肌の黒ずみ ケア。 鼻の黒ずみがどうしても取れない原因は?NG習慣と正しい毛穴ケア|All About(オールアバウト)

皮膚科医に聞く!いちご鼻の黒ずみ毛穴を綺麗にする方法

肌の黒ずみ ケア

c Shutterstock. com メイクでは隠しきれない 鼻の黒ずみ毛穴。 間違ったセルフケアをしていると、思わぬ肌トラブルの原因にもなりかねないので、日頃のデイリーケアが重要。 今回は、頑固な鼻の毛穴汚れの正しいケア方法を、皮膚科医2名に聞いてみました。 鼻の毛穴ってなぜ多い? 「毛穴には、毛を出す役割と皮脂を分泌する2つの役割があります。 なぜ顔に多いかというと、祖先の生活に関連があったのでは?と考えられています。 私たちの祖先は顔を出して毛皮着て冬の寒さの中でも獲物を求めて仕事をしていた。 ということで、猛吹雪の中でも敏感な乾燥肌にならないような皮膚が必要不可欠だったのです。 鼻先は出っ張っているので真っ先に冷えやすく、毛穴の数が多くなったと考えられています」(亀山先生) 鼻の毛穴が黒ずむプロセス c Shutterstock. com ポツポツと黒ずみが目立つ毛穴。 間違ったスキンケアや偏った食生活をしている、生活習慣の乱れ……など理由は様々ですが、過剰な皮脂はストレスが原因のことも。 そうすると、皮脂がうまく排出されず詰まってしまい、角栓に変化します。 詰まった皮脂が数日間停滞するだけで、あっという間に黒ずみ毛穴になってしまうのです。 頑固な鼻の黒ずみ、結局どうしたら治りますか? A. 「正しいスキンケアや、クリニックでイオン導入など、真っ当なケアをしていれば必ずよくなります!」(亀山先生) 鼻の毛穴汚れや黒ずみの正しいケア方法 c Shutterstock. com 【スキンケア編】 スクラブや毛穴パックなど、その場しのぎのケアよりも日頃のケアが肝心みたい。 黒ずみ毛穴に効くスキンケアをチェック! ・朝晩の洗顔はマスト 角栓を作らせないために、朝晩の洗顔はマストで行いましょう。 ビタミンCやBが配合された洗顔料をチョイス。 ゴシゴシこするのではなく、たっぷりの泡でしっかり洗い上げて。 ・ビタミンCやB配合スキンケアでたっぷり保湿 スキンケアアイテムには、角栓のもととなる皮脂の分泌を抑えるようなビタミンCやB、植物エキスが入ったアイテムを使うのがオススメ。 高濃度ビタミンCや、毛穴・テカリに特化したドクターズコスメなら効き目も実感しやすいはず。 【クリニック・サロン 編】 毛穴・テカリに対応したメニューが豊富なクリニック・サロンでの人気メニュー教えて! ・麻布皮フ科クリニック c Shutterstock. com 角栓がスッキリオフできて気持ちいい、貼って剥がすタイプの毛穴パック。 賛否両論あるけど、毛穴が気になったら使っても大丈夫? 「やりすぎはよくないですが、決められた使用頻度であればやっても大丈夫です」(青山ヒフ科クリニック院長・亀山先生) 「やり方によってはOKですが、取った後に毛穴の引き締めが必要です」(麻布ヒフ科クリニック・川嶋千朗先生) 頑固な鼻の黒ずみ毛穴を改善!オススメアイテム5つ 頑固な鼻の黒ずみ毛穴にはビタミンCやB、植物エキスが配合しているものを選んでみて。 ここからは、毛穴悩みに特化したスキンケアアイテムや、長年毛穴に悩むライター・齋藤が本気で推す本気コスメをご紹介! ・ルナソル スムージングジェルウォッシュ.

