ポリアモリー。 複数人と同時交際「ポリアモリー」な女性たちが急増中 浮気や不倫と違う新たな愛の形とは

ポリアモリーの意味とは!?メリットとデメリットを調べた感想!

ポリアモリー

こんにちわ!かっちゃんです。 この記事は「まんがいちTV」で 取り上げられた【ポリアモリー】 の情報についてまとめたモノです。 万が一に備えて色々なまんがいちを 検証していく「まんがいちTV」という 番組で 【ポリアモリー】という言葉が 紹介されました。 ん?ポリアモリーとは何? という単純な疑問から有名芸能人では誰? メリット・デメリットは? 更には気持ち悪い・嫉妬とか結婚は? という事についてまで色々調べてみました。 ポリアモリーとは何? では今回まんがいちTVで紹介された ポリアモリーとはそもそも何なんでしょうか? 私もこの番組で初めて聞いた言葉でした。 ポリアモリーとは 関係者全員の同意を得て 複数の人と恋愛関係を結ぶ事を言います。 一般的に聞くと 「ん?そんな事あり得るの?」 と思う人もいると思いますが 実はこのポリアモリーという人は 結構多く存在するそうです。 個人の多様性が認められてきた現代。 「あなたの事は好きだけどあの人の事も 同じくらい好き」 こういう言葉は昔は許されなかったのですが 現在では 「その人が納得してるのならOK」 とされています。 これがポリアモリーです。 これがクリアされて初めて ポリアモリーは成立するのです。 ポリアモリーのデメリット・メリットは? これはとってもデリケートな問題で、 ある角度から見ると 「そんな勝手な事が言葉を作って(ポリアモリーという) 認められていいの?」 という意見がある反面、 「あくまで恋愛は個人の自由、 それぞれの当事者がいいなら全く問題ない。 」 という意見もあるでしょう。 なのでここでポリアモリーの 賛否はおいておいて 実際にポリアモリーの人の 実質的なメリット・デメリットって 何なのか?について見ていきましょう。 それに比べてやはり 日本ではまだまだ「何それ?」って感じで 好奇の目にさらされ、気持ちを理解して もらえないというデメリット的な要素の方が 多いような気がしますね。 ポリアモリーの有名人・芸能人って誰? ポリアモリーという言葉自体が 新しいので、 ポリアモリーの有名人や芸能人って誰? という疑問も中々難しいんですが 「ポリアモリー 芸能人」と 検索すると 花田という言葉と窪塚洋介というワードが出てきます。 花田とは恐らく花田虎上さんの事だと思われ 窪塚洋介は俳優の窪塚洋介さんの事でしょうね。 出典 実際にこのお二人がポリアモリーかどうかは わかりませんが、まぁ 花田虎上さんなんかは昔ですが 「恋愛たくさんしたい」系の発言も あったりしたので、その辺りで 予測してユーザーが検索してるのかな? と思います。 今は奥さんや子供さんにデレデレな感じで よくテレビに出演されているので そういったポリアモリーではないと思います。 窪塚洋介さんに関しても同じで 恐らく過去の発言を基に ユーザーが検索した結果、 ワードとして出ているんでしょうね。 その生活形態で私が ポリアモリーなのでは?と思うのは マイケル富岡さんです。 出典 彼の生活や恋愛観・そして複数交際の 事実を全員が知っているという事から マイケル富岡さんはポリアモリーではないか? と思います。 まぁあくまで予測ですが・・ でも実際の所自分がポリアモリーだという事を 公表している有名人・芸能人は まだいないんじゃないでしょうか? あとは噂レベルですが、亡くなった 俳優の今井雅之さんがそうだったのでは? という話もありますが本当の所は わかりません。 日本では。 古くから一夫一婦制の日本では そもそもポリアモリーという考え方が 浸透しにくいです。 しかも法律で不貞行為の縛りもある。 そういった観点から結婚という行為は ポリアモリーには向かないのかもしれませんね。 また、素朴な疑問で 「嫉妬しないの?」 というものがあると思いますが、 そりゃするでしょう! 「しない」という人も中には いると思いますが、 人間である以上独占欲はあります。 なにかしらの嫉妬という感情は 必ずあるんじゃないでしょうか? また一部では浮気したいだけの 言い訳なんじゃないの? 気持ち悪い・・等の意見も 確かにあります。 現在この辺りの社会の批判を 真っ向から受けて ポリアモリーの人達は生活しています。 ただホントの所まだまだ 「ポリアモリーの実際」という部分は 認知度が低いので 是非これからどんどんメディアでも 取り上げてもらって正しい知識を 広めて欲しいですよね。 まとめ いかがでしたか? 今回は「まんがいちTV」で 取り上げられたポリアモリーについて ポリアモリーとは何?といった事から ポリアモリーの有名人・芸能人は? ポリアモリーのメリット・デメリット、 ポリアモリーの人の結婚や嫉妬についてまで 書きました。 実際私自身もまだまだ知識・理解不足の 面もあり ポリアモリーの方が読むと 「それ違うよ」と思う事もあるかも しれませんが、ご容赦下さいませ。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

