フェンダー ジャズ マスター。 【レビュー】Fender Made in Japan Traditional 60s Jazzmaster

Fender / フェンダー ジャガー/ジャズマスター

フェンダー ジャズ マスター

デビュー当初こそジャズで使用されましたが、パワフルなサウンドはベンチャーズを代表とするサーフミュージック、70年代のガレージロック、80年代のニューウェーヴ、90年代のオルタナティブ・ロックやグランジ、近年のシューゲイザーのプレイヤーなど各年代のロック系ミュージシャンに多く愛用されてきました。 開発当初のターゲットからは大きく外れましたが、現在ではやに次ぐフェンダーギターの代表機になっています。 MENU ジャズマスターの歴史 ジャズマスターのデビューは1958年のNAMMショウで、高級機、またジャズ専用機として発表されました。 この年はギブソンのES-335、フライングV、エクスプローラーがデビューした年でもあり、エレキギターの当たり年でした。 1966年にはポジションマークをブロックインレイに、またネックバインディングを入れ、高級機としての風格をアップさせたモデルが作られます。 1980年代のハードロック全盛期には不人気機種となり一旦生産が中止されますが、ファンの声が厚く1986年にジャパンから復刻、1999年からはUSAでも復刻されています。 ジャズマスターの特徴 開発コンセプト 1950年代当時、フェンダーのギターはジャズプレイヤーにアピールできず、この分野ではを代表とするギブソンの一人勝ちでした。 このジャズの市場に食い込みシェアを拡大すべく、ジャズシーンで受け入れられるメロウなトーンを持ったギターの開発が始められました。 「ジャズマスター」という名称はジャズへのチャレンジだったわけです。 デビューしてからしばらくはジョー・パスが使用するなどジャズでの使用例がありましたが、結局はこの分野の楽器的な保守性を打破するに至る事ができませんでした。 そのかわりこの時代に流行したサーフミュージックのプレイヤー達にヒットし、広く受け入れられるようになりました。 フェンダーの本社はカリフォルニア南部に位置していましたが、ジャズマスターとジャガーの開発に際して社長レオ・フェンダー自らが現地のミュージシャンから積極的に意見を集めたのだとか。 シカゴやニューオリンズのミュージシャンの意見を集めたら、歴史はかわっていたかもしれませんね。 ボディ&ネック 左右非対称で大きめのボディシェイプは「オフセットウェスト」と呼ばれ、立っても座っても安定できるバランスを狙っています。 マテリアルにはアッシュ、アルダー、バスウッドなどが選ばれました。 またこのボディ形状は、1960年デビューのジャズベースのヒントにもなっています。 ローズ指板が採用されたのはフェンダー史上初で、この後ストラトやテレキャスの指板に使用されていきます。 フェンダーのスタンダードである25. 5インチ(324mm)の21フレットネックで、ポジションマークは若干大きめのものが採用されています。 アールのきつい丸い指板はコードを弾くのにうってつけなのですが、ジャズプレイヤーにはここが不評だったようです。 高性能な「フローティング・トレモロ」 ストラトキャスターのシンクロナイズド・トレモロはシステム全体が動きますが、ジャズマスターと向けに新たに開発されたフローティング・トレモロはテイルピースを動かすシステムで、ビグスビーと同じコンセプトでした。 ブリッジは敢えて固定されず、アームの動きに応じて若干動くようになっています。 これによりチューニングの狂いを少なくし、滑らかなビブラートができるようになりました。 またユニットが動かなくなるようにする「オン・オフボタン」が付くなど性能がアップしたのですが、音程の上下幅はシンクロナイズド・トレモロには及んでいません。 ジャズマスター開発当時はジミ・ヘンドリックスがデビューする前でしたので、トレモロユニットはビブラートをかけるだけのものだと思われていました。 その意味で、可変域を犠牲にしながらも音程変化が滑らかになったことは、トレモロユニットの性能が向上したことを意味しています。 サドル ジャズマスターにあらかじめ搭載されるネジを切っただけのサドルは、激しいプレイで弦が外れてしまう「弦落ち」が起こることがあります。 