次の

肌の黒ずみ・角質・くすみ、たまった汚れを大掃除! 徹底スキンケア方法を一挙公開♡

肌の黒ずみ ケア

他の部分とは皮膚の色が明らかに違っているところがある、自分の体を見てそんなふうに感じたことはありませんか。 人間の体には、気をつけないといつの間にか皮膚が黒ずんでしまうという部分が多くあります。 脇、肘、ひざ、背中などがその代表的な例です。 そして多くの場合、それらの黒ずみが自然に消えていくことはありません。 気になる黒ずみをケアするには、それぞれの部位に応じた対策が必要となるのです。 そこで このサイトでは、気になる体のいろいろな部分の黒ずみの原因と解消方法を部位ごとに説明していきます。 黒ずみに悩んでいる人はもちろん、黒ずみの原因と対策方法を知りたい人、黒ずみをつくらないよう予防しておきたい人、黒ずみ商品を比較して自分に合った黒ずみクリームを見つけたい人、など様々な理由で黒ずみのケア方法を探している人のために、部位ごとに人気の商品をランキング形式で紹介しています。 商品の特徴を参考にしながら、自分に合う黒ずみケア方法を見つけみて下さい。 あなたの気になる黒ずみ、その解消の第一歩を踏み出しましょう! 目次• 黒ずみケアクリーム総合ランキング!迷ったらとりあえずコレ! 日本で一番人気のあるデリケートゾーン用クリーム!• 全身に使えるくすみ・黒ずみ対策クリーム• くすみケアと美白に効果のある薬用成分配合• メラニンの生成を抑える4種類の植物成分と8種類の潤い成分で美肌をサポート• 顧客満足度96. 7%、28日間返金保証• 乳首のくすみをケアする乳首美白専用クリーム• 乳首以外の体の気になる部分のくすみもケア• 美白有効成分「トラネキサム酸」配合でメラニン色素がつくられるのを抑制• 満足率94%、90日間返金保証• 大容量で体のいろいろな部分を同時にケアできる• アットベリー独自のトリプルサンド方式で肌を「中から」と「外から」同時ケア• 桑エキスの抗菌効果でニオイケア• 満足度93. 1%、180日間返金保証• トリプルヒアルロン酸、コラーゲン、天然ビタミンEなどの7大成分でたっぷりの潤いと保湿• 美白に優れた水溶性プラセンタエキス使用• 成分をナノ化し固い角質にもスーッと浸透• 2015年モンドセレクション銀賞受賞• 肌に優しい19種類の天然由来成分配合• プルーン酵素分解エキスでメラニンのとりこみを抑制し、カモミラエキスがメラニンの排出をサポート• 生コラーゲンとスターフルーツ葉エキスが糖化を抑制してハリと透明感のある肌へ• 満足度96. 8%、120日間返金保証• そして部位ごとにどのようにして黒ずみをケアしていったらよいのかという黒ずみのケア方法や黒ずみケアに使うツールなどについての理解を深め、悩んでいた黒ずみをきれいにするケアを開始しましょう。 黒ずみは部位によってできてしまう要因が異なってきます。 それぞれの部位にどうして黒ずみができてしまうのかについて見ていきましょう。 そして 部位ごとの黒ずみに対しての知識を持ち、黒ずみにならないように気をつけるとともに適切なケアをしていきましょう。 脇の黒ずみ 寒い時期は隠すことができる 脇の黒ずみも、暑い時期が近づくにつれて気持ちが沈んでしまう人も多い脇の黒ずみという悩み、この脇の黒ずみの原因は多く分けて3つの原因があります。 脇が黒ずんでしまう3大要因をしっかりと押さえ、黒ずみにならないような生活を心がけるとともにケアを怠らないようにしましょう。 メラニン色素の沈着によるもの 脇は非常に摩擦が多い部分です。 衣類による摩擦のほかにも脇毛処理でかなり大きな摩擦や刺激が加わる場所でもあります。 メラニン色素は肌細胞が刺激やダメージを受けたときに、メラノサイトという物質が肌を守ろうとして働く、いわゆる肌の自然な防御反応となります。 メラニン色素については、「」でもくわしく説明しています。 脇の下の皮膚は非常に薄くデリケートなため、このメラノサイトを生成して肌を守ろうとする働きが強く表れてしまいやすい場所となっているのです。 予防方法 こういった原因による脇の黒ずみを作らないようにするためには、まず衣類の生地を摩擦の少ない肌に優しいものにするという事が大切です。 