ヒカル 逮捕。 ヒカルの師匠井川の周りに逮捕者?井川とヒカルの関係についてまとめてみた

ヒカルの金持ち年収を暴露!本名と炎上・彼女もヤバい?【Youtuber】

ヒカル 逮捕

《youtube 》ヒカルは謝罪で金持ちなの? YouTubeでの謝罪があり、ヒカルのYouTubeチャンネルは無くなることになりました。 原因は一連のvalu騒動で騒ぎを起こして 社会的な問題になってしまったことですね。 最初は2chを中心にネット民だけの騒ぎだったんですが 日がたつにつれてかなり大きくなり ヒカルの実家への嫌がらせも多かったようですね。 ヒカルはどちらかといえば炎上系YouTuberといえるでしょう。 YouTuberの中では新しい部類の後進スタートです。 ヒカキンを筆頭にキャリアを追い抜いていくには お金にモノを言わせる必要がありました。 ネットビジネスや起業にも精通するヒカル。 YouTubeをやるからにはと会社組織を作り 他の個人営業のYouTuberとは差別化を図った お金にモノを言わせる大金を使った様々な企画やイベントで 若者を中心に注目が集まっていたんですね。 東京を中心としたYouTuberは UUUM株式会社 ウーム へ集結。 UUUM ウーム とは日本のマルチチャンネルネットワークです。 主にYouTubeで活動するYouTuberへ技術提供やマネジメント、 ショッピングサイトなどの運営を行っているのです。 収益源は主に、企業から受注した案件と、所属するYouTuberによる動画広告収入の一部。 要するにYouTuberの所属タレント化が始まっていたんですね。 これに対抗するようにヒカルは NEXTSTAGEを立ち上げ 西のYouTuber軍団となって面白い戦いが繰り広げられる直前でした。 valu騒動はお金を使ったYouTube活動が仇になった結果ですね。 結局 NEXTSTAGEも解散となってしまいました。 ヒカルのアンチは元々多かったと思います。 それに一度火がついてあっという間に大炎上して 終わってしまった印象ですね。 残念です。 《youtube 》ヒカルは金持ちになれない? 今後、youtubeでの復帰は当分ないんでしょうね。 一年ぐらい休止するんでしょうか。 youtubeで金持ちになることはないでしょうね。 元々ヒカルはyoutubeを足掛かりに もっと大金持ちになることを考えていたと感じます。 プロデュース能力やお金を稼ぐ力は高いですよね。 元々ネットビジネスでのコンサルなど経験しているようなので 丸裸になってもまた違う形でお金持ちになる方法を狙っているでしょう。 今回の失敗は信用を失う行為をしたことですよね。 結局のところ謝罪をしてyoutubeを停止させても valuの返金が完全に済んだとは言えないし それで一気に失った信用は計り知れないということでしょうね。 お金=感謝=信用の形だと思うんですけど ネットビジネスや会社ではどんな勉強をしてきたんでしょうね。 お金儲けが悪いことじゃないんですよね。 本当のお金持ちってちゃんとした人格者が多いんですよ。 若くしてここまで稼げる力や能力は凄いので 次は違う形でまたなにかにチャレンジしていく人でしょうね。 スポンサードリンク 《youtube 》ヒカルの逮捕は? valuのインサイダー疑惑や違法性を取りだたされていましたが ヒカルの逮捕はありません。 なぜならvaluが法律で守られている仕組みでは無かったので そこでお金を支払った人の自己責任ということになっているからです。 valuで寄付を募ったヒカルの行為は 法的に罰せられる対象ではないのです。 ですがそれだけに多くの人々の反感をかって 信用をかなり失ってしまたと感じます。 その責任がyoutubeチャンネルの活動休止に繋がったのですね。 かなりの痛手ではありますね。 この裏でヒカルの師匠の井川という人物が儲けているんですが そこにはなにも御咎めはありませんね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

新型コロナで収益激減のユーチューバー続出…ヒカルは年収10億円、ラファエルは5億円

ヒカル 逮捕

ヒカルがかつて師匠と仰いでいた井川拓哉という人物は、ヒカルがVALUで炎上したことを機に一気に注目を浴びるようになった。 ヒカルと同じようにVALUを売り抜けしようとしたことや、井川の周りの逮捕者、ヒカルと井川の関係についてまとめた。 livedoor. ヒカルが以前師匠と尊敬していたが、VALU騒動以来決別した。 VALU騒動が起きるとヒカルの事務所での役職を捨てて1人で逃げてしまうなど、いろいろと黒い噂や態度が話題となっている男性である。 井川拓哉は詐欺師とネットでたたかれているが、子供や家族がいる家庭を持った男性だったのだ。 自宅も特定されているので、家族の住所も特定されたことになる。 高級なデザイナーズマンションだそうで、ヒカルのように井川もお金持ちであったということだけは、間違いなさそうだ。 irasutoya. 彼はドラッグを不法所持していたということで、逮捕された。 井川亮磨は仕事を解雇され不安を紛らわすために薬物所持をしていたのだという。 井川拓哉は詐欺師といわれることが多いが、弟は薬物を保持していたという過去があるのだ。 irasutoya. 井川拓哉が以前、働いていたリサイクル事業を生業とする企業の社長の指示で不法投棄をしたのだという。 この情報は本当かどうか分からないが本当だったら井川にも逮捕歴があるということになる。 irasutoya. 井川拓哉は詐欺師と言われることが多いが、40万円で売っていたという話は詐欺ではないにしてもかなり商売上手であるといえる。