この「弦落ち」を未然に防ぐためのパーツがあるほか、フェンダーからは「弦落ち」対策を講じたジャズマスターがリリースされています。 電気系統 外観はギブソンのP-90に近い、大きなサイズのシングルコイル・ピックアップが2基マウントされています。 ジャズマスターのピックアップではポールピース自体が磁石になっているのに対し、P-90はコイルの下に磁石を配置する構造になっており、この設計の違いがサウンドの違いに現れています。 ジャズに対応できる高級機を目指しているので、他のモデルよりもノイズが遮断できるように徹底したノイズ対策がとられています。 このため高い周波数の倍音なども道連れに遮断されてしまいますが、結果的によりメロウなトーンが出やすくなります。 回路の仕組み プリセットON時:ボディ右側のマスターコントロール(ピックアップセレクター、マスタートーン、マスターボリューム)はキャンセルされ、強制的にフロントピックアップが選択される。 プリセットスイッチ側のスライダー式ボリューム、トーンが有効になる。 プリセットOFF時:ボディ右側のマスターコントロールが有効になる。 3wayピックアップスイッチでピックアップを切替、マスターボリューム、マスタートーンが有効になる。 切り替えスイッチにより、本来のコントロール系の状態とプリセットの状態を行ったり来たりできます。 ジャズマスターのサウンド ジャガーとジャズマスターを比べてみた【ギター博士】 大きめのボディが弦の振動をしっかり受け止めることから、一音一音はっきり聞き取れる、分離のいい響きを持っています。 ブリッジの仕様上サスティンはあまり期待できない代わりに、リズム演奏での「キレ」がアップしました。 大型のシングルコイルピックアップは太くて甘いキャラクターを持っていますが、同時にフェンダーらしい澄んだ高音も兼ね備えています。 フロントピックアップのサウンドはジャズミュージシャンの要求に耐えうるメロウな甘いトーン、リアピックアップではロックミュージシャンにアピールする荒々しいサウンドが得られます。 クリーンからクランチまでのセッティングでの演奏を好むプレイヤーが多く、バンドサウンドの中で存在感を発揮できます。 極端に歪ませるとノズが発生したりハウリングが起こったりしますが、むしろそこに面白みを感じる、というプレイヤーも多くいます。 独特のルックスと、繊細ながらワイルドなサウンドからか、女性のギタリストでジャズマスターを使用することが多いのも特徴です。 ジャズマスターを使用する主なギタリスト ジャズに対応できるエレキギターとして開発されましたが、ジャズマスターをジャズで使用したギタリストはいませんでした。 ジャズ・ギターの甘いトーンを出すにはジャズマスターは少々「わがまま」なサウンドとでも言うのでしょうか、金属的でワイルドな音がジャズにはフィットしないように感じます。 しかしそのワイルドなサウンドを活かし、70年代サーフ系バンドのギタリストが使用していました。 初期の「ベンチャーズ」の演奏で有名なテケテケサウンドは、ジャズマスターのサウンドです。 ジョー・パス Joe Pass 1929-1994 ギブソンES-175を愛用していたジョー・パス氏ですが、Pacific Jazzレーベルに在籍していた時代にジャズマスターを使用しています。 我流でありながら、比類ないテクニックと表情豊かなプレイスタイルは今なおリスナーを魅了して止みません。 サーストン・ムーア(Thurston Moore、1958-、Sonic Youth) ソニックユースは、後のグランジ、オルタナティヴ・ロックムーヴメントへ大きな影響を与えたノイズパンクの雄。 ジャズマスターのセレクトは無名時代に安かったからという理由ですが、有名になってからも自身のトレードマークにしています。 また国内外問わずガレージロック、オルタナティブ・ロック系のギタリストにも愛用されています。 カスタムショップ:フェンダー最高級グレード• USA:カリフォルニア州コロナ工場で作られる王道のレギュラーライン• MEX:メキシコ・エンセナダ工場で作られるもの• JAPAN:日本の工場で作られるもの• Squier by Fender:廉価版を扱うフェンダーの子会社 といったように、フェンダーの全グレードからいくつかのモデルがリリースされています。 次のページで詳しく見ていきましょう。

