三方 よし 意味。 近江商人の『三方よし』の考え方をベースにすると良い。日本になじむ「SDGs」とは何か

三方よしの考えを経営に活かす

三方 よし 意味

toggle navigation• 近江商人の起源は、鎌倉・南北朝時代にまでさかのぼるといわれていますが、戦国時代の終わり、近江を治めた織田信長による安土城下の「楽市楽座」をはじめとする商業基盤の整備が、のちの近江商人の繁栄に大きく貢献したといわれています。 楽市楽座は、城下町での商業誘致を進めるために自由営業を許可した制度で、蒲生氏郷ら近江の戦国大名たちは、信長にならって自分たちの城下町にも楽市楽座を開設しました。 信長は他にも、通行税を徴収していた関所を撤廃するなど、商人にとって恩恵のある政策を進めました。 これら信長の経済政策は後の豊臣秀吉にも受け継がれ、近江の国の商業はこの時代に飛躍的に発展します。 そして江戸中期になると商業で力を持ちはじめた近江を幕府が天領として直接治める事になります。 幕府の直轄下に置かれた商人たちは「葵」の紋の入った通行手形で日本各地の関所を優位に通行できるようになり、各藩の御用商人としてあるいは幕府の御用商人として全国を股にかけ大躍進を遂げていったのです。 近江商人は、地域ごとに活躍した時期や取扱商品等その特性が異なるため、出身地によって高島商人・八幡商人・日野商人・湖東商人とに大きく分けられます。 【高島商人】 高島市の高島地域、安曇川地域、新旭地域から東北へ出かけ、近江商人の中では最も古くから活躍した商人です。 先人の縁故をたよりに、岩手県盛岡を中心に大きな勢力を持つようになり、江戸時代中期には、南部領(盛岡を中心に青森、岩手、秋田の3県にまたがる地域)の商権を一手に引き受けました。 【八幡商人】 現在の近江八幡市を中心とした地域から生まれ、江戸初期から活躍した商人です。 松前範領で活躍したグループと、江戸で活躍したグループとに分かれ、現在も東京日本橋付近に「近江屋」という屋号が多く見られるのは、日本橋で八幡商人が活躍したことを物語っています。 【日野商人】 蒲生氏郷の城下町日野から生まれ、江戸中期頃から本格的に北関東を拠点にして日野椀や薬を売る商人として活躍しました。 出店数は群を抜いていましたが、千両もたまれば新しい店を出すといわれるくらい小型店の拡張が多く、このことから日野の千両店という名称が生まれました。 【湖東商人】 現在の東近江市・豊郷町を中心に生まれ、江戸後期から明治にかけて活躍しました。 活躍時期は他の近江商人に遅れをとっていますが、商人の数が多いこともあり、明治時代には呉服や麻布などの繊維製品を中心に商いを進め、近代繊維産業の基盤となりました。 その原典は江戸時代中期の近江商人である中村治兵衛が孫に残した書置にあるとされ、そこには、「たとへ他国へ商内に参り候ても、この商内物、この国の人一切の人々、心よく着申され候ようにと、自分の事に思わず、皆人よき様にと思い」とあり、自分の事よりもお客の事を考え、みんなの事を大切にして商売をすべき、という風に書かれています。 企業の社会的責任 CSR が強く叫ばれるようになった昨今、企業の間でも、近江商人の大切にしていたこの三方よしの考えが注目されています。 ビジネス言葉に「win-win」というものがありますが、売り手よし、買い手よし、ここまでは上手くいっても、世間よしには中々繋がらないものです。 そこで、CSRを実践するため自社の経営理念に三方よしの考えを取り入れる企業が増えているのです。