ポリアモリーとは何?デメリット・メリットと有名芸能人では誰?気持ち悪い嫉妬するという意見も【まんがいちTV】

ポリアモリー

複数人と同時交際「ポリアモリー」な女性たちが急増中 浮気や不倫と違う新たな愛の形とは(Photo by prochkailo/Fotolia)【モデルプレス】 「ポリアモリー(polyamory)」とは「ポリアモリー(polyamory)」とは、ギリシア語の「複数」(poly)とラテン語の「愛」(amor)に由来する、アメリカで造られた造語。 つきあう相手、親密な関係を同時期に、一人だけに限定せず、全ての関係者が全ての状況を知る選択が可能であり、全員がすべての関係に合意している、という考え方に基づく行為、ライフスタイル、または恋愛関係のことを指す。 浮気、不倫との違い一般的に複数の人と性愛関係を持つというと、浮気や不倫と変わらないと思う人もいるかもしれないが、大きく違う点がある。 1.関係性を隠さず、全員がすべての関係に合意している 関係性を隠さず、全員がすべての関係に合意している(Photo by Syda Productions)まず、浮気や不倫と大きく違う点が「全ての関係者が状況を知ることができ、全員がすべての関係に合意している」ということ。 一般的に知られている浮気はその言葉の通り、恋人というパートナーがいながらも心が浮ついてしまい、パートナーに隠しながら違う異性と性愛関係を持つというもの。 不倫は配偶者のいる男性もしくは女性が、配偶者以外と関係を持ってしまうというもので、こちらも配偶者にはその関係を隠しているというのが通念だ。 浮気や不倫はともにパートナーに嘘をつき隠し事をしながら、寂しさや性欲を満たすために別の人と関係を築いてしまうことから、多かれ少なかれ罪悪感を背負うことになり、何でも言い合えるパートナーとしての関係性は機能していないだろう。 しかし、「ポリアモリー」の場合、すべての人がすべての関係性を知り、合意の元で築かれた関係性になるため、隠し事をする必要もない。 「大事な人にこそ、包み隠さず全てを話したい」というのが「ポリアモリー」の考え方だという。 2.順位をつけず、すべての人を誠実に愛している 順位をつけず、すべての人を誠実に愛している(Photo by wavebreakmedia)もう一つ浮気や不倫と異なる点が、どの人のことも優劣をつけず、誠実に愛している、ということ。 一般的に浮気や不倫は、正規のパートナーこそ一番大切であり尊重すべき存在、と考えられており、浮気相手や不倫相手の地位は低く、関係性に大きな差異が生じている。 そして、正規のパートナーだけでは満たされない欲望をこっそりアウトソースするという考え方だ。 しかし「ポリアモリー」の人々の間では、どの人の間にも優劣ない。 どの人に対しても本気で愛を注ぐというスタイルがスタンダードとなっている。 LGBTの台頭から見る性の多様性近年、レズ、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを略したLGBTという言葉も、テレビや雑誌等各種メディアで見受けられるようになってきた。 お茶の間でもオネエと呼ばれる女装をした男性が見られるのも当たり前になってきたし、新宿2丁目は世界に誇るゲイタウンとしてその知名度は高い。 最近ではジェンダーレスやノージェンダーという、性の枠組みを超えた概念も登場してきている。 「ポリアモリー」もそんな多様化する世の中の性の在り方を改めて感じさせてくれる事象だ。 少しずつ世の中に、性の多様性が生まれてきたことが窺える。 愛と幸せを巡って 愛は求めず行動でしめすもの(Photo by Goodluz)もちろん、今の世の中で一般化している一夫一妻制の元、男女で結婚し、生涯お互いだけを愛し、幸せになれることが一番だ。 しかし、結婚は契約に過ぎず、愛を保証するものではない。 故にパートナーから愛を感じることができずに、配偶者以外の人にこっそりと愛を乞うて、浮気や不倫が発生するのである。 その上で考えれば、誰にも隠し事をせずに、みなで幸せを共有しようという「ポリアモリー」の思想は新しい。 とはいえ、「ポリアモリー」の考えは誰を愛しても良いという自由と引き換えに、辛いこと、見たくないこと、知りたくなかったことを全て受け止めるだけの覚悟が必要であり、自分の中に渦巻くかもしれない嫉妬や憎悪など負の感情をコントロールできる器量が求められる。 浮気や不倫と同様、関係者全てが幸せになれないのなら、愛の形として賛成はできない。 しかし、愛するという気持ちは否定されるべきものではないし、人が人を愛するのはごく自然な欲求である。 愛は名詞ではなく動詞であり、愛は行動の結果とも言われており、「ポリアモリー」の人々はこの考えに近い信念を持っているように思う。 嫉妬や憎悪などは相手に愛を求めるからこそ生まれる負の感情だ。 いつまでも相手に愛を乞うよりも、主体的に愛という行動を遂げられる人こそ、これからの時代幸せを手にしていくのかもしれない。 (modelpress編集部) 【Not Sponsored 記事】• ハウコレ 2020-06-26 23:40• 恋愛jp 2020-06-26 23:30• ハウコレ 2020-06-26 23:20• lamire〈ラミレ〉 2020-06-26 23:00• ハウコレ 2020-06-26 23:00• ハウコレ 2020-06-26 23:00• 愛カツ 2020-06-26 22:45• ハウコレ 2020-06-26 22:40• 恋愛jp 2020-06-26 22:30• ハウコレ 2020-06-26 22:20• All About 2020-06-26 22:05• ハウコレ 2020-06-26 22:00• 愛カツ 2020-06-26 21:45• 恋愛jp 2020-06-26 21:30• 恋愛jp 2020-06-26 21:30• 恋愛jp 2020-06-26 21:30• lamire〈ラミレ〉 2020-06-26 21:30• ハウコレ 2020-06-26 21:20• 恋愛jp 2020-06-26 21:00• ハウコレ 2020-06-26 21:00.