さらに脇のムダ毛処理ですが、 カミソリや毛抜きによって無理矢理ムダ毛を抜いたり剃ったりすることは、脇の肌に大きな負担とダメージを強いることにつながります。 脇のムダ毛を処理するさいは、自己流の肌刺激の大きい方法ではなく、なるべく肌に優しい方法で行うようにしましょう。 皮脂や古い角質の蓄積によるもの 脇の下が黒ずんでしまう要因として、 皮脂や古い角質が溜まってできてしまう黒ずみもあります。 脇の下は汗腺が非常に発達していて、汗や皮脂を分泌しやすい部分になります。 それと同時に肌自体は非常にデリケートで代謝力も弱いため、たくさん分泌した皮脂や汗を溜めやすい場所にもなっています。 そしてデリケートで代謝力も弱いという事は、古い角質を排除する能力が弱いということにもなります。 肌の代謝であるターンオーバーが弱く、古い角質が溜まりやすく、新しい皮膚が作られにくいのです。 こういったことから、 いつまでも古い角質が残ってしまい、さらに皮脂が溜まるということが重なり黒ずみになっていってしまいます。 予防方法 皮脂や古い角質が原因の黒ずみを予防するためには、肌の新陳代謝を向上させていくことが重要です。 代謝アップのためには脇の肌の乾燥を予防するための保湿をするようにします。 黒ずみクリームを利用し保湿を徹底することで肌のターンオーバーが正常化、古い角質を排除して新しく黒ずみの無い肌細胞を作りだすことができるようになります。 また、汗をかきやすい場所なので、脇にかく汗をこまめに適切に処理することも重要です。 あまり強くこすり過ぎて刺激を与えないように、そして脇汗が原因で雑菌の繁殖などを起こさないように注意します。 化粧品や制汗剤の刺激によるもの 脇のにおいや汗を抑えるために多くの人が使用する、 制汗剤や化粧品類も脇の黒ずみの大きな要因となる場合があります。 肌に合わない制汗剤や強い成分を配合している脇汗ケアの商品を使用することによる刺激、脇の黒ずみを隠すために使うファンデーションなども脇の肌にとっては大きなダメージとなります。 予防方法 脇汗を抑える制汗剤を使用する場合には、肌刺激が少ない成分で作られているものを選ぶようにしましょう。 また脇の黒ずみを隠すためのファンデーションも使用を控えた方が良いでしょう。 こういった成分が脇の下の皮膚に残らないようにしっかりと洗い落とすというということも重要になってきます。 黒ずみを隠すのではなく、黒ずみクリームでケアをしていくようにした方がより早くきれいに黒ずみを解消できます。 乳首の黒ずみ 乳首の黒ずみもまた、悩んでいる人が多い黒ずみの一つになります。 乳首というデリケートな部分であるため、人に相談したり、見てもらったりするという事が難しく、ひとりで悩んでしまうというケースも多くなります。 生まれつきメラニンが多く、もともと乳首が黒い人もいますが、その他に乳首が黒ずむ原因は4つあり、それぞれ全く違った理由で黒ずむというメカニズムになっています。 そしてどの原因も黒ずみクリームを使う事で対処できます。 加齢によるもの 年齢を重ね、肌のターンオーバーが弱くなると、乳首には古い角質が滞るようになり、若い時よりもどんどん乳首が黒ずんでいきます。 しかし、逆に高齢になるにつれメラニン生成能力も衰え、乳首の色が薄くなっていくということもあります。 予防方法 加齢による乳首の黒ずみに対処する方法としては、肌のターンオーバーが弱まっているので 肌代謝能力をアップさせるという事が最重要課題となります。 そのために必要なツールとしては黒ずみケアのためのクリームとなります。 妊娠・出産などによるもの 妊娠すると女性ホルモンのバランスが非常に乱れ、メラニンを作りだすホルモンが非常に多く分泌されてしまいます。 過剰に分泌されたメラニンによって乳首が黒ずみ、 出産に備えるようになります。 予防方法 妊娠出産による乳首の黒ずみは、予防方法として黒ずみクリームを使用する以外に方法はありません。 しかし、妊娠中は非常に肌がデリケートになっているため、使用するクリームについては注意して選ぶようにしましょう。 授乳によるもの 出産後、赤ちゃんに母乳を飲ませるようになると、乳首を酷使するため乳首の部分の肌に大きな負担がかかります。 