次の

「三方よし」とは?経営者なら知っておきたい、近江商人の商売の極意

三方 よし 意味

売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということ。 かつて近江商人が、自分たち(売り手)の利益や都合ばかりを考えるのではなく、お客様(買い手)のことを第一に考えて商売を続けた結果、それが信頼となって大きな利益をもたらし、その利益で学校や橋を無償で建設し、社会(世間)にも大きく貢献したそうです。 「三方よし」とはそれから生まれた商売の心得で、今でも多くの経営者の指針となっているものです。 なぜ「三方よし」が商売の心得となっているのしょう? そもそも「売り手も買い手も満足」なんてことはあるのでしょうか? 買い手にとっては、良いもの・ためになるものが安く手に入れば「よし」となります。 売り手としては、良いもの・ためになるものを提供するには、それなりの費用がかかるので、費用以上の価格を付けなければ「よし」となりません。 また、ある程度の利益を出さなければ商売すら続けることができなくなってしまいます。 買い手にとって良いもの・ためになるものを「適正な価格」で売ってこそ、売り手の「よし」となるのです。 売り手としては値決めが重要になるのですが、「儲けること」や「利益を得ること」は「お客様に申し訳ない」と思う罪悪感を持っていると、価格を安く設定してしまうことにつながります。 価格を安くすることは、「お客様のため」ではあるかもしれません。 しかし「儲けること」や「利益を得ること」に罪悪感があったり、提供している商品に自信がなかったり、売ること自体に自信がなかったりすると、利益の薄い価格(あるいはかかった費用以上に損をする価格)設定になったり、値引きをしてしまうことにつながりやすくなってしまうのです。 もちろん販売戦略として、ある商品だけ価格を抑えて目玉商品とする場合はあると思います。 利益が薄くても、数を売って利益を得る「薄利多売(はくりたばい)」という利益の得かたもあります。 例え良いものであっても、価格が高すぎれば売れにくくなりますし、安すぎても利益が確保できないので、価格設定というのは本当に難しいものなのかもしれません。 だからこそ「三方よし」の心得が、多くの経営者の指針になっていたり、商売の心得となっているのかもしれませんね。 お客様のためになるものを、適正な価格で売り、利益を得ることができれば、お客様にためになるものを提供し続けることができます。 その利益でさらなる良いものを作り出すこともできます。 利益が大きくなれば、社会貢献もできます。 人のためになることで利益を得ることは、決して悪いことではないのです。 先ほども少し触れましたが、価格設定をするときに、必要以上に安く設定しがちな場合は、次のような要素が邪魔しているのかもしれません。 (自分に自信がない。 ) 思い当たる要素があった場合、どう対処すれば良いのかをポイントだけご紹介します。 「儲けること」=「悪いこと」という概念を外す。 本当は良いものなのに、自分だけがそれを良いものと思えない場合は、そのものに対して悪いイメージを持ってしまうような過去の出来事がなかったかを探り、そこを癒す。 (自己肯定感を上げる。 自分を大切にする。 ) それぞれの具体的な方法はここでは書ききれないので、また別の機会にご紹介させていただきますね。 「三方よし」の精神は、言葉を置き換えれば「自分よし、相手よし、世の中よし」と人間関係においても大切な心得となります。 「三方よし」の精神で、世の中を明るく幸せな世界にしていきたいものですね。 この記事を書いたカウンセラー.