次の

【レビュー】Fender INORAN JAZZMASTER 日本製のINORANジャズマスター!

フェンダー ジャズ マスター

日本製フェンダーの概要 日本製フェンダーが正式に「フェンダー」として取り扱われるようになり、改めてその品質の高さが評価される中、現在のラインナップは大きく• Traditionalシリーズ:主要なヴィンテージの人気モデルを復刻したような形のもの• Hybridシリーズ:ヴィンテージを基本としつつ、現代的なアレンジを施したもの といった形になっており、今回紹介するジャズマスターは、そのうち「 Traditionalシリーズ」に位置づけられます。 Traditionalシリーズのジャズマスター Traditionalシリーズということで、その設計は基本的に60年代のジャズマスターを踏襲しており、アルダーボディのローズウッド指板、大型のシングルコイルピックアップ2基、プリセットスイッチ、21フレット仕様、ドットインレイ、ヴィンテージ型のサドル、フローティングトレモロといったような設計になっています。 ところで、よく「ジャズマスターはスイッチがたくさんあって、なにをどうすればいいかよく分からん」というような話を聞きますが、ジャズマスターの場合、 プリセットスイッチの役割さえ押さえておけば楽勝です。 このスイッチを オンにすると、トグルスイッチによるピックアップの切り替え状況にかかわらず、 強制的にフロントピックアップのみになり、その状態の場合はプリセットスイッチ下(右利きの人が弾いている場合、右の位置に来ますね)にあるボリュームとトーンが効くようになる、という具合です。 これにより、本体側でリードとバッキングの音の切り替えがしやすくなっています。 ジャズマスターといえば、リードをとるというよりは、どちらかというと、バッキングで活躍するギターというイメージが強く、基本的にはそのとおりだと思うのですが、工夫次第で、十分にリードを弾くこともできます。 せっかく、さまざまな設定が本体でできるギターですので、このあたりの奥深さもぜひ、味わっていただければと思います。 サウンド面への評価 さてさて、サウンド面はどうでしょうか。 同じフェンダー系のギターと比較すると、 明らかに音が太いです。 とはいえ、そこはフェンダー。 あの「チャキチャキ」感はしっかり残っています。 バンドサウンドに入ったときの音抜けや存在感も良く、とりわけ フロントとリアのミックスにした状態におけるアルペジオは絶品です。 ジャズマスターというと、グランジ系のサウンドを想像する人が多いようですが、結構どんなジャンルにも持っていけてしまう懐の深さがありますね。 そんなジャズマスターは、フェンダーならではの繊細さと、フェンダーらしからぬパワフルなサウンドとが同居している、そんなギターだという印象を持っています。 海外製ジャズマスターとはサウンドが違う? さて、そんな「音の太さ」を売りにしているジャズマスターなのですが、 日本製の特徴として、 USAやメキシコ製と比べると、少しだけ音が繊細なような印象を受けます。 ジャズマスターではあるのですが、 ややストラトに寄せたサウンドテイスト、といったところでしょうか。 これは、テレキャスやストラトで日本製フェンダーとUSA・メキシコ製を弾き比べたときより、はっきりとしたサウンド差を感じることができます。 ただ、これはどちらがいいか悪いかというよりは、「 サウンドの特徴の違い」として理解すると良いでしょう。 現に、 カッティング中心に使いたい場合は、むしろ日本製ジャズマスターの方が扱いやすいと感じる場合もあります。 イメージで言うと、繊細な順に「ストラト>日本製ジャズマス>海外フェンダーのジャズマス」といったところでしょうか。 これはもう、弾き比べながら、好みのサウンドを選べばいいのかなあ、というふうに思いますね。 価格とまとめ ちなみに、この日本製ジャズマスターは、価格は 概ね10万円程度。 同程度の価格帯では、スタンダードなジャズマスターはあまりなく、日本製フェンダーの独壇場といったところでしょう。 最近、少しずつユーザーが増えてきたと言われるジャズマスターですが、 まだまだライブハウスなどで見かける機会は少ないです。 ですが、こういう、ストラトらしさを残しながらも芯の太さを感じるサウンドは、まさにライブ派のミュージシャンの方にこそオススメ。 ぜひ今こそ、ジャズマスターを手に、ライブへ飛び出してみてはいかがでしょうか。

次の

【レビュー】Fender INORAN JAZZMASTER 日本製のINORANジャズマスター!