赤ちゃんに吸われても切れたり荒れたりすることがないよう、育児が順調に進むようにという体の自然な反応です。 一説には、乳首の色を濃くして視力の弱い赤ちゃんがおっぱいの場所を見つけやすくするためという説もあります。 予防方法 授乳による乳首の黒ずみは、 授乳が終わった時期に黒ずみクリームを塗るなどの対処を行います。 授乳をやめることで自然の色に戻る場合もありますが、そのままというケースも多いので、黒ずみが気になる場合にはやはり黒ずみクリームを使用した方が良いでしょう。 アトピー性皮膚炎によるもの アトピー性皮膚炎で湿疹や乾燥状態が長く続き、肌ダメージが乳首に頻繁に起こることで黒ずみになってしまいます。 予防方法 乾燥や肌の状態を改善することが最も重要なため、配合成分が優しい黒ずみクリームで徹底保湿、肌ケアをしていくようにすれば黒ずみ解消へとつながっていきます。 膝の黒ずみ 膝は非常に乾燥しやすい上、体重という大きな負荷がかかる部分です。 膝の黒ずみはこういったことが原因であることがほとんどで、ケアをすることでかなり黒ずみをきれいにすることができるでしょう。 関節部分で稼働率が高いうえ、乾燥が深刻な状態のために起こる 膝は関節がある部分で普段頻繁に曲げ伸ばしします。 その上タイトな衣類による締め付け、膝をつくことによる体重の負荷がかかり、膝にかかるダメージは計り知れないものがあります。 こういったダメージに加え、膝は皮脂腺や毛穴が非常に少なく、潤いが常に不足しているという状態でもあります。 膝の皮膚は擦れたり体重による負担がかかりメラニンが多くなる上、皮脂や水分が常に不足し色素沈着、角質肥厚が起こり黒ずみが起こりやすい場所なのです。 予防方法 膝の黒ずみには黒ずみクリームが非常に有効です。 黒ずみクリームで角質肥厚になった肌にもしっかりと潤いを与えると同時に、膝の肌の新陳代謝を促進して肌を柔軟に保ち、肌再生を促していくことができます。 デリケートゾーンの黒ずみ 実は人に相談できずにデリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる人はかなり多く存在しています。 そして デリケートゾーンは誰でも黒ずみやすい、体の部分の中でも特にたくさんの人が黒ずみに悩んでいるという部分になります。 デリケートゾーンの黒ずみについての悩みはオープンにしづらいうえ、普段は隠れている部分のためケアを怠りがちですが、黒ずみクリームを使えば徹底的にキレイにすることができる黒ずみなので、ぜひケアを始めましょう。 下着、衣類による摩擦が原因 デリケートゾーンが黒ずみになる原因はたった一つ、身につける下着や衣類による摩擦、乾燥、刺激ということになります。 下着や 衣類は生まれてからずっと身につけているもので、これらによるダメージが肌に蓄積してできた黒ずみという事ができます。 予防方法 デリケートゾーンの黒ずみを予防するためには、やはり肌に優しい生地でできた下着や衣類を身につけるようにすることが第一です。 コットンやシルクなどなるべく優しい肌触りのものを選びましょう。 さらにすでにできてしまっている黒ずみには、黒ずみクリームが最も有効な手段となります。 黒ずみクリームなら、刺激によってできたメラニンの生成を抑制するとともに、肌代謝を促進、古い角質を排除してデリケートゾーンを本来のきれいな肌にしていくことができます。 毛穴の黒ずみ 毛穴が黒ずんで見えるようになる要因は、誤ったスキンケアの方法が起因して起こるといえます。 毛穴が黒ずんでしまわないようにするために、それぞれの毛穴の黒ずみによって異なったスキンケアをしていくことが必要となります。 角栓が詰まっている 毛穴に詰まる 角栓の主成分は古い角質であり、皮脂はわずかにしか含まれていません。 つまり皮脂を落とすということをメインにしている角栓対策では、角栓の詰りによる毛穴の黒ずみ対策はできていないということになります。 角栓については、「」でもくわしく説明しています。 予防方法 肌表面の皮脂を落とすだけでは対策としては不十分です。 肌の代謝を促し、古い角質を肌自身が排除するというターンオーバー力をアップさせることが大切です。 主に保湿を目的としたスキンケアを徹底しましょう。 