次の

「三方よし」とは?経営者なら知っておきたい、近江商人の商売の極意

三方 よし 意味

三方よしとは:読み方と意味 三方よし とは、大阪商人や伊勢商人と並び日本三大商人の1つである 近江商人の商売における考え方や哲学です。 三方よしの読み方は「 さんぽうよし」もしくは「さんぼうよし」です。 三方よしの三方は以下の3つを意味します。 売り手によし( 売り手よし)• 買い手によし( 買い手よし)• 世間によし( 世間よし) 売り手よし・買い手よし・世間よし、それぞれの意味をわかりやすく解説します。 売り手よし 売り手とは商人、つまり販売する側(販売者・事業者)のことです。 その製品・サービスの売り上げが伸びれば、(一般的には)社員の給与が増えます。 更により多く売り上げが出せる人は昇進・出世し、自分の夢や目標を叶えたりもしやすくなります。 買い手よし 買い手とは顧客、つまり消費者・お客様のことです。 お客というのは、実は商品そのものというよりも「価値」にお金を払います。 もちろん商品の効果や効能による利便性の向上、不足の解消などもありますが、買い手は自分のお金を払うことで、無料で手に入れた時とは違う満足感・幸福感を得ることができるのです。 良い商品と一口に言っても何が良いかは人それぞれ異なります。 ですから買い手にとってのよしとは、売りてが「価値」をどれだけ感じさせたかによります。 世間よし 世間とは文字通り社会全般です。 物・サービスが売り買いされると世の中が発展します。 たくさん商品が売れて会社が大きくなれば、より多くの人を雇うようになり、雇用という 社会貢献が生まれます。 あるいは商売で得た資金を元に、より効率的な商品やサービスも作られます。 加えてそれを作るための材料・教育といった 需要も生まれます。 また、文化が発展すると環境も整備されます。 各種財団に 寄付という社会貢献をする企業も増えていますね。 三方よしの語源 「三方よし」という言葉自体は近江商人を研究している人たちによって後世に作られたもので、その語源は中村治兵衛宗岸さんという江戸時代中期の近江商人が孫に遺した「中村治兵衛宗岸宗次郎幼主書置」にあるとされています。 書置の8番目に以下の条文が記されています。 もし他国へ行商に行っても、自分の衣類はその土地すべてのお客様が心地よいものを着るように心がけ、自分の事ばかりを考え暴利を貪ろうとせず、利益を得られるかは天の恵み次第で、ただただ行く先に出会う人のことを大切に考えよう。 そうすれば心身共に健康に過ごせる。 神仏への信心を忘れないように。 他国に入る時に右(元々の文章が縦書きなのでここでは「以上」という意味)のような心がけが一番大切である ちなみにこの中村治兵衛(じべい)さんは、盛岡銀行や盛岡電気株式会社で取締役を、盛岡市議会議員や貴族院議員を務めた方で、経営者としても政治家としてもご活躍されています。 盛岡市のHPの「盛岡の先人たち 第12回」に詳しく書かれています。 また、伊藤忠商事株式会社のHPによると、三方よしのルーツは初代伊藤忠兵衛さんによる「商売は菩薩の業(行)、商売道の尊さは、売り買い何れをも益し、世の不足をうずめ、御仏の心にかなうもの」という言葉にあると考えられるとあります。 どちらにせよ、自分の利益だけではなく相手を思う気持ちが大切ということですね。 三方よしを英語で言うと 三方よしは英語では「 Three side benefit」や「 benefits for all three sides」と表現され、その後に「売り手よし・買い手よし・世間よし」の説明がなされます。 三方よしの例:現代におけるCSRやCSV 代表的な三方よしの例は、先ほどもご紹介した伊藤忠商事株式会社が CSRや CSRとしてこの三方良しを掲げています。 その他、トヨタ・高島屋・大丸・西武・ワコール・日本生命・東レといった日本を代表する大企業の多くが近江商人の流れを組んでいます。 CSRとは「Corporate Social Responsibility」の略で、法令遵守や環境問題へ配慮するという 企業の社会的責任のことです。 寄付や災害支援など事業とは直接関係のない所での社会貢献によりステークホルダー(消費者や従業員、取引先や株主など直接的・間接的な利害関係者のこと)との関係をより良くしたり、企業のイメージアップを図ったりすることは企業のサステナビリティ(永続的な発展)を図ります。 CSVとは「Creating Shared Value」の略で、専門性や経営資源といった自社の強み、つまり本業を通じて社会問題をビジネスとして解決することです。 「共有価値の創造」「共通価値の創造」と訳されます。 どちらも、売り手だけが稼げて良しとして終わるのではなく、それにより買い手(ステークホルダー)や世間(社会や地域)にとっても良しとなり、三方よしの考えと共通しています。 三方よしから四方よし また、近年では様々な「良し」を加えて「 四方よし」を掲げている会社や団体も増えてきました。 四方よしの4つ目の例としては、• 会社によし• 地球によし• 神様によし• 時間によし などがあります。 結論・まとめ 三方よしは、自分たち売り手だけでなく、買い手や世間という周りも幸せにするために利益を追求するという企業にあるべき経営モデルです。 2017年の東京商工リサーチ社の調査によると、日本で創業100年を超える企業の数が3万3069社あります。 この様に長い期間 存続している企業が他国に比べても多いのは少なからずこの三方よしの精神が影響しているのではないでしょうか。 近江商人の考え方、心得に関しては下記の記事もご覧ください。

次の