フェンダー ジャズ マスター

最近のINORANといえばジャズマスター LUNA SEAのギタリスト、INORAN。 幻想的なアルペジオや鋭いカッティングで、LUNA SEAサウンドを支える、渋くてクールなギタリスト。 私も大ファンです。 そんなINORAN氏が近年愛用しているギターが、フェンダーのジャズマスター。 特にLUNA SEA再結成後は、フェンダーとエンドース契約を締結し、INORANモデルジャズマスターのイメージが非常に強くなっております。 最初は、カスタムショップ製のINORAモデルジャズマスターから始まり、その後、メキシコ製にすることで価格を下げたRoad WornシリーズのINORANモデルも登場。 こちらについては、 当ブログでも過去にレビュー記事を書かせていただいておりますが、残念ながら 現在は生産が完了してしまっているようです。 今度のINORANモデルは日本製フェンダーから登場! 前述のRoad WornシリーズのINORANジャズマスターは、比較的低価格でありながら、USA製と同じテイストの音色を出せるということで、INORANファンのみならず、多くのジャズマスター愛好家から、非常に高い評価を得ているモデルでした。 ですので、生産終了している現状にあっても、「INORANモデルのジャズマスター」を探している方は非常に多かったところ。 そうした中、今回、満を持して登場したのが、 日本製フェンダーのINORANジャズマスターなわけです。 基本的なスペックは標準的なジャズマスターだが… さて、そんなINORANモデルのジャズマスター。 基本的な方向性としては、 INORAN自身が所有している1959年製ジャズマスターをベースに、カスタムショップで製作した「INORAN JAZZMASTER 1 LTD」を踏襲しているとのこと。 その辺も踏まえつつ、まずは基本的なスペックを見ていきましょう。 まず、ボディ材については、アルダーを採用。 そして、ネックはメイプルで、ローズウッド指板を採用。 ここまでは、ごく標準的なジャズマスターの仕様といえるでしょう。 ちなみに、このあたりに関して言うと、日本製フェンダーからリリースされている「Made in Japan Traditional」シリーズのジャズマスターも、同様のスペックです。 なお、塗装については、カスタムショップ製のINORANモデルについてはラッカー塗装がなされている一方で、こちら日本製のものについては、 一般的な日本製フェンダーと同様のポリエステル塗装。 本家におけるラッカー塗装ならではの「鳴り」は期待できないかもしれませんが、一方で 気軽に扱おうと思うとポリ塗装の方が良い面もあったりするので、ここは「単なるコストカット」と捉えるのではなく、前向きに解釈しようと思います。 細部にINORANモデルならではのこだわりが! そして、INORANモデルならではの、細かいけれど特徴的な工夫も、たくさんあります。 まず、INORANモデルの大きな特徴である、 バズストップバーの採用。 標準的なジャズマスターは、ブリッジの特性上、弦落ちのリスクを常に抱えていますが、このバズストップバーを採用することで、弦落ちを回避できるようになります。 また、弦のテンションが多少増し、サウンドも引き締まった印象になるのも大きな特徴の一つです。 次に、ピックアップに、USA製の「 American Vintage '65 Single-Coil Jazzmaster」が採用されています。 日本製フェンダーのジャズマスターは、どういうわけかサウンドに線の細さを感じることが多いのですが、その点についてはUSA製ピックアップを搭載することで解消されることが期待されます。 そして、ピックガードについては、 アノダイズドピックガードが使用されています。 金属的な質感が、ルックスにインパクトを与えているほか、音も落ち着いた感じになるという効果があります。 (よく「金属的な見た目だからサウンドも金属的になる」と誤解されていますが、実際には逆の効果があるんです) また、 ネックシェイプについては、本人が使用している実機のものを再現。 私が弾いた感触では、日本製フェンダーのジャズマスに比べ、 明らかに握りやすく、特にバレーコードのときにその恩恵を強く感じられる印象です。 このあたり、アーティストモデルならではの個性ということで、非常に好印象ですね。 ただし、前のRoad Wornシリーズのときに採用されていた 「横向きのスライドスイッチ」は、本モデルでは採用されておらず、一般的なジャズマスターの縦スイッチになっています。 この点、念のため、ご注意くださいね。 サウンドは…これぞジャズマス!日本製とは思えない太いサウンド さて、そんな日本製フェンダーのINORANジャズマスター。 実際に試奏してみると…明らかに、 一般的な日本製ジャズマスターとは異なる、太めのサウンドが鳴ります。 特に、ピックアップをセンターにして、アルペジオやカッティングを弾くと、 「これぞジャズマス!」といった、シングルコイルらしい繊細な色気と、ストラトのようなシングルコイルでは決して出せない太い音色とが、見事に両立された印象を受けます。 また、ディストーションを使ってパワーコードを弾いたときも、前述の 「繊細な色気と太さの両立」を感じさせるような形で歪んでくれるので、ハードなサウンドにもしっかり対応してくれます。 日本製フェンダーでありながら、サウンドに「線の細さ」を感じさせない背景には、おそらくUSA製のピックアップ「American Vintage '65 Single-Coil Jazzmaster」が効いているんでしょうね。 【まとめ】手頃なジャズマスターが欲しいならコレ一択! 日本製フェンダーのラインナップからリリースされている、このINORANモデルのジャズマスター。 これまで、日本製ジャズマスターというと、どうしても「サウンドの線の細さ」にウィークポイントを感じてしまうところがありましたが、このINORANモデルについては、そこが見事に克服されており、 積極的に選んでいくことができるジャズマスターになっています。 また、ルックスもトラディショナルな中に個性があり、普通にカッコイイ。 今、 ジャズマスターを買うなら、普通に考えるとこれを選ぶべき。 そう断言できるほど、このINORANモデル、超オススメです。

次の