黒ずみクリームのスキンケア力を用いるということもかなり有効な方法となります。 乾燥している 乾燥して毛穴周辺の肌がハリや潤い、柔軟性を失って、毛穴が広がってしまうことによって毛穴が黒ずんで見えます。 予防方法 肌乾燥を予防することを徹底し、とにかく 保湿に着目したスキンケアを実施し続けましょう。 肌表面が潤っているように見えても内部ではインナードライが進んでいることもあります。 角質層の奥深くまで浸透するスキンケアをするようにしましょう。 黒ずみと保湿が同時にできる黒ずみクリームは特に効果があるといえます。 ニキビ跡やクレーター毛穴 毛穴にニキビができてしまい 酷い炎症になると、ニキビが治った後でも ニキビ跡として黒く残ってしまったり、 クレーターになりその部分に汚れが溜まるという黒ずみになってしまいます。 予防方法 ニキビを適切な方法でケアすることが最も重要です。 できてしまったニキビ跡の黒ずみやクレーター毛穴による黒ずみに対しては、徹底したスキンケアをかなりの長期にわたって実践していくという事が必要になります。 深刻な場合は皮膚科受診という選択肢も視野に入れるべきでしょう。 まとめ このように、黒ずみは体のどの部分にどのようにしてできるかに違いがあり、それぞれの部位によって予防方法、注意点やケア方法も異なってきます。 黒ずみの無いキレイな肌を作りだすためには、どの部分の黒ずみがどうしてできてしまうのか、そしてどのような事に気をつけていくかを知ることによって、効果的に黒ずみを予防することができます。 そして、上記の内容からもお分かりいただけるように、 体のどのような部分の黒ずみに対しても大きな効果を発揮することができるのが黒ずみクリームです。 メラニン、色素沈着による黒ずみを予防、改善していくと同時に、肌のターンオーバーを促し、肌の状態を正常化、美白まですることができるという、黒ずみに対して万能な効果を表すのが黒ずみクリームなのです。 今、自分の体にある黒ずみが気になる部分をケアするために使用するというだけでなく、黒ずみができやすい部分にあらかじめ使用しておくことによって、新しい黒ずみができてしまうのを防ぐこともできます。 体中、どこを見られても恥ずかしくない、体に黒ずみというコンプレックスが全く無いという状態を目指すためには、黒ずみクリームが欠かせないアイテムとなるのです。 自分にさらなる自信を身につけるために、普段から黒ずみクリームで全身黒ずみケアをしてみてはいかがでしょうか。

次の

【全部位OK!】黒ずみケアで口コミのよい方法を集めてみました

肌の黒ずみ ケア

皮膚に黒ずみができる原因 皮膚の黒ずみは、顔や肘(ひじ)、傷跡、デリケートゾーンなど、体のあらゆるパーツに現れます。 皮膚の黒ずみは、肌への刺激が原因で起こりやすいと考えられていて、肌のターンオーバーとメラニンによる色素沈着が深く関わっています。 パーツによって黒ずみ原因はさまざまですが、黒ずみが発生するメカニズムは同じと考えてOKです。 顔にできる黒ずみのメカニズム なぜ肌が黒ずんでしまうのか、その原因と対策を見ていきましょう。 顔に黒ずみができる原因はメラニン色素 肌の黒ずみは、メラニン色素によって作られます。 メラニンは本来、肌を守るための物質ですが、過剰に分泌されることで、色素が沈着し、肌に黒ずみとして残ります。 メラニンが過剰に分泌されて、黒い色素として残ってしまったとしても、通常はターンオーバーで肌の生まれ変わる際に排出されるため、黒ずみは消えてなくなります。 ところが、ターンオーバーのサイクルが乱れると、皮膚の古い角質がはがれ落ちにくくなります。 するとメラニンも排出されず、黒ずみとして定着してしまうのです。 肌への刺激によってメラニンが排出&定着してしまう 肌に、外部からの摩擦や刺激を加わると「メラニン」という物質がさかんに分泌されます。 外部からの刺激というのは紫外線や、過度な皮膚への摩擦や圧迫などを指します。 長時間紫外線を浴びたり、洗顔時に顔をゴシゴシこすってしまうと古い角質が皮膚に蓄積されて硬くなり、排出されずに黒ずみとして残ります。 はっきりと黒くならなくても、くすみやシミとして肌に残るケースも少なくありません。 