次の

ポリアモリー家族のもとに産まれた子供について思うこと|わたし、恋人が2人います。|きのコ|cakes(ケイクス)

ポリアモリー

関係者全員の合意に基づき、多重的な性愛関係やロマンチックな関係を営むライフスタイル、またその関係性のことである。 Wikipediaではやっぱり小難しくなりますね笑 「ポリアモリー」とは「同時に複数の恋人がいても良いんじゃない?」という価値観のことのようです。 そして上記に出てきた「モノガミー」というのはその対義語で、日本人であればごく普通の「恋人は一人が普通で、二人の恋人と同時に付き合うのはダメ」という価値観のことを指すようです。 Twitterで拝見したと記憶してますが、こういう価値観があるんだと思った時はすごく衝撃を受けました。 ただそれと同時に僕はなぜかそういう価値観の人たちに同情してしまったのです。 今回はそのことについて記事にします。 もくじ• 一人の人を一生かけて愛せないのは「かわいそう」である。 まず真っ先に思ったことは、「一人の人を一生かけて愛せないのはかわいそう」という意味での同情です。 人生は有限です。 その限られた時間の中で愛する人が複数いるということは、それぞれに自分の時間を分散することになり、結果として「一人の異性と深く愛し合う」という関係性に至れないのではないかと思いました。 「この人のためなら自分のすべてを捧げられる」「この人のためなら死んでもいい」 一対一が互いに全てを捧げると誓い合い築く関係性だからこそ行き着ける境地というものはあると思いますし、そしてそれは互いに「この人でなければいけない」と強く思えたからこそのことです。 モノガミーの考え方であっても、上記のように「愛し愛される」という関係性がいつまでも続く男女は多くはないかもしれませんし、ポリアモリーの価値観を肯定する人が「この人には自分の全てを捧げても良い」と思えるような人との出会いがあったかどうかでも僕の考えは揺らぎますが、 複数の人とお付き合いする時点で「自分の全て」は分散してしまうので、それほど強く誰か一人を想ったことがないというのであれば、それはやはり「かわいそう」であると思います。 ポリアモリーの方々がおっしゃっているのは、まさにそういうことでなのではないでしょうか。 子供は確かに自由です。 この「自由」というのは、「自分の欲求に対して自由」ということです。 それは大人が決めた法律などの小難しいたくさんのルールを知らないからこそですし、それをいい大人が振りかざすのはあまりにも独善的で痛々しいです。 自分の欲望のままに、相手を巻き込んで自分の良いように解釈するのは、子供のすることです。 そしてそれをお互い合意の上で付き合う「ポリアモリー」という考え方は、子供の頃の恋愛観から進歩していないように見えてなりません。 さらにそれを「ポリアモリー」という体のいい価値観を盾に主張するのですから、子供よりタチが悪いとさえ思ってしまいます。 だから尚更、「一人の人を本気で好きになって、愛したことがないんじゃないか」とも思ってしまいます。 「ポリアモリー」という生き方をする人に聞きたいこともある。 なんだか独断と偏見だけでめちゃくちゃにディスってしまったので、不快に思われた方もいらっしゃるかと思いますが、やはり僕は「ポリアモリー」という価値観に対して、同情と嫌悪感を覚えます。 それは僕自身がまだ「ポリアモリー」に対して深く理解していないということもあると思うので、今回この記事を書くにあたって疑問に思ったことも書いておきます。 これらがどう解消されているかによっては、僕の意見も大きく変わるので、僕からも積極的に「ポリアモリー」という生き方をされている人に絡んでいきたいです。 モノガミーの人との恋愛について ポリアモリーな生き方をしている同士だけでその輪が広がるのであれば問題ないのでしょうが、時にはその輪の中にモノガミーな価値観を持つ人も巻き込むことがあるのではないでしょうか。 