次の

ヒカルの金持ち年収を暴露!本名と炎上・彼女もヤバい?【Youtuber】

ヒカル 逮捕

視聴者から寄せられたコメントを受けて、ヒカルさんが検証するという内容の動画でした。 春祭りのくじ引きでリベンジ 夏祭りから半年強、2017年4月に投稿された動画「」で、ヒカルさんはリベンジに挑みます。 まえっさん、名人、そしてすでにチャンネルを脱退した恭平さんをボディーガードに引き連れ、また現金300万円を用意して万全の状態で撮影に臨みました。 祭りくじ動画の追求覚悟? 春祭りにて途中で撤退することになったヒカルさんですが、動画が各方面で拡散され、ツイッター急上昇ランキング1位、YouTube急上昇動画ランキング1位、そしてツイッターのフォロワー増加数も日本で1位というすさまじい反響がありました。 さらに翌日に投稿した動画「」では、動画を証拠映像として警察に持ち込む姿勢を見せ、これにはいち視聴者として胸が高まりました。 [googlead] 祭りくじ動画の追求断念の理由は? 当の本人を含め、視聴者の大半が不本意な形で終わりを迎えた当該動画ですが、やはり気になるのは「なぜ急に打ち切りになったのか…」ですよね。 「テキ屋=ヤクザ」なのか? そこで論点となるのは「テキ屋=ヤクザなのか?」についてですが、これに関して面白い記事()があったので、その一部をご紹介します。 テキヤは「七割商人、三割ヤクザ」であるという。 これは、反社会的組織の一員になっている者が三割という意味 引用: テキ屋のうち三割がヤクザだということですが、同記事によれば、残り七割の商人(非ヤクザ)であっても、そのほとんどがならず者のような気質を持ち合わせているそうです。 危害を加えられる可能性は十分にある 今回ヒカルさんの動画に出ていた方が「ヤクザ」であるのか「(ならず者気質の)商人」であるかは分かりかねますが、ヤクザだった場合には商売敵となるわけですから、ヒカルさんやその周りの方に手段を選ばずに危害を加える可能性は十分にありえたでしょう。 ヒカルさんが、ある意味ビッグチャンスであった「祭りくじ動画」を途中で打ち切りにしたのは、やはり「ヤクザ」という存在が脳裏をよぎったからなのでしょう。 逮捕案件になるのか? 祭りくじ動画は打ち切りになりましたが、仮にヒカルさんが警察に駆け込んでいた場合、「祭りくじの店主は逮捕されたのか?」についても気になるところですよね。 その点について、刑法上、民法上の観点からそれぞれ詳しく説明している記事()がありましたので、ご紹介します。 刑法上の観点では? 「仮に、『当たりくじ』が存在しないため、景品を渡すような事態が起こりえないことを知りながら、店先に景品を展示し、さも『当たりくじ』が出ればその表示にしたがって、景品を進呈するかのように装い、くじ(空くじ・ハズレ)を販売していた場合、刑法上、詐欺罪(刑法246条1項)にあたります。 法定刑は『10年以下の懲役』です。 引用: ふむふむ…なるほど。 上記の一文を読んだ限りでは、今回のケースで仮にヒカルさんが警察に駆け込んでいたとしても、祭りくじの店主に対して詐欺罪を立証するのは難しそうですね。 まず第一に「当たりが入っていないか確認出来ていない」ことが挙げられます。 ヒカルさんは結局すべてのくじを開けることなく撤退してしまったので、「残りのくじに当たりが入っている可能性」を残してしまったのです。 次に「景品を渡すような事態が起こりえないことを知りながら」という部分の立証も難しそうです。 祭りくじの店主はヒカルさんのどのような質問に対しても、知らぬ存ぜぬで通していましたよね。 おそらくですが、ある程度は法のくぐり抜け方をふまえているのでしょう。 あくまで素人の意見ですが、今回のケースで詐欺罪に問いたいのであれば、くじを足される前に受け皿のくじを全開放し、その時点で当たりが確認できなければ弁護士なり警察なりを呼ぶ、というのが最適解だったような気がします。 どのみち、今回の動画証拠だけでは祭りくじの店主が逮捕されることはなかったと思います。 民法上の観点では? 「民法の観点から検討すると、『当たりくじ』があるものと誤信して、くじを購入したところ、空くじしか入っていなかったということであれば、客は、錯誤無効(民法95条)を主張して、全額の返金を求めることができます」 引用: 民法上においても、錯誤無効を主張することは難しいでしょうね。 ヒカルさんがすべてのくじを引いて当たりが入っていないことを立証できれば全額返金を求めることもできたでしょうが、やはり途中で撤退してしまったことがネックになりそうです。 当たりは入っているのか元テキ屋に取材してみた さて、今回の祭りくじ動画をふまえ、管理人はどうしても気になることがありました。 結局祭りくじに当たりは入っているのか ヒカルさんの動画では、この疑問を解決してくれることはなかったので、もしかしたら読者様の中には私と同じような感想を抱いた方がいるかもしれません。 そこでどうにか真実を知る方法はないかとあれこれ考えていたのですが、非常にシンプルな方法がありました。。。 テキ屋に聞く(笑)実は管理人の中学時代の同級生の先輩(遠い笑)に、「テキ屋をやっていた」という方がいたのでインタビューすることができました。 (挨拶などの無駄な部分はカットしております).

次の