特に衣服で隠れず、外気にさらされている顔は、日焼けをしやすく、黒ずみが起こりやすいパーツです。 顔の黒ずみの解消方法 まずは黒ずみを発生させてしまう、肌への負担や刺激を避けることです。 そして、皮膚内に定着しているメラニン色素の排出を目指します。 つまり、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーによって、新しい皮膚が入れ変わるのを待つということです。 そのため、黒ずみをケアするには、ある程度の時間がかかります。 ターンオーバーを安定させるためには、肌をすこやかな状態で保つことがポイントになります。 正しいスキンケア、規則正しい生活習慣を心がけます。 その中で、美白化粧品を活用して、メラニンの生成を防ぐなどのケアを取り入れます。 また、紫外線による影響は特に大きいので、年間を通じて紫外線対策をするようにしましょう。 セルフケア以外では、皮膚科や美容皮膚科での治療が受けられます。 肌に合った化粧品や医薬品の処方など、医師と相談の上で活用していきましょう。 また、ターンオーバーを促すケミカルピーリングやレーザー治療など、効果的な治療もあります。 毛穴の黒ずみ 毛穴の黒ずみ、中でも顔の毛穴の黒ずみは多くの人を悩ます問題です。 なぜ毛穴は黒ずむのでしょうか。 そしてどんな改善方法があるのでしょうか。 原因 毛穴が黒ずんで見える原因は2つあります。 ひとつは「汚れ」による毛穴の黒ずみです。 肌の乾燥や睡眠不足が続いたり、肌に合わない化粧品を使用していたりすると、皮脂が必要以上に分泌されます。 この余分な皮脂が毛穴に詰まって酸化することで、「角栓」となって毛穴に残り、皮膚が黒ずんで見えることがあります。 さらに、皮膚の汚れや余分な皮脂などを落としきれていないと、毛穴が詰まって黒ずみにつながります。 そして、もうひとつが毛穴部分の皮膚にメラニン色素が定着している場合です。 これは汚れによるものではないため、いわゆるシミと同様のことが起こっています。 毛穴の黒ずみの解消方法 毛穴汚れの詰まりが原因の黒ずみは、角栓のもととなる皮脂の過剰な分泌を防ぐことが大切。 そのために、健康的な食生活や、ストレスをためない生活を心がけてください。 さらに、すでにある角栓は洗顔でケアするのがいいでしょう。 オススメは角栓ケア用のアイテムを使ったスペシャルケア。 また過度な洗顔は肌の乾燥を招き、黒ずみを悪化させてしまうこともあるので、皮膚の汚れは洗顔料をきちんと泡立て、やさしく落としてあげましょう。 毛穴の汚れを取るパックなどは、皮膚に刺激を与え、負担となる場合があるので使用するときは注意しましょう。 メラニン色素が定着してできた毛穴の黒ずみはシミと同様の方法でケアします。 基本的なスキンケアに加え、美白化粧品でのお手入れや紫外線対策をしっかり行ってください。 皮膚科での毛穴の黒ずみの治療には、ケミカルピーリングやレーザーなどの方法があります。 肘の黒ずみ 肘は黒ずみが起こりやすいパーツです。 「他の部分はそうでもないのに、肘の黒ずみだけが気になる」というケースも少なくありません。 原因 肘の黒ずみの原因には、摩擦によるものが考えられます。 特に肘は皮膚が厚く、乾燥しやすいことから肌のターンオーバーが遅いため、メラニンが定着しやすいパーツです。 肘は、机などについてしまうクセがあると、それが皮膚への刺激や負担となってしまいます。 肘の黒ずみの解消方法 頬杖をつく、机などに肘があたることが多いなど、日常生活で肘をつくクセがないかチェックしましょう。 どうしてもついてしまうクセが抜けない場合は、肘が当たらないようにクッションやタオルなどを敷くと、肌の刺激になりにくくなります。 また肘の黒ずみの対処法としては、肘の肌表面の角質をはがすこと。 ピーリング剤、肘を柔らかくするスクラブ、重曹などもおすすめです。 ただし、やりすぎると肌を傷つけることもあるため、気になる場合は皮膚科を受診しましょう。 普段のケアでは、オイルや化粧水、クリームで保湿をすると皮膚が柔らかくなりやすいのでおすすめ。 傷跡にできる黒ずみ にきびややけどや湿疹、虫さされなどの外傷が治っても黒ずみが残る場合があります。 