJ. ローリングが、このような初歩的なミスをしたとは考えにくい。 そのため、J. ローリングがマクゴナガル先生の出自について単純に変更を加えた、あるいは、マクゴナガル先生についてまだ明かされていない事実があり、ファンが導き出していた誕生月が違った可能性も無きにしも非ずだ。 いずれにせよ、ファンが納得する答えが、J・K・ローリングの手によっていち早く明かされることを願いたい。 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は2018年11月23日(金・祝)より公開中。 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト: Sources: Pottermore , , , , ,.

次の