そんな時、ポリアモリーな人たちはどういう風に接するのでしょうか。 「違うの、これはポリアモリーという価値観で…」と説明して相手を納得させようとするのは、自分の欲求のままに、自分の都合の良い理屈を押し付けようとしているということに他ならないと思います。 それとは別の方法で、自分がポリアモリーとしての生き方を貫くのか、相手の価値観に擦り寄るのか、どう解決するのか気になるところです。 結局「恋に恋している」だけなのでは? 「好きな人が複数いる」というのは、単に「気が多い」だけなのではないかと思います。 だから「常にドキドキしていたい」という自分の欲望から「ポリアモリー…これや!」ということで、都合の良い生き方をしているだけなのではないかなーとも思ってしまうのです。 夫婦生活が退屈な主婦が不倫に走るパターンと一緒で、そうならないためにポリアモリーという生き方を提唱し始める。 こういうことではないのでしょうか? もしそれなら、自身の大麻利用を合法化するために、医療用大麻の導入を提唱している人と何ら変わりない気がするんですけどね笑 それとは違う、深い理由があることを願いたいです。 誘惑に負けているだけじゃない? 結婚していたとしても、「この人素敵だな」と思う人とお会いするタイミングは確かにあると思います。 しかしそれを発展させるかどうかは自分自身です。 すでに恋人がいる段階でそれを発展させようと思う人は、「これをしてしまったら、恋人が悲しむ…」とか、「恋人を悲しませたくない」という自制心を働かせることができない人たちなだけなのではないかと思いました。 そうやって気持ちをセーブしたくないから、という理由はすでに自分勝手なだけですし、その誘惑に対して開き直れることができるから、ポリアモリーという生き方を選んでいるだけなのではないのか、お聞きしてみたいですね。 プライドと嫉妬心について 以前 こんな記事を書きましたが、ポリアモリーの方々は相手に新しい恋人が増えた時、「自分の存在意義が脅かされている」と嫉妬したりしないのでしょうか? あるいは恋人が増えたときに「くそー、相手が増やしたんなら俺も増やすぞ、それでもいいのがポリアモリーだからね!」という気持ちで自分も恋人を増やしたことはないのでしょうか。 僕は嫉妬することに関しては人間らしいと思いますが、こういう「目には目を」的な報復をする人がいるのだとしたら、ポリアモリーという生き方がより都合のいい生き方であるということを裏付けてしまいますよね…。 これも実際どうなんでしょうか。 気になります。 人はそれぞれで、価値観もそれぞれだけど… 人はみんな違って、価値観も人それぞれではあると思います。 それに一夫多妻制の国だってあるし、日本でも側室があった時代もあります。 ただ一人の人を愛し、そして愛されるということ、互いに膨大な時間を共に過ごし、お互いのために労力を費やして築いた関係性は時としてこの上ない幸せだと僕は思います。 僕も最近結婚することができましたが、ポリアモリーという生き方を「かわいそう」だと思うのは、それだけただ一人の人を愛して愛されている現状がとても幸せだからです。 人の幸せに分かりやすい尺度はありませんし、上記のような文章を書いておいてなんですが、自分とは違う価値観を理解したいとも思います。 ただその生き方が自分の都合の良いような、自分勝手な生き方を正当化したいだけなのであれば、それは同情を禁じえません。 今回は「ポリアモリー」という話題をTwitterで拝見し、色々モヤモヤと考えてしまったので、とりとめのない文章になりましたが、皆さんはこういう生き方についてどう思われるのでしょうか…。 不快に思われた方は申し訳ありません! ではこの辺で失礼します!.

次の