原因 傷跡の黒ずみは、炎症が起こった後に皮膚にある細胞であるメラノサイトが活性化し、メラニンが過剰にばらまかれて皮膚に沈着することにより起こります。 黒ずみというより、皮膚で起こっているのはシミと同様のメカニズムと考えて問題ありません。 傷跡にできる黒ずみの解消方法 傷の治療が終わって治れば、徐々に薄くなって、半年ほどで消える場合もあります。 しっかりと保湿や生活習慣を整えて、黒ずみが排出されるのを待ちましょう。 肌のターンオーバーを整え、メラニン色素を作り出す「チロシン」という物質を抑えて色素の沈着を防ぐ働きをする「ビタミンC」などを積極的に摂取するのもおすすめです。 時間をかけずにスピーディに黒ずみを解消したい場合は、皮膚科でレーザー治療を受けるという手段もあります。 おしりの黒ずみ お尻の黒ずみも、メラニン色素が沈着することによって起こります。 また、ざらざらした感触を伴うことも多いのがおしりの黒ずみの特徴です。 原因 イスや床に座る際、お尻を地面につけるため、どうしてもお尻の皮膚には負担や刺激を与えてしまいます。 また、締めつけのきつい下着やナイロン製の下着などを着用することで、肌への摩擦が起こり、黒ずみやざらつきにつながります。 おしりの黒ずみの解消方法 おしりの黒ずみの解消方法は、傷跡にできた黒ずみと同じように、肌に負担となるものを避けてメラニンの排出を待ちます。 締めつけの強い下着や衣類の着用は避けましょう。 デリケートゾーンの黒ずみ 陰部や、股の部分の黒ずみは、なかなか他人に相談できず、一人で悩みがち。 デリケートゾーンも黒ずみが起こりやすいパーツです。 原因 おしりと同様、締め付けの強い下着が皮膚を圧迫し、また歩いているときに下着と皮膚の間に摩擦が起こることで黒ずみが生じやすくなります。 特に下着は24時間身につけているもの。 デリケートゾーンの肌は特に刺激を受けやすく、そのため黒ずみやすいのです。 デリケートゾーンの黒ずみの解消方法 現在使用している下着が自分のサイズに合っているかを見直してみましょう。 サイズがきついものはよくありません。 素材は、綿や絹、または吸湿速乾加工を施した線維が用いられているものがいいでしょう。 デリケートゾーンはとても敏感な部分なので、美白化粧品などの使用はオススメできません。 最近ではデリケートゾーン用の化粧品も多くあるので、チェックしてみるのもいいでしょう。 ほか、婦人科美容や美容皮膚科などクリニックではレーザー治療などが受けられます。 顔の黒ずみ予防におすすめの化粧品 さまざまな黒ずみのお悩みを見てきましたが、どのお悩みにも共通して効果的なのが保湿すること。 まずは保湿を意識しながら、正しいクレンジングやスキンケアでパーツ別にケアしてあげてくださいね。 では最後に、美容ライターの松本愛さんがおすすめする「顔の黒ずみ予防におすすめ」の化粧品を見てみましょう。 コンディショニングソープ d プログラム 販売価格(編集部調べ):1,620円(税込) 内容量:100g おすすめの理由 シンプルな使い心地の石鹸。 肌をいたわりながら不要な皮脂や汚れを取り去り、優しく顔やボディを洗い上げます。 無香料・無着色、パラベン・鉱物油フリーでデリケートなお肌をいたわる設計。 使ってみた感想 無香料でツルッとした印象に反したたっぷりの泡立ち。 泡でさっとひと撫でするだけで汚れが落ちていくのがわかる洗浄力ながら、洗い上がりは柔らかく、つっぱり知らずの肌に。 後の化粧水がなじみやすいのが嬉しいポイント。 しっかり洗えてしっかりうるおうので、使い続けると毛穴の黒ずみ汚れもすっきりしてきますよ。 スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ アテニア 販売価格(編集部調べ):1,836円(税込) 内容量:175mL おすすめの理由 大人が悩むくすみ肌の原因のひとつに「肌ステイン」があることを解明したアテニア。 この「肌ステイン」除去に役立つロックローズオイルとイモーテルオイルと、ほかバオバブオイル、アルガンオイルという4種の高級美容オイルを配合したクレンジングオイルがこちら。 角層のタンパク質に付着した「肌ステイン」をメイクと一緒にゆるめて落とす贅沢設計。 濡れた手もマツエクもOKという使いやすさも魅力です。 使ってみた感想 サラッとしたオイルが肌に素早くなじむので、アロマのいい香りに包まれてうっとりする時間もなく「あっという間に!」メイク落としが完了。 しっとりとした洗い上がりなのに、洗顔後は汚れが落ちたおかげで肌色がワントーン明るくなるクレンジング力。 さすが納得の人気商品です。 ミメオ ピーリングジェル Miimeow 販売価格(編集部調べ):1,944円(税込) 内容量:150mL おすすめの理由 古い角質だけに反応するから低刺激なピーリングジェル。 肌に優しくのせて優しくなでるだけで不要な角質がポロポロと取れ、ワントーン明るい肌に。 使ってみた感想 季節の変わり目などで肌のごわつきを感じるとやりたくなるのがピーリング。 でも、ザラザラ擦るスクラブもピリピリするピーリング剤も怖い…と思っていたらぜひ試して欲しいのがコレ。 やわらかなジェルをそっとなじませるだけで不要な角質がポロポロ。 毛穴の黒ずみや肌のくすみに、肌にやさしくピーリングができる優れものです。 発酵米ぬか洗顔パック パザンコールウォッシュ A-NK パザンコール 販売価格(編集部調べ):6,156円(税込) 内容量:130g おすすめの理由 発酵米ぬかを主成分とした洗顔料。 米ぬかにふくまれる「ビタミンE」や「セラミド」「アミノ酸」が肌にうるおいを与え、「リパーゼ」が古い角質や肌の奥の汚れを洗浄してくれます。 通常はパックのように顔に塗ってから、水やぬるま湯を少しずつなじませるようにしてオフしていきますが、肌が弱っているときは泡立てもOKです。 使ってみた感想 米ぬかの濃厚な香りがする真っ黒のペースト、洗顔料としてははじめて出会うそのインパクトにまずびっくり。 顔に塗ってしばらくおいてから、少量のお湯を加えながらペーストをゆるめていくように使うとピッカピカに洗い上がって二度びっくり。 汚れがオフされることで、ひと皮むけたような明るく元気な肌になります。 ブライトニングホイップウォッシュ<炭酸洗顔料> DHC 販売価格(編集部調べ):1,684円(税込) 内容量:120g おすすめの理由 炭酸を含んだ泡が汚れをすっきり、肌のキメを均一に洗い上げる洗顔料。 ワンプッシュで濃厚な泡が出てくるので泡立てる手間なく、たっぷりの泡が楽しめます。 ヒアルロン酸と同等以上と話題の「プロテオグリカン」配合による、しっとりとした洗い上がりも魅力です。 使ってみた感想 ワンプッシュで出てくる泡のキメ細やかさは感動的です。 モチモチした泡を押し当て、しばらく置くと炭酸効果か肌があたたまってくるよう。 汚れが落ちたことによる肌の明るさはもちろん、健康的な肌色に洗い上がります。 肌のチカラが落ちてきたかな、と感じたときにおすすめです。 泡の集中パック ドモホルンリンクル 販売価格(編集部調べ):12,960円(税込) 内容量:80g おすすめの理由 不要なたんぱく質の送り出しをサポートしてくれる「ヒマワリ新芽エキス」を配合した泡パック。 目元や口元ギリギリの細かな部分までしっかりカバーできる持ちの良い泡が優秀です。 じっくり肌を蒸らして柔らかく明るい肌に。 使ってみた感想 だれないムース状の泡で快適にパックが可能。 パックをしている間中、ノバラとベルガモットの優雅な香りが続きます。 パック中は肌表面がじんわりあたたまるようで、パック後の肌は赤ちゃんのような柔らかさに。 数日間続けて使うと肌のトーンが上がるのがわかるはず。 このクレイタイプのフェイシャルマスクは毛穴汚れにアプローチして、肌細胞のターンオーバーの正常化をサポートしてくれます。 使ってみた感想 テクスチャーが軽く、さっと顔全体に塗り広げることが可能です。 パックをしている間に心までリフレッシュする爽やかな香り。 パックを洗い流せば、ワントーン明るくしっとりふっくらした肌に整うのはもちろん、その後の化粧水・クリームの浸透力が段違いに上がります。 まとめ 顔や各パーツの黒ずみの原因、そして解消法をご紹介しました。 ポイントは紫外線や摩擦など、肌への刺激を避けること。 また、顔は皮脂や肌汚れを適度にすっきり落とすことがポイントですよ。 スキンケアアイテムを併用して、黒ずみ知らずの明るい肌を目指しましょう。

次の